ポール・モーリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポール・モーリア
基本情報
出生 1925年3月4日
フランスの旗 フランス マルセイユ
死没 2006年11月3日(満81歳没)
フランスの旗 フランス ペルピニャン
学歴 マルセイユ地方音楽院
職業 指揮者ピアノチェンバロ奏者
活動期間 1952年 - 2003年
レーベル RGM
BEL AIR
フィリップス
ポニーキャニオン
ALL ACCESS
著名使用楽器
ピアノチェンバロ

ポール・モーリア(Paul Mauriat、1925年3月4日 - 2006年11月3日)は、フランス作曲家編曲家指揮者ピアニストチェンバロ奏者。特に日本では「ラブ・サウンドの王様」と呼ばれ、イージーリスニング界の第一人者として有名。

人物[編集]

経歴[編集]

 フランス南部マルセイユに生まれ、6歳でアマチュア音楽家だった父親からピアノの手ほどきを受け、10歳でマルセイユ地方音楽院[1]に入学。ソルフェージュ(1939年)とピアノ(1940年)をともに首席で修了して1941年に卒業。その後、アマチュアジャズバンドを経て、1943年にマルセイユのダンスホール「ブラッスリー・ラ・クーポール」専属オーケストラでピアニスト兼アレンジャーとしてプロ・デビューし、翌年には同楽団の指揮者を兼任する。
 1948年、ギタリストのマルセル・ビアンキ[2]が率いるオーケストラに創設メンバーとして加入、同年12月から9ヶ月間に亘るエジプト・ツアーに参加する。
 1951年パリ進出。近郊のダンスホールで演奏していたフランク・プゥルセル楽団にピアニストとして参加するが、翌年マルセイユに帰郷し、同7月28日にイレーヌ・ボボと結婚。ダンスホール「ル・ヴァンピング」[3]でのオーケストラ活動が評判となり、1957年にRGM[4]レーベルからレコードデビュー。
 1959年に再度パリへ進出。音楽プロデューサーであるレオ・ミシールに誘われ、バークレー傘下で新進アーティストを扱う新興レーベル「BEL AIR」よりレコードを発表[5]。また、多忙となったプゥルセルに代わってグロリア・ラッソのためにポール・フェルサンの変名を使って編曲・伴奏する一方、シャルル・アズナヴールに対して120曲を超えるアレンジを提供、1960年12月のアランブラ劇場公演などでオーケストラの指揮をとる。さらに、ミレイユ・マチューのデビュー曲『愛の信条』を作曲し、専任オーケストレーターとして1966年9月のオランピア劇場公演などで指揮をとり、フランシス・レイらとともに全米プロモーションツアーにも同行している。このほか、モーリス・シュヴァリエの新作レコーディングを機に、同じバークレー社の同僚であったレイモン・ルフェーブル1962年から3年間に亘って仕事を共にしている[6]
 1965年、BEL AIRレーベルとの契約満了の後に、ポール・モーリア・グランド・オーケストラ (LE GRAND ORCHESTRE DE PAUL MAURIAT)としてフィリップスとのレコード発売契約を締結。1968年に『恋はみずいろ』が全米ヒットチャートで連続5週トップを記録したのを機に世界的にヒット(約500万枚)、RIAAゴールドディスク、ACCディスク大賞などを受賞する。この年、モーリアは全米でのプロモーションのために単身渡米し、テレビ番組「エド・サリバン・ショー」に出演、1969年以降、北米を中心にコンサート・ツアーを開催するが、オーケストラ・メンバーに対するフランス人奏者の人数制限やプロモーターに対する不信などから、3度目となる1971年を最後に全米ツアーを打ち切る。
 『恋はみずいろ』以降も、フランス語圏や英語圏のヒット・ポップスや映画音楽を中心にレコーディングを続けるが、1970年代後半から1980年代前半にかけてはブラジル音楽に傾倒。1977年にはアシスタントのジェラール・ガンビュスらとリオデジャネイロに渡り、現地ミュージシャンを起用したアルバム『夜明けのカーニバル/ポール・モーリア・ラブ・サウンズの熱い風』(FDX-340)を制作。その一方で、1978年には自らフュージョンをコンセプトとしたアルバムを企画、ニューヨーク・パワーステーション・スタジオでウィル・リーランディー・ブレッカーマイケル・ブレッカー等を起用したオリジナル・アルバム『オーバーシーズ・コール/ポール・モーリア・イン・ニューヨーク』(FDX-390)を制作する。さらに、1980年代半ばにはクラシック音楽を取り上げたアルバムを3年連続で制作、原題を『CLASSICS IN THE AIR』に統一したシリーズ作品として発表、日本でも『愛の夢/ポール・モーリア・クラシック・ヒッツ』(1985年・28PP-102)、『G線上のアリア/ポール・モーリア・クラシック・ヒッツ』(1986年・28PP-111)、『プリマヴェーラの微笑~ポール・モーリア・クラシック・アヴェニュー』(1987年・28PP-134)として発表されている。
 1992年フランス文化省より芸術文化勲章「オフィシエ・デ・ザール」[7]を、1997年には同「コマンドゥール・デ・ザール」[8]を受賞しているほか、生前の最終公演地となった大阪市ではコンサートに先立ってモーリア夫妻を市役所に招いて大阪市名誉市民に任命、併せて「大阪市の鍵」が贈呈されている[9]
 1993年、所属していたフィリップスの本国担当者との対立からポニーキャニオンへ移籍。翌年リリースされた『CHAGE & ASKAコレクション/ポール・モーリア』(PCCY-00564)を皮切りに、契約期間4年の間に7枚のアルバムを制作する。
2000年サンスターCM曲として1982年にモーリアが作曲しながらスタジオ録音が実現しなかった『私は風が好き』を含む4曲をプライベート録音、2003年の来日コンサート会場および発売元のプロモーター「ミュージックリーグ」の通信販売限定でリリース(MLPM-2003)。これがモーリアの最終レコーディングと目されている。
 2006年10月末、フランス南部ペルピニャンの別荘に滞在中、体調不良を訴え検査入院したところ、急性白血病であることが判明。同年11月3日午前1時、急性白血病による心不全のためペルピニャンの病院で逝去。6日に火葬に付された。モーリア死去の報道に伴い、同11月6日JFN系のFMラジオ番組JET STREAM」や同12月17日放送のTBSラジオラジオ番組バックグラウンド・ミュージック」などで追悼特別番組が放送された。
 2009年11月、ジャン=ジャック・ジュスタフレ指揮ポール・モーリア・メモリアル・オーケストラによる追悼コンサートが日本および大韓民国で開催された。同公演につき、未亡人は「日本のファンとプロモーターに対する特別の配慮で実現させたものであり、故人の遺志によりモーリアの死とともにオーケストラは消滅した」と後日コメントしている[10]

