広野駅 (兵庫県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
広野駅
駅舎
駅舎
ひろの - Hirono
*新三田 (2.8km)
(4.3km) 相野
所在地 兵庫県三田市広野字下野間5-1
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 福知山線(JR宝塚線)
キロ程 39.7km(尼崎起点)
大阪から47.4km
電報略号 ロノ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
1,179人/日(降車客含まず)
-2010年-
開業年月日 1899年明治32年)3月25日
備考 業務委託駅
みどりの窓口
* この間に大阪支社福知山支社境界あり(当駅から相野寄りは福知山支社管内)

広野駅(ひろのえき)は、兵庫県三田市広野字下野間にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)福知山線である。

アーバンネットワークおよび「JR宝塚線」の愛称区間に含まれている。

概要[編集]

開業から長らく直営駅篠山口駅の被管理駅)だったが、2004年10月16日のダイヤ改正以降、駅業務をジェイアール西日本福知山メンテックが受託する業務委託駅となった。

ICOCA(および相互利用対象のICカード)が利用可能だが、かつて無人駅だった名残で、自動改札機は出場の際に乗車券類を回収しない簡易型が導入されている。

線内の福知山支社管内の駅としては、当駅が最南端である。これは、福知山支社の前身である「福知山鉄道管理局」管内であった頃から変わっていない。南隣の新三田駅から先は大阪支社の管轄となる(同駅の上り第1場内信号機が支社境に当たる)。

なお、常磐線にも同名の「広野駅」(福島県双葉郡広野町)があることから、乗車券類の券面には「(福)広野」と表記される。

駅構造[編集]

単式・島式の複合型2面3線のホームを持つ地上駅。ホーム間の移動には跨線橋を使う。

待避が可能な配線であり優等列車の通過待ちを行うことがある。2014年3月のダイヤ改正前は営業列車は土休日の上り1本に限定されており、それ以外は回送や団体などの臨時列車が使用する程度であった。またダイヤに乱れが生じた場合、臨時に待避や折り返しを行うことがある。[1]

2002年11月20日にはみどりの窓口が設置された[2]が、7時以前の早朝および19時50分以降の夜間は無人となる。改札内にはトイレがある。

当駅以北ではJR宝塚・JR東西・学研都市線運行管理システム (SUNTRAS)が導入されておらず、南隣の新三田駅以南とは異なる駅自動放送が流れる。2011年2月頃に、接近メロディが導入された。

非電化側線も敷設されており、保線機器の留置に使用されている。

広野駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先 備考
3 JR宝塚線 下り 篠山口福知山方面 ただし1日1本のみ2番のりば
1・2 JR宝塚線 上り 三田宝塚方面 1番のりばは1日1本のみ使用
  • 上表の路線名は旅客案内上の名称(愛称)で表記している。
  • ホームの番号は駅舎の反対側から順に付番され、島式ホームが1・2番のりば、駅舎側の単式ホームが3番のりばである。2012年2月26日まではこの逆で、単式ホームが1番のりばと称していた。
  • 原則として上り列車は2番のりば、下り列車は3番のりばを使用する。1番のりばには午前9時台の上りが1本のみ発着するほか、2番のりばにも逆方向の下りが1本だけ停車する。
改札付近の風景 2番・3番のりばから篠山口向きの風景
改札付近の風景
2番・3番のりばから篠山口向きの風景


ダイヤ[編集]

日中は1時間あたり2本が停車する。朝晩は本数が多くなる。

利用状況[編集]

兵庫県統計書[3]によると、近年の1日平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1995年 1,398
1996年 1,409
1997年 1,484
1998年 1,531
1999年 1,463
2000年 1,445
2001年 1,421
2002年 1,342
2003年 1,289
2004年 1,239
2005年 1,193
2006年 1,190
2007年 1,215
2008年 1,228
2009年 1,188
2010年 1,179

駅周辺[編集]

田畑が多いが、所々に住宅街も広がっている。

バス路線[編集]

周辺を神姫バスが運行しており、駅から直進した先の県道92号沿いに「広野駅前」、北東の国道176号沿いに「広野大橋」バス停がある。

この他、駅前には駐輪場とタクシーの乗り場が設置されている(タクシーは常駐はしていない)。

広野駅前

  • 32系統 - 三田駅・新三田駅 / 上青野 行き(平日のみ)

広野大橋

  • 32系統 - 上記に同じ
  • 34系統 - 三田駅 / 須磨田・幡尻西 行き(平日のみ)
  • 36系統 - 三田駅 / 藍本駅 行き

歴史[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
JR宝塚線(福知山線)
丹波路快速・快速・普通
新三田駅 - 広野駅 - 相野駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 以前は、当駅で折り返す定期普通列車が設定されていた。また、単線非電化時代は追い越し待避も可能な配線だった。
  2. ^ 市広報「伸びゆく三田」平成14年10月15日版 (PDF) [リンク切れ]
  3. ^ 兵庫県統計書

関連項目[編集]

外部リンク[編集]