指原莉乃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
さしはら りの
指原 莉乃
AKB48 20090704 Japan Expo 22.jpg
指原 莉乃
プロフィール
愛称 さっしー、さしこ(ちゃん)
生年月日 1992年11月21日
現年齢 21歳
出身地 日本の旗 日本大分県大分市
血液型 O型
公称サイズ(2010年10月[1]時点)
身長 / 体重 159 cm / kg
スリーサイズ 73 - 53 - 81.5 cm
活動
デビュー 2008年3月1日
ジャンル アイドル
所属グループ HKT48
備考

2007年:AKB48 研究生(5期生)
2008年:AKB48 旧チームB昇格
2010年:AKB48 旧チームAに異動
2011年:Not yet結成

2012年:HKT48 チームHに移籍
他の活動 2013年:HKT48劇場 支配人兼任
事務所 太田プロダクション
アイドル: テンプレート - カテゴリ

指原 莉乃(さしはら りの、1992年平成4年)11月21日 - )は、日本アイドルであり、女性アイドルグループHKT48チームH[2]のメンバーである。また、尾崎充とともにHKT48劇場支配人を務める。 大分県大分市出身。太田プロダクション所属。

来歴

2007年の『AKB48 第二回研究生(5期生)オーディション』に合格し、芸能プロダクション会社AKSの所属タレントとなる。2008年3月1日に『チームB 3rd Stage「パジャマドライブ」』公演で、バックダンサーとして初舞台を踏んだ。 8月2日は正規メンバーに昇格し、旧チームBへ正式に加入し、その81日後の10月22日にリリースされた「大声ダイヤモンド」で初めて選抜メンバー入りを果たし、続く「10年桜」・「涙サプライズ!」と3曲連続で選抜入りを果たした。

2009年の2月8日から開催された『チームB 4th Stage「アイドルの夜明け」』公演では、ユニット曲「愛しきナターシャ」のメンバーである片山陽加田名部生来と3人で「チーム狩人。」を結成し、メンバー各人が「ドリアン指原」、「ディーバスセニョリータ片山」、「グロリアス田名部」と名乗り、活動した。「チーム狩人。」は2010年4月16日、『チームB 4th Stage「アイドルの夜明け」』公演の千秋楽をもって解散した。 6月から7月にかけて実施された『AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」』では27位に終わり、正規メンバーに昇格した後、初の選抜落ち(アンダーガールズ)となった。 8月23日に開催された『読売新聞創刊135周年記念コンサート AKB104選抜メンバー組閣祭り』の夜公演において、10月より旧チームAに異動することが発表された(実際に旧チームAに移動したのは2010年7月27日)。

2010年、3月25日に行われた『AKB48 満席祭り希望 賛否両論』の夜公演において、太田プロダクションから移籍打診があったことが発表され、当時所属していたAKSから移籍した。4月30日から、指原莉乃オフィシャルブログ「指原クオリティー」を始めた。5月から6月にかけて実施された『AKB48 17thシングル選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」』では19位で、「涙サプライズ!」以来の選抜復帰を果たした。8月28日、指原本人には知らされずに「ヘビーローテーション」のテレビコマーシャルに挿入する形で、「指原莉乃 改め さしこ」という改名告知が行われた。『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』出演中の名札も「さしこ」名義のものであり、AKB48公式プロフィールおよび太田プロダクション公式プロフィールも「さしこ」に変更された。しかし、翌8月29日に改名は冗談であり、単なる企画であったと発表された[3]。名札、プロフィールを変更するまでの徹底ぶり、本人のブログ記事[4] などを受け、インターネットニュースなどでは実際に「さしこに改名する」との報道がなされた[5][6]。28日は戸惑っていた指原だったが、ことの顛末を教えられ[7]、29日深夜にことの経緯について語った[8]。9月から10月にかけて、『めちゃ×2イケてるッ!』の新メンバーオーディションに参加した[9]が、2次審査を通過した時点で、応募資格の「18歳以上、高校生不可」から外れていることが明かされ、不合格となった[10]。10月13日発売の『月刊ヤングマガジン』(講談社)2010年11月号より、指原を主人公にした4コマ漫画うざりの[注 1] が連載開始。連載開始にあたり、2010年9月8日発売の2010年10月号では指原のプチグラビアとインタビューが掲載された[11]。12月4日の午前0時から24時間以内に、ブログ更新100回に挑戦し、アメーバブログランキング1位を目指すことが同年12月3日放送分の『週刊AKB』で発表され、同年12月4日23時55分に目標の100回更新を達成し、同年12月5日更新のアメーバブログランキングでは当日のアクセス数3,500万ページビューを達成し歴代1位となった[12][13]

2011年の1月12日(1月11日深夜)、AKB48メンバー初の単独冠番組『さしこのくせに〜この番組はAKBとは全く関係ありません〜』がTBS大分放送で放送開始された。また1月21日に開催された『AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2011』において、大島優子北原里英横山由依と4人で新ユニット「Not yet」を結成し、3月16日に「週末Not yet」でデビュー[14]。5月には、再び『週刊AKB』の企画で、前回の倍となるブログ更新200回に挑戦。20日午前9時よりチャレンジを開始し、21日午前8時53分に200記事更新を達成した[15]。200記事目には2万以上ものコメントが寄せられる[16]など、20日から21日にかけてのアクセス数は9,100万ページビューを超え、記事についたコメント数も81万件を超えた[15]。これは当時のAmebaにおける史上最大の記録となった[15]。5月から6月にかけて実施された『AKB48 22ndシングル選抜総選挙「今年もガチです」』では9位で、メディア選抜入りを果たした[17]。同年10月5日から『森田一義アワー 笑っていいとも!』水曜日レギュラーとして出演(2012年4月から月曜日レギュラー)している。