日本での実績[編集]

 日本においては、1965年12月に他アーティストのシングル盤B面収録曲として『夜のメロディー』が初めて発表(FL-1203)され[11]、翌年5月に発売された『超ステレオ!魅惑のヨーロッパ・トップ・ヒッツ』(SFL-7284)、『赤いサラファン/永遠なるロシア~ポール・モーリア・ストリングス・ムード』(SFX-7052)の2アルバム以降、1990年代はじめまで概ね年間2~3枚のペースでコンスタントに新作アルバムを発表。シングル盤でも『恋はみずいろ』『蒼いノクターン』『エーゲ海の真珠』『涙のトッカータ』『オリーブの首飾り』など立て続けにヒットを重ねた。
 とりわけ『オリーブの首飾り』のヒット効果は大きく、ベストアルバムとして発売された『ポール・モーリア・グレイテスト・ヒッツ・リフレクション18』(FDX-7001)が1976年度のオリコン年間アルバムチャート21位に、『ポール・モーリア・グレイテスト・ヒッツ24』(FDX-9201/2)が1977年度の同11位に記録されている。それ以前にもモーリア版『ヘイ・ジュード』がテレビドラマ「おふくろの味」のテーマ曲に起用されたのをはじめとして、1986年の開始以来現在まで放送が続いているTBSラジオ大沢悠里のゆうゆうワイド」のテーマ曲として親しまれている『はてしなき願い』[12]など、CMや天気予報、ラジオ番組などのテーマ曲やBGMなどに多岐に渡ってモーリアの演奏作品が使用されている。
 親日家として知られ、1976年に国内11都市の印象を綴ったオリジナルアルバム『ポール・モーリア/ラブ・サウンズ・ジャーニー』(FDX-251)を発表。1979年にはFM情報誌の読者投票で選ばれたニューミュージック楽曲のカバー企画を、ジャケットデザインに森英恵を起用したアルバム『愛のメッセージ/ポール・モーリア』(FDX-465)として制作するほか、池田満寿夫監督の日合作映画窓からローマが見える』の音楽を担当する一方、高田恭子の『あじさいいろの日々』(1974年・キング BS-1799)の編曲・伴奏録音、来生たかおのアルバム『LABYRINTH』(キティ 28MS-0068)の編曲・プロデュースなどを手がけている。また、モーリアの自作曲を真木ゆうこ(『さよならの街角』1973年・FS-1765、原曲は『ただ一度だけ』)、来栖あんな(『私がふたりいる』1975年・東芝EMI LTP-20204、原曲は『見知らぬ人』[13])や高橋キヨシ(『湖に消えた恋』1976年・FS-2036)、坂本スミ子(『オー・ラ・ラ・オーサカ』1977年・FS-2040)らがカバーする例も見られた。1995年阪神・淡路大震災の際には『カルテット・フォー・神戸』を作曲し、フランク・プゥルセル(バイオリン)、フランシス・レイ(アコーディオン)、レイモン・ルフェーブル(フルート)との4人で「ザ・フォー・フレンチメン」名義で録音、同曲が収録されたチャリティーアルバム(PCCY-00749)を制作するなどの活動が知られている。さらに、1978年4月から同年末まで東海ラジオ放送の制作で自らの音楽観を中心に語る番組「ポール・モーリアの世界」が放送されたほか、メルシャンワイン、UCCコーヒーなどのCMにも自ら出演、ダイハツから発売された乗用車のCMにはモーリアの自作曲『シャレードの休日』が使用されている。
 1969年に初来日して以来、1970年・1978年を除いて1986年まで毎年、その後、1988年1990年1996年1997年1998年と来日し約870回[14]の公演を開催。1990年のコンサートツアーをもって一度はステージ活動を休止するが、パリカテリーナ・ヴァレンテとのジョイントコンサートが企画されたことが直接の引き金となって急遽1996年1月末より約2週間に渡る来日公演が実現、同年11月には1~2月に開催できなかった都市を中心とした公演を改めて開催した。1997年には公演直前になってモーリアが体調を崩して来日が遅れ、最初の3公演はジェラール・ガンビュスの実弟であるジル・ガンビュスが指揮することとなった。このことが1998年のジャパンツアーを「さよならコンサート」としたことに大きく影響したと見られており、同年11月29日大阪フェスティバルホール公演を以って自身のオーケストラの公演活動での指揮を退いている。2000年以降はモーリア自身は同行しないものの構成・演出および編曲などを担当する形で公演活動を再開、ジル・ガンビュス(2000年、2002年2003年2004年)、ジャン=ジャック・ジュスタフレ(2005年2009年)を指揮者として行われた。なお、公式ライブアルバムは全て日本国内で録音された。

