土田晃之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
土田 晃之
本名 土田 晃之
ニックネーム つっちー、イエニスタ[1]
生年月日 1972年9月1日(41歳)
出身地 日本の旗 日本 埼玉県大宮市(現:さいたま市見沼区
血液型 AB型
身長 183cm
方言 共通語
最終学歴 専門学校東京アナウンス学院
コンビ名 U-turn(解散)
相方 対馬盛浩(元相方)
芸風 漫才コント(ボケ)(コンビ時代)
立ち位置 左(コンビ時代)
事務所 太田プロダクション
活動時期 1992年-
現在の代表番組 そうだったのか!池上彰の学べるニュース
過去の代表番組 ウィークワンダー
銭形金太郎
フューチャーガールズ
配偶者 既婚
公式サイト プロフィール
受賞歴

土田 晃之(つちだ てるゆき、1972年9月1日 - )は、日本お笑い芸人である。

東京都練馬区生まれ、埼玉県大宮市(現:さいたま市見沼区)出身。太田プロダクション所属。

身長183cm、体重75kg[3]血液型AB型。大宮市立大砂土中学校(現:さいたま市立大砂土中学校)、埼玉工業大学深谷高等学校(現:正智深谷高等学校)卒業。

概要[編集]

1991年、お笑いコンビU-turnを結成し、1992年にデビュー。2001年に解散しピン芸人に。愛称は「ツッチー」。 趣味はサッカーアイドルからアニメ(とくにガンダム関連)などで、その関連の仕事を得ていることから、自らをおたく芸人だと称している[4]

来歴[編集]

生い立ち[編集]

小学1年生まで東京都で育ち野球をやっていた[4]。小学2年で大宮に引っ越し、転校先の小学校の授業内容についていけず落ちこぼれた[5]。小学校のころから将来の夢はお笑い芸人になることだったが、人前ではしゃぐような明るいタイプではなく1人でネタを考えてこそこそ笑っているタイプだった[5]運動神経が鈍く、友達の影響で『キャプテン翼』を知ってサッカーに興味を持ったが[4]鈍足だったこともありディフェンダーをやらされ、運動神経の良い同級生たちにこてんぱんに打ちのめされる日々を過ごした[4]

中学では教育熱心な母親に反抗的な態度をとったが土建業を営む父親には頭が上がらず、その父親から「家計が厳しいから私立高校へは通わせられない。公立高校に行け」と厳命された[5]。しかし最底辺の成績しか残せず担任から受験すれば誰でも受かる私立高校へ進学することを勧められて、父親に土下座をして入学金と授業料を支払ってもらった[5]。高校では1年生で停学処分や無期停学処分を受けたが、3年間で卒業[5]

U-turn時代[編集]

東京アナウンス学院時代に対馬と出会い、「元不良と元生徒会長」のアンバランスさを売りにしたお笑いコンビU-turnを結成[6]。コンビ結成後の初舞台のライブが思いのほか好評だったこともあって自信満々になりダウンタウン? 2年で抜いてやるよ!」と発言していた[7]

GAHAHA王国』、『タモリのボキャブラ天国』など数々のお笑い番組やライブに出演するが、1999年に『ボキャブラ天国』が終了して収入が激減すると、2001年に対馬が廃業を決意したことでコンビ解散。ピン芸人として自立することになった[8]

ピン芸人[編集]

ピン芸人になってからはプライドを捨て、それまで馬鹿にしていたリポーターの仕事も請け負うようになる。『銭形金太郎』でレギュラーになり、リポーターの依頼が増えたが仕事をこなすうちに、ストレスがたまり、ロケが続いたところ1年に3回、十二指腸潰瘍を患った[7]。仕事を続けたが何度も再発したことでリポーターの仕事をすべて辞め、『踊る!さんま御殿!!』での仕事をきっかけに「雛壇芸人」として仕事をこなすことになった[9]。大勢のタレントが集まり出演者同士の会話をメインにしたトーク番組が増えたテレビ業界の事情から雛壇芸人としての仕事が急増している[4]

