FNS番組対抗!なるほど!ザ・春秋の祭典スペシャル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
FNS番組対抗!
なるほど!ザ・春秋の祭典スペシャル
ジャンル クイズ番組 / 特別番組
放送時間 1983年3月28日 - 1984年4月2日
月曜日 19:00 - 20:54(114分)
1984年10月1日 - 1987年9月28日
月曜日 19:00 - 21:54(174分)
1988年3月28日 - 1989年10月2日
月曜日 19:00 - 22:18(198分)
1990年4月2日
月曜日 19:00 - 21:48(168分)
1990年10月1日 - 1992年3月30日
月曜日 19:00 - 21:54(174分)
1992年9月29日
火曜日 19:00 - 22:24(204分)
1993年3月29日 - 1993年10月4日
月曜日 19:00 - 22:24(204分)
1994年3月29日
火曜日 19:00 - 22:24(204分)
1994年10月3日
月曜日 19:00 - 22:54(234分)
1995年3月27日 - 1995年9月25日
月曜日 19:00 - 22:24(204分)
放送期間 1983年3月28日 - 1995年9月25日(26回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
出演者 愛川欽也
楠田枝里子
ほか

特記事項:
1988年秋は『なるほど!ザ・秋のスペシャル』、1995年秋(最終回)は『FNS番組対抗!ザ・秋の祭典スペシャル』のタイトルで放送。
テンプレートを表示

FNS番組対抗!なるほど!ザ・春秋の祭典スペシャル』(エフエヌエスばんぐみたいこう なるほど ザ・はる あきのさいてんスペシャル)は、フジテレビ系列で毎年の春と秋の番組改編期に放送されていた日本特番。かつての人気クイズ番組である『なるほど!ザ・ワールド』をメインに据えて放送されていた。1983年春から1995年秋まで放送された(『なるほど!ザ・ワールド』をメインとした放送は1995年春までだが、対戦形式は1996年の『FNS超テレビの祭典』まで変わらなかった)。司会は『なるほど!ザ・ワールド』と同じく愛川欽也楠田枝里子である。

概要[編集]