作品[編集]

概要[編集]

 モーリアがレコードデビューしたRGMレーベルからBEL AIRレーベルに至る時期には、それ以降に見られるサウンド面での顕著な特徴は見られていない。対するに、フィリップスに移籍してスタートした、世に知られる「ポール・モーリア・グランド・オーケストラ」では、1965年の移籍当初から他のオーケストラとの差別化を図るべく[15]、それまでポピュラー音楽では使用される機会が少なかったチェンバロを積極的に起用してピアノと同一旋律を演奏させるなど、バロック音楽的な手法を採用して音色を特徴づけている。レコーディング・エンジニアとしてドミニク・ポンセが参加した1969年以降は、ドラムスをステレオ収録したり、ブラス・セクションをオンマイクで収録するなどにより、リズムセクションを中心にクリアーなサウンドが実現されている。さらに、1972年にモーリアのアシスタントとしてジェラール・ガンビュスが加入すると、電子楽器の一層の積極的導入が図られ、それまでピアノと同一旋律を演奏していたチェンバロに替わってエレキ・チェンバロやシンセサイザーが用いられるようになり、ガンビュスによるリズム・セクションのアレンジと相俟って、他のオーケストラと一線を画した、いわゆるポール・モーリア・サウンド[16]が確立される。1980年代半ば以降のスタジオ・レコーディングでは、トランペットトロンボーンなどで演奏される旋律を、ジル・ガンビュスがプログラミングしたシンセサイザーに移行されるケースが多くなった。1990年代に入ってポニーキャニオンに移籍してからは、一部を除いてストリングスロンドンのエンジェル・スタジオでイギリス人奏者を起用して録音された。

代表曲[編集]

