エド・サリヴァン・ショー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
収録が行われた「エド・サリヴァン・シアター

エド・サリヴァン・ショー』 (The Ed Sullivan Show) は、アメリカCBSで放送されたバラエティ番組エド・サリヴァン (Ed Sullivan, 1901年9月28日 - 1974年10月13日) がホスト役を務めていた。放送期間は1948年6月20日 - 1971年6月6日、当時の放送時間は日曜20時(現地時間)から。

番組発足当時のタイトルは『Toast of the Town』(トースト・オブ・ザ・タウン)で、直訳すると「町の人気者」。日本語では「エド・サリバン・ショー」とも称される。

概要[編集]

デイブ・クラーク・ファイブとサリヴァン(1974年)

アメリカにおけるテレビの黎明期の1948年6月20日に放送が開始された。番組内容は、ゲストとのトークと、その芸の披露とが主となっていて、出演したゲストは、コメディアンバレエダンサー、曲芸師、クラシック演奏家、オペラポピュラー音楽のシンガー、後に、ロックミュージシャンなど、ジャンルや人種を超え、多肢に渡った。

アメリカを中心に活躍し、それぞれの分野で人気のあったゲストを主として迎えていたため、1956年9月9日にエルヴィス・プレスリーが登場して以来、ロック系、また、アメリカ国内における人種差別が激しい状況にもかかわらず、人種差別を嫌うサリヴァンのイニシアチブにより後には黒人音楽アフリカ系アメリカ人)のミュージシャンも増え、1960年代に至っては、ビーチ・ボーイズジャニス・ジョプリンスライ・アンド・ザ・ファミリー・ストーンなど、それまでには考えられなかった方向性のミュージシャンやアーティストも、多数出演することとなった。1969年にはマイケル・ジャクソンジャクソン5が出演している。

また、1964年2月9日から3週間連続で出演したビートルズ以降、アメリカ進出を果たしたイギリス出身のロックミュージシャンの出演も増え、アニマルズローリング・ストーンズ等、何組か出演を果たすこととなった。

ちなみに日本では日本テレビ1965年2月から半年間放送(放送時間は日曜 21:30 - 22:00)。また沖縄テレビでも放送されていた。後にNHKテレビ朝日が歴史的遺産ということもあり独自構成で放送している。

現在はアメリカのソファエンタテインメント社が権利を所有しており、日本国内では衛星放送などで試聴可能である。また、各種編集版DVDや、ビートルズがスタジオ出演した4回の放送分、およびエルヴィス・プレスリーがスタジオ出演した3回の放送分を、現在の倫理規定に触れる部分のごくわずかな編集をしたのみで当時の放送フォーマットをCM内容まで再現した「完全版」DVDがリリースされている。

エピソード[編集]

強い影響力[編集]

コール・ポーターとサリヴァン(1952年)

「この番組を見逃せば日常の中での会話に支障をきたす」と言われるほどに、1950年代から1970年代にかけての当時の文化と強く結びついた番組であった。報道関係にも従事したサリヴァン自身は、カトリックの信仰を持つ保守派として知られた。また人種差別を嫌悪し、人種や国籍、性別を問わず様々な出演者を公平に扱った。

エルヴィス・プレスリー[編集]

エルヴィス・プレスリー出演の際には寸前まで反対し、特に腰を振るアクションを卑猥に感じたために、本番では、延々と上半身だけのアングルの放送を行うことを要求し、プレスリー自身の顰蹙を買ったという逸話も残っている[1]。しかしサリヴァンの求めに応じスーツを着用し、上半身だけのアングルを受け入れたプレスリーの演奏後には、サリヴァンはプレスリーを「立派な若者です」と称賛し、実際に再度の出演も実現している(1956年9月9日、10月28日、1957年1月6日の通算3度出演)。また、プレスリーの最初の出演時には、全米視聴率が82.6%を記録している。

ローリング・ストーンズ[編集]

ローリング・ストーンズは、ビートルズ出演に遅れること約8か月後の登場であったが、彼らの最初の演奏の後、サリヴァンは、「もう金輪際、こいつらをこのテレビには出しません。」というコメントを述べた[2]。その後も、視聴者の人気に負けて5度出演させたが、1967年2月の出演の際には、演奏曲「Let's Spend The Night Together」(邦題「夜をぶっとばせ」)の「The Night」がSEXをイメージさせて破廉恥なため、「Some Time」に変えさせ、バンドのメンバー内でももめた、というエピソードもあった。