  • フジテレビおよびFNS系列の人気番組・新番組の出演者などが集まり、形態を変えつつ1979年春から2009年秋まで約30年に渡って「春秋の祭典」のタイトルで放送された特番である(前身の『オールスター春秋の祭典スペシャル』から数えれば約40年になる)。
  • 1960年代末に『オールスター春秋の祭典スペシャル』として開始(当初は「世紀の祭典」というタイトルで放送されており、1969年には大晦日にも日劇からの中継形式で放送されている。この頃の司会は各回の構成によって異なっていたが主に高峰三枝子前田武彦芳村真理小川宏小林大輔らが担当)。当初は大物俳優・歌手などが集結して歌謡ショーなどが中心だったが、1979年の「春の祭典」からフジテレビ・FNS系列の人気番組・新番組の出演者が集まる格好となり『オールスター家族対抗歌合戦』が主体となり番組対抗歌合戦がメインだった(この時の司会は『〜家族対抗歌合戦』と同様、萩本欽一だった。ちなみに『なるほど!ザ・ワールド』自身も参加したことがある)。その後、1983年春に当時、人気・視聴率が急上昇していた『なるほど!ザ・ワールド』をメインに据え、『春秋の祭典なるほど!ザ・ワールドスペシャル』がスタートした。当初は各番組チームが『なるほど!ザ・ワールド』のクイズに挑戦する形式だった。1984年秋からは『FNS番組対抗!なるほど!ザ・春秋の祭典スペシャル』に改題、ブロック制を導入し、各番組からのクイズも出題されるようになった。
  • クイズとしては『なるほど!ザ・ワールド』を主体に進めていくが、途中でフジテレビの人気番組をブロックとして放送していた(『平成教育委員会』、『笑っていいとも!』、『クイズ!年の差なんて』など)。その際の司会はその番組の司会者が務めている。原則としてA、B、Cの3つのブロックがあり(1990年春は例外)、各ブロックの終了の時点で1番席にいるチーム(または最も得点の高かったチーム)が決勝進出した。また、全ブロックの終了後に敗者復活戦があり、ここで勝った2チームも決勝進出した。なお中期になると、決勝進出チームは敗退チームの中から1 - 2名助っ人として参加させることがあったが(ただしチームが優勝しても、助っ人は賞品を貰えない)、数年後にやめてしまった。
    • クイズの中には、稀に出場者が司会をしている別の番組から出されることがあったが(例:タモリが『笑っていいとも!』チームに参加した時、『タモリのボキャブラ天国』から問題が出された)、その時は、あらかじめ愛川が「この問題は別な所で作っておりますので、○○さんは答を知りません」と断ってから問題を出した。
  • 優勝チームは決定後、1番の解答席に吊るされたくす玉が割られて(この時紙テープとともに「優勝」と大きく書かれた垂れ幕が掲げられた。『なるほど!ザ・ワールド』の特別企画の時にも同様にくす玉割りがあった)開始当初から1988年秋までは通常の『なるほど!ザ・ワールド』と同じ4つのボックスを選ぶ権利があり、それぞれに「★」「の」「祭」「典」(初期、★は春または秋が入る)「な」「る」「ほ」「ど」(後期)と書かれたボックスから1つ選ぶ。賞品は通常より豪華だった。1989年春から1994年秋までは旅行(1994年秋以降は賞金100万円、ゲームに失敗すると半額の50万円)獲得ゲーム(1993年秋までは『クイズ!年の差なんて』の文章パネル。1994年春と秋はトランプマンのマジック)に挑戦していたが、1995年春からは廃止され、無条件で賞金を獲得できるようになった。
  • 放送時間は当初は2時間番組だったが、タイトルを改題した1984年秋から3時間に拡大、1992年秋からは3時間半になった。なお、1994年秋は例外的に4時間だった。
  • チーム数は開始当初から1991年秋までは12チーム、1992年春から1995年春までは15チーム、1995年秋は12チームだった。
  • 回によっては新高輪プリンスホテルの大宴会場「飛天」を借り切って収録されていたが、ほとんどはフジテレビ内のスタジオにて収録された。
  • スーパークイズスペシャル』(日本テレビ)などの他局の番組対抗特番に比べ、「3年前にフジテレビの月曜9時に放送されたドラマは何でしょう?」のようなフジテレビを普段から見ていないと正解できないような問題も多く出される傾向があり、これについては賛否両論だった。
    • 1990年代以降、オープニングにフジテレビに関する○×クイズを行うことが多かった。そこでナレーションを行うフジテレビアナウンサーは、「このクイズでフジテレビへの愛着度を確認します」(回により微妙に言い回しは異なる)と言ってプレッシャーを与えるのがお決まりになっていた。
  • 放送曜日は月曜日(1992年秋、1994年春は例外でレギュラー放送と同じ火曜日)で、番組のラストには総合司会の愛川と楠田が翌日(火曜日での放送の場合は来週)の『なるほど』の番宣を行っていた。
    • 月曜日で放送される場合、クロスネット局では遅れネットとして対応した。

出場番組の構成[編集]

以下の出場番組の構成は以後の2000年の「秋の祭典」まで、ほとんど系統を受け継いた。

テレビドラマ[編集]

  • そもそもフジテレビではドラマの移り変わりが激しいため、『銭形平次』などの時代劇や『スケバン刑事シリーズ』以外はほとんど1回きりの参加。他には単発ドラマや関西テレビ・東海テレビ制作番組からエントリーされたこともある。
  • 『ボクたちのドラマシリーズ』からは、ラインナップに挙がっている4つのドラマの主演俳優陣で参加した。
  • なお、長年日曜朝で放送された特撮ドラマ『東映不思議コメディーシリーズ』関係は、1回も参加しなかった。

バラエティ・クイズ・音楽[編集]