※収録アルバムは日本発売オリジナル盤を元に記述している。

蒼いノクターン (Nocturne)
モーリアの自作曲で、1970年代半ばまでは来日コンサートのアンコール曲として演奏されることが多かった。初レコーディングは1966年だが、日本では1969年にアルバム『輝く星座/ポール・モーリアの世界の詩情』(SFX-7178)で発表、同時にシングルカット(SFL-1226)された。1973年と1996年のライブアルバムに収録されたほか、オーケストラによるスタジオ録音では、1988年・1994年にもレコーディングされている。
愛の信条 (Mon Credo)
ミレイユ・マチューのデビュー曲として提供されたモーリアの作品。自身のオーケストラ・バージョンは当初、1967年3月1日に発売されたアルバム『ポール・モーリア/ワールド・トップ・ヒッツ』(SFX-7068)に『私の信条』として収録される予定であったが、急遽別曲と差し替えられたため、国内盤では1980年発売のカセット・テープ特別企画『ポール・モーリア/フランスの詩情』(30PT-107)に収録されるまでは発表されることがなかった。その後も国内発売レコード盤では発表される機会がなかったが、1990年来日記念盤『ポール・モーリアCDコレクション/ラブ・サウンド・コレクションⅡ 涙のトッカータ~エーゲ海の真珠』(PHCA-12)で漸くCD収録が実現している。
恋はみずいろ (L'amour Est Bleu “Love Is Blue”)
アンドレ・ポップ作曲。ヴィッキーが歌った1967年度ユーロビジョン・ソング・コンテスト4位入賞曲。モーリアが取り上げ、1968年2月10日付から同年3月9日付ビルボード・ホット100で5週連続1位[17]の大ヒットとなり、世界的に有名になった。日本ではアルバム『パリのあやつり人形/ヨーロッパ・トップ・ヒッツ』(SFX-7085)より1967年10月1日にシングルカット(SFL-1123)され、オリコンチャート最高18位、約12万枚のセールスを記録している[18]。1976年にディスコ・アレンジでリリースした『ラブ・イズ・スティル・ブルー~恋はみずいろ'77』のほか、オリジナル・アレンジでも1982年・1988年・1994年・2000年に新録音テイクを発表している。なお、1967年8月25日には森山良子が日本語カバー盤を、モーリアと同じフィリップス・レーベルよりシングル・リリース(FS-1021)している。
口笛の鳴る丘 (Siffler Sur La Colline “Uno Tranquillo”)
ジョー・ダッサン1969年のヒット曲だが、アルバム『裸足のイサドラ/ポール・モーリア』(SFX-7220)で発表されたモーリアの演奏が「玉置宏の笑顔でこんにちは」(ニッポン放送)“晴れ晴れリクエスト”でテーマ曲としても使用された。
ポール・モーリアのR&B (Etude En Forme De Rhythm & Blues “Etude In The Form Of Rhythm & Blues”)
1969年の全米ツアーのオープニングテーマをモチーフに1970年の訪米中に完成させたとモーリアが後に述懐、『ポール・モーリアのテーマ』の曲名でも知られる。来日公演でも1970年代半ばまではオープニング曲としても使用された。1987年には同一モチーフによる『愛のエチュード』(Etude In The New Form)が発表されている。なお、1973年来日公演の実況録音から『蒼いノクターン』とのカップリングで1978年にシングルカットされている(SFL-2231)。
エーゲ海の真珠 (Penelope “L'eternel Retour”)
スペインのアウグスト・アルグエロ作曲[19]で、本来はメキシコ向けの録音。日本では1970年12月20日にシングル盤(SFL-1307)で発売され、オリコンチャート最高40位・約7.5万枚のレコードセールスを記録している。このテイクではダニエル・リカーリが中間部のスキャットを担当していた。ファッションブランド「ROPE(ロペ)」やメルシャンワインのCM曲、TBSラジオ林美雄パックインミュージック」第2部エンディングなどにも使用された。公式ライブ・レコーディングでは必ず取り上げられたほか、1976年にディスコ・バージョンが発表され、1988年・1994年には1983年以降の来日ステージでの演奏に準じたアレンジのスタジオ録音が発表されている。なお、1977年に有馬三恵子の作詞による日本語カバー盤(キング GK-147)がローレン中野のボーカルにより発表されている。
想い出のランデ・ヴー (Rendez-Vous Au Lavandou)
1958年にダリダの歌唱でヒットしたモーリアの自作曲。1972年にアルバム『想い出に生きる/ポール・モーリア・フレンチ・トップ・ヒッツ』(SFX-5048)で発表されたモーリアの演奏版が、日本テレビ「あすの全国の天気」で1980年から10年間に亘りBGMとして使用された。
涙のトッカータ (Toccata)
フランスの音楽家ガストン・ローラン[20]の作曲。モーリアは1951年、フランク・プゥルセル楽団のピアニストとしての採用オーディションで初見演奏している。その後、引退音楽家のための高齢者施設に住むローランからレコーディング許諾を得て1973年に発表した。日本ではアルバム『ラスト・タンゴ・イン・パリ~天使のセレナード/ポール・モーリア』(SFX-5070)より1973年7月25日にシングルカット(SFL-1811)され、オリコンチャート最高63位・約6.6万枚を記録、1980年代までの来日ステージではモーリア自らピアノを演奏した。1973年・1982年・1998年の各ライブアルバムに収録されたほか、1988年・1994年にも新録音テイクが発表されている。また、1973年10月にはロンドン・レコードより槇岡婦喜子が日本語カバー盤をシングル・リリース(BS(L)-1778)している。
天使のセレナード (La Chanson Pour Anna)
