相野駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
相野駅
駅舎
駅舎
あいの - Aino
広野 (4.3km)
(4.2km) 藍本
兵庫県三田市下相野字五反田331-1
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線   G   福知山線(JR宝塚線)
キロ程 44.0km(尼崎起点)
大阪から51.7km
電報略号 アノ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
3,798人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1899年明治32年)3月25日
備考 業務委託駅
みどりの窓口

相野駅(あいのえき)は、兵庫県三田市下相野字五反田にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)福知山線である。

アーバンネットワークおよび「JR宝塚線」の愛称区間に含まれており、ICOCA(および相互利用対象のICカード)が利用可能。

駅構造[編集]

2面2線の相対式ホームを有する地上駅。ホーム間の移動には、1980年代前半に設置された跨線橋を使用する。この跨線橋には2006年4月にエレベーターが新設された他、各ホームにも2007年2月に発車標が設置された。

トイレは改札内にあり、多機能タイプも併設されている。なお、福知山線が単線非電化だった時代には跨線橋はなく、各ホーム間は構内踏切で連絡していた。

2006年10月21日以降は、JRの直営からジェイアール西日本福知山メンテックによる業務委託駅となっている(篠山口駅の管理下)。

相野駅プラットホーム
のりば番号 路線 方向 行先
1   G   JR宝塚線 下り 篠山口福知山方面
2   G   JR宝塚線 上り 三田宝塚方面
  • 上表の路線名は旅客案内上の名称(愛称)で表記している。

ダイヤ[編集]

日中は大阪方面・福知山方面とも、1時間あたり2本が停車する(いずれも丹波路快速)。朝晩は本数が多くなり、ラッシュ時には一部の特急『こうのとり』も停車する。

1997年3月8日から2003年11月30日までの間は、夕方に新三田駅篠山口駅間で当駅のみ停車する速達型の快速も運行されていた。

利用状況[編集]

当駅には神姫バスの複数の路線(後述)が乗り入れており、当駅からさらにバスに乗り継いで通勤・通学する乗客も多い。

兵庫県統計書[1]及び三田市統計書[2]によると、近年の1日平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1995年 4,202
1996年 4,286
1997年 4,320
1998年 4,317
1999年 4,182
2000年 4,110
2001年 4,002
2002年 3,915
2003年 3,951
2004年 4,057
2005年 4,022
2006年 4,085
2007年 4,044
2008年 4,038
2009年 3,954
2010年 3,903
2011年 3,861
2012年 3,798

駅周辺[編集]

田畑が多いが、駅前や県道沿いにはまとまった住宅地がある。

バス路線[編集]

52系統のみ神姫グリーンバス、その他は神姫バスが運行。停留所名は「相野駅」で、いずれも駅舎前のロータリーに発着している。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
  G   JR宝塚線(福知山線)
丹波路快速・快速・普通
広野駅 - 相野駅 - 藍本駅

脚注[編集]

  1. ^ 兵庫県統計書
  2. ^ 三田市統計書

関連項目[編集]

外部リンク[編集]