2012年の1月8日に幕張メッセで開催された「上からマリコ」劇場盤発売記念大握手会において、avex traxから、自身が主演するドラマ『ミューズの鏡』の主題歌でソロデビューすることが発表された[18][19]。2月22日、ファッションブランド「サマンサタバサ」のイメージモデルである「サマンサミューズ」に加わることを発表した[20]。また4月18日には大分市観光大使に就任した[21]。5月2日、ソロデビューシングル「それでも好きだよ」を発売[22]し、オリコンデイリー1位を獲得した。5月4日18時から24時間以内にGoogle+へ300回投稿することが、その日の読売新聞朝刊の全面広告とその日の朝投稿されたGoogle+[23]、およびその日放送の『週刊AKB』で発表され、5月5日17時3分に300投稿を達成した[24][25]。また、5月から6月にかけて実施された『AKB48 27thシングル選抜総選挙』では4位に入り、選抜入りを果たした[26]

しかし、6月15日付(6月16日未明)放送の『AKB48のオールナイトニッポン』において、『週刊文春』(2012年6月21日号、文藝春秋)で、過去に元ファンの男性と交際していたと報じられた記事に関して、事実でないことも記載されているとしたものの、その男性が友人であったことは認め、ファンや関係者に向けて謝罪した[27]。プロデューサーの秋元康は「明日[注 2]から」HKT48に移籍するように命じた[28]。6月25日に、自身がプロデュースするアイドルイベント『指原莉乃プロデュース 第一回ゆび祭り〜アイドル臨時総会〜』を日本武道館で開催[29]。7月5日には、HKT48劇場で開催された『チームH 1st Stage「手をつなぎながら」』公演にHKT48として初出演し[30]、公演中にチームHに所属することも発表された[2]。7月22日、『FNS27時間テレビ 笑っていいとも!真夏の超団結特大号!!徹夜でがんばっちゃってもいいかな?』で、「指原たった1人の残念ライヴ」を開催したが[31]、途中でドッキリ企画としてAKB48からかつて指原の所属したチームA・チームBのメンバーと笑福亭鶴瓶扮するツタンカーメンを模した「ツルベカーメン」が登場した[32]。7月23日、チームAメンバーとしてAKB48劇場での最後の公演となった、特別公演『指原莉乃 壮行会』が開催された[33]。8月12日、AKB48劇場で開催された「HKT48チームH出張公演/AKB48劇場『手をつなぎながら』公演」に出演し、壮行会以来、約3週間でAKB48劇場のステージに立つことになった[34]。10月17日、2ndソロシングル「意気地なしマスカレード」を指原莉乃 with アンリレ名義で発売[35]し、オリコン週間1位を獲得した。

2013年4月28日、日本武道館で開催された『AKB48グループ臨時総会 〜白黒つけようじゃないか!〜』最終日の夜公演にて、HKT48劇場支配人を兼任することが発表された[36]。メンバーと劇場支配人との兼任はグループ史上初[37]。これによりHKT48劇場支配人は尾崎充との二人体制となった[37]。5月から6月にかけて実施された『AKB48 32ndシングル選抜総選挙』では史上最高の獲得票数 150,570票で1位を獲得し、初のセンターポジションに就くこととなった。AKB48の姉妹グループに所属するメンバーが総選挙で1位を獲得するのは史上初[38]。地元・大分市に帰郷した際には市長・釘宮磐から「15万票なんて私も獲得したことがない」と称えられた[39][注 3]。総選挙に先立つ5月12日、秋元康からのメールで、SKE48終身研究生松村香織のソロデビューをプロデュースし「曲を決めて、アレンジを発注して、指原が歌詞を書く」よう指示されたことが、同日深夜に放送された『AKB映像センター』で発表され[40]、8月16日、『AKB48・2013真夏のドームツアー』ナゴヤドーム公演初日に、予算1万円のためハットからブーツまで『AKB48新聞』で作られた衣装を着た松村によって、指原プロデュース曲「マツムラブ!」が披露された[41]。11月8日、ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2013において、「最も笑顔が輝いた著名人」に山本裕典とともに選出された[42]

2014年1月11日より行われているHKT48のコンサートツアー『HKT48 九州7県ツアー 〜可愛い子には旅をさせよ〜』では、セットリストの考案も担当している[43]

2014年1月29日、雑誌『VoCE』により、 「2013年もっともビューティな人」THE BEST BEAUTY OF THE YEARに選ばれた[44]

2014年5月30日に指原自らが主演する映画『薔薇色のブー子[45]が封切り予定。ロック・シンガー内田裕也が1985年以来のシングル盤として同年6月12日に発売する同映画の主題歌「シェキナベイベー」(エイベックス)に、内田とデュエット歌唱する形で参加することも決定している[46]

同年6月7日に結果が発表された『AKB48 37thシングル選抜総選挙』では141,954票を獲得したものの、前年の自身の獲得票数に8,600票余り及ばず、昨年の自身の獲得票を上回り過去最高の159,854票を獲得し1位となった渡辺麻友に次ぐ2位となり、初の選抜総選挙連覇を逃した。

