柳原可奈子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
柳原 可奈子
本名 柳原 可奈子
ニックネーム かなちゃん、ヤギカナ、柳原ちゃん
生年月日 1986年2月3日(28歳)
出身地 日本の旗 日本東京都中野区
血液型 B型
身長 153cm
方言 共通語
最終学歴 東京アナウンス学院お笑いタレント科
出身 太田プロダクション直入
芸風 コント
事務所 太田プロダクション
活動時期 2005年 -
同期 オリエンタルラジオ
はんにゃ
フルーツポンチなど
現在の代表番組 柳原可奈子のワンダフルナイト
ペケ×ポン
笑っていいとも!など
過去の代表番組 爆笑レッドシアター
もりすぎッ!
ロンブーの怪傑!トリックスターなど
他の活動 声優
配偶者 未婚
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
2008年 ゴールデン・アロー賞新人賞

柳原 可奈子(やなぎはら かなこ、1986年2月3日 - )は、日本お笑いタレントである。

太田プロダクション所属。血液型はB型みずがめ座

略歴[編集]

  • 東京都中野区出身。一人っ子である。幼児期に赤ちゃんモデルとして雑誌デビュー。
  • 東京都立小平高等学校普通科外国語コース卒業。この頃からアマチュアのライブなどに出演していた。
  • 東放学園専門学校東京アナウンス学院お笑いタレント科(現・芸能バラエティ科)卒業後、太田プロダクション所属となる。
  • 2007年に入り、都内の家電量販店さくらやのイメージキャラクターとしてテレビCMや広告に登場し、これを機に知名度が急上昇しブレイクする。
  • 2007年以降は、10歳代の女性をターゲットにしたキャラが注目され、テレビ番組での露出が増えるようになる。本人曰く「2007年3月末に“ブレイク”した」とのこと。
  • 特徴的な声をしているため、声優業にも仕事の幅を広げている。
  • 2011年9月21日には自身初の単独ライブのDVD『見せたがり女』を発売した。
  • 2014年9月22日~23日には2度目の単独ライブ『普通の女』を開催した。

家族[編集]

  • 父・清は寿司職人[1]。柳原は父親のことを「きよし」と、下の名前で呼んでいる[1]。母親は、19歳の時に他界している[1]。早くに母を亡くした事について、「お母さんとの思い出をずっと大事にしていたいのに、時間が経つにつれて思い出が忘れ去られていくのが辛い」と語ったこともある。
  • 2012年12月18日付の自身のブログ[2]では、祖母とも同居を始め3人暮らしとなった事を明らかにしていたが、2013年3月9日、同月6日に父親が61歳で死去した事が報道を通じて公表された[1]。葬儀・告別式は近親者で済ませ、喪主は柳原が務めた。死因等の詳細は家族の意向で明らかにされていない[3]
同日、柳原が司会を務める情報番組『知っとこ!』(MBS - TBS系)の番組冒頭、同じく司会のオセロ松嶋尚美から柳原の父の死去が報告され、本人はこの日の番組出演を見合わせた[4]

人物[編集]

趣味・特技[編集]

身体的特徴[編集]

  • 視力は、左右1.5〜2.0。2010年5月にレーシックを受けた。
  • ブレイクしてからどんどん体重が増えており、周りの芸人にその事を突っ込まれることも多い。
  • 公式プロフィールのサイズは2011年時点で身長153cm、体重74kg。体重に関しては「体重のためにネタのキレが悪くなった」「体脂肪率は好調なときは50%になることもある」などと言っている。そのため、2010年にピーク時の78kgから65kgに減量したが、誰にも気付かれなかった。本人曰くAカップで脱ぐと「ちびっ子相撲」の男子みたい。

ネタ[編集]

  • 主に1人コント。
  • カフェやファーストフード店など女子高生達が集まる場所に足繁く通い、女子高生の面白い会話をノートや携帯に直接書き留め、ネタ作りをしている。
  • 「渋谷109のカリスマアパレル系ショップの店員」もしくは「中央・総武緩行線の女子高生」のキャラ口調はバラエティ番組でも多用している。
  • 「キャラの人間関係を考えるときが一番楽しい」と語ったことがある。
  • 貫地谷しほりは彼女のファンで、彼女のコントを見た際に「お芝居の勉強になりました。」とコメントした。
  • 『THE THREE THEATER』での通ぶる女は、柳原がフルーツポンチの食通ぶる男のコントを見て「是非ウザキャラでコラボしたい」と希望し、見事実現したものである。
ネタとして用いる言葉
  • 「いらっしゃいませ〜 どっぅぞ〜ごら〜んくださ〜い」
  • 「かしこまり〜」
  • 「気になっちゃう感じ?」
  • 「がわいい〜!」
  • 「ウケる」
  • 「マジでー(無感情・無表情で)」
  • 「鬼アツいかんね」
  • 「チョー○○っぽい」
  • 「あいつマジ死ねる」
  • 「じゅるる」

出演[編集]

レギュラー番組[編集]

バラエティ番組(単発)[編集]

テレビドラマ[編集]

過去のレギュラー/準レギュラー番組[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

映画[編集]

アニメ[編集]

ライブ[編集]

単独ライブ[編集]

DVD[編集]

書籍[編集]

著書[編集]

  • 柳原可奈子の気になっちゃう感じですか? (幻冬舎、2009年5月)

雑誌[編集]

  • 全方位型お笑いマガジン コメ旬 comedy-junpo Vol.1 (キネマ旬報社、2011年4月21日)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 急逝した柳原可奈子の父「野菜をとれ」と手作り弁当持たせる『女性セブン』(2013年3月28日号)
  2. ^ 「柳原きよしちゃんさんかわいいのお知らせ」”. yaplog! 柳原可奈子オフィシャルブログ「泳ぐジッポとルードボーイ」 (2012年12月18日). 2013年3月9日閲覧。
  3. ^ 柳原可奈子 最愛の父死去”. 中日スポーツ【芸能・社会】 (2013年3月10日). 2013年3月10日閲覧。
  4. ^ 柳原可奈子、父死去で生番組欠席”. nikkansports.com (2013年3月9日). 2013年3月9日閲覧。
  5. ^ 日刊スポーツ2010年3月22日広島版1面
  6. ^ 背番号のヒント:体脂肪”. yaplog! 柳原可奈子オフィシャルブログ「泳ぐジッポとルードボーイ」 (2010年3月21日). 2013年3月11日閲覧。
  7. ^ 「TBS・講談社ドラマ原作大賞」の大賞受賞作品『猫弁〜死体の身代金〜』が月曜ゴールデンで放送決定!」”. テレビドガッチ! (2012年2月3日). 2013年3月12日閲覧。原作者の大山淳子が脚本も担当した。
  8. ^ やさしい中華「やさしい回鍋肉」篇|永谷園
  9. ^ ありがとうございました! :: 柳原可奈子公式ブログ 泳ぐジッポとルードボーイ - ブログ・ヤプログ!
  10. ^ 柳原可奈子3年ぶり単独ライブ2日3公演決定 - お笑いナタリー

外部リンク[編集]