趣味[編集]

ガンダム関連[編集]

趣味・嗜好

ガンダム好きになったきっかけは、「中学生の頃に塾をさぼって近所の長崎屋で見た『機動戦士Ζガンダム』だったが、[10]ファーストからZZ(ダブルゼータ)まではリアルタイムで見ていた[11]」と発言している。『同級生で「Z」、「ZZ」を見ていたのは0.1%くらい。中学生だから部活もあるし、アニメなんて見ない。ファーストは99%は見ていたんですけどね。[11]』と語っている。

娘の名前を『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』のヒロイン・アイナ・サハリンを元に名付けた[12]

2009年に雑誌『ガンダムエース』で5年間連載していたコラムをまとめたサンライズ公認本『土田晃之のガンダムにもの申す!』を出版。本人いわく「会いたい人に会って、聞きたい話しを聞いただけ。香港で見つけた海賊版のガンダム本だと思ってくれたほうがいい。[11]」と語った。

評判

2013年にYouTubeで動画再生される、パチンコ『フィーバー機動戦士ガンダム』のCMに出演した。このCMは動画を再生前に冒頭で15秒流れるが、視聴者はこの15秒CMはスキップすることができないので、CMを強制的に見続けなければならない。そのためインターネット上ではうざいと話題になったことがあった[13]

アニメ評論家の岡田斗司夫は土田のガンダムなどのロボットアニメのコメンテーターぶりについて「マニアックと思いこんでる自分に酔ってるところがかわいい」と批評している[14]

サッカー関連[編集]

趣味・嗜好

生粋の浦和レッドダイヤモンズサポーターを自称しているが[15]、実はレッズのユニフォームを持っていただけだった[16]。取材でJリーグで好きなチームを聞かれると「フリューゲルスジュビロヴェルディ」と答えていた[16]

2010年4月13日号の『週刊サッカーマガジン』のコラムにおいて浦和レッズのサポーターを辞めると答えた後、大宮アルディージャに乗り換えようとしたが、2010年12月21日号の『週刊サッカーマガジン』のコラムでは「娘の七五三で隣の氷川神社に行ったんですけどね」「スタジアムで観戦したのはレッズのホームゲームを数試合」と述べるなど2010年4月13日号の『週刊サッカーマガジン』での発言は無かったことにしたようである[17]

しかし『週刊サッカーダイジェスト』2011年11月22日号では「J創設時から浦和レッズを応援していました。レッズは芸人として売れる前から付き合っていた彼女のようなもの、いまさら裏切れないですよ」などとそれまでの供述内容を覆しフリューゲルスとジュビロとヴェルディのファンだと称していた過去を隠蔽した[15]

発言

スペインのアンドレス・イニエスタ選手の名前を「イエニスタ」と間違えて覚えている。2010年6月16日(水)にフジテレビ系列で放送された南アフリカでの2010 FIFAワールドカップのスペイン対スイス戦の事前番組にゲストとして出演して注目選手は誰かと質問されたとき、司会者のジョン・カビラから「イニエスタ」と数回ほど訂正を入れられたものの、間違いにまったく気づかず「イエニスタ」と連呼した[1][18]

土田「イエニスタのパスが大好きなんですよ!」
カビラ「ああ、イニエスタね」
土田「そうイエニスタに注目したいですね!」

この試合はスイスが勝ったが、翌日のスポーツニッポンでのコラムでは「この衝撃は“マイアミの奇跡”級ですね。スイスの得点シーンは、決してきれいじゃなかったですしー。スペインのピケが崩れてーの、ガチャガチャがあって、そこにフェルナンデス(スイス)がいたし。カシージャスは前に出ちゃったし。得点シーンもマイアミの奇跡に似てましたねー」などと供述している[19]

ほかに南アフリカ大会では日本について「一般人は調子に乗っているがデンマーク戦で勝ったのは出来すぎ。本当はこんなもんじゃない」と豪語[20]、イタリアについて「日本はイタリア相手なら何とかなりそう[21]」「何がカテナチオ[21]」などと対戦する前から息巻いた(土田の予想は外れて日本は結局イタリアとは対戦しなかった)。