人物

  • 小学校1年の頃に『ASAYAN』でモーニング娘。を知って好きになり、それをきっかけに女性アイドルにのめり込む[47]。憧れの存在はモーニング娘。であり、中でも亀井絵里の大ファンであった[48]。「お気に入りのメンバーがやめた後、興味が薄れてしまって」「1回離れた」ため、しばらく「私が知ってたメンバーって、道重さんしかいない状態になっちゃった」が、それにより「むしろ1周回って、新しくなりすぎて、また興味がわいてきた」という[49]。また、保田圭を目標の人物としている[50]。ほかにハロー!プロジェクトのメンバーとしてBerryz工房熊井友理奈℃-ute萩原舞を推しメンとして挙げている[51]
  • 自分自身を一言で言うと「いい意味でオタク[52]。特に女性アイドルオタクであり、テレビ番組でもヲタ芸を披露している[53]ほか、『AKB48ネ申テレビ』の企画で明治大学の学生の前で講義することになった際は、ヲタ芸をテーマに実演を交えながら講義し、大喝采を得た[54]。この他には、『マジすか学園』出演時の役名も「ヲタ」となっている。なお、男性アイドルには「今まで興味持った事一回もない」[52]。長所は、「悪い意味でもそうだけど、いい意味でも適当」、短所は「気にしい」なので「凹みやすい」、「ネガティブ」[52]。また人見知り、高所恐怖症でもある。
  • トロンボーン[55]ピアノ[56]を演奏することができる。トロンボーンは中学校の吹奏楽部で初めて習い、中学2年の夏に吹奏楽部の県大会にて、トロンボーン班として参加し金賞を貰っている。また顧問からは一人一人の技術の向上、そして仲間意識の大切さを特に強く教わったという[47]
  • ときめきメモリアル Girl's Side』や『ラブプラス』などの恋愛シミュレーションゲームを好んでいる[57][58]PlayStation Portable用ソフト『AKB1/48 アイドルと恋したら…』についても発売前に挑戦し、プレイに熱中してしまった旨を『AKB48のオールナイトニッポン』放送内で篠田麻里子や大島優子の前で熱く語った[59]
  • 好きな食べ物として、カレーライスはなまるうどんの温玉ぶっかけうどんやコンビニエンスストアで販売されているおでんロールキャベツを公演などで挙げている。出身地の大分県はから揚げの消費量が多いが、これも好物。昔祖母が作ってくれたことがあるためパエリアも好きとのこと[60]。ホタテも好物である[61]
  • 「おでん好きアイドル」や「カップめんアイドル」として雑誌で取上げられたことがある[62]
  • 母親が大分トリニータの熱狂的なサポーターだった影響で、母に連れられホームゲームを毎試合見に行っていた[63]。トリニータのレプリカユニフォームをレッスン着として着用していることもある。ちなみに自らのニックネームに掛けて背番号は34番[64]
  • 英検3級を取得しており[65]、『週刊AKB』の中間テストでは、参加20名中(うち5名はSKE48)指原を含む3名しか正解しなかった[注 4]、「涙サプライズ!」の冒頭の歌詞を英文化したものを和訳する問題にも正解している[66]
  • 一方で数学は大の苦手[67]で、『めちゃ×2イケてるッ!』の企画「東京スカイバカ決定!!国立め茶の水女子高抜き打ち期末テスト」に参加した際の数学のテストでも、参加者中最低の得点で、1桁の数字の加減算複合問題すら間違えたほどである[注 5]。そのためか数字が関わっている発言には、ややあやふやな部分がある時がある。
  • ファッションなどのおしゃれに関する知識が乏しく[68]、自分でも「ダサいという自覚がある」[52]。人見知りで店員から声を掛けられると緊張するため、服を買いに出かけるということが滅多になく、普段は前田敦子[61]、衣装担当者、ファンから貰った服を着ており、自分で買いに行くことがあるとしても「ラフォーレ原宿の最上階だけ」[52]。レッスンの行き帰りなどには「上下スウェット」で街を歩くことすらある[69]
  • 休日は専ら「家から出ない」でゲーム、漫画を読むなどして過ごす。
  • 雑貨店は好きで、大分県在住時はヴィレッジヴァンガードに頻繁に通っていた。「みんなが『好きじゃない』と思うものが好き」で「いじられるようなアイテム」を好んで購入する。また頻繁に通うほどではないが、「両想い」の『推しメン』がおり、「夢の時間」と呼ぶほどメイドカフェを好む[52]。趣味はヘッドフォン、イヤホン集め[70]
  • 蓄膿症持ちである[71]

