福知山駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
福知山駅
南口
南口
ふくちやま - Fukuchiyama
所在地 京都府福知山市
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本・駅詳細
北近畿タンゴ鉄道駅詳細
ホームでの乗り継ぎ風景

福知山駅(ふくちやまえき)は、京都府福知山市にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・北近畿タンゴ鉄道(KTR)のである。

JRの駅は駅前町439番地、KTRの駅は字天田91番地に所在する。

概要[編集]

北近畿の特急網である「北近畿ビッグXネットワーク」の要に位置しているほか、JR西日本福知山支社が置かれており、周辺地域の鉄道網の要衝である。

JR西日本の山陰本線福知山線と、KTRの宮福線が乗り入れており、JRの駅は山陰本線を所属線としている[1]。福知山線は当駅が終点、宮福線は当駅が起点となっている。このほか、JRの駅には舞鶴線の一部の列車が乗り入れている。かつては北丹鉄道が乗り入れており、当駅が起点となっていた。

各方面へ運行される特急列車同士の乗換駅としての役割を担っており、接続が考慮されたダイヤ特急料金の通算制度が設定されるなど、乗り継ぎがシームレスに行えるように配慮されている。普通列車においては当駅をまたいで運転される列車は存在せず、全列車が当駅を始終着としている。

開業時から長らく地上駅だったが、2000年代に順次高架化されるとともに駅舎も拡張され、1階の専門店街は「ビエラ福知山」として営業している[2]。駅の出入口も、従来の北側に加え南側にも設けられた。

歴史[編集]

駅構造[編集]

JR西日本[編集]

JR 福知山駅
ふくちやま - Fukuchiyama
所在地 京都府福知山市駅前町439
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)*
電報略号 フチ
駅構造 高架駅
ホーム 3面5線
乗車人員
-統計年度-
3,784人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1904年明治37年)11月3日
乗入路線 2 路線
所属路線   E   山陰本線*
キロ程 88.5km(京都起点)
石原 (5.7km)
(6.7km) 上川口
所属路線   G   福知山線
キロ程 106.5km(尼崎起点)
丹波竹田 (8.3km)
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口
* この他、舞鶴線の一部列車も当駅を発着。

島式ホーム2面4線と単式ホーム1面1線、合計3面5線のホームを有する高架駅。5番のりばが単式ホームで、1・2番のりばと3・4番のりばが島式ホームである。1・2番のりばはかつて長距離特急列車が停車していた名残で、有効長が230mと長い[4]

改札口は1階にあり、自動改札機は導入されていない(有人改札)。高架化と同時に、全ホームにエスカレーター(昇りのみ)とエレベーターが設置された。

かつては改札内でキヨスクや名物の駅そばを販売する「鬼そば屋[5]」が営業していたが、いずれも高架化完了までに廃業し、前者の退去跡には数台の清涼飲料水の自動販売機が置かれた。

ホーム上の全ての時計には、福知山市のイメージキャラクター「ドッコちゃん」が描かれている。また、BGMとして小鳥のさえずりが流されている。

管理駅長が配置された直営駅であり、管理駅として山陰本線の高津駅 - 和田山駅間の各駅を管轄している。

JR福知山駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先 備考
1・2   E   山陰本線 上り 綾部西舞鶴京都方面 特急・普通
下り 和田山豊岡城崎温泉方面 一部の普通
  G   福知山線 - 篠山口宝塚大阪方面 主に特急
3・4 山陰本線 下り 和田山・豊岡・城崎温泉方面 特急・普通
  G   福知山線 - 篠山口・宝塚・大阪方面 一部の特急・丹波路快速・普通
KTR宮福線 - 大江・宮津・天橋立方面 JR線から直通の特急
5   G   福知山線 - 篠山口・宝塚・大阪方面 丹波路快速・普通

京都方面への列車が1・2番のりば[6]、福知山線の丹波路快速・普通列車が5番のりば[7]を使用する以外は、特に路線や行き先を区別せずに運用している。なお、JR線からKTR宮福線へ直通する特急列車もJR線のホームを使用する。

豊岡方面への普通列車は1・2番のりばに停車し、京都方面の普通列車との対面乗り換えが考慮されていることが多い[8]

特急列車については、京都方面行きと大阪方面行きが1・2番のりば、豊岡方面行きと宮津方面行きが3・4番のりばに入り、対面乗り換えが可能。ただし、当駅始発の列車が増える朝の時間帯に限り、一部の大阪方面の『こうのとり』が3・4番のりばからも発車する。

