岬町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
みさきちょう
岬町
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 大阪府
泉南郡
団体コード 27366-0
面積 49.10 km²
総人口 16,334
推計人口、2014年7月1日)
人口密度 333人/km²
隣接自治体 阪南市
和歌山県和歌山市
町の木 マツ
町の花 ツツジ
岬町役場
所在地 599-0392
大阪府泉南郡岬町深日2000番地1
北緯34度19分1秒東経135度8分31.7秒
Osaka Misaki town-office.jpg
外部リンク 岬町の公式ページ

岬町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

岬町(みさきちょう)は、大阪府泉南地域に位置する

地理[編集]

大阪府の西南端に位置し、背後に和泉山脈を見る。大阪湾に面して対岸に淡路島を望み、古くから紀伊国淡路国四国へ渡る南海道の交通の要衝であった。

  • 山:和泉山脈
  • 河川:番川、大川、東川、西川
  • 海:大阪湾(古名を「茅淳(ちぬ)の海」)大阪府内で唯一残る長松自然海浜がある。

隣接している自治体[編集]

歴史[編集]

  • 太閤検地により淡輪・深日・孝子・谷川・東畑・西畑・小島の7ヶ村が成立。
  • 1889年(明治22年)4月1日町村制施行により、日根郡淡輪村深日村孝子村多奈川村が発足。
    • 淡輪村:淡輪村単独
    • 深日村:深日村単独
    • 孝子村:孝子村単独
    • 多奈川村:谷川村、東畑村、西畑村、小島村が合併
  • 1896年(明治29年)4月1日:泉南郡が成立。
  • 1903年(明治36年)3月21日南海電気鉄道開通(当時は南海鉄道。難波 - 和歌山市)。最寄り駅として深日駅が設置される。
  • 1943年(昭和18年)2月11日:泉南郡深日村が町制施行。泉南郡深日町となる。
  • 1943年(昭和18年)3月10日:泉南郡多奈川村が町制施行。泉南郡多奈川町となる。
  • 1944年(昭和19年)5月31日南海多奈川線開通。深日駅の旅客業務廃止(のちに廃駅)。
  • 1949年(昭和24年):深日港から淡路島への航路開設。
  • 1955年(昭和30年)4月1日:泉南郡深日町、多奈川町、淡輪村、孝子村が合併し、泉南郡岬町が誕生。
  • 1999年(平成11年):深日港から淡路島への航路廃止。
  • 2001年(平成13年):泉州南広域行政研究会を設置(泉南市阪南市、岬町の2市1町)
  • 2002年(平成14年):泉州南広域行政研究会を設置(泉佐野市田尻町が加入し、3市2町)。
  • 2003年(平成15年):泉州南合併協議会を設置、2005年9月に5市町で合併し新市名を「南泉州市」とすることで合意。
  • 2004年(平成16年):泉佐野市を除く4市町で住民投票実施、岬町のみ賛成多数となるが他の3市町では合併反対が多数を占める。この結果を受け、泉州南合併協議会は解散し合併構想は白紙撤回される。

行政[編集]

  • 町長:田代堯(たしろ たかし) (2009.10.9 - )

経済[編集]

産業[編集]

  • 漁業、農業、林業
  • 瓦の生産(「谷川瓦」の名で有名となった)
  • おもな産業
  • 産業人口

漁業[編集]

  • 淡輪漁港
  • 深日漁港
  • 小島漁港

日本郵政グループ[編集]

  • 岬郵便局(淡輪) - 集配局、ゆうちょ銀行ATMのホリデーサービス実施局(2011年4月現在)
  • 岬深日郵便局(深日)
  • 岬多奈川郵便局(多奈川谷川)
  • 岬淡輪郵便局(淡輪)
  • 岬緑ケ丘郵便局(深日)
  • 岬孝子簡易郵便局(孝子)

※岬町内の郵便番号は「599-03xx」(岬郵便局が集配を担当)となっている。

地域[編集]

人口[編集]

平成22年国勢調査により前回調査からの人口増減をみると、5.38%減の17,509人であり、増減率は府下43市町村中40位、72行政区域中68位[1]

Demography27366.svg
岬町と全国の年齢別人口分布(2005年) 岬町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 岬町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
岬町(に該当する地域)の人口の推移
1970年 20,684人
1975年 22,423人
1980年 22,864人
1985年 22,326人
1990年 21,560人
1995年 20,812人
2000年 19,789人
2005年 18,504人
2010年 17,509人
総務省統計局 国勢調査より


教育[編集]

みさき公園駅
ミニループバスみさき

交通[編集]

空港[編集]

鉄道路線[編集]

路線バス[編集]

かつて南海電気鉄道(のちに南海ウイングバス南部)が路線バスを運行していたが、不採算路線のため撤退。現在はその後を継ぎ、2001年4月から中日臨海バスが町内巡回バス「ミニループバスみさき」を運行している。町内巡回バスの委託先は、2012年4月から大新東に変更された。

道路[編集]

道の駅[編集]

港湾[編集]

  • 淡輪漁港
  • 深日港

船舶[編集]

  • 深日港から淡路島や四国と連絡する航路があったが、1998年に泉佐野港に移ってからは一便も運行していない。

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

出身有名人[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]