栗田貫一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
栗田 貫一
本名 栗原 良之
ニックネーム クリカン、栗ちゃん
生年月日 1958年3月3日(56歳)
出身地 日本の旗 日本
東京都
血液型 B型
身長 170cm
方言 標準語
最終学歴 郁文館高等学校
出身 日本ものまね大賞
芸風 ものまね
事務所 三木プロダクション
活動時期 1984年 -
現在の代表番組 爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル
過去の代表番組 ものまね王座決定戦
ものまね珍坊
他の活動 声優俳優
配偶者 大沢さやか(妻)
親族 長女
くりた かんいち
栗田 貫一
プロフィール
本名 栗原 良之
(くりはら よしゆき)
愛称 クリカン・栗ちゃん
出生地 日本の旗日本東京都
生年月日 1958年3月3日(56歳)
血液型 B型
所属 三木プロダクション
配偶者 あり
活動
活動時期 1995年 -
デビュー作 ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

栗田 貫一(くりた かんいち、1958年3月3日 - )は、日本のものまねタレントお笑いタレント声優。本名は、栗原 良之(くりはら よしゆき)。ものまね芸を得意とする。愛称はクリカン栗ちゃん東京都出身。三木プロダクション所属。妻は女優大沢さやか。身長170cm、体重53kg。血液型B型。星座うお座

来歴・人物[編集]

ものまね王座決定戦』の「ものまね四天王」の一人。

郁文館高等学校卒業後、広告代理店勤務を経て、六本木のショーパブでものまねを始めスカウトされる。1984年1月10日フジテレビ系「発表!日本ものまね大賞」に本名の「栗原良之」で素人として出場、所ジョージ郷ひろみなどのモノマネを披露した。同年10月9日放送の「第16回オールスターものまね王座決定戦」でプロデビューする。1987年12月1日に放送された「第1弾オールスターものまね王座決定戦チャンピオン大会」では清水アキラコロッケビジーフォーなどのものまね界の強豪を抑えて初優勝を果たした。

その後清水アキラコロッケビジーフォーグッチ裕三モト冬樹)と並び「ものまね四天王」と称される。

最近は、日本テレビ系の『笑点』に清水アキラと漫才コンビで出演(アキカンとして)。ものまねを織り交ぜたネタを披露した。

昭和33年3月3日生まれで、平成3年3月3日に33回目の誕生日を迎えた。それゆえ、「昭和33年3月3日生まれの人は、平成3年3月3日に33歳になった」というフジテレビ系『トリビアの泉』のネタにも出演した。このことは、嘉門達夫のシングル『NIPPONのサザエさん』のカップリング曲『ひねりなさい』でも唄われている。

父親からの教えは「人の真似をして生きるな」であったという。デビューした頃、父親の家業を継がなかったため、勘当され親子関係が悪化していたが、有名人となった現在では親子関係は修復している。

ジャンケンが非常に弱く、ものまね王座決定戦の同点引き分け時のジャンケンで何度も涙を飲んでいる。そのため、四天王の中で決して実力は後れを取っていないものの、優勝回数は少ない[1]

ものまねレパートリー[編集]

  • ルパン三世(現在、声優のため、ものまねレパートリーには入ってない。)
もしもシリーズ
「もしも○○が△△だったら」による一発芸を数回行うシリーズネタ。素人時代から行ってきた芸であり、自身このネタで四天王になれたと述べている。当人が第一人者かは不明。
例:「もしも細川たかしが救急車だったら。」、「もしも郷ひろみが焼き芋屋だったら。」、「もしも瀬川瑛子が牛だったら。」など。

ルパン三世・山田康雄との関係[編集]

山田康雄が声を務めていたルパン三世の声色で自宅の留守番電話を吹き込んだところ、そのルパン役の山田自身が電話をしてきて本物のルパンの声で用件を吹き込んでいたことから親交が生まれたとされる。山田の晩年においては、還暦祝いのコンペに誘われて参加し、山田の口パクに合わせて物まねによる山田声を出し、本物を元に「山田康雄を演じる」という芸も行っていた。また、ものまね王座決定戦に出演の際、ルパン三世を題材としたものまねを繰り広げていたが、「俺はそんなこと言わねえぜ」という声と共に山田が現れた。山田の登場と同時に栗田は山田に対して深々と頭を下げ、その後は二人でルパンを演じていた。このことは山田の追悼本(「ルパン三世よ永遠に-山田康雄メモリアル-」)でも語られている。

一時期、「山田が生前、栗田に直接ルパンの声を頼むと言って後を継いだのでは?」という噂が流れたが、栗田は「山田さんがそういう冗談を言っていたと後で人から聞いた」と述べているので、これは生前に山田がルパンの収録の際「疲れたから後はクリカン(栗田)にやらせておけよ」という軽い冗談のつもりの発言が、死後にあらためてまともに受け取られて尾ひれが付けられていったと見るのが妥当のようである。事実、現在の栗田の配役は「倒れた山田のピンチヒッターとして収録を手伝ってくれ」とスタッフに言われ、そのつもりで吹き替えしたのがそのまま継続した形になったものである。もっとも、山田の晩年にはその体調悪化にまつわる問題もあって、番組関係者の一部はルパン役の山田から他の人物への『禅譲』を考えてはいたとも言われる[2]。だが、実際には上述の通り山田が倒れて収録できなくなるまで具体的な動きは無かった。

