村下孝蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
村下孝蔵
基本情報
出生名 村下 孝蔵
出生 1953年2月28日
学歴 鎮西高等学校卒業
出身地 日本の旗 日本熊本県水俣市
死没 1999年6月24日(満46歳没)
職業 シンガーソングライター
担当楽器
ギター
活動期間 1980年 - 1999年
共同作業者 須藤晃
公式サイト 村下孝蔵ホームページ

加山雄三
ザ・ベンチャーズ

村下 孝蔵(むらした こうぞう、1953年2月28日 - 1999年6月24日)は、日本シンガーソングライター。『初恋』『踊り子』『ゆうこ』『陽だまり』などのヒットで知られる。熊本県水俣市出身。水俣市立水俣第一小学校、水俣市立水俣第一中学校、鎮西高等学校日本デザイナー学院広島校インテリアデザイン科卒業。

人物[編集]

生い立ち[編集]

1953年2月28日熊本県水俣市浜町仲之町通りで、映画館を営む夫婦の第3子として生まれる[1]。最盛期の村下家は、水俣市と周辺に7軒の映画館を経営した資産家だった[2]。生まれて間もない頃の村下は泣くことが少なく、近隣の住人を「生まれたと聞いたけれど泣き声がしない」と不思議がられたという [3]。村下は、そのまま無口な少年に育った。姉によると、幼少期の村下は実家が営む映画館で一番前の席に座って映画を観たり[4]、一緒にラジオで歌謡曲を聴いたりして過ごすことが多かった[5]

1959年、父が出水市に新たな映画館を建てると一家は転居し、1年ほどで水俣市仲之町通りに戻った[6]。この頃、村下は姉とともにロカビリーに夢中になった。村下は日劇ウエスタンカーニバルの映像を映画館で観て、歌手への憧れを口にすることもあった[7]。映画館の事務所には休憩時間にかけるレコードが置かれていて、村下は姉とともに聴き漁った[8]。村下はエレクトリック・ギターの音に興味を抱くようになり、寺内タケシとブルージーンズを好んで聴いていたが、やがて「こっちのほうがすごい」とベンチャーズに夢中になった[9]。1965年、映画『エレキの若大将』で加山雄三が『夜空の星』を聴いたことをきっかけに「ボクも作曲する。歌う。エレキギターも持つ」と言うようになる[1][10]。村下はかねてから両親に、エレキギターをせがんでいたが、「不良になるからダメ」[† 1]、「弾けもしないうちから買ってどうする」といった理由で聞き入れられなかった。そこで村下は、加山のギターをモデルにラワン材を使ってギターを自作した[1][11]。ギターが完成すると三面鏡の前に立ち、加山の演奏スタイルを真似ていたという[12]。高校進学後の1969年、村下は憧れだったモズライト・ギターを父親から買い与えられた[13]。父親は1967年に収益の悪化していた映画館を廃業し[14]、新たな事業として温泉の採掘を行ったが失敗、その後は阿蘇市のホテルに就職し、母親とともに転居[15]。村下は、水泳部の特待生として鎮西高等学校に入学し[16]、寮生活を送った後、北九州市の短期大学に入学した姉と熊本市内で同居した[17]

高校を卒業後、広島へ[編集]