本人によると年数回程度の観戦のライト層ながら浦和には言いたいことが山ほどあるらしく[17]、浦和のフォルカー・フィンケ前監督について「フィンケのサッカーでは明日がない」「フィンケはいらない」と否定した[17]

サッカー経験

サッカーの部活経験はなくプレーすることは得意でない[4]。本人いわく「ビックリするぐらいの下手くそ」である[22]

内村プロデュース』の「フットサルで勝利するをプロデュース!」ではミスを連発して醜態をさらし、メンバー全員から『なにやってんだよ』『駄馬が』『ノロマが』等の罵声を浴びた。以降この番組の同シリーズにおいては「助っ人として呼ばれるも、特に役に立たなかったため敗因を押しつけられる役」として出演することが慣例となった。

2010年1月10日に静岡県のエコパで催された名波浩の引退試合に素人の身ながら参加してプレイした。これは名波本人から「普段から大口を叩く批評をしているけど、四の五の言っていないでどれだけ難しいかやってみろよ。何万人の前でプレーを見せてほしい」と要請を受けたことによるもので[22]錚々たるメンバーの中で素人の土田が動けるのか、ボールに触れることができるのかが注目された[23]。土田は素人が急に上達するわけないとプレイのことは放棄して体重を落すことだけに専念したそうである[22]

ほかにはフットサルを後輩芸人達とやっており、メンバーにどきどきキャンプの岸学などがいる。自他共に認める下手くそながらもパスには土田流の「アシストの美学」があるらしく[24]、芸人仲間のフットサルの時には小洒落たパスや奇をてらったプレーをやりたくてボールのある方に下がってくるが、後輩からは「お願いだから前にいてくれ」と追い払われている[24]

アニメ・漫画関連[編集]

漫画は『WORST』が一番のお気に入りで、前作の『クローズ』から外伝まで全巻そろえているそうである[25]

自ら「おたく芸人」と呼んでいるのでマンガやアニメに精通しているかの評判があるものの[26]、本人いわくほかの漫画は雑誌を読まないので詳しくはわからないそうで、有名になったり話題になった漫画だけを特別に押さえるようにしている[25]。ちなみに漫画のことは詳しくないながらも「浦沢直樹は知的マンガの元祖ですね。僕が大人になるのと同じにマンガの世界も大人になりました」などと独自の歴史観を披露している[25]

アニメはジブリ映画、『ドラゴンボール』などが好きである。『ドラゴンボール』に関しては、ハリウッド映画『DRAGONBALL EVOLUTION』のオファーがきたが、スケジュール的な問題で断っている[26]。ちなみに役柄は「持っていたドラゴンボールをピッコロに奪われて殺される役」だったが[26]役者の仕事には興味がないことを理由に断った[26]

映画『超劇場版ケロロ軍曹3 ケロロ対ケロロ天空大決戦であります!』のオープニングテーマ「ケロッ!とマーチ2008」で柳原可奈子とデュエットし、flying DOGから2008年2月27日歌手デビューした。

家電関連[編集]

2009年にアイシェアリサーチが行った『最も影響力のある芸能人』の家電芸人部門の1位に選ばれた[27]

一方、パソコンが大の苦手で、『アメトーーク!』(2009年3月26日放送)では「Noパソコン芸人」として出演している。

人物[編集]

家族関係[編集]

夫人(千葉県出身)とは『ザ・スターボウリング』がきっかけで交際、1998年に結婚[8]。2011年現在は三男一女がおり、仕事が終われば家に直帰して一緒に食事をとり、休日には家族で外出する[9]。4人目が生まれた時には1ヶ月間の育児休暇をとった[9]。2009年、オリコンが10・20代の男女を対象に行ったアンケート『理想の父親だと思うお笑い芸人』で山口智充に次ぐ2位となった[28]