  • 『ごきげんよう』『ミュージックフェア』『夜のヒットスタジオ』といった司会者しかレギュラーが存在しない番組は、常連のゲストを含めたチーム編成で参加した。
  • 関西テレビ制作からは『三枝の愛ラブ!爆笑クリニック』が常連参加。

ニュース・ワイドショー・情報[編集]

  • 報道からは二つのニュース番組の連合チームで参加することがあった。ワイドショーでは『となりのパパイヤ』のみが参加。

児童向け[編集]

  • 『あっぱれさんま大先生』がほぼ毎回のように参加。『ひらけ!ポンキッキ』は一回も参加しなかった。

テレビアニメ[編集]

  • 複数のレギュラーアニメ番組の担当声優の連合による「声優チーム」として参加。1988年以降は参加しなくなり、以後現在に至るまで、フジテレビの期首特番にはアニメ声優は参加していない。

歴代総合司会(1983年春 - 1984年春、1995年秋も含む)[編集]

出場チーム(1983年春 - 1984年春、1995年秋も含む)[編集]

1983年[編集]

  • 春の祭典(春の祭典なるほど!ザ・ワールドスペシャル)
  • 秋の祭典(秋の祭典なるほど!ザ・ワールドスペシャル)

1984年[編集]

  • 春の祭典(春の祭典なるほど!ザ・ワールドスペシャル)
  • 秋の祭典

1985年[編集]

  • 春の祭典
    • 放送日:1985年4月1日月曜日
    • 放送時間:19:00 - 21:48
    • 視聴率は27.1%
  • 秋の祭典

1986年[編集]

  • 春の祭典
出場番組 出場者 結果 備考
木曜劇場ライスカレー
スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説 南野陽子
森田一義アワー 笑っていいとも! タモリ
オレたちひょうきん族
FNNスーパータイム
夜のヒットスタジオDELUXE
花嫁衣裳は誰が着る&ヤヌスの鏡
木曜ドラマストリートあいつと私
金曜女のドラマスペシャル
ライオンのいただきます 小堺一機
声優チーム
オールスター家族対抗歌合戦
  • 秋の祭典
出場番組 出場者 結果 備考
ライオンのいただきます 小堺一機
木曜劇場「時にはいっしょに
夕やけニャンニャン
スケバン刑事III 少女忍法帖伝奇 浅香唯
森田一義アワー 笑っていいとも! タモリ
月曜サスペンスシリーズ・山村美紗サスペンス
このこ誰の子?
オレたちひょうきん族
金曜女のドラマスペシャル
な・ま・い・き盛り
FNNスーパータイム
夜のヒットスタジオDELUXE

1987年[編集]

  • 春の祭典
    • 放送日:1987年3月30日月曜日
    • 放送時間:19:00 - 21:48
    • 《Aブロック》
《Aブロック》
出場番組チーム 出場者 結果 備考
ライオンのいただきます 小堺一機
TVハッカー
木曜劇場「クセになりそな女たち
夕やけニャンニャン
《Bブロック》
出場番組チーム 出場者 結果 備考
月曜ドラマランド志村けんのバカ殿様 志村けん
アナウンサーぷっつん物語
スケバン刑事III 少女忍法帖伝奇 浅香唯
声優チーム(ドラゴンボール陽あたり良好!愛の若草物語ハイスクール!奇面組 千葉繁
《Cブロック》
出場番組チーム 出場者 結果 備考
森田一義アワー 笑っていいとも! タモリ
アリエスの乙女たち
キスより簡単
FNNスーパータイム&FNNニュース工場
  • 秋の祭典
《Aブロック》
出場番組チーム 出場者 結果 備考
桃色学園都市宣言
FNNキャスター
オレたちひょうきん族
声優チーム(ついでにとんちんかんのらくろクン 吉村よう
《Bブロック》
出場番組チーム 出場者 結果 備考
少女コマンドーIZUMI
ギョーカイ君が行く! とんねるず
三枝の愛ラブ!爆笑クリニック 桂三枝
プロゴルファー祈子
《Cブロック》
出場番組チーム 出場者 結果 備考
木曜劇場「女も男もなぜ懲りない
夜のヒットスタジオDELUXE
森田一義アワー 笑っていいとも! タモリ
七人のHOTめだま
    • 声優チームの参加は、今回がラスト。以後現在に至るまで、声優チームはフジテレビの期首特番に参加していない。

