愛なんていらねえよ、夏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
愛なんていらねえよ、夏
ジャンル テレビドラマ
放送時間 金曜日22:00 - 22:54(54分)
放送期間 2002年7月12日 - 9月13日(10回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 堤幸彦
今井夏木
松原浩
脚本 龍居由佳里
プロデューサー 植田博樹
出演者 渡部篤郎
広末涼子
藤原竜也
オープニング 池田綾子「Life」
テンプレートを表示

愛なんていらねえよ、夏』(あいなんていらねえよ、なつ)は、TBS系列金曜ドラマ枠(毎週金曜日22:00 - 22:54、JST)で2002年7月12日から9月13日まで放送された日本のテレビドラマ。主演は渡部篤郎

愛を信じない救われない男女が出会い、次第に愛の存在に気づいていく物語。目に見えない「愛」という存在を、どこまで信じられるかというテーマも含んでいる。

ストーリー[編集]

歌舞伎町ホストをやっていたレイジは、客の女性が犯した横領に関わっているとして警察に逮捕される。数か月後出所したレイジに待っていたものは、7億3,000万という多額の借金と仲間の裏切り。借金を返すことが出来なければ、レイジは死ぬことになる。途方にくれるレイジの前に真壁恭一と名乗る弁護士が現れる。鎌倉に豪邸を構える令嬢・鷹園亜子の、生き別れた兄を探してやって来たのであった。レイジは彼女の財産で借金を返済しようと企み、亜子の兄として鷹園家に乗り込む。女性をだますことを仕事にしてきたようなレイジにとって、小娘一人を丸め込むなどたやすいことに思えたが、そこにいたのは心をかたくなに閉ざした盲目の少女だった。

キャスト[編集]

影響[編集]

視聴率は当時としては低水準に留まり、プロデューサーの植田博樹とチーフ演出の堤幸彦はこれを「敗北」として、今後自分たちの企画が通らなくなるのではないかという危機感に苛まれたという。これをきっかけに両人は『ケイゾク』のパート2を企画し、それが後に『SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』に繋がっている。[1][2]

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

話数 放送回 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
1 LAST10 7月12日 「盲目の令嬢 -money, money, money-」 堤幸彦 11.1%
2 LAST 9 7月19日 「7億3000万の殺意 -kill me, with love-」 09.0%
3 LAST 8 7月26日 「愛を拾いし夜 -I believe you-」 今井夏木 08.1%
4 LAST 7 8月02日 「最高のプレゼント -Happy Birthday-」 松原浩 08.8%
5 LAST 6 8月09日 「優しすぎる嘘 -only truth! I want-」 04.2%
6 LAST 5 8月16日 「最後の夏休み -memory of a firefly-」 堤幸彦 07.1%
7 LAST 4 8月23日 「おまえを絶対守る!! -Weddingdress for death-」 今井夏木 06.3%
8 LAST 3 8月30日 「最後の晩餐 -Farewell to illusions of happiness-」 08.2%
9 LAST 2 9月06日 「想い出の一夜 -I want to die in your arms-」 堤幸彦 05.6%
10 THE LAST 1 9月13日 「光の差す方へ -Autumn has come-」 08.9%
平均視聴率 7.8%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

関連商品[編集]

  • ビジュアル
    • ビデオ『愛なんていらねえよ、夏 1〜5』(ポニーキャニオン)
    • DVD『愛なんていらねえよ、夏 1〜5』『愛なんていらねえよ、夏 BOXセット』(ポニーキャニオン)
  • 音楽CD
    • 池田綾子「Life」(ユニバーサル・ミュージック)
  • 書籍
    • 龍居由佳里『愛なんていらねえよ、夏』(角川書店)

脚注[編集]

  1. ^ 「『SPEC〜結〜』けじめ対談」、『オトナファミ』2014年1月号、エンターブレイン、p37。
  2. ^ 「SPEC」生みの親たちが語る“ここだけの話”!? ネタバレ御免!裏話満載のトークショー開催!”. 東宝 (2013年10月31日). 2013年12月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

TBS系列 金曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
夢のカリフォルニア
(2002.4.12 - 2002.6.28)
愛なんていらねえよ、夏
(2002.7.12 - 2002.9.13)
ママの遺伝子
(2002.10.11 - 2002.12.13)