もともとはウクレレ奏者ハーブ・オオタのためにアンドレ・ポップが書き下ろした作品だが、1973年に前掲アルバム『ラスト・タンゴ・イン・パリ~天使のセレナード/ポール・モーリア』で取り上げて以降はモーリアの人気ナンバーとなり、シングルカットもされている(SFL-1774)。NHKの音楽番組「世界の音楽」のテーマ曲としても使用された。1988年にも再録音テイクが発表されている。
白い渚のアダージョ (Le Piano Sur La Vague)
1974年にアルバム『パピヨン~追憶~メロディ・レディ/ポール・モーリア』(SFX-5141)で発表されたモーリア自作曲。のち1983年にアメリカ映画「オータム・ストーリー」[21]のエンディングテーマ曲として使用され、「オータム・ストーリーのテーマ」と改題されたシングル盤(7PP-110)も発売された。1988年・1996年の2度に亘って再録音されている。
オリーブの首飾り (El Bimbo)
クロード・モルガン作曲で、オリジナルはビンボー・ジェットが演奏した『嘆きのビンボー』(東芝EMI EOR-10691)[22]1975年1月25日に発売されたシングル盤(SFL-2001)はオリコンチャート最高61位にとどまるものの、モーリアの演奏シングル盤としては最も多い約12.7万枚を売り上げている。本曲発表後の各種ライブアルバムに収録されたほか、1988年・1994年にも新録音テイクが発表された。1970年代後半からの来日公演では、観客の手拍子をバックにオーケストラ・メンバーを紹介してフィナーレを飾る定番ナンバーとしても演奏された。1976年には本人出演でオンエアされたメルシャンワインのCM曲に使用されたほか、日本テレビ系列の深夜番組「11PM」のコーナーBGMに使用されるなど日本での人気は高い。現在も手品のバックミュージックとしても知られている[23]。なお、日本語カバーとして『ゆうわく』のタイトルでローレン中野&和田弘とマヒナ・スターズが発表(キング GK-11)しているほか、1989年11月には石井明美が従前の邦題でシングル・リリース(ソニー CSDL3027)している。
薔薇色のメヌエット (Minuetto)
モーリアの自作曲。1975年に発表されたアルバム『巴里にひとり/リリー・マルレーン ポール・モーリア』(FDX-175)では『ミニュエット』と表記されていたが、シングルカット(SFL-2054)を機に邦題が改められた。1988年に新録音されたバージョンがTBSテレビのドラマ「女の言い分」のテーマ曲に使用され、CDシングル(PHDR-138)として発売されたほか、1994年にも新たにレコーディングされている。
恋のシャリオ(アイ・ウィル・フォロー・ヒム) (I Will Follow Him “Chariot”)
リトル・ペギー・マーチの1963年全米ヒットナンバーであり、『愛のシャリオ』、『夢の幌馬車』の邦題でも知られる。モーリアが「デル・ローマ」の変名を用いて、「J.W.ストール」を名乗ったフランク・プゥルセルとの共作で発表していたことが、1976年に初収録されたアルバム『ラブ・イズ・スティル・ブルー/ポール・モーリア・ディスコ・センセイション』(FDX-250)のリリースを機に公表された。『ラブ・イズ・スティル・ブルー~恋はみずいろ'77』とのカップリングでシングルカットもされており(SFL-2092)、1994年と2000年にもアレンジを変えて再録音している。後年、映画「天使にラブ・ソングを…」で主題歌として用いられた。
そよ風のメヌエット (Petite Melodie)
モーリア自身の作曲。1977年春に自ら出演したメルシャンワインCMのオリジナル曲として、アルバム『愛の讃歌/ポール・モーリア・ニュー・ワールド・トップ・ヒッツ'77』(FDX-300)で発表、CMの放送開始に合わせてシングルカット(SFL-2171)された。
星空のプロムナード (Pulstar)
オリジナルはヴァンゲリスの『パルスター』。1977年の来日公演で初演され、翌年春発売のアルバム『星空のプロムナード ポール・モーリア・トップ・ヒッツ'78』(FDX-361)に収録、シングル盤(SFL-2248)も同時発売された。後に、1996年冬の来日公演オープニングで新アレンジで演奏されたほか、モーリア引退後の来日公演でも演奏された。
渚のプレリュード (Prelude 59)
1973年から1982年までモーリアのブレインだったジェラール・ガンビュスとモーリアの共作曲。オリジナルファッションブランド「ブルー・シーガル」のテーマ曲として、1981年に発表されたアルバム『ポール・モーリアと再会』(28PP-13)に収録され、同時にシングルカットされた(7PP-38)。同年および翌年の来日公演オープニング曲として使用されたほか、メドレーに組み込まれてコンサート第一部ラストに使用されることもあった。なお、原題の「59」はモーリアの自宅兼オフィスの所在地に由来している。
愛のカフェテラス (Hot On The Scent “Ai No Cafe Terrase”)
1982年にアルバム『愛のカフェテラス~ポール・モーリア/マジック』(28PP-42)で発表、シングルカットが『恋はみずいろ'83』[24]とのカップリングで発売(7PP-78)された、モーリア自作によるUCCコーヒーCM使用曲。夫人のイレーヌ・モーリアが作詞したが、ボーカル盤としては発表されなかったとされている[25]。なお、同社CMには以後も『愛のかおり』、『天使のメヌエット』[26]、『哀しみのショパン』などの作品が使用され、引き続き自身も出演した。
BOWS
コンサートでアンコール前に、観客がモーリアへ花束を贈る間に演奏される曲。第二部オープニングに使用されることもあった。複数のバージョンがあり、『ポール・モーリアのR&B』をモチーフとしたもの(1973年ライブアルバムに収録、但しクレジットされていない)、『シャレードの休日』をモチーフとしたもの[27]、『OPENING '85』をモチーフとしたもの(1990年ライブアルバム以降に収録されたものは全て本バージョン)などが演奏された。