1971年、高校を卒業した村下は得意の水泳で実業団・新日本製鐵八幡製鐵所入り[1][18][19]。当時の部員によると、高校で実績を残した(1969年、中部九州大会平泳ぎ100メートル優勝[20])とはいえ実業団の中では平凡な選手で、ギターが得意であったため宴会部長として活躍[18][21]。同年9月に同社を退職[18]。落合昇平は寮生活を送る中、ギターを弾く時間がほとんどないことに悩んだのだろうと推測している[22]。当時父親は東洋工業に転職して広島市に転居しており、音楽中心の生活を目指し村下も広島へ移った[1][18][23]。1972年、日本デザイナー学院広島校インテリアデザイン科入学。広島に来て間が無い村下には友達がなく、平和公園で一人でギターを弾くことが多かった。『エレキの若大将』に憧れ、ベンチャーズに心酔していた村下が、広島でエレキ・ギターをフォークギターに持ち替え、曲作りを始めた理由は、当時の広島は吉田拓郎のコピーをやる人が多く、フォークギターを持たなければ仲間が作れなかったためであった[2]。同年夏、自主制作シングル『ひとりぼっちの雨の中』を発表[24]。同校卒業後ヤマハ広島店[25]に就職し、二年間、ピアノ購入契約で実績を挙げ[19]1975年からはピアノ調律師として勤務する傍ら、ホテル法華クラブ広島ラウンジ弾き語りのアルバイト等で地道に音楽活動を継続した[26]。1979年、ヤマハを退社し自主制作レコード『それぞれの風』を発表。レコーディングの様子はテレビ番組(『青春音楽列島「それぞれの風」』)として放映された[27]。この番組のディレクターを務めた人物は中国放送の那須和男だった[2][28]。那須は偶然観た村下の演奏に惹かれ、「たむたむたいむ」のパーソナリティーに村下を推薦するなど村下をバックアップしていた[2][29]。「たむたむたいむ」で、当時まだ大学生だった西田篤史とコンビを組む[2]。この頃の村下は第2期の広島フォーク村に参加するなど広島の音楽好きには知られた存在となっていた。村下は『それぞれの風』でヤマハ主催のポピュラー音楽コンテストに応募したが、受賞はならなかった[30]

プロとしてのデビュー[編集]

同じ頃、知人のライブハウス店主から勧められ、当時のCBSソニー(現在のソニー・ミュージックエンタテインメント)の全国オーディション(第1回CBS・ソニーオーディション)に応募し、グランプリを獲得。これがきっかけとなって27歳にしてプロ歌手としてデビューすることになった[1][31]。プロデューサーとして村下の全作品を手がけた須藤晃によると、村下の将来性を巡ってはCBSソニー社内でも意見が分かれ、「このオーディションで一番レコードが売れるのは村下孝蔵だ」と断言する者もいれば「フォークはもう終わりだぞ。ラジオスターの時代じゃなくルックスの時代なんだ」と村下のルックスや年齢に難色を示す者もいた。ただ楽曲や声のよさは誰もが認めるところで、中国放送がバックアップしていたこともありデビューが決定した[18][32]1980年、27歳の時、シングル「月あかり」でプロデビューした。同期合格者にはHOUND DOG堀江淳五十嵐浩晃らがいた。プロになると決意した村下は、最高のギターを持っていたいという思いから馴染みの楽器店でマーティンD-45を購入している[33][34]。プロとなった後も、テレビ出演はせず、広島を拠点に地道にライブ活動を続ける[1][18][19][35]1981年発売の「春雨」は約3か月半、1982年発売の「ゆうこ」は約7か月半にわたってチャートインした[36]。この「ゆうこ」のタイトルになっている女性は日本画家・船田玉樹の娘で、この時期に結婚しており、後にシンガー・ソングライターとなる娘を儲けている(1985年離婚、村下はこの後再婚)[37][38]

1983年、30歳にして発表した5枚目のシングル「初恋」は、オリコンチャートで最高3位を記録する大ヒットとなる[1]。『初恋』は村下がバラードとして作ったものを編曲家水谷公生がテンポを上げてポップ系に編曲し、村下がそれを受け入れたことで完成をみた楽曲であった[39]。水谷はかねてから須藤晃に「もうフォークにこだわらなくてもいいんじゃないか」と進言していた[40]。水谷は村下を、「でっかい人だった。人にゆだねる強さがあった」と評している[39]。村下の元マネージャー嶋田富士彦によると、村下の楽曲は有線で強く支持され、地方では演歌に似たチャート変動を示した[41]。嶋田によると、村下の楽曲はフォークテイストでありながらもベンチャーズに由来する「切れ味の良いロック感覚」も持ち合わせていたが、音楽業界の中でもレトロな印象を抱く者の方が多かったという[42]

