秋元才加

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
あきもと さやか
秋元 才加
プロフィール
愛称 さやか・さぁや・オカロ など
生年月日 1988年7月26日
現年齢 26歳
出身地 日本の旗 日本千葉県松戸市
血液型 B型
公称サイズ(2012年10月[1]時点)
身長 / 体重 166 cm / kg
スリーサイズ 86 - 61 - 85 cm
活動
デビュー 2006年4月1日
ジャンル 女優タレント
備考 AKB48 チームK元メンバー
他の活動 DiVAアイドル
モデル: テンプレート - カテゴリ

秋元 才加(あきもと さやか、1988年7月26日 - )は、日本女優タレント千葉県松戸市出身[2]フレイヴ エンターテインメント所属。女性アイドルグループAKB48の元メンバーである。

来歴

芸能人になりたいという願望から、高校時代にいくつかオーディションを受けていた。

2006年2月26日、『第二期AKB48追加メンバーオーディション』に合格。2006年4月1日、AKB48劇場でのチームK初日公演において、公演デビュー。

2009年6月 - 7月に実施した『AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」』では12位で、メディア選抜入りする。同年8月23日の『読売新聞創刊135周年記念コンサート AKB104選抜メンバー組閣祭り』の夜公演で、2010年より新生チームKのキャプテンになることが発表され、同年3月12日に就任。

2010年5月 - 6月実施の『AKB48 17thシングル選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」』では17位で、シングル選抜入りする。7月10日・11日に開催された『AKB48 コンサート「サプライズはありません」』で、18thシングルのカップリング曲は新たに結成したチームピグ10組のうち、投票により1組を選ぶという旨が発表された。秋元は「サリー秋元」名義で「カムチャッカ渡り鳥慕情」をAKB48初の演歌で、単独ソロとして挑戦。8月9日の結果発表で、第5位となる[3]。10月4日からはフジテレビ森田一義アワー 笑っていいとも!』に月曜日レギュラーで出演することが発表された(2011年4月よりレギュラー出演日は水曜日に、同年10月からは金曜日に変更)。なお、2012年3月30日放送分をもってレギュラー出演を卒業した。

さらに、10月16日には一部で報じられた[4]、仕事仲間の男性(広井王子)を不用意に自宅へ宿泊させたことに関し、その責任を取るため「チームKキャプテンを辞任する」と『AKB48のオールナイトニッポン』出演の際に自ら発表した。

2011年2月27日に開催された東京マラソン2011に「支えてくれた方々に一からリスタートで頑張る自分を見せたい」という決意でランナーとして参加し、6時間53分53秒(ネットタイムは6時間50分06秒)のタイムで完走した[5]。トレーナーはセカンドウィンドAC・スタッフの尾崎朱美。さらに、ゴールした後に出演したマラソン中継特別番組内では、秋元康から番組に宛てたメールが読み上げられ、その中でチームKキャプテンへの復帰が言い渡された[6]。その後、同日にAKB48劇場で開催されたチーム研究生・夜公演に、梅田彩佳宮澤佐江増田有華と4人でゲスト出演。キャプテン復帰報告を行うとともに、前述の4人で新ユニット「DiVA」として、シングル「月の裏側」をリリースすることを発表。しかし、3月11日に発生した東日本大震災の影響により、シングルのリリースは4月27日から5月18日に延期された。

2011年5月から6月にかけて実施された『AKB48 22ndシングル選抜総選挙「今年もガチです」』では、5月25日に速報を発表した時点では23位だったが、最終結果は前年に引き続きシングル選抜入りとなる17位であった[7]

2011年9月20日に開催された『AKB48 24thシングル選抜じゃんけん大会』は5位で、選抜入りを果たした[8]

2012年2月26日、東京マラソン2012に出場し、前回の記録を1時間以上も短縮し5時間34分13秒のタイムで完走した[9]

2012年5月から6月にかけて実施された『AKB48 27thシングル選抜総選挙』では20位で、アンダーガールズ入りを果たした[10]

2012年8月24日、『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』初日公演において、各チーム再編後のチームKキャプテンは大島優子に交代することが発表される[11][12]。なお秋元の異動はない[12]。同年11月1日にチーム再編された新体制に移行[13]

