今川駅 (大阪府)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
今川駅*
今川駅の高架下東側(2007年2月17日撮影)
今川駅の高架下東側(2007年2月17日撮影)
いまがわ - IMAGAWA
北田辺 (0.6km)
(1.1km) 針中野
所在地 大阪市東住吉区駒川三丁目4-55
所属事業者 近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 南大阪線
キロ程 2.7km(大阪阿部野橋起点)
電報略号 イマ
駅構造 高架駅
ホーム 2面4線(内側2線は通過線)
乗降人員
-統計年度-
4,327人/日
-2010年-
開業年月日 1931年昭和6年)6月1日
備考 * 1933年に駒川駅から改称

今川駅(いまがわえき)は、大阪府大阪市東住吉区駒川三丁目にある、近畿日本鉄道(近鉄)南大阪線

駅構造[編集]

複線の通過線の両側に相対式2面2線ホームを持つ、待避設備を備えた高架駅。新幹線型の待避構造を持つ。したがって、2番線は古市方面行きの通過線、3番線は大阪阿部野橋行きの通過線。

なお、1987年に高架化前の地上駅時代は、単線の通過線の両側に相対式2面2線という構造の待避駅で、中央の通過線を上下列車とも使用する関係で優等列車はスピードを落として通過していた[1]。また、高架化工事中は上り線のみ待避線が設けられていた。高架化直後は待避線は敷設されておらず現在の通過線に仮ホームを設置しており、待避線と本設ホームは約1年半後に設置された。

ホーム有効長は6両。ホーム階(3階)の下に駅舎の入る階(2階)がある。改札口は1ヶ所のみ。。自動改札機オムロン製で、出場時2枚一括処理、PiTaPaICOCA対応の赤い自動改札機(U-PG)も設置されている。

のりば[編集]

1 南大阪線(下り) 藤井寺古市橿原神宮前吉野河内長野方面
4 南大阪線(上り) 大阪阿部野橋行き

※前述の通り、2・3番線はホームのない通過線のため、ホームとしては欠番である。

利用状況[編集]

  • 2010年11月9日の調査結果によると、1日の乗降人員は4,327人[2]
    • 近鉄の全調査対象駅(287駅)中、127位。
    • 南大阪線・吉野線の駅(43駅、他線接続駅含む)の中では、19位。
    • 大阪府内の近鉄の駅(61駅)の中では、50位。
  • 2008年11月18日の調査では、1日の乗降人員は4,772人。2005年11月8日の調査では5,244人。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

  • 1931年昭和6年)6月1日 - 大阪鉄道の北田辺 - 針中野間に駒川駅として開業。相対式2面2線の地上駅。
  • 1933年(昭和8年)4月1日 - 今川駅に改称。
  • 1943年(昭和18年)2月1日 - 関西急行鉄道が大阪鉄道を合併。関西急行鉄道天王寺線の駅となる。
  • 1944年(昭和19年)6月1日 - 戦時統合により関西急行鉄道が南海鉄道(現在の南海電気鉄道の前身。後に再独立)と合併。近畿日本鉄道南大阪線の駅となる。
  • 1987年(昭和62年)12月6日 - 路線高架化により高架駅となる。待避線は未設置で、仮ホームを使用。
  • 1989年平成元年)5月 - 待避線と本設ホームを設置し、中央に通過線のある現在の形態となる。
  • 2007年(平成19年)4月1日 - PiTaPa使用開始。

その他[編集]

当駅から西へ続く商店街の先に、阪神高速14号松原線の高架道路が見えてくる。この高架脇の側道は、かつての南海平野線の軌道跡であり、高架道と商店街との交点付近に田辺停留場があった。ちなみに平野線は、当駅開業に先んずること17年余前の1914(大正3)年の開業である。昭和の初めに当駅が出来るまで、このあたりで、電車で(大阪)市内[3] へ行くとは、平野線を利用するという意味だったといわれる。

脚注[編集]

  1. ^ 同様の配線は西武新宿線中井駅にも見られる。
  2. ^ 近畿日本鉄道 駅別乗降人員
  3. ^ 平野線開業当時の当駅付近は、東成郡田辺町。今でこそ住宅が密集する当駅周辺だが、当時の町の中心は平野線田辺駅周辺であり、当駅は田畑の真ん中だった。

隣の駅[編集]

近畿日本鉄道
南大阪線
急行・区間急行・準急
通過
普通
北田辺駅 - 今川駅 - 針中野駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]