『初恋』発売の前後に村下は肝炎を患い[43]、『初恋』がヒットしてもテレビ番組にはほとんど出演できなかった[44]。また、肝炎が原因で広島と東京の往復が出来なくなり、1984年末に生活の拠点を東京に移した[45]。同年秋から全国ツアーを開始したが翌1985年に再び体調が悪化し[44]、入退院を繰り返した[46]。この時期に、広島から定年退職したばかりの父親も東京で暮らし始めた[47]。1987年に全国ツアーを再開。この年に催した七夕コンサートは毎年の恒例行事となった[46]。1988年、神奈川県川崎市のCLUB CITTA'で行われたベンチャーズのライブにゲストとして出演。ベンチャーズと一緒に演奏するという夢を叶えた[48]

1989年、アルバム『野菊よ 僕は…』を発売。須藤晃によるとこの頃アルバムの売れ行きが落ち込みを見せ、村下にも須藤自身にも焦りが生じたという[49]。1992年発売のシングル『ロマンスカー』は「これが売れなきゃおかしい」という思いで制作し[49]、完成時に村下が「やっと納得する作品が出来た!」と語った[50]渾身の作品であったが売れず、須藤は「時代が違ってきたんだ」と感じたという[49]。この時期の村下は試行錯誤の末、「自分には"初恋"を越える曲はできんかもしれん」「時代は追いかけるものではなく、巡りくるもの。向こうからやってくるのよ」という境地に至った[50]

逝去[編集]

1999年6月20日駒込スタジオコンサートリハーサル中に突然「気分が悪い」と体調不良を訴え、当初は救急車も呼ばずスタッフ付添のもと自力で病院を訪れていた。診察で「高血圧性脳内出血」と判明した直後、意識不明の昏睡状態に陥り、僅か4日後の6月24日に死去。46歳没。葬儀は6月26日に営まれた。夫人の希望により、出棺の際には村下が生前最も気に入っていた楽曲『ロマンスカー』[49]がかけられた[50]7月3日には東京の渋谷公会堂でお別れ会が[51]8月8日には広島市内の寺院において音楽葬が営まれた。[52]

エピソード[編集]

  • ギターの腕前は、音楽関係者の間でも評価が高かった[53][54]。編曲家の水谷公生は「アマチュア的だが天才」と評している[55]。レコーディングで演奏することはなかった[56]が、コンサートでは披露していた[57]
  • ザ・ベンチャーズのメンバーとの交友が深く、特にベーシストのボブ・ボーグルからは、自作のギターパーツ(ジャズマスター用のブリッジサドルで、ボブが真鍮を削りだして作った物)を贈られている。村下の他界を聞いたボブは、ツアー中でありながら通夜に参列した。
  • 前述のように中国放送と縁があったため、現在でも6月の命日前後に村下孝蔵を偲ぶ特別番組が毎年のように放送されている(2007年6月23日2008年6月28日2009年は彼の命日である6月24日、2010年6月21日2012年6月23日に放送)。その際の司会は、生前仲の良かった西田篤史である[58]
  • 「初恋」がヒットしたとき、広島市の中心部・並木通りに『小さな屋根の下』という喫茶店を開いていた。この店は村下自身が1984年4月に、ファンたちが集まる店になれば、と夢見て作ったものだったが、その頃、村下は肝炎でもう広島と東京の往復が出来なくなって東京に拠点を移したため、やむなくその年の末に閉店した[59]。同年に出したアルバム「花ざかり」に収録されている「北斗七星」に歌われた『赤い屋根』は、この店とは別の、生前村下がよく通った喫茶店の名で、現在も広島市北部の毘沙門台(安佐南区)にある[60][61]
  • 命日である6月24日は代表曲『初恋』のワンフレーズより、『五月雨忌』と呼ばれ10年以上経過した今でもメモリアルイベントが開催されている。
  • 村下の死去から14年を経た2013年、故郷水俣市の商店街『ふれあい一番街』に代表曲である『初恋』の歌碑が建立され、商店街ストリートの名称もこれにちなみ『初恋通り』と改名された[62]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  1. 月あかり(B面:松山行フェリー) 1980年5月21日
  2. 春雨(B面:歌人) 1981年1月21日
  3. 帰郷(B面:未成年) 1981年6月21日
  4. ゆうこ(B面:陽炎) 1982年4月21日
  5. 初恋 (B面:丘の上から) 1983年2月25日
  6. 踊り子(B面:冬物語) 1983年8月25日
  7. 少女(B面:花れん) 1984年4月1日
  8. 夢のつづき(B面:似顔絵) 1984年9月21日
  9. かざぐるま(B面:幸せの時間) 1986年4月21日
  10. ねがい(B面:とまりぎ) 1986年11月21日
    • 明星「チャルメラ」CMソング
  11. 哀愁物語 -哀愁にさようなら-美し過ぎるミステイク 1987年5月21日
    • 両A面,中林由香とのデュエット
  12. 陽だまり(B面:白い花の咲く頃) 1987年9月21日 
  13. 初恋ミニアルバム 1988年7月1日
    • 初恋/踊り子/ゆうこ/少女/春雨を収録
  14. 風のたより(C/Wネコ) 1988年11月21日
  15. 初恋/少女 1989年3月21日
  16. ゆうこ/踊り子 1989年3月21日
  17. ソネット(C/W禁じられた遊び) 1990年6月21日
  18. アキナ(C/Wタカハシ) 1991年3月21日
  19. この国に生まれてよかった (C/W帰宅) 1991年11月21日
  20. 一粒の砂(C/Wひとりごと) 1992年9月21日
  21. ロマンスカー(C/Wピンボール) 1992年11月21日
  22. 初恋/ゆうこ/アキナ 1993年10月1日
  23. つれてって(C/Wりんごでもいっしょに) 1994年7月1日
  24. 初恋/踊り子 1995年11月22日
  25. 16才(C/Wあなた踊りませんか) 1996年6月21日
  26. 同窓会(C/W素直) 1998年10月31日

