魔王 (2008年のテレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
魔王
ジャンル テレビドラマ
放送時間 毎週金曜 22:00 – 22:54(54分)
放送期間 2008年7月4日9月12日(11回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 加藤新
坪井敏雄
片山剛
脚本 前川洋一
西田征史
プロデューサー 高橋正尚
渡辺良介
出演者 大野智
生田斗真
小林涼子
三宅裕司
石坂浩二
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
オープニング truth
外部リンク 公式サイト

特記事項:
初回は15分拡大で23:09まで。
テンプレートを表示

金曜ドラマ・魔王』(きんようドラマ・まおう)は、TBS系列で2008年7月4日から同年9月12日まで毎週金曜日の22:00-22:54(JST)に放送されていた大野智生田斗真主演の連続テレビドラマである。全11話。

2007年韓国で放送された連続ドラマ『魔王』を日本でリメイクした作品である。大野智の連続ドラマ初レギュラー出演作及び初主演作。

ドラマのキャッチコピーは「差出人不明のタロットカードが届く時 連続殺人の幕がひらく」。

ストーリー[編集]

成瀬弁護士事務所所長で、弁護士である成瀬領(大野智)は、11年前に、弟・英雄を殺害され、加害者の少年は正当防衛による無罪となったという過去を持ち、犯人に対して深い憎悪を抱いていた。一方、警視庁渋谷東署の刑事課強行犯係刑事で検挙率ナンバー1である芹沢直人(生田斗真)は、世の中の悪を憎む、正義感の強い青年。実は彼こそが、11年前、領の弟である英雄を刺殺した張本人であった。

そんな直人のもとに、“雨野真実(アマノマコト)”と名乗る謎の差出人から、一枚のタロットカードが赤い封筒とともに送られてくる。

“魔王”成瀬領による緻密に計算された復讐劇が、幕を開ける。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

成瀬領/真中友雄(28) - 大野智)(11年前:河野弘樹
本作品の主人公。弁護士・成瀬弁護士事務所所長。本名は真中友雄であり、真中友雄としては昭和55年7月1日生。母子家庭に育ち、中卒から、大検を経て司法試験に合格したという異例の経歴の持ち主。プライベートが一切不明で謎に包まれている。
利益を気にせず社会的弱者の弁護を引き受けたりすることから、マスコミからは弱きを助け強きを挫く“天使の弁護士”と呼ばれている。しかし本人は、写真を撮られる事を嫌い、顔の露出は避けている。物腰は柔らかく、誰に対しても優しい態度で接するが、一方では11年前に弟を殺害され、犯人たちへの復讐に人生のすべてをかける“魔王”としての冷徹な一面も持っている。弟を殺した直人や直人と繋がりのある人物たちに対し、強い憎しみを持っており、雨野真実と名乗って復讐計画を企てるが、11年前に弟のために証言してくれた、特別な存在であったしおりのことが再会以来次第に気になるようになり、復讐遂行との狭間で苦悩する。
大野は役作りのために、実際に裁判所へ傍聴しに行ったという。
芹沢直人(26) - 生田斗真(当時ジャニーズJr.) (11年前:木村遼希
本作品のもうひとりの主人公。警視庁渋谷東署の刑事課強行犯係刑事で、検挙率ナンバー1。金と権力のことしか頭にない父親に反発し、リゾート会社の跡取りとしての道を捨て、高校卒業後に過去の行為を清算するつもりで警察官となる。そのせいで父親とは険悪な仲だが、兄・典良とは仲が良い。
正義感が強いあまり、しばしば度を越した行動に走り、上司である中西からは幾度となく叱責されているが、本人はそれをあまり反省していない。自分なりの正義を貫き通しており、犯人逮捕への執着は人一倍ある。オカルトはあまり信じておらず、初めはしおりの能力を信じなかった。
中学時代、領の弟である英雄を脅しのつもりで突きつけたナイフで誤って刺殺してしまうが、父が雇った弁護士により無罪になった経験がある。おもちゃのナイフを握っただけで思い出してしまうほど、過去の事件がトラウマとなっている。
咲田しおり(22) - 小林涼子(11年前:増山加弥乃
この物語のキーパーソン。図書館司書、カフェ「ガランサス」でアルバイトをしている。素手で触れた物体から過去の残像を見ることができる、サイコメトラーとしての能力を持っている。幼くして両親を亡くしたことから、少女時代を児童養護施設で過ごしていた。優しく明るい性格で人懐っこい。
11年前の事件の第一発見者であり、このときにサイコメトラーとしての能力を開花させ、警察に事件のあらましを証言している。このため、“雨野真実”を止めてあげたいと今回も警察の調査に協力する。領に好意を抱き、次第に距離を縮めていくが、自身のサイコメトラー能力によって領の正体が“雨野真実”だということを知ってしまう。

