ユーキャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社ユーキャン
U-CAN Inc.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 U-CAN
本社所在地 169-0075
東京都新宿区高田馬場4-2-38
設立 1954年6月
業種 サービス業
事業内容 各種通信講座の運営、書籍・映像音楽ソフトの企画・制作・販売等
代表者 代表取締役会長 品川 惠保
資本金 9000万円
売上高 連結489億円(2008年12月期)
従業員数 530人
主要子会社 国際文化カレッジ、日本通信美術学園など
外部リンク http://u-can.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社ユーキャンは、日本の通信教育出版業者。学校法人格は持たない。ダイレクトマーケティングにより、各種通信教育講座、出版物、音楽・映像ソフトの通信販売を行っている。

沿革[編集]

一部を除き公式ウェブサイトより。

前身は1947年に創設されたラジオ教育研究所

  • 1954年6月:東京都渋谷区松濤に東京人形学院を設立。
  • 1955年12月:東京人形学院に通信教育部を設置。
  • 1963年4月:東京都新宿区高田馬場に校舎を建築し、移転。
  • 1967年4月:東京都新宿区市ヶ谷に株式会社日本手芸センターを設立。
  • 1968年8月:東京都豊島区巣鴨に株式会社日本華道協会を設立。
  • 1973年4月:書写技能講座がスタート。
  • 1974年2月:株式会社日本通信教育連盟を設立して関係法人を合併・統合。
  • 1991年7月:現在の本部ビルが完成。
  • 2002年1月:CI導入。「人」の字をモチーフにした新シンボルマークの制定と同時に、コミュニケーションネーム「ユーキャン(U-CAN)」を採用したが、法人名は不変。
  • 2003年自由国民社と出版事業で提携。新語・流行語大賞のオフィシャルスポンサーになる。
  • 2004年2月:『U-CAN資格試験シリーズ』発行開始。
  • 2006年6月1日:法人名を株式会社日本通信教育連盟から株式会社ユーキャンに変更。

事業分野[編集]

通信教育講座[編集]

資格趣味などの各種通信講座が約160種用意され、模擬試験や任意のスクーリングを行い教育訓練給付制度が適用される講座がある一方、添削も無くただ教材を配布するのみの講座もある。近年はインターネットを利用した学習サポートを行っている講座もある。これまでの受講生総数は延べ約1800万人に上るが、創業の礎になったラジオ工学講座を始め、需要減や内容の陳腐化から休講、或いは終講したものも少なからず存在する。なお、2012年4月より一部の講座が海外でも受講できるようになった(日販アイ・ピー・エス株式会社に委託)。

宣伝手段は永らく雑誌出稿が主だったが、自己啓発・資格取得ブームの追い風を受け、昨今はテレビCMや新聞折込チラシ、webコンテンツなどを積極的に展開している。

出版物、音楽・映像ソフトの通信販売[編集]

「ユーキャン出版局」名義で、分冊百科などの各種書籍、瀬戸内寂聴相田みつを講演集などのCD・DVDソフトを販売している。

レコード事業[編集]

「日本音楽教育センター」名義で各種オムニバスCD集の企画・制作・通信販売を行ってきたが、1995年フォアレコード (FOA RECORDS)」の名で一般流通レコード事業を開始。FOAは、「FORCE OF AMBIENT」の頭文字とされる。アンビエント・ミュージックに傾倒していた時期の細野晴臣も深く関わっており、さだまさしの曲をオーケストラアレンジしたアルバムや小室哲哉のソロ名義によるアンビエント曲のリリースなど一風変わった作品を数多くリリースした。親会社の社名変更に伴い2007年1月1日より「ユーキャン・エンターテインメント事業部」に改称し、レーベル名も「ユーキャン」に変更した。製造流通はユニバーサルミュージック合同会社に委託。

所属アーティスト[編集]

その他[編集]

「日本囲碁連盟」名義で囲碁関連商品の販売や通信教育を行っている。また、近年は資格試験を中心として書籍も発行し、自由国民社を通して全国の書店で販売している。

広告モデル・CM出演者[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]