理想の父親に選ばれたこともあって2009年に子ども虐待防止スポットCMに出演、子供と仲良さそうにキャッチボールをする裏で虐げる父親を熱演した[29]

父親がナメられてはいけないとの考えの持ち主で[9]、2011年7月20日にフジテレビで放送した『ホンマでっか!?TV』「ホンマでっか!?人生相談」コーナーで「いつまでも子供に運動能力で勝ちたい。子供たちに将来サッカー選手になってほしいとか頑張ってほしい等の思いは全くなくて、ただひたすら子供に負けたくない」と発言した[30]

人間関係[編集]

上島竜兵[編集]

事務所の先輩で、土田より12学年上の上島竜兵を呼び捨てで呼ぶときがある。本人によれば先輩後輩関係なく慣れ合いができる、「ピン芸人として海パン一丁で油塗れになる仕事をした時にはじめて先輩の凄さが分かった(笑)」と供述している[8]。上島と仲良くなったのは上島が「相談に乗ってやる」と言ってきたにも関わらず、泥酔し「俺はこれからどうすればいいんだ!」と逆に相談されたのがきっかけである[31]

ちなみに土田は上島が後輩芸人と飲む時に集まる「竜兵会」のメンバーだが、有吉弘行の発言によると「今では土田メンバーはほぼ来ない。3ヶ月に1回程度…」だそうである[32]

吉本興業[編集]

「理想の父親だと思うお笑い芸人」で吉本興業の山口智充に敗れて2位になったことに関して、エフエム東京『東京海上日動 ROUTE 38』に出演した時に「僕は吉本の芸人じゃないから、毎日あくせく働かされて「給料が少ない」などとは愚痴らない」などと供述した[33]。ちなみに普段から後輩に「吉本興業のことなんかうらやましいとか思ってんじゃねえ」と口うるさく説教をするそうである[25]

出演作品[編集]

テレビ[編集]

現在[編集]

