朱里エイコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
朱里 エイコ
基本情報
出生名 田辺栄子
出生 1948年3月19日
出身地 日本の旗 日本東京都
死没 2004年7月31日(満56歳没)
日本の旗 日本東京都足立区
血液型 AB型
学歴 目白学園高等部
ジャンル ポップス ジャズ ソウル歌謡曲
職業 歌手
活動期間 1962年 - 2004年
レーベル 日本ビクター1962年 - 1964年
キングレコード1967年 - 1969年
ワーナー・パイオニア1971年 - 1979年
RCAレコード1981年 -
事務所 エルフィンスケジュール晩年
共同作業者 タワー・オブ・パワー       ポール・アンカ           ドン・コスタ
ボブ・アルシルバー

朱里 エイコ(しゅり エイコ 、本名:田辺栄子(たなべ えいこ)、1948年3月19日 - 2004年7月31日)は、日本の歌手。日本国外を中心に活躍した。

16歳での単身渡米[編集]

1948年3月19日、舞踏家兼振付師で『エド・サリヴァン・ショウ』に出演歴のある朱里みさをとオペラ歌手の父の娘として東京に生まれる。 家庭内暴力のため、両親は間もなく離婚、そして父はエイコが5歳の時に交通事故のため亡くなっている。

1964年11月、日本人の海外渡航自由化の年に16歳で単身渡米。ボブ・アルシルバーに師事。アメリカ、ハリウッドで当時有名だったプロデューサートーマス・ポールが来日した際、大勢の中からオーディションに合格し、ダウンタウンのエルコース・ホテルで初舞台を踏む。 この年から2年間の契約で、ラスベガスを中心に各地のショービジネスにデビュー。リノ、レイク・タホ、ハワイシアトルシカゴニューヨークなどの一流ホテル・クラブで活躍した。 まだ無名だった彼女は常にアメリカのランキング上位40曲を歌えなければならなかったという。ラスベガスではサラ・ヴォーンと一緒に舞台を踏んだ。

1966年9月に帰国。日本で初めてのリサイタルを、日生劇場で開く。

1969年、今までレコードを出したり、ワンマンショーを開いたりしていたが、さっぱり人気が出なかったため、2度目の単身渡米。当時、彼女のショーを観た専門家たちに言わせると、「彼女の持ち味が生かされるほど、当時の日本は進んでいなかった」とのことだった。 以前とは違う自分を試したかったエイコは、グループに所属せず単独のエンターテイナーとして勝負することを決心。ホテルとの契約、バンドの編成、バンドメンバーに給料を払ったりと、すべてを一人でこなさなければならなかった。ラスベガスのリヴィエラ・ホテルなどでショービズに身を投じる。

1970年1月、ラスベガスでのショーが大成功をおさめる。続いて2月には、Eiko Shuri and her bandとして「サハラ・ホテル」で2か月のロングラン。さらにネバダニューヨークロサンゼルスハワイとワンマンショーを行う。

1971年2月には一時帰国し、ワーナー・パイオニアと契約する。

アメリカで十分にエンターテイナーとして通用するようになり、再び日本で活動するため1972年10月、最後のショーを開いて帰国。 またこの年1月に発売した「北国行きで」も大ヒットし、デビュー8年目にしてようやく日本でも人気がでる。 同年12月31日、『北国行きで』で第23回NHK紅白歌合戦に初出場する。

1975年、マネジャーの渥美隆郎と結婚する。当時日本では同じ職場にいる人と結婚することは、「職場に女性を連れ込んだ」という風に見られていたため、週刊誌などでは批判の対象となってしまう。 しかしアメリカで長い間活動していた彼女にとって、気兼ねなく話をしたり、信頼できるパートナーと共に仕事をするというアメリカスタイルは、ごく普通のことだった。

アメリカと日本での活躍[編集]

アメリカ仕込みの歌とダンスはもちろん、三味線やピアノを演奏しながら歌ったり、時には得意の玉乗りを生かしてステージを構成したりと、彼女の行動力と話題性は尽きることが無かった。