山田の自宅に呼ばれては山田家の目の前でルパンの物真似を披露していた事もあり、山田が私用で栗田との電話に出ている際に山田の家族が後ろで「物真似してみてよ」と栗田に要求している事もあり、山田の家族とも親しくしていた事が伺える。後述の通り、山田の没後に息子と呑むなど、現在でも交流は続いている模様。

山田が急逝した1995年GWに公開された、劇場映画第五作『ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス』よりルパン三世声優を担当している。栗田の話によると当初は「山田さんが倒れて、ごく一部だけ録音していないのでそこを頼む」と言われ「誰にも気付かれずに一部パートならモノマネタレントとしても名誉である」と思い受諾したが、いざスタジオに入ってみたところ、実際には全く音が入っておらず、結局は全編の収録を栗田がする事態になった。吹き替えで何度もダメ出しを喰らい、どうすべきか悩んだ時、目の中に白いスーツを着た山田康雄さんが浮かび「クリカン、お前でいいんだよ」と言われた気もしたという。この瞬間、大変な役を受けてしまったというプレッシャーが圧し掛かったという。『くたばれ!ノストラダムス』の収録後、打ち上げの際に銭形警部役の納谷悟朗から「これはお前の作品だからな」と言われ、他の声優陣にも「俺たちはお前についてゆく」と激励された事があった[3]

CS放送でのインタビューでは、経験不足ゆえの演技力の弱さを克服するため、ルパン役を演じるようになってからしばらくは他の出演者たちと収録した後、それを聞きなおして自身の演技を添削し、再度自分のパートのみ録音するという作業を行っていたことも明かしている。ルパンを演じ始めてしばらくの間は、自身の体の中に山田が乗り移ったような感覚があったようである。自分では間違っても発音出来ない台詞が自然と考えるまでもなく出てくるようなことがあったり[4]、自分の体の前にアフレコをしている山田の背中が見えていたりといった現象があったことも、インタビューで述べている。『ルパン三世 愛のダ・カーポ〜FUJIKO'S Unlucky Days〜』収録中、峰不二子役の増山江威子も同じような事を言っていた。

ルパン三世スタッフから「自分なりのルパンを出してもいいのではないか」と言われていた時期もあった様子。しかし、本人は「自身、ルパンは山田さんの演じたものだと思っている。山田さんを演じる事が自分のルパン」と今でも山田のルパンを演じ続けている(近年、「10年でやっと(レギュラー放送)1本分です」とルパン三世のコメントを出した模様)。

「自分は山田のものまねである」という認識と共に、「山田が作り上げたルパンを貶めてはならない」という責任を重く感じており、今でも「誰かに代わってもらえるものならお願いしたい」と思うという。実際、山田の没後に彼の息子(山田浩康)と話していて、その声が父親そっくりなので「代わりにルパンを引き受けて」と本気で頼んだことがあるとのこと(結局は「やだよ」の一言で固辞された)。

現在、毎年製作されているルパン三世のTVスペシャルのアフレコに際しては、1週間前からその他のスケジュールを一切キャンセルし、山田時代の『ルパン三世』各作品を見続けてイマジネーションを高めてからアフレコに臨むと言う。また普段の生活でも、ルパン三世の声の真似をして「中間」の話し方を会得する練習をしているという。雑誌のインタビューに対し「(週単位の)レギュラー番組でやれば慣れるから、一度レギュラーでやりたい」と発言した事がある。その後、念願叶って2012年4月に深夜枠でテレビシリーズ『LUPIN the Third -峰不二子という女-』が放送された。

今でも、すぐにルパンの声を出すのは不可能という。前述の通り、イマジネーションを高めてからでないとルパンの声は出せず、ゲームの収録では1時間から2時間程度は時間を費やすという。また、バラエティ番組の収録で出演者や観客よりルパンを求められても地声のままで対応してしまう事が多い。

2011年放送のTVスペシャル『ルパン三世 血の刻印 〜永遠のMermaid〜』で石川五ェ門峰不二子銭形警部の配役が変更されたため、栗田は先輩格となったが、「これまでの歴史があるので、新キャストの方々は『オリジナルと違う』と言われることもあるだろうから、大変だと思います」と新キャストに配慮するコメントをしている[5]。また、新作アフレコ前に新キャスト陣と顔合わせの一席を設け、結束を高めたことも明かしている[6]

山田との思い出[編集]