アルバム[編集]

  1. それぞれの風(1979年)
    • 自主製作盤。「ひとり暮らし」など一部の曲はプロデビュー後、発表された。没後純情可憐において一部収録された。
  2. 汽笛がきこえる街(1980年7月1日)
    • 「月あかり」を含むデビューアルバム。
  3. 何処へ(1981年4月21日)
  4. 夢の跡(1982年4月21日)
  5. 初恋〜浅き夢みし〜(1983年8月25日)
  6. 歌人〜ソングコレクション〜(1984年11月21日)
    • 最初のベストアルバム。
  7. 花ざかり(1984年12月8日)
  8. かざぐるま(1986年7月2日)
  9. 陽だまり(1987年10月21日)
  10. 歌人II(1987年12月2日)
    • 2枚目のベストアルバム。
  11. 恋文(1988年10月21日)
  12. 野菊よ 僕は…(1989年11月1日)
    • 絶版
  13. 清涼愛聴盤(1990年7月21日)
  14. 新日本紀行(1991年4月25日) 
    • 一度絶版後、2003年1月23日より再版。
  15. 名もない星(1992年11月21日) 
    • 一度絶版後、2010年7月21日より再版。
  16. 愛されるために(1994年7月1日)
  17. 林檎と檸檬〜村下孝蔵ベストセレクション(1995年6月21日)
    • ベストアルバム。
  18. 同窓會(1999年9月8日)
    • デビュー20周年記念アルバム。このアルバム発売前の6月に本人が急逝。「初恋」「踊り子」など代表曲のメドレー「心の切り絵」が収録。
  19. しのびあるきのたそがれに(1999年12月18日)
    • 追悼アルバム。
  20. ラムネとビーチサンダル(2000年6月21日)
    • リマスター、リミックスアルバム。
  21. 夢の記録(2000年11月1日)
    • 3枚組。弾き語り音源を含む。
  22. 純情可憐(2001年6月24日) 
    • アマチュア時代の貴重な音源を含む。「それぞれの風」収録音源、代表曲のライブ音源で構成。
  23. 七夕夜想曲(2005年6月22日)
    • 村下孝蔵最高選曲集 其の壱
    • 七回忌記念。シングルベスト。ボーナストラックとしてライブカヴァー4曲(「22才の別れ」、「氷の世界」など)を収録。
  24. 月待哀愁歌(2005年9月21日)
    • 村下孝蔵最高選曲集 其の弐
    • ライブ音源集。DVD付
  25. 清聴感謝祭(2006年5月24日)
    • 村下孝蔵最高選曲集 其の参
    • 全編未商品化ライブ音源集。
  26. 昭和春夏秋冬〜村下孝蔵作品集〜(2006年5月24日)
    • 他人に提供した曲をまとめたアルバム。
  27. 絵日記と紙芝居〜村下孝蔵トリビュートアルバム〜(2006年7月21日)
  28. 村下孝蔵メモリアルコレクション(2007年7月7日)
    • メモリアルコンサートベスト(Disc1)、村下孝蔵・天満敦子ジョイントコンサート(Disc2)、特典DVD。コンサート会場と通販のみの販売。
  29. 哀愁浪漫(2008年7月2日)
    • 全曲、最新リマスタリングの再編集CD10枚とライブ映像DVD1枚の11枚組BOX。完全生産限定盤。
  30. GUITAR KOZO(2009年7月1日)
    • アコースティックライブ音源。ボーナストラックとして未発表曲2曲「手のひらの愛」、「また逢う日まで」を収録。「踊り子」譜面を付録。
  31. この国に生まれてよかった(2011年6月22日)
    • 「日本の美しさ」「生きることへの温かい励まし」がテーマの13作品のセレクションアルバム。ボーナストラックとして、1999年6月13日に収録されたFM山陰の番組公開録音ライブの音源を収録。
  32. 哀しい恋の歌(2012年7月25日)