ドアーズ[編集]

1967年にドアーズが出演したとき、Light My Fire("ハートに火をつけて")の歌詞の一節 "Girl, we couldn't get much higher" がドラッグを暗示しており不穏当であるとの理由から、サリヴァン側は "Girl, we couldn't get much better" と変更して歌うことを要求したが、ヴォーカルのジム・モリソンが生放送中にサリヴァンたちを出し抜いて本来の歌詞を歌ったため、サリヴァンたちは激怒して二度とドアーズを出演させなかった。

ボブ・ディラン[編集]

1963年5月12日にはボブ・ディランが出演する予定だった。彼にとっても初めての全米中継のテレビ番組であった。当日の本番前の午後にリハーサルが行われたが、予定していた「ジョン・バーチ・ソサエティ・ブルース」は「赤狩り」に関連づけられた曲(「ジョン・バーチ・ソサエティ」は反共団体として知られている)で、CBS側は「放送にふさわしくない」と曲の変更を要求した。するとディランはそれを拒否。歌えないのなら番組には出ないと、スタジオから出て行ってしまった。

ビートルズ[編集]

ビートルズは録画も含めて前述のとおり3週連続出演、その後も、1965年から1970年にかけては、現在のプロモーション用ビデオの元祖メディアであるフィルムでの出演と、回数は多かった。また、サリヴァンは1965年8月15日に行われたビートルズのシェイ・スタジアム公演でオープニングMCを担当したこともあった(映像にも残されている)。なお、彼らの最初の出演時には、当時のアメリカ全人口の60%ともいえる、約7300万人がその放送を観たといわれ、その間の青少年犯罪がほぼ0件であったという記録が残っている。

日本人出演者[編集]

また、日本人としては、1960年代から坂本九雪村いづみジャニーズ(飯野おさみあおい輝彦、中谷良、真家ひろみ等の四名とバックバンドのハイソサエティー)、ザ・ピーナッツジャッキー吉川とブルーコメッツなどがシンガーとして出演しており、その他のジャンルとしては(世界的に活躍した歌手・朱里エイコの母親である)舞踏家兼振付師・朱里みさをも出演。みさをは、その後に、宝塚歌劇団の講師と振付師となった人物でもある。当時小学生だったシンガーソングライター山本達彦も東京少年合唱隊の一員として出演している。1970年には当時オフ・ブロードウェイ進出中だった東京キッドブラザースも出演した。

なおジャッキー吉川とブルーコメッツのメンバーは日本での放送終了後に渡米して出演しているため、自分たちが出演した映像を見ることができなかったが、NHKが行った再放送により自分たちの映像を初めて見ることができた。また、特撮監督の円谷英二も1966年に出演した。また、ジャニーズと言うと現在では芸能事務所商号として有名だが、第一号タレントの4人グループの事であり、水戸黄門等の助さん役のあおい輝彦や劇団四季のメンバーであった飯野おさみ等が有名だが、彼等もまた帰国後直ぐに解散してしまったために国内での放送はされていない。バックバンドで同行したハイソサエティーのメンバーも5名程だったが、高橋洋一以外は同様に帰国後メンバーが変更した。

ザ・ピーナッツの同番組の出演は、その後の日本人歌手の海外での活動の基礎となったことでその功績が大きく評価されている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ この件については、サリヴァン自身ではなくCBSの放送倫理部からの反対・依頼との証言もある
  2. ^ 英語表現は日本語と異なるため、この事をソフトに表現する文章が多いが、サリヴァンの番組内の権限と業界内でのキャリア、本人の保守性、さらにサリヴァンの項にある評価欄に記されたエピソードをも考慮すると、むしろ、これくらいのひどい言い方のニュアンスの方が近いと推測される。

外部リンク[編集]

日本テレビ 日曜21時台後半枠
前番組 番組名 次番組
エド・サリヴァン・ショー
(1965年2月 - 1965年9月)
お好み寄席(つなぎ

ノンフィクション劇場
(第2期)
※45分繰り上げ
NHK総合テレビ 日曜23時枠
前番組 番組名 次番組
スターの殿堂 エド・サリヴァン・ショー