豊岡方には、福知山電車区へと分岐する線路がある。


北近畿タンゴ鉄道[編集]

北近畿タンゴ鉄道 福知山駅
ふくちやま - FUKUCHIYAMA
(1.5km) 厚中問屋
所在地 京都府福知山市字天田91
所属事業者 北近畿タンゴ鉄道(KTR)*
所属路線 宮福線
キロ程 0.0km(福知山起点)
駅構造 高架駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
1,038人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1988年昭和63年)7月16日
備考 直営駅

島式ホーム1面2線を有する高架駅で、JRホームの北側に位置する。

終日駅員が配置される直営駅である。改札口は北口側の専用階段を登った先の2階に位置し、KTR線専用の自動券売機等もある。KTR線改札口からコンコースを挟んで反対側に、JR線2階コンコースとつながった連絡改札口が設けられている。なお、同改札口にはKTRの自動券売機はあるが、JRの自動券売機はない。

高架化前のホームは、かつての北丹鉄道の駅が設けられていた位置にあった。

KTR福知山駅プラットホーム
ホーム 路線 行先 備考
1・2 KTR宮福線 大江宮津天橋立方面 特急『たんごリレー』
快速『大江山』・普通

配線上の本線は1番線(1番のりば)である。

なお、JR線との直通を行う特急列車はJR線ホームに発着する(構造上、宮福線からはJRの1 - 4番のりばへの出発・入線にも対応)。


北丹鉄道[編集]

北丹鉄道 福知山駅
ふくちやま - FUKUCHIYAMA
(1.1km) 福知山西
所在地 京都府福知山市天田
所属事業者 北丹鉄道
所属路線 北丹鉄道線
キロ程 0.0km(福知山起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1923年大正12年)9月22日
廃止年月日 1974年(昭和49年)2月28日

単式ホーム1面1線を有する地上駅で、地平時代の国鉄福知山駅1番線ホームの西側を間借りしていた[9]

北丹鉄道は1974年(昭和49年)に廃止となったが、1988年(昭和63年)に宮福鉄道(現 KTR)宮福線が開業した際には同じ場所が同線用のホームとなった。

利用状況[編集]

京都府統計書(2007年度以前)および福知山市統計書(2008年度以降)によると、両社の1日平均乗車人員の推移は下記の通りである。

年度 1日平均乗車人員
JR西日本 北近畿
タンゴ鉄道
1999年 4,304 1,134
2000年 4,186 1,263
2001年 4,052 1,197
2002年 3,951 995
2003年 3,992 1,027
2004年 3,926 901
2005年 4,019 847
2006年 3,992 800
2007年 3,932 805
2008年 3,913 966
2009年 3,678 1,018
2010年 3,715 1,055
2011年 3,660 1,061
2012年 3,784 1,038

駅周辺[編集]

福知山駅南口公園
同公園に展示されているC11 40と転車台

当駅付近の線路は市の中心部を通るため、市街地が南北に分断されていただけでなく、踏切での渋滞も多発していた。

この問題解消に向け、1996年から当駅を含めた連続立体交差事業が進められ、2005年にはJR線が、2009年にはKTR線が高架化された。

南口[編集]

南側一帯には元々福知山運転所があり、周辺の市街地とは接続していなかったが、高架化と共に公園を擁するロータリーが整備された。

公園前には福知山温泉を引湯したビジネスホテルが建設されたほか、国道9号沿いには全国展開のコンビニエンスストア飲食店などが多く立地している。

  • 福知山駅南口公園
園内には、かつて福知山機関区に所属し北近畿一帯の鉄道輸送に貢献したC11形蒸気機関車 40号機[10]が、同機関区で使用されていた転車台に載せられ展示保存されている。

北口[編集]

古くからの市街地が広がっている。駅前は商店街となっているほか、24時間営業のコンビニエンスストアが数軒ある。

旧来からある駅前広場の再整備事業が行われている。

福知山の鉄道に関わる実物(ライブスチームの模型や鉄道模型もあり)および資料を展示するほか、オリジナルグッズや福知山の名産品、鉄道関係の土産を扱う売店もある。2号館では、実際に福知山を走ったC58形蒸気機関車の56号機が静態保存され展示されている。運営は新町商店街振興組合ポッポランド部。