1988年[編集]

《Aブロック》
出場番組チーム 出場者 結果 備考
ワイルドで行こう! BORN TO BE WILD
夜のヒットスタジオDELUXE
志村けんのだいじょうぶだぁ 志村けん
とんねるずのみなさんのおかげです
追いかけたいの!
《Bブロック》
出場番組チーム 出場者 結果 備考
三枝の愛ラブ!爆笑クリニック
君が嘘をついた
金太十番勝負!
森田一義アワー 笑っていいとも!
プロ野球ニュース
    • この回は各ブロック5番席まで最初に数字にまつわるクイズを出題し、1番から順に聞いて正解した場合は次の問題は1番からではなく、正解した席番の次の席番から聞いていくシステム。各ブロック6問ずつ出題(通常問題3問、ジャンピングチャンス3問)。

1989年[編集]

《Aブロック》
出場番組チーム 出場者 結果 備考
愛しあってるかい!
あっぱれさんま大先生
森田一義アワー 笑っていいとも!
TROUBLE・ヨコハマ失踪人課(仮題)
《Bブロック》
出場番組チーム 出場者 結果 備考
三枝の愛ラブ!爆笑クリニック
志村けんのだいじょうぶだぁ 志村けん
夜のヒットスタジオSUPER
鬼平犯科帳
《Cブロック》
出場番組チーム 出場者 結果 備考
LUCKY 天使・都へ行く
邦ちゃんのやまだかつてないテレビ 山田邦子
とんねるずのみなさんのおかげです 石橋貴明、木梨憲武
月曜サスペンスシリーズ・京都サスペンス

1990年[編集]

出場番組チーム 出場者 結果 備考
子供、ほしいね 工藤夕貴大高洋夫
オールナイトフジ B21スペシャル
さんまのまんま まんま

1991年[編集]

  • 春の祭典
《Aブロック》
出場番組チーム 出場者 結果 備考
木曜劇場「もう誰も愛さない
ウッチャンナンチャンのやるならやらねば! 内村光良、南原清隆
志村けんのだいじょうぶだぁ 志村けん
やっぱり猫が好き
《Bブロック》
出場番組チーム 出場者 結果 備考
邦ちゃんのやまだかつてないテレビ 山田邦子
森田一義アワー 笑っていいとも!
学校へ行こう!
三枝の愛ラブ!爆笑クリニック
《Cブロック》
出場番組チーム 出場者 結果 備考
世界の常識・非常識!
とんねるずのみなさんのおかげです 石橋貴明、木梨憲武
岡っ引どぶ
ヒットパレード'90s
    • ブロック戦はほとんど書き問題であったため、全てのブロックで4番席から1番席へ一気に上がるという現象がみられた。
    • この回の放送日はテレビ新広島以来15年半ぶりの系列新局である岩手めんこいテレビがこの日開局した記念すべき放送で、岩手県からも地元の関係者・一般代表者が名産品を持ってスタジオに駆けつけたというエピソードがある(テロップでも岩手めんこいテレビが開局した旨のロールスーパーが流れていた)。
  • 秋の祭典
《Aブロック》
出場番組チーム 出場者 結果 備考
逢いたい時にあなたはいない… 中山美穂大鶴義丹風間トオル渡辺梓森脇健児設楽りさ子
世にも奇妙な物語 八千草薫小野寺昭石田純一錦織一清 [注釈 1]
ダウンタウンのごっつええ感じ 松本人志、浜田雅功、今田耕司吉田ヒロ
ウッチャンナンチャンのやるならやらねば! 内村光良、南原清隆、ちはる、勝俣州和
《Bブロック》
出場番組チーム 出場者 結果 備考
志村けんのだいじょうぶだぁ 志村けん
邦ちゃんのやまだかつてないテレビ 山田邦子
ホテルウーマン
なんだらまんだら
《Cブロック》
出場番組チーム 出場者 結果 備考
クイズ!年の差なんて 高島忠夫うつみ宮土理中山秀征
森田一義アワー 笑っていいとも!
仕掛人・藤枝梅安
G-STAGE 徳光和夫
    • 各ブロックの最終問題終了時、4番席に座ったチームは『志村けんのだいじょうぶだぁ』の人間ルーレットに挑戦することが出来た。

