夢見るシャンソン人形

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
夢見るシャンソン人形
Poupée de cire, poupée de son
フランス・ギャルシングル
リリース 1965年
ジャンル イエイエ
作詞・作曲 セルジュ・ゲンスブール
ルクセンブルクの旗 "Poupée de cire, poupée de son"
ユーロビジョン・ソング・コンテスト1965エントリー
ルクセンブルク
歌手 イザベル・ギャル
歌手名義 フランス・ギャル
言語 フランス語
作曲 セルジュ・ゲンスブール
作詞 セルジュ・ゲンスブール
指揮者 アラン・ゴラゲール
結果
決勝順位 1位
決勝ポイント 32ポイント
エントリー曲年表
◄ Dès que le printemps revient (1964)   
Ce soir je t'attendais (1966) ►
テンプレートを表示

夢見るシャンソン人形(ゆめみるシャンソンにんぎょう、フランス語原題:Poupée de cire, poupée de son)とはセルジュ・ゲンスブールが作詞作曲したフランスポピュラー音楽である。

フランス・ギャルが創唱、1965年ルクセンブルクにて第10回ユーロビジョン・ソング・コンテストでグランプリを獲得したのをきっかけに大ヒットしヨーロッパだけでなく日本でも人気を博した。

ギャルは岩谷時子の訳による日本語歌詞で本作を録音し日本でEP盤を発売(B面はフランス語オリジナル)。またドイツ語イタリア語の歌詞でも唄っている。他にも数多くの言語やアーティストによるカバーが存在する。

タイトル[編集]

この歌のタイトルは「蝋と音の人形」と訳されることが多い。しかしフランス語では前置詞de”の後ろに(広義の)物質名詞冠詞なしで置かれる場合、「de+名詞」は「素材・材料」を表す修飾句となるのが普通である。よって、前半の“poupée de cire”はまさに「蝋を材料とする人形、蝋人形」の意味であるが、後半の“poupée de son”は通常「音を材料とする人形」と解するわけにはいかず、また「音の人形、音の鳴る人形」という意味にはならない。「音の人形」(音の鳴る人形)という意味にするならば“son”に冠詞(通常、定冠詞)を付ける必要があり、つまり“poupée du son”であるが、実際のこの歌の題は冠詞なしの“poupée de son”であるのでこの場合、sonは「音」ではなく同音異義語の「穀類の搾りかす」、つまり「ふすま、ヌカ」」を意味し広くは「(人形等の詰め物に用いる)木くず」をも意味する。つまり、後半の“poupée de son”は「詰め物をした人形」のことである。よって、タイトル全体は直訳すると「蝋人形、詰め物をした人形」となる。ゲンスブールが、フランス語では「音」と「詰め物(または「ヌカ、ふすま」)」が同じ“son”であることを利用して語呂合わせをしていると言える。

その後発売されたフランス・ギャルのベスト盤CDでの対訳は『蝋の人形、ヌカの人形』と表記されている。ギャルのシングル盤が日本で初めて発売された時に対訳を担当した蒲田耕二poupée de sonを「音を出す人形」と訳したが、刷り上がった歌詞カードには「フスマを詰めた人形」と差し替えられていたため、「アイドルがこんな歌詞をうたうのは、当時のレコード会社(日本の)にとって常識外だったのだろう」と解釈した[1]。「レコード歌手が自嘲気味にみずからを『音を出す人形』にたとえる歌詞も、大衆的ポップスというよりは、50年代の左岸派シャンソンの感覚だ」とも、蒲田は評している(同書)。

ゲンスブールの歌詞とギャル[編集]

歌詞の一部を見ると人生経験も浅く、年も若いアイドルが恋愛について歌うのを揶揄する内容の詞を綴ったものである。

ギャルに与えた歌におけるゲンズブールの作詞を詳しく考察すると、他にも皮肉や嫌味が入っている歌があり、時としてそれは悪意の領域にまで達している。1966年に、同じくゲンスブールがギャルに提供した『Les sucettes』(邦題:アニーとボンボン)が著しい。

後年、ギャルは1960年代では「蝋人形、詰め物人形」の歌詞やタイトルに込められていた二重の意味に気付かなかったと述べ、後年は本作より距離を置き、歌うこともなくなったという。

主なカバー[編集]

他国語での表記[編集]

  • Io Sì, Tu No(イタリア語、「私はイエス、あなたはノー」)
  • Lonely Singing Doll(英語、「寂しい歌う人形」)
  • Boneca de Cera, Boneca de Som(ポルトガル語、「蝋人形、音の人形」)
  • Das war eine schöne Party (ドイツ語、「すばらしいパーティだった」)

日本以外のアーティスト[編集]

日本のアーティスト[編集]

オリジナル/競作
カヴァー

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『聴かせてよ愛の歌を』p.205-206、清流出版2007年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]