1975年3月28日、再びアメリカへ行く。4月1日からは、半年の全米ワンマンツアー開始する。ニューオリンズプエルトリコラスベガスなど各地で公演を行った。 この際に、アメリカでザ・トゥナイト・ショー・スターリング・ジョニー・カーソンなどいくつかの番組出演し、初日にはショーの模様がABCにて放送された。 同じ月に発売された「AH SO!」では、自身が三味線を演奏しながら歌い、「AH SO!」の掛け声とともに、ショーでは大変な熱気に包まれ、好評だった。

6月には、彼女のショーを見たタワー・オブ・パワー側がジョイントレコーディングを企画する。ロサンゼルスのワーナースタジオで彼らの作品を中心に数回に亙る慎重な打ち合わせが行われた結果、『愛のめざめ I'm Not A Little Girl Anymore』と、『絶体絶命 Buring My Bridges Behind Me』の2曲に決定。10月から約1箇月半を費やしてレコーディングされた。日本とアメリカでそれぞれリリース。

1976年3月、フラミンゴ・ラスベガスでの彼女のショーを見たアメリカ人コメディアン、レイカルド・デュオからカーネギー・ホール出演を持ちかけられる。6月19日カーネギーホール(日本人女性として初出演)でのデュオとのジョイントリサイタル。大ホールでのこの公演は超満員となり、大成功を収めた。

9月、カーネギー・ホールに出演して以来一緒に活動していたHervey Truittらバンドメンバーと共に帰国し、日本公演を各地で行った。この公演以来、「海外に通用する日本人アーティスト」として彼女を取り上げた、キョードー東京の企画によって公演を行うようになる。

そして12月、再びアメリカへ向かう。

1977年6月23日より東京から全国縦断リサイタル。 6月、彼女は来日していたポール・アンカに直接アタックする。ポールはLPに収録されていたマイ・ウェイを聴いて大絶賛し、4曲歌をプレゼントした。 ちなみにその中の1曲が、シングル発売された「ジョーのダイヤモンド」である。 1978年に行われた第7回東京音楽祭、国内大会にはこの歌で出場しゴールデン・スター賞、作曲賞を受賞した。

同年9月には再び渡米し、バーブラ・ストライサンドフランク・シナトラダイアナ・ロスら大物歌手を手掛け、ヒット曲を持つUSAトッププロデューサー、Don Costaのプロデュースによるアルバムの打ち合わせを行い、10月よりレコーディングが行われた。 このアルバム制作のために、ポールはオリジナル曲15曲をプレゼントした。12月に「NICE TO BE SINGING」のタイトルでリリースされた。

またこのアルバムに先駆けて10月にはトヨタ新チェイサーのCMソング「サムライ・ニッポン」を発売。 ちなみにこのアルバムには「SAMURAI NIPPON」が収録されている。

11月にはレコーディングを完了し、この新曲のプロモートのためにハリウッドで行ったオーディションで選び抜いた4名のダンサーと共に帰国。テレビ、ステージで活躍した。 インパクトのある題名、CMと何かと話題を集めた作品になった。

1979年ソウル国際音楽祭に日本代表で出場。前年に出したLPに収録されている「I GET OFF ON YOU 」などを歌った。ちなみにこの模様を収録したLPが韓国のみで発売された。

5月には「窓あかり」を発売。バックにはレニー・ホワイトが参加した。

また久しぶりに日本を拠点に活動し、1年間をかけ徹底的に全国くまなくコンサートを各地で開き、大盛況。

12月10日、初のベストアルバム発売(アメリカでも)し、ワーナーとの契約終了。ちなみにこの月に東京厚生年金会館で行われたリサイタルは録音されたが、LP,CD化されておらず、幻の音源となっている。

1980年はレコード会社が安定しないままほとんどアメリカで活動していたため、日本公演は行われたが新曲発売は無かった。

1981年RCAレコードへ移籍。1月8日より移籍後初のリサイタルを東京メルパルクホールから行う。

葛藤と苦悩の日々[編集]

