杉江敏男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

杉江 敏男(すぎえ としお、1913年9月24日 - 1996年10月10日)は、日本映画監督

来歴[編集]

静岡県清水市出身。早稲田大学卒業後、1937年にP.C.L(東宝の前身)に入社。山本嘉次郎豊田四郎島津保次郎成瀬巳喜男黒澤明らの助監督を務め、1950年、『東京の門』で監督に昇進する。以降、『その人の名は云えない』『忘却の花びら』などのロマンスもの、『ジャンケン娘』『お姐ちゃんシリーズ』『若大将シリーズ』などの青春映画、『密輸船』などのアクション映画、『社長シリーズ』やクレージーキャッツ主演のコメディと、多方面に撮り分ける監督として東宝を支えた。公開ベースで見ても、1955年6本、1956年7本、1957年5本、1958年4本、1959年4本、1960年5本、1961年6本・・・と、邦画界の量産時代に、休む間もなく次から次へと会社から回ってくる企画を撮り続け、20年満たない期間に68本もの監督作品を残した。

いわゆる、喜劇映画や青春映画を中心としたプログラム・ピクチャーの旗手であったが、杉江自身はサスペンス映画の監督を望んでいたといい、『三十六人の乗客』『黒い画集 ある遭難』など、監督作品の中でも数少ないサスペンス作品は、現在でも高い評価を受けている。

1960年代後半に入ってからは、邦画界の斜陽を受けて劇場用映画の監督作品が減少し、東宝テレビ部に移ってテレビドラマを監督した。

主な監督作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

外部リンク[編集]