AKB48・HKT48関連

  • 愛称は、主に「さっしー」や柏木由紀が付けた「さしこ」。倉持明日香からは「ぴーや」、「ペーちゃん」と呼ばれることもある。同期の北原里英や仁藤萌乃は指原の「指」から「ゆっびー」や「ゆびちゃん」と呼ぶことがある。また、昇格当初には緑色が好きだったことから平嶋夏海に「みどりーの」と名付けられ愛称の候補に挙げられていたが、これは使用していない[72]。中国語圏では「さっしー」を漢字転写した「沙喜」。ただ、名前の「りの」と呼ばれるのは気に入っておらず、言われると「りの」と呼ばないよう指摘する。
    • MCを務める『AKB映像センター』では、32ndシングル選抜総選挙速報で1位の発表後、共演しているリリー・フランキーから「先生」と呼ばれている[73]
  • 選抜曲の振り等はDVD等を見ながら覚えている。ただそのままでは左右反転して覚えてしまうため、振りは絵に描き起こし、それも見ながら覚えている。また立ち位置等はプリントアウトした歌詞に書いて覚えている[47]
  • RIVER」や「ポニーテールとシュシュ」は全ポジションをこなせ(どのポジションでも入れるようにするため)、他の曲の直前の代役でもしっかり覚えてくるためスタッフの信頼が厚い[74][75]
  • 第1回選抜総選挙からランクインし第5回で1位になるまで毎回順位を上げ続けた唯一のメンバーである(第6回で初めてランクダウン)[注 6]
  • キャプテンの高橋みなみが不在の際のチームA公演では、まとめ役を任されていた[47]
  • 戸賀崎智信が握手会の評判の高いメンバーの一人として名前を挙げている[76]
  • AKB48に入った際は、仲の良かった友人には話してから上京した(AKB48に入ることは告げてはいない)[74]。それから2年半、『週刊プレイボーイ』の撮影で訪れるまで一度も大分に帰らなかった[77]
  • 『AKB48 チームB 4th Stage「アイドルの夜明け」』公演の自己紹介でのキャッチフレーズは「私の性格って、白いですか? それとも黒いですか? 私の性格は限りなく白に近い灰色。大分県出身、指原莉乃です」。その前は「あなたのハートを指しちゃうぞ。さっしーこと指原莉乃です」。『AKB48 チームA 6th Stage「目撃者」』公演では「勢いだけはある女 あなたの心の指原クオリティー 覚醒! 大分県出身 指原莉乃です!」。2011年10月26日の夜公演から「さしこのクセにがいつのまにかクセになる〜!! 大分県出身 指原莉乃です」[78]
  • AKB48公式サイトでは身長159 cmと掲載されているが、実際の身長は157 cm。「159 cm」は、スタッフに軽いノリで聞かれ、まさか公式プロフィールに掲載されるとは思わず、ノリで答えた数字が掲載されたからだと明かした[79]。なお、「身長159 cm」はこの発言以降のプロフィールでも使い続けられ[80]、HKT48移籍後のプロフィールでもそのままとなっている[81]
  • 鼻と口の間に手を置く癖があり、浦野一美(元SDN48)や小林香菜に「指鼻(さしはな)」と注意されていた。また、下唇を噛む(へっこませる)癖もある。
  • よく喋ることから自身を「AKBで一番のおしゃべりクソ野郎(品川祐の愛称)」だと発言したことも[82]
  • 体力モノ・恐怖体験モノの企画が苦手で、すぐに臆病風に吹かれてしまうことから、メンバーや共演者から「へたれ」と言われたことがあった。それ以降、アイドルオタクのイメージから、へたれのイメージへと変化し、「へたれクイーン」とまで言われている[80]。『週刊AKB』の企画では、二度のチャンスを与えられたものの、バンジージャンプを飛ぶことができず[83]、AKB48メンバーがほぼ準レギュラー出演する『密室謎解きバラエティー 脱出ゲームDERO!』では「棒の間」ステージにおいて、本人曰く「踏み出す勇気が出なかった」ため、動く床の段階で腰が引けてしまい、「命の棒」に乗ることもなく出題前に自ら穴に落ちる[84]など、いわゆるAKB48きっての「イジられキャラ」。峯岸みなみによると、高橋みなみに唯一イジられるキャラで[85]、また年下の後輩からもイジられる[52]
  • 先述のファッションセンスのなさから、『AKBINGO!』の私服ファッションショーでは植松晃士に「おブスファッション」と評された[86]
  • 大分市立王子中学校卒業[87]小野晴香(元SKE48)は同校の先輩にあたり、兄の同級生[88]。また、同級生に矢方美紀(SKE48・チームS)がいる[89]。また、2010年12月21日放送分『『ぷっ』すま』でユースケ・サンタマリアに「同じ中学なんです」と話している。
  • 大家志津香福岡県出身)、北原里英(愛知県出身)、元研究生の冨田麻友(香川県出身)・中西優香(現・SKE48、愛知県出身)とは、上京してから約1か月間共に生活した間柄で[90]、指原を含めたこの5人、特に2011年現在も芸能活動を行う冨田以外の4人を「旧地方組」[91]、自身、大家、北原に、小森美果(愛知県出身)、横山由依京都府出身)を加えた5人を「地方組」としている[92]
  • 北原里英とは同期でデビュー日も近く、他のメンバーが時折間違えるほど顔も似ていると言われ、初期の頃はレッスンでペアにされていた。事務所もともに太田プロで担当マネージャーも同じ。とても仲がよく、お互いに一番仲が良いメンバーと公言している。互いの自宅に泊まったり、ブログに度々登場したりすることから「りのりえはガチ」という言葉があるほど[93]。同じく同期の仁藤萌乃も含め「同期の中でも本当に特に仲のいいメンバー3人」だったが、チームシャッフル後は3人がそれぞれ別のチームになったため、特に仁藤萌乃とは会う機会が減った[60]。小森美果とも「仲のいい姉妹」[52]、「週4ぐらいで遊んでます」と言うほどの仲[94]。また前田亜美からは「頼れるママ」と慕われており、指原も可愛がっている。
  • 指原・北原・峯岸・高橋の4人で下北沢へ買い物に行く機会があり、「下北組」と称している[95]
  • AKB48加入前から佐藤由加理(元・旧チームA、SDN48)が「推しメン」[52]で、彼女のDVDや写真集も所持している[96]。また、多田愛佳を溺愛しているがゆえに、抱きつき離さない、キスをしようとするなどの行為をする。これらの行為は「サシハラスメント」と呼ばれる[97]
  • 尊敬するメンバーは大島優子と峯岸みなみ[98]。さらに前田敦子は超リスペクトしている[99]
  • ブログのタイトル「指原クオリティー」を名付けたのは柏木由紀である[100]。同ブログでも度々使用し、『有吉AKB共和国』「指原PRIDE」オープニングで着用しているTシャツにも記載している「どーん」は、尾田栄一郎の漫画『ONE PIECE』の効果音文字に由来する[101]。時折、同ブログで「さしこ杯」という企画を開催している。審査員は指原本人で、テーマを決め、いかに面白いかを競う企画。ただ、指原本人はあまりのコメントの多さに、毎回読むのに一苦労している[102]
  • 「34」(さっしー)が指原の番号であり、トレードマークになっている。「指原クオリティー」Tシャツ(グッズ)でも背番号「SASHIHARA・34」となっている。
  • かつて、AKB48のセンターを狙うという野望があり、秋元康に「将来は放送作家の道に進むことを勧めている」「センターに立つアイドルに多弁な者はいない」とダメ出しされたことがあった[103][104]
    • その一方で、2012年1月2日の『新春TV放談2012』(NHK総合)時点では秋元康が「2012年注目の人物」の一例として掲げられた[105]
  • 倉持明日香と柏木由紀のものまねが得意[106]
  • 『別冊 宝島AKB48推し!』(宝島社)で山下剛一(『週刊ヤングジャンプ』編集長)、中田ちさとと対談。指原は『別冊宝島 AKB48推し!』AKB48メンバーで唯一複数名と対談している[107]
  • HKT48では、「よそよそしい呼び方禁止令」を出しており、3期生の田中美久、矢吹奈子ら後輩の年少メンバーにも、自らのことを「指原さん」とは呼ばせず「さしこちゃん」と呼ばせているほか、こと田中美、矢吹の両名に対しては、衣装で着用しているケーキ型のイヤリングを「食べてきたりする(口に含む)」ほか、挨拶がわりに頬を触るだけでなく、時にはステージ上でも同様の行為を働くため、矢吹曰く「されるがまま」となっている[108]

