シドニー・ベシェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Sidney Bechet
Sidney Bechet in 1922
Sidney Bechet in 1922
基本情報
出生 1897年5月14日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ルイジアナ州ニューオーリンズ
死没 1959年5月14日(満62歳没)
ジャンル ニューオーリンズ・ジャズ
担当楽器 ソプラノ・サックス、クラリネット
レーベル オーケー・レコード英語版
ブルー・ノート・レコード
ヴォーグ

シドニー・ベシェ(Sidney Bechet、1897年5月14日 - 1959年5月14日)は、アメリカルイジアナ州ニューオーリンズ出身のジャズ・ミュージシャン。クラリネット奏者として活動を始め、ソプラノ・サックスも吹くようになる。ニューオーリンズ・ジャズの分野で活動。アメリカのオーケー・レコード英語版ブルーノート・レコードフランスのヴォーグ(Vogue)等のレーベルに録音を残した。フランスパリで死去。ルイ・アームストロングと並んで、ジャズ史上初の偉大なソロイストの1人と評される[1]

生涯[編集]

出生〜初録音[編集]

ニューオーリンズクレオールの家系に生まれた[1]。兄はトロンボーンクラリネットを習っていたが、ベシェは8歳の頃にクラリネットに強い興味を示し、兄からクラリネットを渡される[1]。ベシェは少年時代からニューオーリンズのトップ・バンドで演奏するほどの腕前になり、また、自分より2歳年上のジミー・ヌーンにクラリネットを教えていたこともある[2]。ニューオーリンズ時代には、ベシェはバンク・ジョンソン英語版率いるジ・イーグル・バンドで活動したこともあり、また、キング・オリヴァーとも共演した[1]。オリヴァーとは後にシカゴでも共演し[1]、ジョンソンとは1945年ブルーノート・レコードのレコーディングで再び共演している[3]

19歳になると、ベシェはニューオーリンズを出てピアニストのクラレンス・ウィリアムズと共にシカゴへ出た[1]

1919年、ベシェはウィル・マリオン・クックが率いるサザン・シンコペイテッド・オーケストラに参加してロンドンへ渡る[4]。そして、1921年2月にロンドンで行われた「ベニー・ペイトンズ・ジャズ・キングス」のレコーディングでクラリネットを担当するが、この時の録音は発表されていない[5]。そして、ベシェはこのようにアメリカを離れて活動していた頃、ソプラノ・サックスを吹き始めている[2][4]

アメリカへ帰国したベシェは、1923年1月にベッシー・スミスのバックでクラリネットとソプラノ・サックスを吹くが、この録音も未発表に終わる[5]。同年7月30日、ベシェは「クラレンス・ウィリアムズ・ブルース・ファイヴ」の録音に参加し、「Wild Cat Blues」と「Kansas City Man Blues」の2曲でソプラノ・サックスを演奏。これが、現存する限りではベシェの最も古い録音である[5]

アメリカやヨーロッパでの活動[編集]

このクラレンス・ウィリアムズ・ブルース・ファイヴの1924年の録音では、ベシェに加えてルイ・アームストロングも参加した[6]。また、ベシェはデューク・エリントンとも活動を共にしている[4]。その後はヨーロッパを回り、パリ、ロンドン、ベルリンソビエト連邦等で演奏した[4]

アメリカに戻ったベシェは、1932年に友人のトランペット奏者トミー・ラドニア英語版と共にザ・ニューオーリンズ・フィートウォーマーズというバンドを結成。ザ・ニューオーリンズ・フィートウォーマーズは、1938年12月23日にカーネギー・ホールジョン・ハモンドのプロデュースにより行われた「From Spirituals to Swing」というコンサートにも出演している[7]

1939年6月8日、ベシェはこの年に設立されたばかりのブルーノート・レコードでレコーディングを行い、ここでベシェが録音した「サマータイム」は、ブルーノートのレコードとしては初のヒット作になった[8]

1949年パリサル・プレイエルで行われたジャズ・フェスティヴァルに出演すると、ベシェの演奏はセンセーションを呼び起こし、それを機にベシェはフランスへ移った[2]。その後はフランスでの活動が主体となるが、1953年8月にアメリカへ一時帰国した際、自身最後となるブルーノート・レコードでのレコーディングを行った[3]

1959年、62歳の誕生日である5月14日にパリで死去[2]。死因は肺癌であった[4]

主な作品[編集]

  • Sidney Bechet Jazz Classics Vol.1 (Blue Note 1201)
    • 1939年から1946年にかけてブルーノート・レコードでレコーディングされた10曲を収録[9]
  • Sidney Bechet Jazz Classics Vol.2 (Blue Note 1202)
    • 1939年から1951年にかけてブルーノート・レコードでレコーディングされた10曲を収録[9]
  • The Fabulous Sidney Bechet (Blue Note 1207)
    • 1951年にレコーディングされた5曲と、1953年に録音された5曲を収録[10]。2001年に発売されたCDでは、別テイク等が追加されて17曲入りとなっている。
  • Ken Burnz Jazz (Columbia/Legacy)
    • 1923年から1947年にかけてレコーディングされた20曲を収録したコンピレーション・アルバム。2000年にリリースされて、2001年には『ビルボード』のジャズ・アルバム・チャートで15位に達した[11]

参考文献[編集]

  • 『ジャズ管楽器 : バリトン・サックス/ソプラノ・サックス/クラリネット/フルート/トロンボーン他』 ジャズ批評編集部編、松坂〈ジャズ批評ブックス〉、2002年、52-53頁。ISBN 4-915557-12-X
  • 『決定版ブルーノート・ブック 〜史上最強のジャズ・レーベルのすべて〜』 ジャズ批評編集部編、松坂〈ジャズ批評ブックス〉、1999年、45,46,49,52,55,56,57,59,95,96,98。ISBN 4915557014
  • Frank Tirro 『ジャズの歴史 その誕生からフリー・ジャズまで』 音楽之友社、1993年、169-172頁。ISBN 4276232511

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f Sidney Bechet @ All About Jazz – 「read more」の表示をクリックすれば全文の閲覧可 - 2014年4月6日閲覧
  2. ^ a b c d Sidney Bechet | Biography | AllMusic - Biography by Scott Yanow - - 2014年4月6日閲覧
  3. ^ a b 『ブルーノート・レコード 史上最強のジャズ・レーベルの物語』(リチャード・クック著、前野律訳、行方均監修/朝日新聞社/2002年/ISBN 4-02-261394-7)p.70
  4. ^ a b c d e アメリカ盤CD『Ken Burns Jazz』(Sidney Bechet, Columbia / Legacy 501031 2)英文ライナーノーツ(Richard M. Sudhalter、2000年5月)
  5. ^ a b c The Recordings of SIDNEY BECHET (.pdf format) - Mal Collins, June 2011 - p.7 - 8
  6. ^ CD『Ken Burns Jazz』(Columbia / Legacy 501031 2)英文クレジット
  7. ^ Various - From Spirituals To Swing - The Legendary 1938 & 1939 Carnegie Hall Concerts Produced By John Hammond at Discogs
  8. ^ 『ブルーノート・レコード 史上最強のジャズ・レーベルの物語』p.30-32
  9. ^ a b 『ジャズ批評別冊 完全ブルーノート・ブック』(ジャズ批評社/1987年5月20日)p.127
  10. ^ 『ジャズ批評別冊 完全ブルーノート・ブック』p.130
  11. ^ Ken Burns Jazz - Sidney Bechet | AllMusic - Awards – Billboard Albums

外部リンク[編集]