エレキの若大将

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
若大将シリーズ > エレキの若大将
エレキの若大将
監督 岩内克己
脚本 田波靖男
製作 藤本真澄
出演者 加山雄三
星由里子
田中邦衛
音楽 広瀬健次郎
主題歌 『夜空の星』
『君といつまでも』
撮影 西垣六郎
編集 黒岩義民
配給 東宝
公開 日本の旗 1965年12月19日
上映時間 94分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 2億1150万円
前作 海の若大将
次作 アルプスの若大将
テンプレートを表示

エレキの若大将』(エレキのわかだいしょう、英題:Campus A-Go-Go)は、加山雄三主演の日本映画若大将シリーズの第6弾。製作は東宝撮影所。配給は東宝カラー東宝スコープ

併映は『怪獣大戦争』。(主演:宝田明田崎潤水野久美土屋嘉男)。

若大将シリーズを代表する作品のひとつで、加山の代表曲である『君といつまでも』『夜空の星』が挿入歌として歌われている。

概要[編集]

1965年、来日公演を行ったザ・ベンチャーズや、既に世界的な人気となっていたビートルズといったロックバンドの影響で、日本は時あたかも空前のエレキギターブームの最中だった頃に製作された作品。

今回のスポーツはアメリカンフットボール(劇中では「アメラグ(アメリカンラグビー)」と称していた)。若大将・田沼雄一(加山雄三)はアメラグ部の次期キャプテンに任命され、自宅のすき焼き店「田能久」で就任祝いの宴会を開く。しかし宴会の帰りに青大将・石山新次郎(田中邦衛)は飲酒運転で交通事故を起こし、同乗していた田沼がその罪をかぶる。その事故の被害者が楽器店に勤める星山澄子(星由里子)だった。

若大将と青大将がお詫びの挨拶に澄子の勤めるリード楽器店を訪ねると、勝ち抜きエレキ合戦に出場するバンド「アイビーシスターズ」に会う。10週連続で勝ち抜くことができれば賞金10万円と聞いて、2人は賞金を澄子への賠償金に充てるべく出場を決意する。若大将と青大将はアメフト部のメンバーと「ヤングビーツ」を結成、これに若大将の友人でそば屋[1]の隆(寺内タケシ)が加わったことで10週連続で勝ち抜きエレキ合戦に優勝する。しかしエレキ合戦の決勝戦相手は田沼家が融資を依頼していた銀行家の息子(ジェリー藤尾)が率いる「シャークス」[2]であり、「ヤングビーツ」が勝てないように石山に裏工作を依頼するも、失敗したことに憤るその息子が吹っ掛けて来た乱闘騒ぎが災いしてバンドメンバーは停学処分、若大将は勘当を言い渡される。隆は審査員だったプロモーターの石原和子に認められ、雄一とともに日光へ演奏旅行に行く。澄子は交通事故の真相を聞き、誤解を謝るために日光へ向う。石山のせいで澄子は怒って帰京。「田能久」破産の電報。家族の住むマンションで父と喧嘩するが、雄一は隆の協力を得てバンドを再編成して再建の資金を稼ぐ。若大将が結婚すると誤解して日光へ行った澄子を迎えに行く。アメラグの試合にヘリで飛んできて間に合い、残り8秒で京南大の逆転勝利。「田能久」での再建と優勝祝賀パーティで「君といつまでも」が歌われる。

ロケ地[編集]

配役[編集]

スタッフ[編集]

使用曲[編集]

  • 『君といつまでも』作詞:岩谷時子/作曲:弾厚作 - 歌うシーンのロケは戦場ヶ原で行われた。
戦場ヶ原で雄一と澄子が「君といつまでも」をデュエットするシーンで雄一は、仏帳面でセリフも早口で喋ってしまうが、後日加山は「設定(雄一が澄子のためを思って作った曲を雄一と澄子がデュエットする)が、おかしいためわざと演じた。」と語っていた
※レコード化された際に一部の歌詞が省略されているほか、メロディーの一部や編曲が異なる。
  • 『夜空の星』作詞:岩谷時子/作曲:弾厚作 ※エレキ合戦のシーンと日光でのシーンに使用された。
  • 『ブラック・サンド・ビーチ』(インストルメンタル)作曲:弾厚作 ※エレキ合戦のシーンに使用された。
  • 『ランニング・ドンキー』(インストルメンタル版)作曲:弾厚作 ※アメラグ部の特訓&試合のシーンに使用された。
  • 『日光和楽踊り』民謡 ※日光のシーンで若大将&ブルージーンズが演奏した。
  • 『ウイリアムテル序曲』(エレキ・アレンジ) ※『夜空の星』とのコラボで、オープニング&試合のシーンに使用された。
  • 金髪のジェニー』(エレキ・アレンジ) ※アイビーシスターズが、エレキ合戦で演奏した。
  • 『ドナウ川のさざ波』(エレキ・アレンジ) ※若大将&ブルージーンズが演奏した。

その他雑記[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 同じ頃の映画『素晴らしきヒコーキ野郎』のポスターが貼ってある。
  2. ^ 乱闘の場面では『ウェストサイド物語』風の音楽が使われている。

外部リンク[編集]

テレビ東京 大みそかシネマスペシャル
前番組 番組名 次番組
エレキの若大将
(2010年)
若大将映画作品
通番 題名 公開日 脚本 監督
第1作 大学の若大将 1961年7月8日 笠原良三
田波靖男
杉江敏男
第2作 銀座の若大将 1962年2月10日
第3作 日本一の若大将 1962年7月14日 福田純
第4作 ハワイの若大将 1963年8月11日
第5作 海の若大将 1965年8月8日 田波靖男 古澤憲吾
第6作 エレキの若大将 1965年12月9日 岩内克己
第7作 アルプスの若大将 1966年5月28日 古澤憲吾
第8作 歌う若大将 1966年9月10日 長野卓
第9作 レッツゴー!若大将 1967年1月1日 岩内克己
第10作 南太平洋の若大将 1967年7月1日 古澤憲吾
第11作 ゴー!ゴー!若大将 1967年12月31日 岩内克己
第12作 リオの若大将 1968年7月13日
第13作 フレッシュマン若大将 1969年1月1日 福田純
第14作 ニュージーランドの若大将 1969年7月12日
第15作 ブラボー!若大将 1970年1月1日 岩内克己
第16作 俺の空だぜ!若大将 1970年8月14日 小谷承靖
第17作 若大将対青大将 1971年1月9日 岩内克己
第18作 帰ってきた若大将 1981年2月11日 小谷承靖