直人の同級生[編集]

葛西・宗田・石本・山野は、11年前の事件の際、芹沢栄作によって直人の行為は正当防衛であったと証言させられている。

葛西均(26) - 田中圭(11年前:上村祐翔
芹沢リゾートの社長秘書。直人の中学時代の親友で、4人の中で唯一大卒。父親の縁で芹沢リゾートに入社した。真面目な勤務態度で栄作や典良からは絶大な信頼を得ている。典良からは「彼女くらい作れ」とからかわれているが、典良の妻・麻里とは不倫関係にあった。
宗田充(26) - 忍成修吾(11年前:本間春男)
直人の中学時代の親友で、職業不定のチンピラ。交際している女性から借金を断られて暴行事件を起こし、その弁護を領が担当することになる。事あるごとにトラブルを起こし、過去の事件をネタに栄作や典良から金をむしり続け、直人のことも裏では「人殺し」と思っており、信用していない。また、自分の人生の破綻を、11年前の事件の偽証から来る良心の呵責に転嫁しており、その根源である芹沢家に面倒を見てもらうのは当然だと考えているが、自分に「人殺し」の肩棒を担がせたとして、芹沢家を逆恨みしている。典良の妻と葛西が不倫関係にあるのを知っている。
石本陽介(26) - 脇知弘(11年前:中村竜之慎)
直人の中学時代の親友で、取立て屋。威圧的な外見とは裏腹に、同級生に対しては優しい部分を見せる。多恵への取立てを最後に取立て屋を辞め、夢であった居酒屋を開こうとしていたが、娘を誘拐されたと勘違いした多恵に防犯スプレーを噴射され、持病であった喘息の発作を起こし、死亡する。
山野圭太(26) - 清水優(11年前:堀本昂弥
光泉出版で働く雑誌編集者。直人の中学時代の同級生であり、直人たちからは酷いいじめを受けていた。英雄とは親友で、彼が直人に殺害される現場を目撃している。直人たちは勿論、英雄を見殺しにしてしまった上に偽証までした自分のことも許せず、領の計画に加担している。陰気で疑い深い性格。
真中英雄(享年15) - 竹内寿
友雄(領)の弟。1982年4月4日生。1997年没。正義感が強く、優しい性格で、直人たちのいじめから山野をかばっていた。山野がナイフを持ち出し、直人たちに復讐しようとしていたため、手にしていたナイフを預かるが、直人たちにいじめをやめるよう説得しに行った際、誤って直人にナイフで刺されてしまい、死亡する。

渋谷東署[編集]

中西弘道(45) - 三宅裕司
渋谷東署の刑事課係長。階級は警部補。叩き上げの現場主義者で、部下からの信頼も厚く、暴走しがちな直人の一番の理解者。
高塚薫(26) - 上原美佐
渋谷東署の刑事課強行犯係刑事。生真面目な性格。階級は巡査で、直人の後輩にあたるが、大卒であるため直人とは同い年。直人に好意を寄せているが、素直になれず天邪鬼な態度をとってしまうことが多い。
倉田隆(36) - 東根作寿英
渋谷東署の刑事課強行犯係刑事。
石原管理官 - 飯田基祐
本庁から渋谷東署に派遣されてきた管理官。

芹沢家[編集]