AKB48での参加曲

シングルCD選抜曲

アルバムCD選抜曲

  • 神曲たち』に収録
    • 君と虹と太陽と
  • ここにいたこと』に収録
    • 少女たちよ
    • Overtake - チームA名義
    • 風の行方
    • ここにいたこと

劇場公演ユニット曲

チームB 3rd Stage「パジャマドライブ」公演

  • 純情主義(バックダンサー)
  • 鏡の中のジャンヌ・ダルク ※
    菊地彩香降板後

チームK 4th Stage「最終ベルが鳴る」公演

梅田彩佳の全員曲アンダー

チームA 4th Stage「ただいま恋愛中」リバイバル公演

研究生「ただいま恋愛中」公演

  • Faint

チームB 4th Stage「アイドルの夜明け」公演

  • 愛しきナターシャ

THEATRE G-ROSSO「夢を死なせるわけにいかない」公演

  • Confession
    ※板野友美・菊地あやかのスタンバイ

チームA 6th Stage「目撃者」公演

  • 炎上路線
  • サボテンとゴールドラッシュ※
    篠田麻里子のユニットアンダー

HKT48での参加曲

シングルCD選抜曲

HKT48名義

AKB48名義

アルバムCD選抜曲

AKB48名義

  • 1830m』に収録
    • ファースト・ラビット
    • 恋愛総選挙 - YM7名義
    • アボガドじゃね〜し…
    • 行ってらっしゃい
    • 青空よ 寂しくないか?
  • 次の足跡』に収録
    • After rain
    • ボーイハントの方法 教えます

劇場公演ユニット曲

チームH 1st Stage「手をつなぎながら」公演

  • Glory days
  • この胸のバーコード

チームH 2nd Stage「博多レジェンド」公演

  • 制服レジスタンス
  • 制服のバンビ

ひまわり組「パジャマドライブ」公演

  • 鏡の中のジャンヌ・ダルク

チームH 2nd Stage「青春ガールズ」公演

  • Blue rose
  • ふしだらな夏

出演

映画

テレビドラマ

バラエティ・情報番組

現在放送中の番組

過去の出演番組

テレビアニメ

  • サザエさん(FNS27時間テレビ) - OLさしこ(海水浴客)役(2012年7月22日)

広報番組

ラジオ

CM

イベント

書籍

雑誌

雑誌連載

写真集

カレンダー

  • B.L.T. U-17 vol.8(2008年11月6日、東京ニュース通信社
  • B.L.T.U-17 Vol.11 sizzleful girl 2009 summer(2009年8月5日、東京ニュース通信社)
  • 指原莉乃 2011年カレンダー(2010年9月30日、ハゴロモ
  • 指原莉乃 2012年カレンダー(2011年11月19日、ハゴロモ)
  • 指原莉乃 2012 TOKYOデートカレンダー(2011年11月29日、ハゴロモ)

プロデュース

イベント

ミュージック・ビデオ

ディスコグラフィー

シングル

リリース日 タイトル 最高
週間
順位
販売形態 レコードNo: 形態 備考
avex traxレーベル
1 2012年5月2日 それでも好きだよ 2位 CD+DVD
CD+DVD
CD+DVD
CD
AVCD-48401/B
AVCD-48402/B
AVCD-48403/B
AVC1-48404/B
通常盤A
通常盤B
通常盤C
劇場盤



オリコン集計対象外[117]
2 2012年10月17日 意気地なしマスカレード 1位 CD+DVD
CD+DVD
CD+DVD
CD
AVCD-48549/B
AVCD-48550/B
AVCD-48551/B
AVC1-48552
Type A
Type B
Type C
Type D(劇場盤)
指原莉乃 with アンリレ 名義

参加作品

タイアップ

楽曲 タイアップ 収録作品
それでも好きだよ 日本テレビドラマ:『ミューズの鏡』主題歌 1stシングル「それでも好きだよ」
意気地なしマスカレード 映画:『劇場版 ミューズの鏡〜マイプリティドール〜』主題歌
常盤薬品工業「なめらか本舗」CMソング
2ndシングル「意気地なしマスカレード」

