坂口良子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
さかぐち りょうこ
坂口 良子
生年月日 1955年10月23日
没年月日 2013年3月27日(満57歳没)
出生地 日本の旗 日本北海道余市郡余市町
血液型 O型
職業 女優
活動期間 1971年 - 2013年
活動内容 テレビドラマ、映画、舞台
配偶者 尾崎健夫(2012年 - 死去まで)
著名な家族 坂口杏里(娘)
主な作品
アイちゃんが行く!
たんぽぽ
前略おふくろ様
犬神家の一族
池中玄太80キロ

坂口 良子(さかぐち りょうこ、1955年10月23日 - 2013年3月27日)は、日本女優。所属事務所はアージエス。

人物・略歴[編集]

出生から学生時代まで[編集]

北海道余市郡余市町出身[1]。余市町立東中学校を卒業し、小樽双葉女子学園(現双葉)高校に入学、堀越高等学校卒業[1]

女優として[編集]

1971年(昭和46年)、ミス・セブンティーンコンテストで優勝し、芸能界入り[1]。1972年、フジテレビテレビドラマアイちゃんが行く!』で主演デビュー[1]

その後も『たんぽぽ』『前略おふくろ様』『犬神家の一族』等人気作品に次々と出演、愛くるしい顔立ちと親しみやすいキャラクターで人気を集めた。さらに、『池中玄太80キロ』ではキャリアウーマンを演じるなど演技の幅も広げ、写真集ではヌードも披露するなど大人の女優への転身を計った。その後も2時間ドラマ等に出演していた。

晩期には2008年(平成20年)から芸能活動を開始した娘の坂口杏里との母娘共演が多く、母娘でゲスト出演した2013年(平成25年)1月10日放送(2012年(平成24年)12月6日収録[2])の『ダウンタウンDXDX 2013新春スペシャル』(読売テレビ制作・日本テレビ系)[3]が最後のテレビ出演となった。

晩年[編集]

2013年(平成25年)3月27日午前3時40分、横行結腸癌および肺炎のため死去[4]。同月中旬には『週刊女性』が坂口の重病説を報道[5]、これに対して坂口は自身のブログで、前年末から腸閉塞肺炎インフルエンザに罹患し、点滴治療を受けるなどして静養中であると説明していた[6]西田敏行は「池中玄太は号泣しています」と坂口を偲ぶコメントを発表した[7]

家族・親族[編集]

1986年(昭和61年)に不動産会社役員と結婚し、1男1女をもうけたが、1994年(平成6年)に離婚。バブル崩壊により夫の会社が破綻し、多額の負債を無断で保証させられるなどし、結婚前からの資産も全て無くなっていた。借金を返すために仕事中心の生活で娘に可哀想な思いをさせたが、自分に責任が及んだ借金はほぼ完済したと『女性自身』の取材で告白している。

2012年(平成24年)8月、15年間[8]にわたる事実婚の後、プロゴルファーの尾崎健夫と戸籍上も入籍[9]

主な出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

バラエティ番組ほか[編集]

他多数

CM[編集]

音楽[編集]

シングル[編集]

  • あこがれ / 笹舟は流れて(1972年4月)
  • 幸せさがし / ふたりだけの子守唄(1974年)
  • 青い山脈 / 若い日は二度とない(1974年8月、コロムビア)
  • 幸福ゆき / こんにちわさようなら(1975年7月)
  • まるで少年のように / 野良猫(1982年02月21日、7K-54)
  • サヨナラの下書 / One room FORLIFE 

アルバム[編集]

  • 果実酒(1979年、フォーライフ FLL-5027)10曲入り
  • シルキー(1982年、フォーライフ 18K‐1)6曲入り
まるで少年のように/あなたにGood-mornng/Mon Ceri,Mon Amour/仮面/お・と・も・だ・ち/野良猫

書籍[編集]

写真集[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 北海道新聞〔芸能〕 (2013年3月29日). “女優の坂口良子さん急死57歳、余市町出身”. 2013年3月30日閲覧。
  2. ^ 坂口杏里オフィシャルブログ「ANRI ROOM」 (2012年12月7日). “☆ダウンタウンDX☆”. 2013年3月31日閲覧。
  3. ^ ダウンタウンDX【DXDX2013新春スペシャル】 出演者一覧ページ - gooテレビ番組 2013年1月10日
  4. ^ SANSPO.COM(サンスポ) (2013年3月29日). “坂口さん癌だった…健夫と杏里がコメント発表”. 2013年3月29日閲覧。
  5. ^ 「衝撃スクープ 坂口良子 消化器系重病、都内入院中! 重病でやせ細っても…「あの人と一緒になりたかった」女の願い」、『週刊女性』2013年3月26日号、主婦と生活社、2013年3月。
  6. ^ 坂口良子オフィシャルブログ「Ryoko blog」 (2013年3月12日). “週刊女性の報道について”. 2013年3月31日閲覧。
  7. ^ nikkansports.com (2013年3月29日). “池中玄太の西田敏行「順番が違う」/悼む”. 2013年3月29日閲覧。
  8. ^ 2012年8月17日放送『ぴったんこカン・カン』(TBS)出演時に自ら言及。
  9. ^ スポニチ Sponichi Annex (2012年8月11日). “坂口良子&尾崎健夫 熟年婚! 10年超の事実婚経て”. 2013年3月29日閲覧。

外部リンク[編集]