芹沢栄作(62) - 石坂浩二
直人の父で、芹沢リゾート会長・参議院議員。冷酷で傲慢な性格で、金の亡者。リゾート会社の跡取りとしての道を捨て、別の道を選んだ直人のことをよく思っていない。11年前の事件を、直人の将来を想ってもみ消した。直人と典良には冷たく当たっていたが、内心では二人の息子を大事に思っている。
芹沢典良(32) - 劇団ひとり
直人の兄で、芹沢リゾート社長。父親の敷いたレール通りに生きてきて社長の地位についたが、いまだ後継者として認めてくれないとして父に不満を持っている。父には「正直すぎる」と評価されるなど温和な人物とは裏腹に、冷酷な一面を持つ激情家でもある。直人とは仲が良く、栄作と直人の不仲を心配するなど、心優しい一面を見せるが、その反面、父親に対し言いたい事を言える直人のことを羨ましいと思っている。
芹沢麻里(30) - 吉瀬美智子
典良の妻、直人の義姉。典良との結婚は政略結婚だったが、典良の一目惚れという形で結婚。ほどなく典良の秘書の葛西と不倫関係になるが、彼女自身は裕福で幸せな生活を捨てる気はなく、葛西との関係は遊びのつもりであった。

その他[編集]

仁科江里(23) - 篠原真衣
しおりの高校時代の先輩。カフェ「ガランサス」を経営している。陽気でおしゃべりだが、しおりが事件に深入りしていくことを心配している。
真中好美 - 朝加真由美(第1話、第2話)
友雄(領)と英雄の母。昭和30年3月23日生。1997年没。英雄の葬儀の直後に心臓発作を起こして亡くなった。
熊田高広 - 森下哲夫(第1話、第2話、第8話)
栄作の顧問弁護士。弁護士になる以前は検事を務めていた。かつて傷害致死事件を起こした直人を弁護していた人物。自身の事務所に押し入った林に刺殺される。
熊田正義 - 二宮和也) (第1話:友情出演
熊田弁護士の息子。
林邦夫 - きたろう(第1話、第2話)
かつて窃盗の常習犯で、検事時代の熊田によって不当に長い懲役刑を課せられ、刑に服していた。熊田を殺害したが、領の弁護により正当防衛となる。“雨野真実”に感情をあおられる形で操られていたが、復讐を達成できたとして、むしろ“雨野真実”に感謝している。
新谷多恵 - 奥貫薫(第2-5話)
芹沢リゾートで働いている女性で、空の母親。知り合いの保証人になった結果、借金を抱え、石本の執拗な取り立てを受けていた。勘違いにより、石本の死のきっかけを作ってしまうが、領の弁護により正当防衛となる。
成瀬領 - 谷野欧太(第5話)
本物の成瀬領。1998年8月19日没。両親がおらず、当時から入院中の姉がいた。10年前に資材置場で鉄骨の下敷きになり、顔面が完全に潰れた状態で死亡する。出会いについては不明だが、友雄とは境遇が近かったことが影響してか気が合い、ホームレスのような生活であったが、少しの間一緒に過ごしていた。
成瀬真紀子 - 優香(第4-7話:特別出演
領の姉。盲目で、幼い頃から入院生活を送っており、自分の死が近いことも悟っている。人生を半ば諦めていたが、10年ものあいだ毎週かかさず見舞いに通いつめてくれる友雄の優しさにふれ、生きる希望になっていたとまで語り、領が死んで友雄が成り代わっていたことには当初から気がついていた。
池畑隆宏 - 六平直政(第4-7話)
雑誌記者。11年前の事件の折、直人を庇う記事を書いた。その数年後に栄作を告発する記事を書くが、栄作の圧力で握り潰され、勤めていた会社もクビにされる。それ以降、金のためなら違法行為も厭わないようになった。
大型モニター画面の目 - デーモン小暮閣下(第4話:特別出演
街中の建物にある大型モニターに映し出された赤い目。山野が歩道橋を降りるシーンに登場する。
藤野昭仁 - 石井愃一(第5、8話)
領が事故死した資材置場で10年以上前から働いており、友雄と領について知っている唯一の人物。
大隈和真 - 嶋田久作(第5-7話、第9話)
表向きは「オオスミ観光開発」などの事業を営む実業家だが、裏では金で何でも引き受ける裏社会の顔役として警察にも知られている。
佐々木 - 榊英雄(第6話、第8話、第9話)
大隈の手下。実行の際にはリーダー的な役回りを務め、大隈と直接連絡をとることができる。池畑を追い詰め、宗田に最後の一撃を加えようとした。
堂島勇雄 - 松澤一之
成瀬弁護士事務所事務長。
江口玲子 - 輿夏実
成瀬弁護士事務所事務員。