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 2010年10月号にて、事前に公表されていたタイトル「うざりの」から「さしこ」に改題されたことが告知されたが、連載第一回の11月号にて「うざりの」に戻ったことが発表された。
  2. ^ 明けて6月16日
  3. ^ 釘宮が当選した際の得票数は9万余り。
  4. ^ 指原以外の正解者は仁藤萌乃とSKE48の中西優香。
  5. ^ 100点満点中42点を記録、次点の小嶋陽菜は49点。
  6. ^ 柏木由紀、高城亜樹松井玲奈(SKE48)が第3回選抜総選挙まで順位を上げたが、第4回でいずれも順位を維持もしくは下げた。

出典

  1. ^ 週刊少年チャンピオン』(秋田書店)2010年45号巻頭グラビア
  2. ^ a b さしこ WセンターでHKTデビュー - デイリースポーツ 2012年7月6日
  3. ^ 「さしこ問題について」 - AKB48オフィシャルブログ(2010年8月29日)
  4. ^ 「さしこ」 - 本人オフィシャルブログ(2010年8月28日)
  5. ^ AKB指原 24時間テレビのCM中「さしこ」に改名”. ネタリカ. Yahoo!japan (2010年8月29日). 2010年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月30日閲覧。
  6. ^ “AKB指原莉乃、24時間テレビ中に「さしこ」に改名”. イザ! (産経デジタル). (2010年8月29日). オリジナル2010年8月31日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100831185616/http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/433638/ 
  7. ^ 「ちょまwwww」 - 本人オフィシャルブログ(2010年8月28日)
  8. ^ 「さしこ夏の陣〜盛大に釣られるのが漢ってもんだ〜」 - 本人オフィシャルブログ(2010年8月29日)
  9. ^ 指原莉乃がAKBを代表してめちゃイケオーディション参加 (Ameba News) - エキサイトニュース ネットコラム、2010年10月11日
  10. ^ 『めちゃ×2イケてるッ!』 2010年10月9日放送分
  11. ^ 「さしこ」 - 本人オフィシャルブログ(2010年9月8日)
  12. ^ “アイラビュッッ!!!!”AKB48「指原莉乃」、ブログ更新100回&ランキング1位獲得に成功 - RBB TODAY(2010年12月5日)
  13. ^ AKB指原ブログ一日3500万PV 前田敦子抜きアクセス歴代1位 - J-CAST NEWS(2010年12月7日)
  14. ^ AKB48大島優子率いる新ユニット「Not yet」デビュー決定!(ORICON STYLE)(2011年1月21日閲覧)
  15. ^ a b c AKB48指原、ブログ更新企画で9,100万PV、総コメント数81万件の大記録! - RBB TODAY(2011年5月23日)
  16. ^ http://ameblo.jp/sashihara-rino/entry-10898211499.html 指原莉乃オフィシャルブログ「指原クオリティー」 - 『200』
  17. ^ 「AKB48 22ndシングル選抜総選挙結果」 - AKB48オフィシャルブログ(2011年6月10日)
  18. ^ tgsk48のツイート (155890013882691584) - とがちゃん(AKB48劇場支配人)
  19. ^ AKB48・指原莉乃、3月ソロデビュー 初主演ドラマ『ミューズの鏡』主題歌に決定(2012年1月8日付、ORICON STYLE)
  20. ^ 秋元康×Samantha Thavasa×JJ「未来のおしゃPを探せ!」プロジェクト AKB48 指原莉乃 サマンサミューズ参戦!! - サマンサタバサジャパンリミテッド
  21. ^ 指原莉乃さんを大分市観光大使(第1号)に任命しました - 大分市役所 2012年4月18日
  22. ^ 指原莉乃 オフィシャルサイト - エイベックス・マーケティング
  23. ^ 本人投稿 - Google+(2012年5月4日8時50分投稿)
  24. ^ 本人投稿 - Google+(2012年5月5日17時3分投稿)
  25. ^ 本人投稿 - Google+(2012年5月5日18時5分投稿)
  26. ^ AKB48 27thシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48オフィシャルブログ 2012年6月6日
  27. ^ さしこ謝罪「お友達だった」HKT移籍へ - サンケイスポーツ 2012年6月16日(2012年6月30日閲覧)、オリジナルの2012年9月18日のアーカイブ
  28. ^ AKB48指原莉乃、HKT48へ緊急移籍(2012年6月16日、ナタリー) 2012年6月16日閲覧。
  29. ^ a b “AKB48・指原莉乃プロデュースのアイドルイベントを日本武道館で開催決定”. BARKS (グローバル・プラス). (2012年4月21日). http://www.barks.jp/news/?id=1000078981 2012年4月21日閲覧。 
    “AKB48・指原莉乃プロデュースのアイドルイベントを日本武道館で開催決定”. BARKS (グローバル・プラス). (2012年4月21日). http://www.barks.jp/news/?id=1000078981 2012年4月21日閲覧。 
    “AKBさしこ「お邪魔します」ももクロ・ライブ乱入にファン困惑気味”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2012年4月22日). オリジナル2012年4月22日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120422232116/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/120422/ent12042207010003-n1.htm 2012年4月23日閲覧。 
