坂本スミ子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
さかもと すみこ
坂本 スミ子
本名 石井 寿美子
いしい すみこ
生年月日 1936年11月25日(77歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府大阪市東住吉区
民族 日本人
職業 女優歌手

坂本 スミ子(さかもと スミこ、本名:石井 寿美子、旧姓:坂本。1936年11月25日 - )は、ラテン歌謡曲歌手俳優。愛称は「おスミ(さん)」。「ラテンの女王」の異名も持つ。

略歴[編集]

大阪府大阪市東住吉区出身。学生時代から発声をクラシックの木下保のもとで学び、プール学院高等部卒業。プール学院時代の同級生には、女優の三ツ矢歌子がいた。NHK大阪合唱団を経て、大阪キューバン・ボーイズの近藤正春の勧めもあり、ラテン歌手として独立、デビュー。しかし、当初は歌手として全く売れず、鳴かず飛ばずだった。

1959年12月、アイ・ジョージと共に、トリオ・ロス・パンチョスの日本公演の前座歌手となり、「ラテンの女王」として一躍名が知れ渡り、人気歌手への階段を上る。宝とも子らと共に「ラテンの女王」の異名を取った。また、1961年から始まったテレビ番組『夢であいましょう』では主題歌も歌い、NHK紅白歌合戦には1961年から1965年まで5回連続出場した。

私生活ではこの頃、映画評論家でもあり、当時人気司会者であった栗原玲児と結婚するも、1966年離婚。二人で行った離婚会見の際、栗原が坂本側に離婚原因があるという発言を繰り返したことから、翌日になって(反論する意思は当初なかった)坂本側が反論。離婚原因は、セックスレスであったこともあるが、決め手は栗原側から「別れてくれ」と言われたことにあるとされる。坂本は結婚後、栗原が同性愛者(LGBT)だということに気付き、それでも懸命に尽くしたが、結局無理だったとのことである。離婚の際の、栗原による坂本批判により、栗原のイメージは低下。その後民社党から参議院議員選挙に数度出馬するもいずれも落選し、表舞台から姿を消した。なお、栗原はその後料理研究家の栗原はるみと再婚している。

一方の坂本は1971年、ソニー移籍第一弾である『夜が明けて』がヒットし、歌手として一線に返り咲く。続いて『浮雲』もヒットする。1973年には、再婚相手である皮膚科医の石井禮次郎との子である石井聖子の出産を経て、第4回東京音楽祭で、シルバーカナリー賞、外国審査団賞獲得(歌唱曲は『幼い子供のように』)。また1976年ポール・モーリア作曲の『オーララ・オーサカ』が話題を呼ぶ。

歌手活動のみならず、女優としても活躍。ミュージカル『キャバレー』では1982年文化庁芸術祭優秀賞受賞。映画では1964年から1967年、大映田宮二郎主演の犬シリーズに助演したのをはじめ、今村昌平監督作品の常連としても知られている。今村作品では『"エロ事師たち"より 人類学入門』(1966年)で、毎日映画コンクール助演女優賞獲得。また、代役主演した『楢山節考』(1983年)では当時実年齢の30も上回る70代の老女を演じるにあたり、前歯を短く削り歯が抜けたように見えるような演出に臨み、その演技も評価されている。結果『楢山節考』は、第36回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞。これは出品に消極的だった今村監督を坂本とプロデューサーが説得して、やっと出品にこぎつけたものだった。またこの時、大島渚の『戦場のメリークリスマス』も出品されており、下馬評ではこちらが本命と言われていた。しかし、カンヌ女優となり帰国した坂本を待ち構えていたのは、カンヌの吉報についての取材ではなく、吉報直後に判明した、大麻を友人(有名作詞家の弟のカメラマン)に譲渡したという疑惑についての取材だった。坂本はこの事件で、一時表舞台から姿を消した。

現在は、夫の母の後を継ぎ、聖母保育園幼稚園・幼愛園熊本県熊本市)園長となる傍ら、歌手・女優業を続けている。 2009年5月、脳梗塞で倒れるが早期発見だったこともあり、3ヶ月後には舞台復帰を果たした。

近年は、坂本が「私が一番のファン」と自任している、愛娘・石井聖子との競演が多い。 2008年に発売した坂本の50周年アルバムには「夢で逢いましょう」「親を眠らす子守唄」の2曲が二人のデュエットで収録されている。

紅白歌合戦出場歴[編集]

テレビ[編集]

バラエティ[編集]

映画[編集]

代表曲/持ち歌[編集]

  • 夜が明けて(1971) 筒美京平作曲
  • 浮雲
  • エル・クンバンチェロ
  • マラゲーニャ
  • ベサメ・ムーチョ
  • アシ・アシ
  • ア・ロ・ロコ
  • キエン・セラ
  • デ・キエロ・ディヒステ
  • グラナタ
  • コパカバーナ
  • アドロ
  • 時計(エル・オッホ)
  • コンドルは飛んでいく
  • 夢で逢いましょう(「夢であいましょう」テーマ曲)
  • たそがれの御堂筋
  • ウナ・セラ・ディ東京和田弘とマヒナスターズザ・ピーナッツ西田佐知子との競作)
  • 幼い子供のように
  • 踊って乾杯(山崎ハコ作詞/作曲)
  • オーララ・オーサカ
  • たそがれの御堂筋'77(ディスコアレンジ、大野雄二編曲)
  • 親を眠らす子守唄(「楢山節考」主題歌)
  • おおさか音頭(1977年、服部良一作曲。2014年11月5日に湊由加里がカバーしシングルCDとして発売)

賞歴[編集]

外部リンク[編集]