1992年[編集]

  • 春の祭典
《Aブロック》
出場番組チーム 出場者 結果 備考
クイズ!超選択
ウッチャンナンチャンのやるならやらねば! 内村光良、南原清隆
ダウンタウンのごっつええ感じ 松本人志、浜田雅功
志村けんのだいじょうぶだぁ 志村けん
うれしたのし大好き
《Bブロック》
出場番組チーム 出場者 結果 備考
SOUND ARENA 徳光和夫
クイズ!年の差なんて
鬼平犯科帳
木曜劇場「ジュニア・愛の関係
ライオンのごきげんよう 小堺一機
《Cブロック》
出場番組チーム 出場者 結果 備考
さよならをもう一度
あっぱれさんま大先生
森田一義アワー 笑っていいとも!
素顔のままで
花王ファミリースペシャル裸の大将放浪記
    • この回から各ブロック5チーム参加に変更。
    • この回から1994年の春の祭典まで『たけし・逸見の平成教育委員会』がBブロックの全問題の出題を担当するようになった。
  • 秋の祭典
《Aブロック》
出場番組チーム 出場者 結果 備考
たけし・逸見の平成教育委員会
二十歳の約束
森田一義アワー 笑っていいとも!
ボクたちのドラマシリーズ 観月ありさ、一色紗英、松雪泰子、高橋由美子
うれしたのし大好き
《Bブロック》
出場番組チーム 出場者 結果 備考
パ★テ★オ
クイズ!年の差なんて
銭形平次
木曜劇場「わがままな女たち
ウーマンドリーム
《Cブロック》
出場番組チーム 出場者 結果 備考
誰かが彼女を愛してる
志村けんのだいじょうぶだぁ 志村けん
ウッチャンナンチャンのやるならやらねば! 内村光良、南原清隆
ダウンタウンのごっつええ感じ 松本人志、浜田雅功
ライオンのごきげんよう 小堺一機
    • 『ごきげんよう』優勝時、番組始まって以来の外馬予想的中チームなし(「笑っていいとも!」と「うれしたのし大好き」が1チームずつ、残りは「誰かが彼女を愛してる」と「年の差なんて」と予想していた)という事態となり「年の差ボード」の誰の部分(3つのうち、2つが「優勝チーム」・一方は「外馬チーム」が書かれている)を優勝チームを引当て、見事チーム全員でドイツ旅行を獲得した。決勝で最初1番席に座っていた「年の差なんて」の司会の二人は相当悔しがっていた。
    • 視聴率は29.9%。

1993年[編集]