  • 僕は山田さんの真似をしていただけですから。留守電に入れてみたり、それを本人が入れ返してくれたり。僕は山田さんのルパンが好きでものまねしていたわけで
  • 山田さんが演じるルパンが格好良くていざというときは『なんだ(山田の声で表現)』というあの声が好きでものまねしていたわけで。テレビだろうが30分の番組だろうが
  • 僕が宝物にしているのは、山田さんからの還暦コンペの時のお礼の手紙(葉書)なんですよね。『こないだは俺の還暦コンペに来てくれてありがとう。すごく楽しかったぜ。お前の還暦コンペには・・・たぶん、出れないけどね・・・。またア・ソ・ボ ルパン三世』って書いて送ってくれたんですよ」
  • (自身のルパンを演じる理想として)「一番理想なのは、山田さんがやっていると思ったまんま、(視聴者が)聞いてくれているぐらいが最高な名誉ですよね。実は、誰も知らない間に山田さんがずっとやっている事になっていたら、最高なものまね冥利ですよね」

以上、2002年に製作されたOVA第二弾『ルパン三世 生きていた魔術師』でのインタビュー

  • 栗田本人は「山田さんが生きていたら、僕は一生ルパンファンのままであった。山田さんという手本があれば、完璧にルパンをものまねできるが、山田さんが亡くなっているので、今では完全には真似できない。今の僕は山田さんならきっとこういう感じで表現すると思いながら、山田さんのルパンの匂いを少しでも出せるよう演じている。今でも収録前には山田さんのルパンの映像を見て雰囲気や匂いに加え、山田さんの声を徐々に出しながらスタジオに向かっている」(ラジオのインタビュー)

エピソード[編集]

  • ものまね王座決定戦に出演の際、ルパン三世を題材としたものまねを繰り広げていたが、「俺はそんなこと言わねえぜ」という声と共に山田康雄が現れた。山田の登場と同時に栗田は山田に対して深々と頭を下げ、その後は二人でルパンを演じていた。このことは山田の追悼本(「ルパン三世よ永遠に-山田康雄メモリアル-」)でも語られている。他にも『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』(TBS)などでルパンのものまねを披露したこともあった。   
  • 細川たかしのことを「親父」と呼んで慕っており、本人から名前入りの着物をもらっている。『ものまね紅白歌合戦』(1999年12月放送分)の中で披露した。
  • 番組では正統派のものまねのみならず、思わず笑ってしまうような遊び心のあるものまねも幅広く行う。後者タイプのものまねを披露した際、ものまねされた本人が引き続き登場した場合は土下座をすることが多い。
  • ジャンケンが非常に弱く、ものまね王座決定戦の同点引き分け時のジャンケンで何度も涙を飲んでいる。そのため、四天王の中で決して実力は後れを取っていないものの、優勝回数は少ない。
  • 前述の通り、1991年(平成3年)3月3日に33歳になったため、それを記念して事務所で何かをやろうかと考えていたが、結局その日は自宅でゆっくりしていたらしい(本人談)。
  • 父親からの教えは「人の真似をして生きるな」であったという(モノマネショーでの本人談。「父から『人のマネをするな。人のマネをすると、笑われるぞ』と言われてきたが、今はそうなっちゃいました(つまり職業として人に笑われるに到った)」ということを言っていた)。デビューした頃、父親の家業を継がなかったため、勘当され親子関係が悪化していたが、有名人となった現在では親子関係は修復している。
  • 同じくものまねタレントのカール北川がルパン三世のものまねをした際に、本人(この時はすでに声優に就任して10年が経過していた)として登場し、ルパン三世の決め台詞「俺の名はルパン三世」の一節を披露した。
  • ルパン三世VS名探偵コナン』のアフレコの際、スタジオに予定より早く着いてしまい、ルパンのスタッフがいなくて一人困ってしまったことがある。その栗田にコナンの声優陣の中から江戸川コナン役の高山みなみが話しかけて来た際、「『DEAD OR ALIVE』の時に参加させていただきました」という高山に「今日は何の役ですか?」と聞いてしまったというエピソードを2009年4月出演時の『ライオンのごきげんよう』で話していた。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場版アニメ[編集]

ゲーム[編集]

吹き替え[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ZAKZAK(夕刊フジ)連載「私の逆境時代・栗田貫一“ものまね四天王”入れなかったかも!?」より。
  2. ^ 銭形警部役の納谷悟郎等が、既に決定直前まで話をつけた俳優が存在していた。
  3. ^ ルパン三世 Master File』-THE PERFORMERS その声の魅力-より
  4. ^ 「~なんだけんどもがよ」等の山田節は栗田本人も通常は意識しないと出すことは無いにもかかわらず、収録の際は自然と考えるまでも無く出てきたと答えている
  5. ^ 「ルパン三世」最新作は新声優で!銭形警部の声優に山寺宏一!峰不二子、石川五ェ門も一新!
  6. ^ ルパン三世:栗田貫一が語るルパン役18年 山田康雄さんへの思いも(毎日新聞デジタル、2012年10月28日)
  7. ^ ルパン三世 princess of the breeze 〜隠された空中都市〜”. 金曜ロードSHOW!. 2013年10月28日閲覧。
  8. ^ 『峰不二子という女』から2年――アニメ『LUPIN THE III RD 次元大介の墓標』2014年初夏、新宿バルト9にて期間限定で特別上映!”. アニメイトTV. 2014年3月21日閲覧。
  9. ^ 超コラボキャラ ルパン三世”. ガールズRPG シンデレライフ. 2012年1月5日閲覧。

外部リンク[編集]