猪名寺駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
猪名寺駅
駅舎(東口)
駅舎(東口)
いなでら - Inadera
塚口 (1.4km)
(1.9km) 伊丹
所在地 兵庫県尼崎市猪名寺二丁目1-1
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 福知山線(JR宝塚線)
キロ程 3.9km(尼崎起点)
大阪から11.6km
電報略号 イテ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
8,372人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1981年昭和56年)4月1日
備考 直営駅
みどりの窓口
ホーム

猪名寺駅(いなでらえき)は、兵庫県尼崎市猪名寺二丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)福知山線である。

「JR宝塚線」の愛称区間に含まれている。

概要[編集]

1981年昭和56年)4月1日に福知山線の塚口 - 宝塚駅間の電化に伴い開設された。

福知山線内では、西宮名塩駅新三田駅(共に1986年11月1日開業)に次いで新しい。

駅構造[編集]

相対式2面2線ホームを持つ地上駅で、伊丹寄りに橋上駅舎を有する。分岐器絶対信号機を持たないため、停留所に分類される。

改札口は橋上にある1か所のみ。改札のすぐ横(外側)にはキヨスクが出店している。

開業からしばらくは改札口まで階段を利用しなければならず、バリアフリー面の整備が遅れていたが、2011年3月にエレベーターが設置された(改札内外・東西に2基ずつ、計4基)。ホーム間の移動は跨線橋を使う。

アーバンネットワークに属する直営駅尼崎駅の被管理駅)で、自動券売機自動改札機ともにICOCAおよびICOCAの相互利用対象ICカードが利用可能。

猪名寺駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
1 JR宝塚線 下り 宝塚三田方面
2 JR宝塚線 上り 尼崎大阪北新地方面
  • 上表の路線名は旅客案内上の名称(愛称)で記載している。

ダイヤ[編集]

普通列車のみが停車し、日中時間帯の本数は1時間あたり4本。朝ラッシュ時の大阪方面は本数が多く、JR東西線方面に直通する列車もある(その他の時間帯はJR京都線方面のみで、東西線・神戸線方面へは尼崎で乗り換えとなる)。

利用状況[編集]

近くには高校や工場などがあり、学生などの通学・通勤者が多い。また、駅自体は尼崎市にあるが伊丹市との市境付近にあるため、伊丹市民の利用も多い。

兵庫県統計書[1]によると、近年の1日平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1995年 6,568
1996年 6,729
1997年 7,341
1998年 7,726
1999年 7,871
2000年 8,290
2001年 8,469
2002年 8,245
2003年 8,362
2004年 8,356
2005年 7,894
2006年 9,062
2007年 9,000
2008年 8,647
2009年 8,187
2010年 8,138

駅周辺[編集]

隣接する伊丹市には、当駅の名前に似た「兵庫県立西猪名公園」があるが、こちらは北伊丹駅が最寄りである。

南西に約400m。阪急伊丹線稲野駅も最寄り駅で、そちらの方がわずかに近いが、施設の正面玄関へは当駅の方が近い。

バス[編集]

駅の西口・東口にロータリーがあり、東口には尼崎市営バス阪急バスが、西口には伊丹市営バスが発着している。

東口

阪急バス

尼崎市営バス

  • 20番 東園田(田能・競馬場・阪急園田経由)
西口

伊丹市営バス

  • 36系統 阪急伊丹(南本町経由)
  • 36系統 山田(佐々原経由)

この他、駅の西にある産業道路を阪急バスが運行しており、西口のロータリーへ乗り入れない代わりに、当該路線用の最寄り停留所として「猪名寺西口」停留所がある。

歴史[編集]

その他[編集]

NHK Eテレで放映されているアニメ忍たま乱太郎』の主人公・猪名寺乱太郎の名字は、当駅が位置する猪名寺の地名からつけられた。なお寺院としての「猪名寺」は現存せず、駅の北東に廃寺跡として残る。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
JR宝塚線(福知山線)
丹波路快速・快速
通過
普通
塚口駅 - 猪名寺駅 - 伊丹駅

脚注[編集]

  1. ^ 兵庫県統計書

関連項目[編集]

外部リンク[編集]