  • 春の祭典
《Aブロック》
出場番組チーム 出場者 結果 備考
志村けんのだいじょうぶだぁ 志村けん
森田一義アワー 笑っていいとも!
ダウンタウンのごっつええ感じ ダウンタウン(浜田雅功・松本人志)
夢がMORIMORI 森口博子
ライオンのごきげんよう 小堺一機
《Bブロック》
出場番組チーム 出場者 結果 備考
大石恵三 ホンジャマカ石塚英彦恵俊彰)、バカルディ大竹一樹三村勝和)、C.C.ガールズ青田典子原田徳子藤原理恵藤森夕子
ひとつ屋根の下
MJ -MUSIC JOURNAL-
チャンス! 本城裕二(三上博史)、西田ひかる
花王ファミリースペシャル「ミスター天気予報」
《Cブロック》
出場番組チーム 出場者 結果 備考
とんねるずのみなさんのおかげです とんねるず(石橋貴明・木梨憲武)、渡辺満里奈中村江里子
ウッチャンナンチャンのやるならやらねば! ウッチャンナンチャン(内村光良・南原清隆)
木曜劇場「愛情物語
クイズ!年の差なんて
たけし・逸見の平成教育委員会
《Aブロック》
出場番組チーム 出場者 結果 備考
夢がMORIMORI 森口博子
オールスターものまね王座決定戦!!スペシャル 清水アキラ、松村邦洋
木曜劇場「都合のいい女
あすなろ白書
たけし・逸見の平成教育委員会
《Bブロック》
出場番組チーム 出場者 結果 備考
ライオンのごきげんよう 小堺一機
上岡龍太郎にはダマされないぞ
もう涙は見せない
八丁堀捕物ばなし
ボクたちのドラマシリーズ
《Cブロック》
出場番組チーム 出場者 結果 備考
ダウンタウンのごっつええ感じ 松本人志、浜田雅功
クイズ!年の差なんて
森田一義アワー 笑っていいとも!
ミュージックフェア`93 古手川祐子、谷村新司
金曜エンタテイメント「ざけんなヨ!!5」
    • Bブロックの『たけし・逸見の平成教育委員会』から出題コーナーでコーナー司会を担当していた逸見政孝ガン治療のため降板し、代わって当時『タイムアングル』の司会者の1人だった須田哲夫アナが代行した。
    • 後述の「年の差なんて」が優勝した際、優勝チームでの「年の差ボード」による賞品決めで通常の「年の差なんて」司会の三枝・邦子ではなく、「なるほど!」司会の愛川・楠田が進行を務め、「年の差なんて」チームは「ミラノ旅行」を獲得した。なお、「年の差ボード」での賞品決めはこの回で終了となった。
    • 1994年正月に放送された『新春かくし芸大会』ではこの回の結果に基づき『夢がMORIMORI』などの決勝進出しなかった番組が紅組、逆に『クイズ!年の差なんて』『たけし・逸見の平成教育委員会』などの決勝進出した番組が白組に分かれた(冬ドラマの場合は前枠の秋ドラマの結果に基づいた)。ただし『平成教育委員会』の教師役のたけしは紅組で、田代まさし・渡嘉敷勝男などの生徒チームは白組のメンバーだった。
    • 視聴率は23.3%。

1994年[編集]