路線バス[編集]

西日本JRバス京都交通丹後海陸交通および周辺自治体が運営する福知山市内自主運行バスの4社が乗り入れ、以下の路線を運行している。

一般バス路線や廃止代替バスは北口、高速バス路線は南口の各ロータリーに発着する。

なお、日本交通グループ(北近畿日交、福知山日交)や中央タクシーによるタクシーも利用できる(のりばは南口にある)。

一般バス路線
運行会社 行き先 路線名 備考
西日本JRバス
(福知山駅バス停)
園部駅 園福線
京都交通[12]
(福知山駅前バス停)
綾部駅前 福知山線
高等技術専門学校前 長田野線
山野口
三段池公園
川北線
三段池線
[13]
成美高校前 堀循環線
岩間会館前 他 岩間線
岩間循環線
小牧 小牧線
下夜久野駅前 夜久野線
治水記念館前 他(北ルート)
中央通り 他(南ルート)
まちなか循環線 南北2ルートあり
丹後海陸交通
(福知山駅バス停)
傘松ケーブル下 与謝・福知山線
共栄高校前
廃止代替バス福知山市内自主運行バス[12]
運行会社 行き先 備考
中六人部バス 田野山田公民館前
庵我バス 筈巻
三岳バス 上佐々木
高速バス路線
運行会社 路線名・バス愛称 行き先 共同運行会社
京都交通
(福知山駅前バス停)
シルフィード号 品川浜松町 / 東舞鶴 羽田京急バス
神戸 - 福知山線 三宮バスターミナル 日本交通
大阪 - 福知山線 大阪なんば(OCAT) 日交シティバス

隣の駅[編集]

※西日本旅客鉄道の特急『こうのとり』・『きのさき』・『はしだて』の隣の停車駅は列車記事を、北近畿タンゴ鉄道の特急『たんごリレー』・快速『大江山』の隣の停車駅は路線記事を参照のこと。

西日本旅客鉄道
  E   山陰本線
快速(京都方面、綾部駅まで各駅に停車)
石原駅 - 福知山駅
快速(城崎温泉方面、豊岡駅まで各駅に停車)
福知山駅 - 上川口駅
普通(全列車が当駅で乗り換え)
石原駅 - 福知山駅 - 上川口駅
  G   福知山線
丹波路快速(三田駅まで各駅に停車)・普通
丹波竹田駅 - 福知山駅
北近畿タンゴ鉄道
宮福線
福知山駅 - 厚中問屋駅

かつて存在した路線[編集]

北丹鉄道(廃線)
北丹鉄道線
福知山駅 - 福知山西駅

脚注[編集]

  1. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年
  2. ^ ビエラ福知山 - ジェイアール西日本不動産開発(2010年12月3日閲覧) ※個別店舗名は上記リンクを参照。
  3. ^ 『福知山鉄道管理局史』p.44 1973年、福知山鉄道管理局
  4. ^ かつては荷物車を含む最大12両編成の寝台特急出雲』が停車していた(2006年3月18日廃止)。
  5. ^ 愛されて半世紀 駅のそば屋さん高架開業で閉店 - 両丹日日新聞(2005年11月16日付)
  6. ^ 3 - 5番のりばは京都方面への発車ができず、5番のりばは京都方面からの入線ができない。
  7. ^ ただし、線路自体は豊岡方面への出発・入線にも対応している。
  8. ^ ただし、2008年3月15日ダイヤから2010年3月12日ダイヤまでの間は、日中でも豊岡方面行きの普通列車が3・4番のりばに入る運用があった。
  9. ^ 草むらの中走った北丹鉄道 廃止から30年 今でも多くの人の心の中に - WEB両丹(両丹日日新聞
  10. ^ 2007年に、篠山市丹南町公民館から移転されたものである。また、付近にはレールを再利用した上屋もあるが、これは福知山線の前身である阪鶴鉄道が明治時代にアメリカのカーネギー社・イリノイ社に特注し、福知山線や当駅のホームの上屋の柱として使われていたものである。
  11. ^ 福知山城(郷土資料館) - 福知山市(2013年12月8日閲覧)
  12. ^ a b いずれも、当駅の北西にある「市民病院前」を起終点とし、当駅前を経て郊外各地へと運行している。
  13. ^ 三段池線は、三段池公園で大規模なイベントが行われる日にのみ、川北線と同じ経路で臨時運行される。
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]