多奈川駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
多奈川駅
駅舎(2008年1月13日撮影)
駅舎(2008年1月13日撮影)
たながわ - TANAGAWA
◄NK41-2 深日港 (0.5km)
所在地 大阪府泉南郡岬町多奈川谷川2290番地
駅番号 NK41-3
所属事業者 南海電気鉄道
所属路線 多奈川線
キロ程 2.6km(みさき公園起点)
駅構造 地上駅
ホーム 櫛形 2面2線*
乗降人員
-統計年度-
703人/日
-2012年-
開業年月日 1944年昭和19年)6月1日
備考 *現在は1面2線のみ使用
多奈川駅ホーム(2005/10/07)
ホームから末端方を望む(2007/02/27)

多奈川駅(たながわえき)は、大阪府泉南郡岬町にある、南海電気鉄道多奈川線。同路線の終着駅である。駅番号NK41-3

駅構造[編集]

2面1線のホームを持つ地平駅である。かつては2面2線で南側の線路が1番線、北側の線路が2番線となっていた。2番線を挟んで北側のホーム(降車側と思われる)は使われておらず、南側のホームのみを使用。直通急行廃止時にホームには2両分を残して柵がされ、後に棒線化で1番線のレールが剥がされ、ホームの1番線側全体にも柵がされた。従って現在使用している線路はかつての2番線である。

駅舎はホームの西端(車止め寄り)に接している。トイレは設置されている。

のりば
1 多奈川線 みさき公園方面 (ごく一部のみ)
2 多奈川線 みさき公園方面 (通常はこのホームから)

利用状況[編集]

2012年度の調査結果では、1日あたりの平均乗降客数は703人。この数字は南海の駅全体では100駅中78位。

駅周辺[編集]

駅前にはロータリーがあり、コミュニティバス「ミニループバスみさき」が発着している。北側は工場となっており、南側には府道を挟んで民家が並んでいる。西には岬町立文化センターがある。

歴史[編集]

かつては、淡路島方面のフェリーに連絡する急行「淡路号」が、難波から直通で運行されていた(フェリー連絡は深日港駅で行われていた)。詳細は「サザン」の項を参照。

隣の駅[編集]

南海電気鉄道
多奈川線
深日港駅 (NK41-2) - 多奈川駅 (NK41-3)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]