  • 春の祭典
《Aブロック》
出場番組チーム 出場者 結果 備考
ゲッパチ!UN アワーありがとやんした!? 内村光良、南原清隆
17才-at seventeen-
週刊スタミナ天国
夢がMORIMORI 森口博子
ライオンのごきげんよう 小堺一機
《Bブロック》
出場番組チーム 出場者 結果 備考
白の条件
鬼平犯科帳
クイズ!年の差なんて
木曜劇場「この愛に生きて
LIVE'94ニュースJAPANスポーツWAVE
《Cブロック》
出場番組チーム 出場者 結果 備考
上を向いて歩こう!
平成教育委員会
ダウンタウンのごっつええ感じ 松本人志、浜田雅功、今田耕司、YOU、西端弥生、藤原喜明
新伍・紳助のあぶない話 山城新伍
森田一義アワー 笑っていいとも!
    • 『ダウンタウンのごっつええ感じ』は過去3回連続予選最下位を反省し強化合宿(本家そっくりのセットを作り、トランプマンを呼んで席選びの特訓をやったり、「恋人選び」などを行ったりした)を行って番組に挑んだが、概ねのメンバー(ダウンタウンを除く)が多かった為に結果はCブロック4位に終わり特訓の成果はなかった。
    • この回から1995年の春までの3回はトランプマンと対決。この回は当てれば賞品が豪華(箱根旅行→沖縄旅行→バリ島旅行)になるが外すと賞品が没収となり、代わりに残念賞として旭化成から「点心」セットが贈られた。
    • 去年から『なるほど!ザ・ワールド』のタイトルロゴが新しくなりこの回からは!の下の丸い中にザを入れたタイトルロゴに一新し、1995年の春の祭典まで使用された。
    • 視聴率は26.5%。
  • 秋の祭典
《Aブロック》
出場番組チーム 出場者 結果 備考
若者のすべて 萩原聖人、木村拓哉、武田真治、遠山景織子
学校では教えてくれないこと!! 山田邦子、今田耕司、ナインティナイン、近藤サト
あっぱれさんま大先生 明石家さんま
半熟卵 篠ひろ子、内田有紀、田中律子、ともさかりえ、鶴見辰吾
TVクルーズ となりのパパイヤ 西城秀樹、田代まさし、辰巳琢郎、麻木久仁子、内田春菊、笠井信輔
《Bブロック》
出場番組チーム 出場者 結果 備考
妹よ 和久井映見
とんねるずのみなさんのおかげです 石橋貴明、木梨憲武、中村江里子
森田一義アワー 笑っていいとも! タモリ、笑福亭鶴瓶、ヒロミ、キャイ〜ン
三枝の愛ラブ!爆笑クリニック 桂三枝、うつみ宮土理
料理の鉄人 鹿賀丈史、坂井宏行陳健一、高田万由子
《Cブロック》
出場番組チーム 出場者 結果 備考
ライオンのごきげんよう 小堺一機、松居直美磯野貴理子
銭形平次 北大路欣也、伊東四朗
夢がMORIMORI 森口博子、森脇健児、森末慎二、中居正広、香取慎吾、森川美穂
ダウンタウンのごっつええ感じ 浜田雅功、松本人志、YOU、篠原涼子
木曜劇場「29歳のクリスマス 山口智子、柳葉敏郎、松下由樹、仲村トオル、水野真紀
    • この回のみ各ブロックの最終問題終了時に1番席を座ったチームが決勝進出。A - Cブロックの1位による席決めジャンケンの後に「総合ブロック」(本番前に実施、代表者により握力・肺活量とチーム全員によるカーパニック・ミックスジュース中身当て・クイズを2問出題)で上位2チーム、敗者復活戦(1部・PKゲーム これも本番前に実施/2部・『笑っていいとも!』の「寿司アンルーレット」)でPKゲームの最高得点を獲得したチームと寿司アンルーレットで勝ち残ったチーム、計7チームが決勝進出(「総合ブロック」「敗者決定戦・1部」は事前収録で既に決勝進出したチームは除外した)。
    • たけしがバイク事故の療養のため欠席したので『平成教育委員会』チームは出場および同番組からのクイズ出題は見送られた。総合ブロックでは生徒役のラサール石井奥山佳恵渡嘉敷勝男がリポーターとして参加。
    • 決勝戦ではとんねるずダウンタウンの共演がみられた。最終問題でダウンタウンの浜田雅功がとんねるずの席に歩み寄り「もう時間ちゃうかな」とツッコミをいれ、とんねるずの2人が苦笑いを浮かべるシーンがあった。余談だがこの日の新聞のテレビ欄に「とんねるずVSダウンタウンついに全面戦争!」と書いてあった。2014年3月31日放送の『笑っていいとも! グランドフィナーレ感謝の超特大号』で、約20年ぶりの共演が実現した。
    • ダウンタウンの松本人志が後日『週刊朝日』の連載(オフオフ・ダウンタウン)の中で「編集でオレの大笑いを誰かのギャグ(ナインティナイン岡村隆史だと思われる、あっぱれさんま大先生の生徒達が一人ずつ自己紹介する中、岡村がその中に紛れて「岡村です!」と叫び、明石家さんまに突っ込まれるというもの)の後につなぎやがったからたまらない」とご立腹の文章を書いていた。また日本テレビ系『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』のフリートークにおいてもこの事を話していた。
    • Cブロック・最終問題 ジャンピングチャンス・ババ抜き8合わせ(通常の「ババ抜き5・6合わせ」のスペシャルバージョン)で『ダウンタウンのごっつええ感じ』がババを避け見事に全問正解し決勝進出。
    • Bブロックの「ババ抜き8合わせ」は、アニメキャラと声優を合わせるというもので、スタジオには1987年秋以来7年振りにアニメ声優が登場した。出演は、『サザエさん』の野村道子、『ツヨシしっかりしなさい』の片岡富枝などだった。
    • 1992年9月の『秋の祭典』以来2度目の外馬予想的中チームなし(2チームは『夢がMORIMORI』、残りのチームが『とんねるず〜』と『ダウンタウン〜』の2チームのどちらかを予想していた)。
    • また『半熟卵』チームが優勝し、トランプマンのゲーム(4つのエースを選ぶゲーム)をやるはずがトランプマン失敗(2枚ともエース以外のカード)により愛川の判断により無条件で賞金100万円獲得。後日の『なるほど!ザ・ワールド』でやり直したが、『春秋の祭典』では2回しか行われなかった。
    • 視聴率は24.4%。