ディスコグラフィー[編集]

コンサート活動[編集]

本節では、ライブ・レコーディングの項を除き、モーリア自身の指揮を前提として開催された来日公演に限定して記述している。

オープニング[編集]

レーモン・ルフェーヴルが『カデ・ルーセル』を自身のコンサートのテーマ曲に固定していたことと対象的に、モーリアは来日年度により楽曲を変更していた。また、緞帳が上がる時点で『イントロダクション』[28]が演奏され、その後にモーリアが登場としてオープニング楽曲が演奏されることが多かった。

  • 1969~1972年:『イントロダクション
  • 1973~1975年:『イントロダクション~ポール・モーリアのR&B
  • 1976・1977年:『パリ=東京直行便
  • 1979・1980年:『イントロダクション~レット・ゼア・ビー・ミュージック
  • 1981年:『グリーン・レイク~渚のプレリュード
  • 1982年:『イントロダクション~渚のプレリュード
  • 1983年:『イントロダクション~サンセット・オープニング
  • 1984年:『ショウ・オープニング
  • 1985・1986年[29]:『OPENING '85
  • 1988年:『BOWS~渚のプレリュード
  • 1990・1996年:『ビルディング・ザ・グルーヴ
  • 1996年WINTER:『星空のプロムナード
  • 1997・1998年:『星空のファンタジー

来日公演の奏者編成[編集]

  • 公演年度により若干の増減はあるが、概ね基本編成は次の通りとされた。エレキベース(1)、ドラムス(1)、パーカッション(2)、ギター(2)、トランペット(4)、トロンボーン(3)、キーボード(2)、フルート・サキソフォーン(1)、バイオリン(11)、ビオラ(2)、チェロ(2)。
  • 1985年以降は概ね下記の通りにステージ上の楽器配置が統一された。下手側に弦楽器、その手前のグランドピアノの後方と中央中段にキーボード、中央上段にパーカッション上手上段はフルートとトランペット、中段にトロンボーンとラテンパーカッション、前段にはエレキベースおよびギター、その手前にはドラムスが置かれた。
  • 弦楽器は1980年代半ばまではバイオリンのみの場合と、ビオラやチェロが追加される場合があったが、1985年度以降はビオラ(2)・チェロ(2)を追加する編成で統一され、併せてキーボードも3人の奏者となった。なお、さよなら公演(1998年)のみビオラとチェロは各4人で編成された。
  • 1996年度以降は中央最上段にフレンチホルン(3)が追加されるようになった。
  • 1970年代後半まではグランドピアノとチェンバロが並べて配置されていたが、それ以降はシンセサイザーが起用されたことからピアノのみとなった。
  • 初来日当初から3~6人の女声または混声のコーラス隊が参加することが多かったが、1984年度以降はオーケストラのみで開催された。

ライブ・レコーディング[編集]

  1. 1973年11月30日大阪フェスティバルホール。なお復刻リリースされたCDでは第二部オープニング曲が収録されなかった。
    • LP 「ポール・モーリア・ライブ・イン・ジャパン」 (SFX-5140、FDX-151、PM-21)
    • CD 「ポール・モーリア/ファースト・ライブ・イン・ジャパン」 (PHCA-9015)
  2. 1982年10月24日東京厚生年金会館。後に「サンスター・ポール・モーリア・スペシャル」として民放テレビ局で単発放送されている。
    • LP 「私は風が好き/ポール・モーリア・デジタル・オン・ステージ」 (30PP-3)
    • LD 「愛のメロディ/ポール・モーリア」 (MP092-15PM、SM048-3216)
    • VHD 「コート・ダジュールの風/ポール・モーリア」 (VHM58027)
    • CD 「私は風が好き/ポール・モーリア・オン・ステージ」 (32PD-106)
    • LD 「オリーブの首飾り〜ポール・モーリア・オン・ステージ」 (PHLA-4801)
  3. 1990年10月10日大宮ソニックシティ。同年12月11日[30]NHK総合テレビで「ショータイム サウンドの魔術師~ポール・モーリア 華麗に奏でる世界のヒット曲」として放送されている。
    • CD 「ポール・モーリア・イン・コンサート」 (PHCA-92)
    • LD 「ポール・モーリア/恋はみずいろ」 (PILP-1101)
  4. 1996年2月1112日人見記念講堂。同年6月16日WOWOW「ミュージック・ガーデン」枠で放送されている。
    • CD 「ポール・モーリア 30th アニヴァーサリー・コンサート」 (PCCY-01060)
    • LD 「ポール・モーリア 30th アニヴァーサリー・コンサート」 (PCLP-00624)
    • DVD 「〜30周年記念コンサート〜ポール・モーリア・メモリアル・ライヴ」 (PCBP-50845)
  5. 1998年11月29日:大阪フェスティバルホール。1999年3月6日NHK衛星第二放送(BS2)で「さよならニッポン ポール・モーリア・ラスト・コンサート」として放送されている。
    • CD[31]PAUL MAURIAT "SAYONARA" THE FAREWELL CONCERT」 (VAL 4-2000)
    • VHS 「ポール・モーリア さよならコンサート」 (OCV-15001)
    • DVD 「PAUL MAURIAT SAYONARA CONCERT LIVE IN OSAKA FESTIVAL HALL」 (VAL 1-2003、UICY-15208、UICY-75626)
  6. 2009年11月78日:東京厚生年金会館。CDのみ「ミュージックリーグ」よりリリースされた(ジャン=ジャック・ジュスタフレ指揮ポール・モーリア・メモリアル・オーケストラ)。
    • CD 「ポール・モーリア・メモリアル・コンサート2009」 (NQCL 4010/1)

コンサート中継番組[編集]