2013年4月7日、公式ブログにおいて、AKB48を卒業することと、同年5月から6月にかけて実施される『AKB48 32ndシングル選抜総選挙』に立候補しないことを表明した[14][15]。なお、卒業セレモニーは8月22日[16]に、卒業公演は8月28日に行われた[17][18]

2014年6月20日、フィリピンの観光親善大使に就任した[19]

人物

AKB48関連

  • キャッチフレーズは「強く、気高く、美しく」[1]
  • 所属事務所が同じでメンバー内では身長が高い方の宮澤佐江と合わせて「ツインタワー」という愛称で呼ばれ、行動を共にすることが多い。また、宮澤の母親ともメール友達[22]
  • 「男前」な性格。メンバーは「カッコいい」と口を揃えて評する。他のメンバーによって放り出されたトカゲウナギを救出した、AKB48が第59回NHK紅白歌合戦への出場を逃した際、「この悔しさをこの身に刻み込もう、忘れないようにしようと思って」紅白歌合戦が行われる直前のある日にNHKホールへ自ら赴いた[23]など、数々のエピソードがある。
  • 英語を得意とするため、AKB48の日本国外公演において「大声ダイヤモンド」など英語バージョンの楽曲を歌う際にはメインボーカルを務める。

AKB48での参加曲

シングルCD選抜曲

アルバム参加曲

劇場公演ユニット曲

チームK 1st Stage「PARTYが始まるよ」公演

  • スカート、ひらり
  • 星の温度

チームK 2nd Stage「青春ガールズ」公演

  • Blue rose
  • ふしだらな夏

チームK 3rd Stage「脳内パラダイス」公演

  • 君はペガサス

ひまわり組 1st Stage「僕の太陽」公演

  • 向日葵
    ※ユニット参加ではないが、「アイドルなんて呼ばないで」ではバックでチアガール姿で登場する。

ひまわり組 2nd Stage「夢を死なせるわけにいかない」公演

  • Confession
    ※一部演目では成瀬理沙とのダブルキャストの出演の場合もあり。

チームK 4th Stage「最終ベルが鳴る」公演

  • リターンマッチ

チームB 3rd Stage「パジャマドライブ」公演

  • 鏡の中のジャンヌ・ダルク

チームK 5th Stage「逆上がり」公演

  • 虫のバラード(ソロユニット)

チームK 6th Stage「RESET」公演

  • 明日のためにキスを

出演

映画

テレビドラマ

声の出演

ドキュメンタリー

  • ハートネットTVロンドンパラリンピックへの道」および「シリーズ・パラリンピックへの挑戦」(2012年随時 NHK Eテレ
  • ロンドンパラリンピック関連番組
    • まもなく ロンドンパラリンピック開幕!「世界に挑む日本選手」(2012年8月26日、NHK Eテレ)
    • ロンドンパラリンピック 大会7日目 ダイジェスト(2012年9月5日、NHK総合・NHK Eテレ)
    • ロンドンパラリンピック 大会9日目 ダイジェスト(2012年9月7日、NHK総合・NHK Eテレ)
  • ガチアジア「芸能”チャイニーズ・ドリーム”〜台湾からアジアを制す〜」(2014年1月23日、NHK九州沖縄ブロック)

バラエティ

現在出演中の番組

過去に出演していた番組

音楽番組

その他のテレビ番組

  • テレビ60年 連続テレビ小説"あなたの朝ドラって何!"(2013年1月5日、NHK総合)
  • 2014年 NHK 春の新生活応援!キャンペーン(2014年、NHK) - キャンペーンキャラクター
  • マネーの羅針盤(2014年4月5日 - 、テレビ東京) - メインMC
  • 歴史秘話ヒストリア「富岡製糸場 世界遺産へ〜世界を魅了した少女たちのシルク」(2014年5月21日、NHK総合)[24]

ラジオ

舞台

ミュージカル

書籍等

雑誌連載

  • Numéro TOKYO(2012年1月28日 - 、扶桑社) - 「TOKYO〜秋元才加のモードな女道〜」を連載。

新聞掲載

  • 朝日新聞朝刊(2014年7月10日[25]

