ブルーノート・レコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブルーノート・レコードBlue Note Records)とは、ドイツ出身のアルフレッド・ライオンによって、1939年ニューヨークで創設されたジャズレコード・レーベル

キャピトル・レコードを親会社に持ち、長年EMI傘下であったがM&Aにともなう親会社の買収で現在はユニヴァーサル・ミュージックの傘下となっている。

経緯[編集]

初レコーディングは1939年1月6日にピアニストのアルバート・アモンズミード・ルクス・ルイスにより行われた。1940年には、ライオンのドイツ時代からの親友で写真家のフランシス・ウルフがアメリカに移ってくる。翌年ライオンが徴兵されるもウルフによりブルーノートは守られた。

戦後、ライオンとウルフは、プロデュース=ライオン、経理とジャケット写真撮影=ウルフの分担で共にブルーノートの運営を行った。1940年代ビバップの勃興に際しては早くからその本質を理解し、レコーディングを行っている。その後も時代毎の優れたミュージシャンの演奏を多く録音し、モダン・ジャズ界の名門レーベルと呼ばれるようになった。

1950年代中期からは、レコーディングエンジニアルディ・ヴァン・ゲルダーの手を介した録音[1]、新進デザイナーのリード・マイルスが手がけた斬新なレコードジャケットを得、1960年代中期までの最盛期に、後世に残る傑作アルバムを数多く送り出した。

ライオンが手がけたレコードのシリーズは世界的に有名であり、マイルス・デイヴィスセロニアス・モンクアート・ブレイキーホレス・シルヴァージミー・スミスオーネット・コールマンなど、多くの著名な演奏家による演奏が記録されている。なかでも2つの傑作シリーズは特に有名で、生産されたレコードの番号から1500番台および4000番台と言われている。1500番台は1956年にスタートしたもので98タイトルがあり、1553番1592番は欠番だった。後に1592番ソニー・クラーク「ソニー・クラーク・クインテッツ」は強い要望に応える形で発売された。

1957年3月7日、エンジニアのヴァン・ゲルダーの薦めもあり、遂に、同レーベル初のステレオ録音を始める(最初のステレオ録音は、アート・ブレイキーの"Orgy in Rhytjm Vol.1&2"(1554、1555)の2枚で、これらはステレオのオープン・リール・テープでも発売された)。このお陰で、その後録音されたジョン・コルトレーンの「ブルー・トレイン」(1577)、ソニー・クラークの「クール・ストラッティン」(1588)を初めとする一連の録音、ポール・チェンバースの「ベース・オン・トップ」(1569)、キャノンボール・アダレイマイルス・デイヴィスらによる「サムシン・エルス」(1595)、ジミー・スミスの「ハウス・パーティー」(4002)「ザ・サーモン」(4011)、ソニー・ロリンズの「ニュークス・タイム」(4001)等、後にこのレーベルの顔とも言える名盤がステレオでも残ったのは、非常に大きなことである。

1966年、アルフレッド・ライオンはブルー・ノートを米リバティー社に売却する。これを期に、米以外でもブルー・ノートのレコードがプレス、販売される様になる。

1967年、当時の東芝音楽工業から、日本プレスによる同レーベル初のレコードが発売される。

1977年頃、米リバティーの日本での発売権がキングレコードに移行したことにより、ブルーノートの日本盤も同社に発売権が移行し発売される様になる。

1983年に、キャピトル・レコードが米リバティー社を買収したことにより、キャピトルの親会社であるEMIの傘下になった。これにより、日本での発売元は再び当時の東芝EMI(現EMIミュージック・ジャパン)に戻った。

ブルーノート60周年を記念して1998年から始まったルディ・ヴァン・ゲルダーによるリマスター・シリーズ"RVG Edition"は大好評であり、現在も同シリーズは継続中である[2]。特に日本では大絶賛をもって迎えられ、1998年のスィング・ジャーナル社主催の「ジャズ・ディスク大賞」で、同年度のリマスタリング部門と企画部門の2部門を受賞した。

2000年代にはノラ・ジョーンズの大ヒットで知られている。

2006年にはブルー・ノート・レーベル・グループを発足、ナラダ・プロダクション、その姉妹レーベルハイアー・オクターヴ・レコードバック・ポーチ・レコードが傘下に入る。

2012年、ユニヴァーサル・ミュージックがEMIの音楽ソフト部門を買収したことにより、ユニヴァーサルの親会社であるヴィヴェンディの孫会社になった。これにより、日本での発売元はユニバーサル クラシックス&ジャズに移行した。

所有レーベル[編集]

関連著作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 彼は同レーベルに於いては、1954年2月初旬頃から録音を開始している。
  2. ^ このシリーズは、日本の当時の東芝EMIの強いリクエストによって実現されたシリーズである

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ビジネスデータ