上記の商品化を前提とした収録とは別に、TVやラジオの番組としてコンサート中継やスタジオライブが下記年度の公演について放送されている(初回放送日のみ表記)。

  1. 1970年1月3日:東京12チャンネル 新春特別番組「ポール・モーリア・コンサート」
  2. 1976年11月20日:NHK総合テレビ 音楽の広場「ポール・モーリアの華麗な音楽会」(スタジオライブ)
  3. 1980年11月23日:同上 「ポール・モーリア華麗なるラブ・サウンズ」(神奈川県民ホール)
  4. 1985年11月24日:衛星第一 「魅惑のラブリー・サウンズ―ポール・モーリア・グランド・オーケストラ―」(NHKホール)
  5. 1986年5月17日:同上 サテライトグラフ「ポール・モーリア・グランド・オーケストラ・コンサート」(東京厚生年金会館[32])
  6. 1997年11月23日:NHK総合テレビ 特集・ときめき夢サウンド「オリーブの首飾り~華麗なポール・モーリアの世界」(スタジオライブ)

このほかコンサート中継が1974・1976・1979・1980・1981・1983・1985の各年でFM番組として放送されている。

エピソード[編集]

  • 愛妻家として知られ、初来日に先立って確認された契約内容の中で、日本側のプロモーターから夫人の同伴に関して質されたのに対して「認めなければ訪日しない」と回答。以後、1998年まで常に夫人を同伴して来日公演を開催した。
  • モーリア自身のピアノソロ演奏による『蒼いノクターン』、『涙のトッカータ』を収録した非売品シングル盤が1977年に制作された。同盤はその後、1990年にオーケストラ結成25周年を記念して発売されたCD全集の全巻購入特典としてCD復刻された。
  • 1989年3月29日、フジテレビ系音楽番組「夜のヒットスタジオDELUXE」に衛星中継でパリから出演し、『恋はみずいろ』と『オリーブの首飾り』をメドレーで演奏。これが事実上の初演となって、翌'90年から'98年のさよなら公演まで常に2曲セットで演奏された。
  • 日本テレビ系バラエティー番組「進め!電波少年」の企画により、松本明子がアポイントなしでモーリアを訪れて作曲を懇願[33][34]、ノーギャラで『ネコなんだもん』(原案・松村邦洋作詞ジェームス三木)が作曲された。但し松本バージョン(ポニーキャニオン PCDA-00551)は異なるアレンジで収録されている[35]。モーリア自身も児童合唱団を起用して録音、1994年に『ポール・モーリア/スーパー・ベスト・コレクション』(PCCY-00628)で発表している。
  • 1999年、マジシャンマギー司郎が日本テレビ「あの人は今!?」[36]セーヌ川に停泊中の豪華客船内を訪ねた際、モーリアは船内でオーケストラを編成してCD音源に重ねて演奏し、マギーのために『オリーブの首飾り』を指揮した。
  • 2001年12月28日に放送されたBS2の番組「懐かしのフレンチ・ポップス大全集」でモーリア本人が登場し、マルセイユの音楽院(上記)などを訪れる映像が撮影されている。
  • 2002年、フランスの音楽ライターであるセルジュ・エライクがモーリアの半生を1年に亘って取材、「Une vie en bleu - PAUL MAURIAT」として出版。日本では2005年に著者自身による再編集版が翻訳され、2008年に出版されている。
  • アウトドア・スポーツとしてペタンクを愛好していたことがFM雑誌などで数多く取り上げられており、前記別荘滞在時に仲間とともに興じている姿が映像として残されている[37]ほか、公演の合間にゲームを楽しんでいる様子も来日コンサートの中継番組[38]の中で紹介されている。
  • フィリップス在籍時代に発売された国内盤オリジナル・アルバムの内、CD発売されていなかった1986年までの作品の大半が紙ジャケットで復刻され、『JAPANESE ORIGINAL ALBUM COLLECTION』として2004年に2BOX・20枚、2007年に2BOX・22枚が限定発売された。
  • 槇原敬之はテレビ番組『ミュージック・ポートレイト[39]で、クラシック音楽を愛好する叔父に連れられる形で数回にわたって来日公演に接しており、彼の音楽の原点がモーリアであると語っている。
  • 森村誠一は小説「ステレオ殺人事件」[40]や「鉄筋の畜舎」の中に、モーリアの作品を登場させている。

脚注[編集]