1972年に「北国行きで」でヒットを出したころから、実力重視ではなく、ヒット曲重視の日本の芸能界に疑問を抱き始める。 ヒットがなければテレビに出られない、なぜ自分は日本人に受けいれてもらえないのだろうか、ということに葛藤し続けた。

特にこの頃日本では、アイドル歌手が全盛の時代であり、周りから実力派といわれるようになってからも、人一倍努力を怠ることなく様々な経験を積んできただけあって、このギャップがさらに彼女を苦しめることになる。 ヒット曲がなかなか出ず、世間から忘れられてしまうのではないか、という焦りも付きまとった。

鬱病状態に陥りながらも、なんとかステージをこなしていたが、1983年6月に名古屋で3度目の失踪事件を起こしてしまう。 この後しばらく入院したが、彼女の復活を望む声は多く、また徐々に活動を始める。

しかし悲劇は続いてしまう。赤坂コルドンブルーに出演して1週間たったある日、開演時間を過ぎても会場に現れない彼女を心配し、関係者が品川区の自宅を訪ねた。すると部屋でパニック状態に陥り、苦しみ悶えている姿で発見される。彼女が精神科で出されていた薬と、直前に飲んだ栄養ドリンクが異常な症状を出すという、いわゆる薬の飲み合わせによるものだった。 結局この日の公演は中止になり、この事件で彼女は信用を失ってしまう。

さらにはストレスなどいろいろなことが重なり、肝臓病を患ってしまう。生きるか死ぬかという状態が続き、5年という長期にわたって入院生活が続いた。

80〜90年代[編集]

1983年、事件の後に再び渡米。

1984年6月には一時帰国し、東京から、凱旋公演を行う。この時の公演は、事件の後初めて日本で行う公演であった。

1986年に帰国し、日本での活動を増やす。

1987年には、久しぶりのシングル、「すべての愛をあなたに」を発売。

1992年12月、芸能生活25周年のリサイタルを開催。

2004年7月31日虚血性心不全のため自宅にて死去。56歳没。

エピソード[編集]