  30. ^ 指原莉乃HKT48劇場公演初出演のお知らせ - HKT48オフィシャルウェブサイト 2012年6月29日(2012年6月30日閲覧)
  31. ^ 指原莉乃、27時間テレビで1人ライブ! 当初はAKBメンバー出演予定もHKT移籍でキャンセル - シネマトゥディ 2012年7月14日
  32. ^ 指原ドッキリ“たった1人の残念ライヴ”にメンバー登場 - スポーツニッポン Sponichi Annex 芸能 2012年7月23日
  33. ^ 指原莉乃がAKB48劇場で最終公演 - 仲間からの手紙に涙「全力で頑張る!」 - マイナビ 2012年7月24日
  34. ^ HKT指原莉乃、AKB48劇場に凱旋決定! 出張公演が発表 - シネマトゥディ 2012年8月7日(2012年8月8日閲覧)
  35. ^ NEWS - 指原莉乃 オフィシャルサイト (2012年9月24日)
  36. ^ 指原莉乃がHKT劇場支配人兼任に - デイリースポーツ 2013年4月28日(2013年4月28日閲覧)
  37. ^ a b さしこサプライズ!HKT劇場支配人兼任 - 日刊スポーツ 2013年4月28日(2013年4月28日閲覧)
  38. ^ 【第5回AKB総選挙】大島敗れる…指原莉乃、ついに初センター奪取! 篠田麻里子はAKB卒業を発表オリコン 2013年6月8日配信 当日閲覧
  39. ^ 指原莉乃が大分凱旋!市長15万票に羨望!? - 日刊スポーツ 2013年6月15日
  40. ^ さしこ SKE松村のソロデビュー作品プロデュース”. Sponichi Annex (2013年5月13日). 2014年1月13日閲覧。
  41. ^ SKE松村香織、新聞衣装でソロ曲初披露 さしこ全面プロデュース”. ORICON STYLE (2013年8月16日). 2014年1月13日閲覧。
  42. ^ 今年もっとも笑顔が輝いた著名人「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2013」が決定 - モデルプレス 2013年11月8日(2013年11月10日閲覧)
  43. ^ 『月刊AKB48新聞』2013年12月号P30
  44. ^ VOCE ベストコスメ授賞式!HKT48の指原莉乃さんがTHE BEST BEAUTY OF THE YEARに決定!”. iVOCE. 講談社 (2014年1月29日). 2014年1月29日閲覧。
  45. ^ a b “指原莉乃、総選挙1位祝いで映画主演!「勇者ヨシヒコ」福田雄一監督とタッグ”. シネマトゥデイ. (2014年2月5日). http://www.cinematoday.jp/page/N0060266 2014年2月5日閲覧。 
  46. ^ 内田裕也&さしこ 53歳差デュエット「シェキナベイベー」 スポーツニッポン 2014年4月21日閲覧
  47. ^ a b c d 『指原莉乃 1stフォトブック さしこ』(講談社)より
  48. ^ 日経エンタテインメント!』(日経BP社)2011年3月号
  49. ^ 『月刊AKB48新聞』2013年12月号
  50. ^ 『AKB48 じゃんけん選抜公式ガイドブック』(光文社)
  51. ^ 「推しメンとは?」 - 本人オフィシャルブログ(2010年5月15日)
  52. ^ a b c d e f g h i AKB5400sec.
  53. ^ 『AKBINGO!』2009年6月10日放送分内『ザ・AKBEST10』にて初出
  54. ^ 『AKB48ネ申テレビ』Season3 2009年11月20日放送分
  55. ^ 太田プロ公式プロフィール
  56. ^ Music Japan』他、テレビで度々発言
  57. ^ 『AKBINGO!』2010年8月4日放送分。渡辺麻友に『ときめきメモリアル Girl's Side』を貸している。
  58. ^ 「今日の総括?5月20日?」 - 本人オフィシャルブログ(2010年5月20日)
  59. ^ 『AKB48のオールナイトニッポン』 2010年11月26日放送分
  60. ^ a b 週刊AKB』2010年8月20日放送分本人談
  61. ^ a b グータンヌーボ』 2011年2月16日放送分、ヨンパラ FUTUREゲームバトル指原誕生日回より
  62. ^ 週刊プレイボーイ』(集英社)2009年11月16日発売・No.46号、2010.5.31発売No.22号
  63. ^ 「大興奮してきました!!!」 - 本人オフィシャルブログ(2010年5月24日)
  64. ^ 「オグーロ、ヤナギサーワ、タマーダ、、」 - 本人オフィシャルブログ(2010年5月11日)
  65. ^ 資格☆はばたく』(NHK教育)2011年3月31日放送分
  66. ^ 『週刊AKB』2009年9月18日放送分。300点満点中271点で総合4位
  67. ^ 「52、続・豆知識」 - 本人オフィシャルブログ (2010年12月4日)
  68. ^ 『AKB48ネ申テレビ』Season4 2010年8月15日放送分
  69. ^ 「公演タイトル決定!」 - 本人オフィシャルブログ(2010年7月25日)
  70. ^ 「どこにいったのか」 - 本人オフィシャルブログ(2011年2月16日)
  71. ^ HKT48のおでかけ!』(TBS)2014年3月26日放送分、本人談。
  72. ^ 『AKB48 チームB 4th Stage「アイドルの夜明け」』 2010年4月8日公演
  73. ^ 『AKB映像センター』2013年5月26日放送分より
  74. ^ a b 『まるっとAKB48 2 with SKE48&NMB48&SDN48&HKT48』(光文社)より
  75. ^ 『AKB48総選挙公式ガイドブック2012』(講談社)より
  76. ^ 『AKB48総選挙! 水着サプライズ発表2011』(集英社)より
  77. ^ 「そんなわけで」 - 本人オフィシャルブログ(2010年10月31日)
  78. ^ 同日の『笑っていいとも!』の放送終了後に水曜レギュラー陣に新キャッチフレーズを募集。その中から爆笑問題田中裕二が提案したものが選ばれた(『笑っていいとも!増刊号』2011年10月30日放送分)。
  79. ^ 『AKB48の全力で聴かなきゃダメじゃん!!』 2008年12月24日放送分