フォトブック

写真集・カレンダー

  • 秋元才加 2011年カレンダー(2010年9月30日、ハゴロモ)
  • 秋元才加 2012年カレンダー(2011年11月19日、ハゴロモ)
  • 秋元才加 2012 TOKYOデートカレンダー(2011年11月29日、ハゴロモ)
  • 講談社MOOK 東京マラソン2012 公式ガイドブック(2011年12月6日、講談社) - インタビュー収録
  • 卓上 秋元才加 2013年カレンダー(2012年12月7日、ハゴロモ)

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『AKB48 じゃんけん大会2012 感動総集号 2012年 11月15日号』(光文社、2012年)79頁
  2. ^ 松戸市について■松戸市出身の有名人 - 松戸市観光協会 2013年10月4日閲覧
  3. ^ アメーバピグ、「AKB48チームピグ指名戦」の投票結果発表! - THE SECOND TIMES 2010年8月11日
  4. ^ 週刊文春』(文藝春秋) 2010年10月21日号など。
  5. ^ AKB秋元、涙の完走! チームKリーダー返り咲き 1/2 2/2 産経新聞2011年2月28日
  6. ^ AKB秋元、涙の完走でキャプテン復帰(デイリースポーツオンライン)2011年2月27日閲覧。
  7. ^ “AKB48総選挙 :秋元才加17位死守に「迷惑かけた……」と涙でファンに感謝”. エンタま (まんたんウェブ). (2011年6月10日). http://www.daily.co.jp/gossip/article/2011/06/10/0004156343.shtml 2011年6月10日閲覧。 
  8. ^ 「AKB48 24thシングルじゃんけん選抜決定!&1位〜8位発表!」 - AKB48オフィシャルブログ(2011年9月20日)
  9. ^ AKB秋元才加、2年連続の完走 前回タイムを大きく上回る=東京マラソン - sports navi 2012年2月26日
  10. ^ AKB48 27thシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48オフィシャルブログ 2012年6月6日
  11. ^ 東京ドーム公演初日サプライズ! AKB、新チーム体制発表 スポーツニッポン 2012年8月24日閲覧
  12. ^ a b 組閣後新体制 - AKB48オフィシャルブログ 2012年8月24日
  13. ^ 新チーム体制発足 - AKB48オフィシャルブログ 2012年10月7日
  14. ^ 選抜総選挙。”. 秋元才加オフィシャルブログ (2013年4月7日). 2013年4月7日閲覧。
  15. ^ “AKB秋元才加が卒業発表 総選挙も不出馬「将来の夢、女優を目指していきたい」”. ORICON STYLE (オリコン). (2013年4月7日). http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/2023414/full/ 2013年4月7日閲覧。 
  16. ^ お知らせ - AKB48公式ブログ 2013年6月15日付、2013年6月24日閲覧
  17. ^ 卒業公演日程のお知らせ - AKB48公式ブログ 2013年6月24日付、2013年6月24日閲覧
  18. ^ 秋元才加、卒業公演で大粒の涙 “卒アル”プレゼントに大感激 - ORICON STYLE(2013年8月28日)2013年8月29日閲覧。
  19. ^ 元AKB秋元才加がフィリピン親善大使に - 日刊スポーツ 2014年6月20日
  20. ^ 秋元才加 マラソンでフィリピンに恩返し - nikkansports.com (2011年12月15日) 2012年2月26日閲覧。
  21. ^ AKB秋元が東京マラソン挑戦 お泊まり騒動で「リスタート」 msn産経ニュース 2011年1月27日付
  22. ^ 『AKB5400sec. 宮澤佐江』宮澤のインタビューより。
  23. ^ 『AKB48ヒストリー 研究生公式教本』
  24. ^ 歴史秘話ヒストリア(日本放送協会)、2014年5月15日閲覧
  25. ^ “(おやじのせなか)秋元才加さん 筋の通った「専業主夫」”. 朝日新聞社. (2014年7月10日). http://www.asahi.com/articles/DA3S11233506.html 2014年7月10日閲覧。 

外部リンク