本日は晴天なり (お笑い芸人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本日は晴天なり
本名 栗田 育美(くりた いくみ)
ニックネーム イク
生年月日 1983年1月11日(31歳)
出身地 静岡県清水市
(現・静岡市清水区
血液型 A型
身長 173cm
コンビ名 本日は晴天なり
(2005年2月19日 - 2006年2月19日)
相方 清水香苗(※元相方)
芸風 一人コント
事務所 太田プロダクション
活動時期 2005年
過去の代表番組 エンタの天使
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
R-1ぐらんぷり2009 準決勝進出

本日は晴天なり(ほんじつはせいてんなり、1983年1月11日 – )は、日本お笑い芸人である。本名、栗田育美(くりた いくみ)。女性。

静岡県静岡市出身。太田プロダクション所属。身長173cm、血液型はA型。

来歴・人物[編集]

2005年2月19日にお笑いコンビ『本日は晴天なり』を結成、その相方だった清水香苗とは、出会って5秒で結成を決めたという[1]。コンビで活動していた当時は現役のダンサーでもあったということもあり、コントにヒップホップのダンスなどを取り入れたネタを披露していた。

その後2006年2月19日に相方の清水が抜け、ピン芸人に転向。ただ、このコンビ名はピン芸人転向以後も残し、最初は『本日は晴天なり イク』の名前での活動もしていたが、その後はそのまま『本日は晴天なり』が芸名となっている。なお、この名前は「自分は雨女だから、名前だけでも晴れになってほしい」という思いから来ているという[2]。その後、事務所の先輩であるやさしい雨の ラジオ「WOTA倶楽部」にて、芸名の正式な由来は、の「五里霧中」という曲の歌詞から取っていると明かした[3]

デビュー前はSPEEDに憧れて、高校生時代は地元・静岡から東京まで週に一回ダンスレッスンに通い、高校卒業後はダンスの専門学校に入学。一方でお笑いも諦めきれず、ダンスの学校の先生の助言もあってお笑いの道に進む[4]

両性愛者であり、デビュー前の素人時代に同じ女性に告白するというあるテレビ番組の企画に出演。これをきっかけとして、この番組に出演していた山咲トオルと同じ太田プロダクションに所属した[4]

二宮和也に憧れていて、生まれ変われるなら二宮君になりたい、とも言っている[5]

長身と短髪、男性に近い声質から「男子系女芸人」や「男装貴公子」と自称している。よく男性に間違われるため、職務質問されることがある。コントでスカートをはくことがあるが、普段着はほとんど男物である。

小学生時代、卒業文集に「夢は漫才師」と書いていた[4]。一方で「ジャニーズJr.に入りたい」とも思っていたという[2]

芸能人女子フットサルチーム「YOTSUYA CLOVERS」に所属していたが(背番号は「5」、以前は「12」。)、2008年12月21日の「メルシートゥフェスタ2008アワード」をもって退団。

R-1ぐらんぷり2009では、準決勝まで進出。

M-1グランプリ2010では、メンソールライトとのコンビ「メンソールレフト」で出場。

ウルトラマン好き。一人っ子カモシダ、トチギフ荒井、ルネ岩田、トミウラタカユ機との同じウルトラマン好き芸人同士で『東京ウルトラマン好き芸人トークライブ』を行っている(第1回は2014年4月3日[6]

HKT48指原莉乃のモノマネをやっており、『笑っていいとも!』の『ウルトラソウル選手権』では20秒で指原莉乃になるというネタを披露した[4]。また、八幡カオル峯岸みなみ役)、ヨーコ(123☆45松井珠理奈役)、せつこ渡辺麻友役)、川堺弥生(飛び魚板野友美役)、高田千尋ばーん大島優子役)、紺野ぶるま秋元才加役)、寅人高橋みなみ役)と共に、AKB48メンバーの物真似をする女芸人同士で組んだ『ニセえーけーびー』のち『チームG』のメンバーとして、ライブを行っている(第1回ライブは2014年3月4日[7][8]

2014年3月から5月にかけて行われた『大人AKBオーディション』に応募。二次選考で落選した[9]

芸風[編集]

ホストなどに扮した一人コントの他、『電車戦隊☆乗り遅レンジャー』(丸の内レッド、東西線ブルー、山手線グリーン のメンバーがいるという設定)に扮したコントなどを行っていたことがあった。

スカートをはいてのコントでは、頭はパンチパーマや角刈りなど格好に似合わないようなかつらをかぶって出ることもあった。

また、ダンスを多く取り入れたネタを演じることもある。

美少女戦士セーラームーンのキャラであるセーラーウラヌスコスプレをしたネタもやっていた。

2013年からは、宝塚風の衣装で男装したネタ、HKT48指原莉乃の物真似もやっている。指原の物真似を始めたきっかけは、芸人仲間などから「似ている」と指摘されていたことからと言い、これについておかもとまりにメイクなどのアドバイスを受けたという[4]

出演[編集]

テレビ[編集]

年明けの未公開スペシャルにも出演。

7月30日、8月10日のうつけフェスにも出演

ラジオ[編集]

ライブ[編集]

  • 太田プロライブ月笑(ゲツワラ)
  • 太田プロJr.ライブ
  • 女だらけの無法地帯

雑誌・その他[編集]

  • 週刊大衆(2005年12月5日号)『ビジュアル系美人芸人30組』
  • ナイスポ(2006年6月~8月)
    『短期集中連載!貧乏女芸人救済企画「キャバクラ☆スカウトバトル開催」』という企画で、コラムを連載。その後、ナイスポ月刊ベストクラブの紙面にてキャバクラ体験入店の様子が掲載された。
  • SPA! (2008年4月、9月)共にインタビュー掲載。
  • 日刊ゲンダイ (2008年7月28日付『失礼します』紙面)
    ビキニ姿でのグラビア写真が掲載された。『失礼します』の公式HPでは、月間アクセス数、総合ランキング共に第1位を獲得している。)
  • サンケイスポーツ(2008年8月4日)芸能面『次は任せなさい お笑いニューヒーロー』

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 参考:『週刊大衆』(双葉社)2005年12月5日号『ビジュアル系美人芸人30組』
  2. ^ a b 参考:2008年8月4日付『サンケイスポーツ』芸能面『次は任せなさい お笑いニューヒーロー』
  3. ^ 本人のtwitter上でも明かしている。
  4. ^ a b c d e 指原真似る本日は晴天なり/気になリスト”. 日刊スポーツ (2014年1月8日). 2014年1月10日閲覧。
  5. ^ 本日は晴天なりtwitterでの自己紹介より。
  6. ^ ダークザギ様に抱かれたい芸人トークライブ!”. 本日は晴天なりオフィシャルブログ (2014年4月4日). 2014年6月27日閲覧。
  7. ^ SUPER FESTIVAL~タイニアリス、似(に)てねぇっ!似(に)てるし!!~”. 本日は晴天なりオフィシャルブログ (2014年6月19日). 2014年6月19日閲覧。
  8. ^ ニセAKB改めチームG!(続き)”. 本日は晴天なりオフィシャルブログ (2014年6月19日). 2014年6月19日閲覧。
  9. ^ フットサル!!”. 本日は晴天なりオフィシャルブログ (2014年4月7日). 2014年6月19日閲覧。
  10. ^ 指原莉乃「元気出して頑張る」“ひとり”『24時間テレビ』スタート”. ORICON STYLE (2014年5月29日). 2014年6月27日閲覧。

外部リンク[編集]