DVD/VHS[編集]

  1. 純情(2001年6月24日)
    • 2003年11月19日よりDVDのみで再発
  2. 歌人'95(2011年6月22日)
    • 1995年10月24日にWOWOWにて放送された番組「歌人'95」を全編収録。内容は、1995年7月7日に行われた「七夕コンサート」(メルパルク東京)のライブ22曲と、番組用に別収録されたインタビューで構成。

詩集[編集]

  1. 初恋〜浅き夢みし〜

主な提供曲、被カバー曲[編集]

ギター[編集]

メモリアル・コンサートの演目[編集]

  • 2004年9月18日/19日(ソミドホール)
  1. ロマンスカー
  2. 北斗七星
  3. 教訓
  4. ひとり暮らし
  5. とまりぎ
  6. 夢の跡
  7. 月あかり
  8. 春雨
  9. 踊り子
  10. 松山行きフェリー
  11. 同窓会
  12. この国に生まれてよかった
  13. EN1 初恋
  14. EN2 青春の日々に
  • 2007年8月5日(札幌市教育文化会館)…ゲスト/天満敦子、みのや雅彦
  1. 北斗七星
  2. つれてって
  3. ロマンスカー
  4. 踊り子
  5. かざぐるま
  6. ネコ
  7. 午前零時
  8. タイスの瞑想曲
  9. 愛のあいさつ
  10. 純情可憐
  11. ブラック・サンド・ビーチ
  12. RAIUN(雷雲)
  13. 陽だまり
  14. 挽歌
  15. 空(作詞/作曲 みのや雅彦
  16. 松山行きフェリー
  17. 同窓会
  18. この国に生まれてよかった
  19. 帰宅
  20. EN1 教訓
  21. EN2 初恋
  22. EN3 青春の日々に