  • ラスベガスのステージで歌っていたある日、偶然リンゴ・スターが遊びに来ていた。彼女の歌が終わると同時に彼はアンコールを繰り返し、スタンディングオベーション。「食事でもしないか?」と誘われたが、彼女は断ってしまったと。その時のことについて「あのときはまだ純情で、よくわかっていなかった。もし断っていなかったら、第二のオノ・ヨーコになれたのに」と後年語っている。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. ブルー・ポニー(作詞いちかわゆうぞう、作曲いずみたく) - 1964年発売、日本ビクター SV-56、デビューシングル(伊藤アイコ『ラッキーセブン』B面)、田辺エイ子名義
  2. 三人三羽 - 1964年発売、日本ビクター SV-57、田辺エイコ名義
  3. 恋の落とし穴 (作詞福地美穂子、作曲すぎやまこういち、編曲森岡賢一郎) - 1967年4月10日発売、キングレコード、初の朱里エイコ名義
  4. イエ・イエ (作詞/作編曲小林亜星) - 1967年11月20日発売、キングレコード BS-756
  5. アニマル1の歌 (作詞武井君子、作編曲玉木宏樹) - 1968年5月1日発売、キングレコード BS-2205
  6. ハバナ・アンナ (作詞音羽たかし、作曲Leopold-True Love、編曲森岡賢一郎) - 1968年6月1日発売、キングレコード TOP-704
  7. まぼろしの声 (作詞世志凡太、作曲森岡賢一郎) - 1968年6月1日発売、キングレコード TOP-708
  8. しのび泣きの恋 (作詞なかにし礼、作編曲三木たかし) - 1969年4月1日発売、キングレコード TOP-712
  9. 恋のブラックカード (作詞ヒロコムトー、作編曲はやしこば) - 1969年11月1日発売、キングレコード TOP-717
  10. 恋のライセンス (作詞片桐和子、作曲小松久、編曲森岡賢一郎) - 1971年7月25日発売、
  11. 北国行きで (作詞山上路夫、作編曲鈴木邦彦)- 1972年1月25日発売、
  12. 心の痛み (作詞山上路夫、作編曲鈴木邦彦)- 1972年7月10日発売、
  13. 恋の衝撃 (作詞山上路夫、作曲いずみたく、編曲川口真)- 1972年9月25日発売、
  14. 見捨てられた子のように (作詞千家和也、作曲森田公一、編曲馬飼野俊一)- 1973年2月10日発売、
  15. ジェット最終便 (作詞橋本淳、作編曲川口真)- 1973年7月10日発売、
  16. あなたの勝ちだわ (作詞山上路夫、作曲いずみたく、編曲穂口雄右)- 1973年11月25日発売、
  17. 二時から四時の昼下り (作詞なかにし礼、作編曲筒美京平)- 1974年3月25日発売、
  18. 白い小鳩 (作詞山上路夫、作編曲都倉俊一)- 1974年7月25日発売、
  19. AH SO! (作詞朱里エイコ、作編曲東海林修)- 1975年4月25日発売、
  20. 愛のめざめ I'm Not A Little Girl Anymore (作詞D.Bartlett、作曲エミリオ・カスティーヨ/スティーヴン・クプカ) - フィーチャーリングタワー・オブ・パワー- 1976年3月発売、
  21. 明日への願い (作詞山川啓介、作編曲ハーベイ・トルイット))- 1977年3月25日発売、
  22. めぐり逢い (作詞松任谷由実、作曲ランディ・エデルマン、編曲新井英治))- 1977年6月25日発売、
  23. ジョーのダイヤモンド (作詞なかにし礼/ポール・アンカ、作曲ポール・アンカ、編曲竜崎孝路))- 1977年11月25日発売、
  24. SAMURAI NIPPON 作詞マルコ・ブルーノ、補作詞エイコ&バーバラ、作編曲ピーター・ストーン)- 1978年10月25日発売
  25. 窓あかり (作詞山口洋子、作編曲梅垣達志)- 1979年5月25日発売、
  26. 愛は旅びと (作詞八坂裕子、作曲ヘンリー・マンシーニ、編曲梅垣達志)- 1979年10月10日発売、
  27. 知らせないで (作詞片桐和子、作編曲馬飼野俊一) - 1981年発売
  28. すべてをあなたに (作詞・作曲マイケル・マッサー&ジェリー・ゴフィン、編曲:en:J.Latonio、訳詩:森浩美)1987年9月発売
  29. お手をどうぞ/いつの日も愛のために 1992年10月21日発売 ラストシングル

アルバム[編集]

  1. これから始まる何か PASSIONATELY S.EIKO (1972年4月25日発売)
  2. 朱里エイコ セカンドアルバム 恋の衝撃 (1972年9月25日発売)
  3. オンステージ 新しい世界が今ここに (1972年11月25日発売
  4. EIKO SHURI Ⅲ 朱里エイコ・サードアルバム (1973年3月25日発売)
  5. パーティー はなやかなる集い (1973年5月25日発売)
  6. ジェット最終便 (1973年8月25日発売)  
  7. SUPER SELECTION TODAY (1973年11月10日発売)
  8. My Favorite Songs カーペンターズ、アダモほか世界のヒットソングを歌う (1974年2月25日発売)
  9. 朱里エイコのすべて JUMPING FLAS (1974年11月25日発売)
  10. LAS VEGAS HERE I COME (1976年5月25日発売) ※アメリカでは 「VAlENTINE DAY IN LASVEGAS」のタイトルでレコード発売。
  11. NOW ON STAGE (1976年12月10日発売)
  12. ENDLESS Eiko Meets Paul Anka (1977年11月25日発売)
  13. NICE TO BE SINGING  (1978年12月21日発売)
  14. BEST Greatest Hits '72-'79 (1979年12月10日発売)

ベストアルバム[編集]

  1. レイト60'sモッド・ガール・コレクション (2) 朱里エイコ★イエ・イエ (1998年9月25日発売)

映画[編集]

CMソング[編集]

外部リンク[編集]