大江山口内宮駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大江山口内宮駅
駅構内
駅構内
おおえやまぐちないく
- ÔEYAMAGUCHINAIKU -
二俣 (2.2km)
(3.7km) 辛皮
所在地 京都府福知山市大江町内宮
所属事業者 北近畿タンゴ鉄道(KTR)
所属路線 宮福線
キロ程 17.6km(福知山起点)
駅構造 地上駅(ホームは盛土上)
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
4人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1988年昭和63年)7月16日
備考 無人駅
* 正式な起点は宮津駅

大江山口内宮駅(おおえやまぐちないくえき)は、京都府福知山市大江町内宮にある、北近畿タンゴ鉄道(KTR)宮福線。駅名の由来は、皇大神社(元伊勢内宮)である。

駅構造[編集]

宮津方から見て線路は南に伸び、東へカーブしている。島式ホーム1面2線を有し、列車交換が可能。無人駅で駅舎はなく、盛土の下の階段から直接ホームに上がる形になっている。自動券売機等は設置されていない。

配線は1番のりばを上下本線とした一線スルーで、通過列車は両方向とも1番のりばを通行するが、全体的にカーブしているため通過列車でも85km/hの制限を受ける。停車列車については、通常は方向別でホームを使い分けるが、通過列車との行き違いが行われる場合は、下り列車であっても副本線である2番のりばを使用する。

また、当駅発着の列車の設定もある。

大江山口内宮駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先 備考
1 宮福線 下り 宮津方面 一部2番のりば
2 宮福線 上り 大江福知山方面

駅周辺[編集]

山間の谷に位置し、西側は京都府道が並行する。

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである。

  • 22人(1999年度)
  • 14人(2000年度)
  • 14人(2001年度)
  • 5人(2002年度)
  • 8人(2003年度)
  • 3人(2004年度)
  • 5人(2005年度)
  • 8人(2006年度)
  • 8人(2007年度)
  • 12人(2008年度)
  • 10人(2009年度)
  • 6人(2010年度)
  • 4人(2011年度)

歴史[編集]

  • 1988年昭和63年)7月16日 - 宮福鉄道(現・北近畿タンゴ鉄道)宮福線開業と同時に設置。

隣の駅[編集]

※快速「大江山」については、宮津方面行きの3号・浪漫号と福知山行きの2号・4号が停車する。詳細な停車駅は路線記事を参照のこと。

北近畿タンゴ鉄道
宮福線
二俣駅 - 大江山口内宮駅 - 辛皮駅

関連項目[編集]