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 当時の日本にはエレクトリック・ギターの所持が少年不良化につながるという風潮があった(落合2008、93頁)。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 365日 あの頃ヒット曲ランキング 【1983年6月】初恋/村下孝蔵
  2. ^ a b c d e 朝日新聞be』「うたの旅人」2009年2月14日
  3. ^ 落合2008、14-15頁。
  4. ^ 落合2008、17-18頁。
  5. ^ 落合2008、39頁。
  6. ^ 落合2008、50・62頁。
  7. ^ 落合2008、63-65頁。
  8. ^ 落合2008、92-93頁。
  9. ^ 落合2008、93-95頁。
  10. ^ 落合2008、122-123頁。
  11. ^ 落合2008、123-125頁。
  12. ^ 落合2008、125-126頁。
  13. ^ 落合2008、162-163頁。
  14. ^ 落合2008、134-135頁。
  15. ^ 落合2008、164頁。
  16. ^ 落合2008、148頁。
  17. ^ 落合2008、164-165頁。
  18. ^ a b c d e f 日刊スポーツ、2008年7月16日22面。
  19. ^ a b c 千葉紘子『千葉紘子のコーヒーブレイク』毎日新聞社、1984年、267-269頁。
  20. ^ 落合2008、164頁。
  21. ^ 落合2008、172-174頁。
  22. ^ 落合2008、176-177頁。
  23. ^ 落合2008、177頁。
  24. ^ 落合2008、19-23頁。
  25. ^ ヤマハ 広島店
  26. ^ 朝日新聞広島版、2010年1月4日33面 村下孝蔵 今も降る君の歌声-マイタウン広島
  27. ^ 落合2008、44-45頁。
  28. ^ 落合2008、45頁。
  29. ^ 落合2008、83-86頁。
  30. ^ 落合2008、34頁。
  31. ^ 落合2008、45-46頁。
  32. ^ 落合2008、113-115頁。
  33. ^ 落合2008、32-33頁。
  34. ^ Picker's Friendship KISADA 木定楽器店 - 木定楽器店・音楽教室
  35. ^ [http://ommo.blog.ocn.ne.jp/1970blog/2008/07/post_734b.html Ommo's: バンバンで、村下孝蔵さんと話す
  36. ^ 広島エフエム放送 食卓ON楽
  37. ^ 神戸新聞 村下孝蔵さんの元妻と娘
  38. ^ アコーディオニストゆうこ
  39. ^ a b 落合2008、168頁。
  40. ^ 落合2008、167頁。
  41. ^ 落合2008、128-129頁。
  42. ^ 落合2008、129頁。
  43. ^ 落合2008、143-144頁。
  44. ^ a b 落合2008、131頁。
  45. ^ 落合2008、71頁。
  46. ^ a b 落合2008、156頁。
  47. ^ 落合2008、156-157頁。
  48. ^ 落合2008、73頁。
  49. ^ a b c d 落合2008、118頁。
  50. ^ a b c 落合2008、159頁。
  51. ^ 落合2008、195頁。
  52. ^ 落合2008、24-25頁。
  53. ^ 落合2008、114頁。
  54. ^ 落合2008、180頁。
  55. ^ 落合2008、168頁。
  56. ^ 落合2008、116-117頁。
  57. ^ 落合2008、73頁。
  58. ^ RCCラジオ特別番組 村下孝蔵メモリアル
  59. ^ 落合2008、71頁。
  60. ^ セカンドライフ - 旅 - 小さな広島カフェの旅 Vol.2
  61. ^ 朝日新聞広島版、2010年1月4日33面
  62. ^ 村下孝蔵さんにちなみ、初恋通り 水俣市に歌碑 熊本日日新聞 2013年11月17日閲覧

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • 須藤晃 - 村下を見いだしたプロデューサー。
  • 町支寛二 - 数多くの作品のコーラスパートに参加した。
  • 水谷公生 - 数多くの作品の編曲を手がけるが、サウンドプロデュースの役割も果たした。
  • 村上保 - 彫刻家、切り絵作家。『初恋』のジャケットを手掛けたのを皮切りに、村下孝蔵の主要作品に参加している。
  • 西田篤史 - 広島の親友
  • 経田康 - 村下孝蔵と長年相棒を務めたリードギタリスト。音楽・プライベート両面で村下の信頼が篤かった。アコーステックアルバム「GUITAR KOZO」の制作者。没後「メモリアルコンサート」「同窓会コンサート」をコンサートマスターとして主導。

外部リンク[編集]