  80. ^ a b アートディンク. AKB1/48 アイドルと恋したら… (日本語). (バンダイナムコゲームス). PlayStation Portable. シーン: アドレス帳内メンバー紹介. (2010-12-23)
  81. ^ プロフィール 指原 莉乃 HKT48 OFFICIAL WEB SITE
  82. ^ 『AKB48 チームA 6th Stage「目撃者」』公演 2010年7月27日
  83. ^ 『週刊AKB』 2009年9月25日・10月16日放送分
  84. ^ 『密室謎解きバラエティー 脱出ゲームDERO!』 2010年12月1日放送分
  85. ^ 『高橋みなみフォトブック「たかみな」』 講談社、2010年9月22日発売
  86. ^ 『AKBINGO!』2010年1月6日放送分
  87. ^ 大分市広報専門員公式ブログ「こんにちは広報専門員です」 (2012年5月10日). “観光大使第1号の指原さん。初仕事は子ザルの命名”. 大分市役所. 2012年11月15日閲覧。
  88. ^ 『AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2010 ライブDVD』コメンタリー
  89. ^ “【62位】矢方美紀 とびきりの笑顔!指原とは元クラスメート”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2012年6月6日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/06/06/kiji/K20120606003408870.html 2012年11月15日閲覧。 
  90. ^ 「上京してからの思ひ出」 - 本人オフィシャルブログ(2010年5月14日)
  91. ^ 「チーム2:50」 - 本人オフィシャルブログ(2011年7月12日)
  92. ^ 「横山と西中」 - 本人オフィシャルブログ(2010年10月11日)
  93. ^ 『AKB48ネ申テレビ』Season3、『燃えろ! 団結力キャンプ'09』
  94. ^ 『AKBINGO!』2010年9月15日放送分本人談
  95. ^ 『AKBINGO!』日本テレビ)2011年8月17日・31日放送「AKB48私服コレクション2011 SUMMER」
  96. ^ 『AKB48の全力で聴かなきゃダメじゃん!!』 2009年4月29日放送分
  97. ^ 「意外と都会っ子な指原」 - 本人オフィシャルブログ(2010年5月18日)
  98. ^ 新堂本兄弟』 2011年7月10日放送分
  99. ^ 『さしこのくせに』2011年1月11日・18日放送分
  100. ^ 「違い」 - 仲谷明香公式ブログ (2010年5月24日)、『PON!』 2010年10月8日放送分
  101. ^ 『AKB48のオールナイトニッポン』 2010年9月3日放送分
  102. ^ 「忙しいということは喜ばしきことなのです」 - 本人オフィシャルブログ(2010年6月7日)
  103. ^ 秋元康がAKB48指原莉乃に放送作家転向を勧めるも、初企画には厳しくダメ出し - MOVIE Collection, 2010年12月7日
  104. ^ “秋元康、指原センターより「AKBの裏方に」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2010年12月7日). オリジナル2010年12月10日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20101210150512/http://www.sanspo.com/geino/news/101207/gnj1012071035019-n1.htm 
  105. ^ “【エンタがビタミン♪】秋元康が語る、AKB48「指原莉乃“推し”の理由」「K-POPとの違い」”. マイナビニュース. (2012年1月3日). http://japan.techinsight.jp/2012/01/tvhoudan2012_akimoto1201030952.html 2012年4月23日閲覧。 
    “2012年のAKB48注目株 秋元康「僕は指原莉乃押し」”. J-CASTニュース. (2012年1月4日). http://www.j-cast.com/2012/01/04118022.html?p=all 2012年4月23日閲覧。 
    秋元康投稿 - Google+(2012年1月6日17時48分投稿)
  106. ^ 『AKB48 東京秋祭り』2日目「ぐだぐだカラオケ大会」の一発芸で披露したときには、MCのイジリー岡田やメンバーから絶賛されている。
  107. ^ 別冊宝島『AKB48推し』
  108. ^ “HKT48 なこみく探偵団 矢吹奈子×田中美久 見つかっちゃった3期生が見つけた「HKT48」のヒミツ”. 月刊ENTAME (徳間書店): 60. (2014). ISBN 020530514. 
  109. ^ 『ミューズの鏡』公式サイト
  110. ^ AKB48・指原莉乃が純愛ドラマで初主演!“13年間片思い”の一途な役(2011年12月17日付、 ウォーカー・プラス)
  111. ^ 広報番組等の紹介 - 大分県国民健康保険団体連合会
  112. ^ “ベジレンジャー”が前田敦子を救う!? AKB48が野菜モチーフの“正義の味方”に変身(Web deview、2012年5月28日)2012年6月13日閲覧。
  113. ^ AKBさしこ、ギリギリ“ミニ”で美脚披露!選挙4位と大躍進も秋元からは「中途半端」(シネマトゥデイ、2012年6月12日)2012年6月13日閲覧。
  114. ^ AKB48指原莉乃 :トイレ掃除をCMで披露「これからは率先して……」 - 2012年3月6日、毎日新聞デジタル(2012年3月6日閲覧)
  115. ^ 「ウィスパー」新CMでチャーミングな指原莉乃フィーチャー - 2013年11月7日、ナタリー(2013年11月11日閲覧
  116. ^ さしこ、松平健と登場「背筋がピンとしました」(2012年11月11日、サンケイスポーツ)2012年11月11日閲覧、オリジナルの2013年5月12日時点のアーカイブ。
  117. ^ ご報告とお詫び-指原莉乃エイベックス公式サイト(2012年5月3日)2012年5月4日閲覧

外部リンク