東住吉区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ひがしすみよしく
東住吉区
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 大阪府
大阪市
団体コード 27121-7
面積 9.75km²
総人口 128,785
推計人口、2014年8月1日)
人口密度 13,210人/km²
隣接自治体
隣接行政区
大阪市平野区阿倍野区住吉区
生野区
松原市
区の花 なでしこ
東住吉区役所
所在地 546-8501
大阪府大阪市東住吉区東田辺一丁目13番4号
北緯34度37分19.3秒東経135度31分36秒座標: 北緯34度37分19.3秒 東経135度31分36秒
Higashisumiyoshi ward-office.jpg
外部リンク 大阪市東住吉区役所HP

東住吉区位置図

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

東住吉区(ひがしすみよしく)は、大阪市を構成する24区のうちのひとつ。同市の南東部に位置する。

概要[編集]

東住吉区は、大阪市の南東部に位置する。区域の南北は約6.4km、東西は約2.8kmで面積は9.75km²、大阪市で8番目の大きさをもつ行政区である。また大阪府のほぼ中心に位置する。区内は坂道がほとんどない。東は平野区、西は阿倍野区住吉区、北は生野区、南は大和川をはさんで松原市に隣接している。なお矢田7丁目は大和川以南に位置する。区域の約90%は住宅地域で、鉄道駅を中心に商業施設が発展している。特に近鉄南大阪線 針中野駅地下鉄谷町線 駒川中野駅付近では大阪市内でも有数の駒川商店街が形成されている。区の北東部には、大阪南部の「市民の台所」として、中央卸売市場東部市場があり、食品流通の拠点として大きな役割を果たしている。北西部は、阿倍野区天王寺区にある南のターミナル 大阪阿部野橋駅天王寺駅にも近い。区の南西部の一角を占める長居公園は、市内第3位の大公園(面積657,084米)で園内には、国際スポーツイベントの会場セレッソ大阪の本拠地として世界的規模の長居競技場や、球技場(キンチョウスタジアム)、テニスコート、屋内(温水)・屋外プール、さらには世界的水準にある長居障害者スポーツセンター等の各種体育施設、郷土の森・植物園・自然史博物館・花と緑と自然の情報センターがあり、多くの市民から親しまれている。区の中心部には区役所、南部には区役所出張所がある。区内にはJR関西本線(大和路線)JR阪和線近鉄南大阪線地下鉄谷町線が通っており、全線が天王寺駅又は大阪阿部野橋駅を結んでいる。

商業地[編集]

商業地の中心として駒川商店街がある。日中は多くの利用客で賑わっている。以前は針中野駅周辺にサティ、駒川中野駅周辺にイズミヤが出店していたが、現在はパチンコ店や高層マンションに変わっている。針中野駅周辺は飲食店などの商業施設が密集している。

歴史[編集]

  • 1943年(昭和18年) - 住吉区から分離し誕生。
  • 1955年(昭和30年) - 中河内郡加美村、長吉村、瓜破村、矢田村が編入。
  • 1974年(昭和49年) - 従来の東住吉区から平野・喜連・長吉・瓜破・加美の各地域を平野区に分区する。この時、旧東住吉区役所を平野区役所としたため、新たに南田辺に新区役所を設置した。

地名一覧[編集]

  • 今川
  • 今林
  • 北田辺
  • 杭全
  • 桑津
  • 公園南矢田
  • 駒川
  • 住道矢田
  • 鷹合
  • 田辺
  • 照ケ丘矢田
  • 中野
  • 長居公園
  • 西今川
  • 針中野
  • 東田辺
  • 南田辺
  • 矢田
  • 山坂
  • 湯里

隣接する自治体・行政区[編集]

大阪市の行政区

自治体

交通[編集]

鉄道[編集]

※南田辺駅・鶴ケ丘駅は地上線時代に東住吉区に属していたが、阪和線の高架化(2006年完成)で駅舎と線路が西(阿倍野区側)に移動したことに伴い、この2駅の住所も阿倍野区になった。地上線時代の阪和線線路の西端が阿倍野区との境界になっている。

※ 上記の旅客駅高架駅又は地下駅の為、区内には踏切が存在しない。

地下鉄谷町線開業前は南海平野線(廃線)が営業されていた。

バス[編集]

かつては近鉄バスも杭全付近(あべの橋 - 志紀方面)を走行していたが廃止されている。

道路[編集]

教育[編集]

大学[編集]

短期大学[編集]

大阪芸術大学短期大学部

高等学校[編集]

小学校・中学校[編集]

大阪市立矢田小学校・矢田南中学校(愛称:やたなか小中一貫校)は施設一体型小中一貫校として教育をおこなっている。また児童養護施設に併設された大阪市立長谷川小学校・中学校は、学校の立地は柏原市にあるが、大阪市の学校事務の上では東住吉区所属として扱われている。

区内に本社を置く企業[編集]

名所・旧跡・観光スポット・施設[編集]

電話番号[編集]

  • 原則として市外局番は06が使用されるが、区内の大和川以南に食い込んでいる部分は主として河内・阪南地域で使われる072の市外局番が使用される。

出身有名人[編集]

文化・芸術[編集]

  • 開高健 - 作家。天王寺区生まれ。7歳の時に北田辺に転居し、少年期・青年期を過ごす。近鉄北田辺駅前に文学碑がある。
  • 高村薫 - 作家。
  • 筒井康隆 - 作家。山坂生まれ。

芸能[編集]

スポーツ[編集]

その他[編集]

東住吉区ゆかりの著名人[編集]

東住吉区を舞台にした作品[編集]

  • 『破れた繭』 - 開高健の小説。少年期・青年期の自伝的な作品となっている。
  • 『照柿』 - 高村薫の小説。
  • 『パンプキン!模擬原爆の夏』 - 令丈ヒロ子著・宮尾和孝絵。田辺に投下された模擬原爆(1945年7月26日)を題材にした児童文学。
  • 『桜は桜』 - 谷村新司作詞・作曲の楽曲。区内の今川堤の桜のイメージも重ねている。
  • 『残照』 - 谷村新司作詞・作曲の楽曲。谷村の故郷の駒川・桑津界隈のイメージも重ねている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]