  1. ^ 1970年代半ばまではレコード解説文やTV番組などで「パリ音楽院出身」と誤って紹介されることが多かった。
  2. ^ 1975年、『エマニエル夫人』などの演奏にスティール・ギタリストとして起用された後、アルバム『マルセル・ビアンキのポール・モーリア・サウンズ(ポール・モーリア・プロデュースによるラブ・サウンズへの新しき挑戦)』を発表、同年の来日公演にもゲスト出演している。
  3. ^ 「イージーリスニングの本」(参考文献の項を参照)の記事では「レアル」が「ル・ヴァンピング」と名を変えてディスコとして営業しているかのように紹介されているが、自叙伝(同左)などに掲載されている写真や前掲雑誌に掲載されている取材時の写真から判断する限り、かつてのダンスホール「ル・ヴァンピング」が後にディスコ「レアル」と名を変えて営業することになったと解するのが妥当と思われる。
  4. ^ Records Gilbert Montels
  5. ^ 初年度のみ「エドゥアルド・リュオ」、「リチャード・オードリー」の変名を使用、1960年以降はポール・モーリア名義でリリースしている。
  6. ^ 後に、モーリアがフィリップスに移籍した直後に発表したロシア民謡アルバム(邦題『赤いサラファン/永遠なるロシア~ポール・モーリア・ストリングス・ムード』SFX-7052)でも、ルフェーブルがレコーディングをサポートしている。
  7. ^ 出典:「CHAGE & ASKA コレクション/ポール・モーリア」(PCCY-00564)解説。
  8. ^ 出典:英語サイト
  9. ^ 出典:「ポール・モーリア/さよならコンサート」(VAL 4-2000)解説。
  10. ^ http://www.grandorchestras.com/mauriat/misc/irene-mauriat-message.html イレーヌ・モーリアのコメント(英文)
  11. ^ A面収録曲はフランキー・モンテベルロとゴールデン・ストリングス『ドナ・ドナ・ドーナ』。なお、この時点でのアーティスト表記は「パウル・モーリア楽団」とされた。
  12. ^ 原題は『Infinito Desejo』。モーリアが'80年春に開催したブラジル・ツァーの折に見出した曲で、同年の来日記念盤「ポール・モーリア/カリオカの碧い風」(FDX-490)に収録されたが、放送開始後も通販商品を除きシングルカットやコンピレーションアルバムに収録されることはなかった。
  13. ^ 高田恭子も別歌詞による『そよ風にのって』として、前記『あじさいいろの日々』シングル盤B面収録曲として発表している。
  14. ^ 出典:1998年来日公演パンフレット掲載の対談記事より。
  15. ^ セルジュ・エライク著「ポール・モーリア」
  16. ^ 但し、モーリア本人は「ポール・モーリア・サウンドというものは存在しない」と、来日時のインタビューなどでは何度も回答している一方、「自己分析するのは自信過剰のようで嫌な気がする」と前置きした上で「バイオリンのクラシカルな使い方、ハープシコードやクラヴィネットのバロック風アレンジ、それにビートの効いたリズム・セクションを加えたもの」を特徴としてコメントしている(「イージー・リスニングの本」参照)。
  17. ^ http://www.billboard.com/archive/charts/1968/hot-100
  18. ^ http://www.oricon.co.jp/news/music/38699/#rk
  19. ^ 発表当初は原題が同じであることからジョルジュ・ブラッサンスの曲として紹介され、モーリア自身がフランスの著作権管理団体SACEMに対して訂正を申し入れていたことが自叙伝で語られている。
  20. ^ 「来日公演に参加したこともあるトロンボーン奏者」との記述が過去に発売されたレコードの解説などで散見されるが、別人と混同されており、事実ではない。
  21. ^ 但し、同映画本編の音楽はダドリー・ムーアが担当した。
  22. ^ 近年になってアフガニスタンのアーマッド・ザヒル(Ahmad Zahir)作曲の『Tanha Shodham』が原曲であるという説が浮上している。
  23. ^ 国内では松旭斎すみえ手品の際にBGMに起用したことから有名になった、という有力説がある。
  24. ^ 但しアルバム(28PP-42)での表記は『ラブ・イズ・ブルー'83』。
  25. ^ 2007年発売『ポール・モーリア・ジャパニーズ・オリジナル・アルバム・コレクション VOL.4』(UICY-90696/706)解説より。
  26. ^ 但し、モーリアがアレンジおよびプロデュースを担当したフルート奏者ベルディーン・ステンベルグの作品として発表されている。
  27. ^ 一部で「BACK AGAIN」と表記したものがあるが、アルバム「シャレードの休日」に収録された別曲である。
  28. ^ 公演年度により異なるモチーフの楽曲が演奏された。
  29. ^ 但し1986年のコンサート・プログラム上の曲目表記は「OPENING」とされている。
  30. ^ 以下、NHK番組につき出典 http://cgi2.nhk.or.jp/chronicle/pg/page010.cgi
  31. ^ 所属事務所VAL PRODUCTIONの制作によりALL ACCESSレーベルから「ミュージックリーグ」経由でリリースされた。後に海外レーベルからも発売されている。
  32. ^ 但し'85年度公演
  33. ^ 1992年12月7日放送「ポール・モーリアが作った曲をパリで受け取りたい!」、同14日「ポール・モーリアさんから“ネコなんだもん”のテープが届いた!」
  34. ^ 放送日出典 http://www.ntv.co.jp/denpa/index.html
  35. ^ 1994年3月14日放送「ネコなんだもん発売近し」その他
  36. ^ 1999年4月7日放送
  37. ^ 1982年公演、「ポール・モーリア/愛のメロディ」
  38. ^ NHK総合テレビ1990年12月11日放送「ショータイム~サウンドの魔術師ポール・モーリア」
  39. ^ NHK Eテレ2011年7月30日放送
  40. ^ 但し、1982年2月11日に放送されたテレビ朝日「春の傑作推理劇場」では、架空の作品に差し替えられている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]