1995年[編集]

  • 春の祭典
《Aブロック》
出場番組チーム 出場者 結果 備考
ライオンのごきげんよう 小堺一機
森田一義アワー 笑っていいとも!
夢がMORIMORI 森口博子
夫婦ゲンカバラエティーケンカの花道
僕らに愛を!
《Bブロック》
出場番組チーム 出場者 結果 備考
志村けんはいかがでしょう 志村けん
平成教育委員会
学校では教えてくれないこと!!
王様のレストラン
三枝の愛ラブ!爆笑クリニック
《Cブロック》
出場番組チーム 出場者 結果 備考
金曜エンタテイメント
君を想うより君に逢いたい
風まかせ 新諸国漫遊記
木曜劇場「輝く季節の中で
LIVE'95ニュースJAPAN
    • ほぼ毎回出演していた明石家さんまとんねるずダウンタウンがこの回以降出演しなくなる。
    • 1995年の2回は最終問題時、4番席以下のチームは失格となり3チームで最終問題を答えることになった。ところが3チームとも最終問題に正解出来ず、急遽「サドンデス」用の問題を出題(出題は2番組のテーマ曲を同時だったのを1番組のテーマ曲を解答)した。(Aブロックの最終問題は早押しだったので5番席に居たチームが決勝進出の可能性がないので失格・5位決定となった。)
    • この回は各ブロックの優勝チームに賞金30万円が贈られ、最終問題終了時での全面表示では「○ブロック優勝 ××チーム」と表示。その後、下面表示では「××チーム、△△チーム決勝進出」と表示した。
    • 前述の主要出演者の欠席や本家の『なるほど!ザ・ワールド』の低迷や当時のフジテレビの番組の勢力が日本テレビに押され低調気味だった事などの影響で盛り上がりに欠けたことは否めず視聴率は19.7%という低調な結果に終わった。そして、『なるほど祭典』自体もこの回を最後に終了した。
    • 視聴率は19.7%。
  • 秋の祭典(FNS番組対抗!ザ・秋の祭典スペシャル)
  • 1996年春以降はFNS超テレビの祭典FNS番組対抗!春秋の祭典スペシャル笑っていいとも!春・秋の祭典スペシャル笑っていいとも!新春祭を参照。

優勝チーム[編集]

春秋の祭典なるほど!ザ・ワールドスペシャル[編集]

  • 1983年春 不明
  • 1983年秋 不明
  • 1984年春 不明

FNS番組対抗!なるほど!ザ・春秋の祭典スペシャル[編集]

FNS番組対抗!ザ・秋の祭典スペシャル[編集]

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「秋の特別編」の内包エピソードの主演陣で構成。(「40年」…八千草、「開かずの踏切」…石田、「バーチャル・リアリティ」…錦織・小野寺)