レギュラー出演[編集]
不定期出演[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “イエニスタの元ネタ・意味”. タネタン. (2013年6月). http://moto-neta.com/sports/ienista/ 
  2. ^ “第17回ボウリング・マスメディア大賞”. 日本ボウリング場協会. (2009年7月18日). http://www.bowling.or.jp/media/massmedia2009.html 
  3. ^ http://www.ohtapro.co.jp/talent/TsuchidaTeruyuki/
  4. ^ a b c d e f 2010年7月6日『朝日新聞』朝刊20面「W杯を語ろう「14番永遠のスター」お笑い芸人土田晃之サン(37)」
  5. ^ a b c d e 2011年7月21日『週刊文春』「新・家の履歴書」P95
  6. ^ “【この人物のオモテとウラ】土田晃之(タレント)”. ゲンダイネット. (2010年6月16日). http://gendai.net/articles/view/geino/124601 
  7. ^ a b “《ピン芸人学》☆土田晃之先生・陣内智則先生”. スクール革命. (2009年7月12日). http://www.ntv.co.jp/s-kakumei/onair/090712.html 
  8. ^ a b c 2011年7月21日『週刊文春』「新・家の履歴書」P96
  9. ^ a b c d 2011年7月21日『週刊文春』「新・家の履歴書」P97
  10. ^ “土田晃之、“ガンダム芸人”の原点を告白!”. オリコン. (2007年8月30日). http://career.oricon.co.jp/news/47591/ 
  11. ^ a b c “著者インタビュー 土田晃之さん『土田晃之のガンダムにもの申す』”. 楽天ブックス. (2009年4月16日). http://books.rakuten.co.jp/RBOOKS/pickup/interview/tsuchida_t/ 
  12. ^ 『アメトーーク』DVD第1巻より
  13. ^ “YouTubeの土田ガンダムCMがうざいと話題に / ネットの声「土田とガンダム嫌いになりそう」「いい加減目障り」”. ロケットニュース24. (2013年3月10日). http://rocketnews24.com/2013/03/10/302319/ 
  14. ^ “岡田斗司夫: 土田と品川のアニメ語りは、大学のアニメ研一年生っぽくて「濃いと思ってる自分」がかわいいよなぁ -”. Hiwihhi.com. (2011年5月19日). http://hiwihhi.com/toshiookada/status/71244065861144576 
  15. ^ a b “【マガダイ】土田晃之「レッズを今更裏切れない」(サカダイ)”. (2011年11月10日). http://uragi.com/news/uraginews001760.html 
  16. ^ a b “【マガダイ】土田晃之「今年から大宮を応援しようかな」”. (2010年4月21日). http://uragi.com/news/uraginews001760.html 
  17. ^ a b c 2010年12月21日号『週刊サッカーマガジン』「お笑い芸人土田晃之のやっぱ14番でしょう」
  18. ^ “ワッキー 土田のイエニスタ発言について”. デイリーモーション. (2010年). http://www.dailymotion.com/video/xdufx4_yyyyyyyyyyyyyyyyyyy_sport 
  19. ^ “スイスの頑張りに感動…衝撃は“マイアミの奇跡”級”. Sponichi Annex. (2010年6月18日). http://www.sponichi.co.jp/soccer_worldcup/special/2010reading/tsuchida/KFullFlash20100618061.html 
  20. ^ 2010年7月27日号『週刊サッカーマガジン』「お笑い芸人土田晃之のやっぱ14番でしょう」
  21. ^ a b “原因はセリエA?名前で勝てなくなったイタリア”. Sponichi Annex. (2010年6月22日). http://www.sponichi.co.jp/soccer_worldcup/special/2010reading/tsuchida/KFullFlash20100618061.html 
  22. ^ a b c “タレント土田晃之が20kgやせた理由”. サポティスタ. (2009年). http://supportista.jp/2009/10/news18060418.html 
  23. ^ “【エンタがビタミン♪】中田英寿、井原正巳、北澤豪・・。名波引退試合の豪華出場陣に放り込まれた芸人。”. Techinsight. (2009年10月30日). http://japan.techinsight.jp/2009/10/tuchida-nanami-intaijiai.html 
  24. ^ a b 2011年2月8日号『週刊サッカーマガジン』「お笑い芸人土田晃之のやっぱ14番でしょう」
  25. ^ a b c d “〈私のコミック履歴書〉お笑い芸人 土田晃之さん”. コミック・ブレーク (広告特集). (2012年10月17日). http://book.asahi.com/book/comicbreak/2012101600003.html 
  26. ^ a b c d “土田晃之が明かす「映画『ドラゴンボール』出演辞退」エピソード。”. ナリナリドットコム. (2008年12月3日). http://www.narinari.com/Nd/20081210680.html 
  27. ^ “あの人が1位に!?今、最も影響力のある芸能人は”. アイシェアリサーチ. (2009年5月12日). http://release.center.jp/2009/05/1201.html 
  28. ^ “理想の“パパ芸人”、1位は山口智充”. オリコン. (2009年6月21日). http://career.oricon.co.jp/news/67066/full/ 
  29. ^ “子ども虐待防止スポットCM”. オレンジリボン運動 - 子ども虐待防止. (2009年11月 1日). http://www.orangeribbon.jp/media/2009/11/post-8.php 
  30. ^ “??: ホンマでっか!?TV - 11.07.20”. http://v.youku.com/v_show/id_XMjg3MDI3MjY4.html 
  31. ^ 2009年4月10日放送回『爆笑問題の検索ちゃん』より[出典無効]
  32. ^ “【エンタがビタミン♪】「劇団ひとりは年に1回、土田は3ヶ月に1回」。みんな離れだした?衰退する上島竜兵「竜兵会」。”. Techinsight. (2010年3月3日). http://japan.techinsight.jp/2010/03/uesima-ryuuheikai-jittai.html 
  33. ^ “【エンタがビタミン♪】土田晃之が非・吉本宣言「吉本の芸人じゃないんで・・・愚痴ったりしない」 その真意は?”. Techinsight. (2010年2月16日). http://japan.techinsight.jp/2010/02/tutidateruyuki-no-yosimoto.html 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]