カメオ[編集]

第4話にて、本ドラマの宣伝課長であったデーモン小暮閣下がわずかに出演している。ただし、視聴者からは判別不能の演出であった。

主題歌・挿入歌[編集]

主題歌「truth」にはドラマ本編と重なる歌詞が書かれている。

主題歌「truth」で嵐は年間シングルランキングで初の1位を獲得した。

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

各話 放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率 備考
第1話 2008年7月4日 愛を捨てた復讐鬼―哀しき魔王 前川洋一 加藤新 14.0% 15分拡大
第2話 2008年7月11日 裏切りの罠…引き裂かれた親子!! 12.6% 5分繰り下げ
第3話 2008年7月18日 暴かれる素顔 愛とひきかえの復讐 坪井敏雄 9.2% -
第4話 2008年7月25日 狙われた魔王 地獄の門は開かれた 西田征史 10.1% -
第5話 2008年8月1日 殺人予告…!? 魔王に届く赤い封筒 片山剛 10.9% 30分繰り下げ
第6話 2008年8月8日 教えてやるよ…真犯人の正体を!! 加藤新 7.6% -
第7話 2008年8月15日 偽りの姉弟…優しい嘘が死を招く 坪井敏雄 12.1% -
第8話 2008年8月22日 許されぬ愛の終わり…復讐、再び 片山剛 11.5% -
第9話 2008年8月29日 真犯人は俺だ 知りすぎた男の悲劇 加藤新 11.5% -
第10話 2008年9月5日 一族の崩壊…死のラストカード!! 坪井敏雄 12.3% -
第11話 2008年9月12日 最後の対決死が絆を引き裂く!! 加藤新 14.1% -
平均視聴率11.4%関東地区ビデオリサーチ社調べ)

受賞歴など[編集]

  • Yahoo!ニュースの番付による満足度投票において1位を獲得[1]
  • 「第12回日刊スポーツ・ドラマグランプリ(GP)」の夏ドラマ選考で、優秀作品賞、主演男優賞(大野智)、助演男優賞(田中圭)、助演女優賞(小林涼子)、全4部門を獲得。
  • 「第12回2008年度日刊スポーツ・ドラマグランプリ (GP)」で主演男優賞(大野智)[2]、作品賞[3] を獲得。
  • 月刊TVnaviのドラマ大賞(7月-9月期)で、優秀作品賞、主演男優賞(大野智)、助演男優賞(田中圭)、助演女優賞(小林涼子)など4冠を獲得。
  • 第5回月刊TVnavi「ドラマ・オブ・ザ・イヤー2008」でも、大賞(最優秀作品賞)、最優秀主演男優賞(大野智)、2冠を獲得[4]
  • TV LIFEの第18回年間ドラマ大賞で作品賞、主演男優賞(大野智)、主題歌賞(truth)で3冠を獲得。
  • TV LIFE創刊30周年メモリアル読者が選んだ思い出NO.1ドラマ1位

原作との相違点[編集]

韓国ドラマ『魔王』のリメイクのドラマ化にあたって、韓国から日本に移ったということや、出演者の年齢等や文化、設定の違いなどから、原作との違いがある。

  • 原作では12年前の事件という設定だが、今回のドラマでは11年前の事件になっている。
  • 弁護士側の兄弟設定が逆になっており、兄が殺されたという設定から、弟が殺されたことに対しての復讐劇になっている。
  • 事件の日、英雄を刺してしまった直人が逃げ出す際に踏み潰してしまうのは、原作では領の母親の好物であるハッカ飴だが、ドラマでは領が弟の誕生日にプレゼントしたハーモニカになっている。
  • 池畑の死について、原作では交通事故死であったが、ドラマでは転落死になっている。
  • 典良は、原作では逮捕される描写のみで終わっているが、ドラマでは逮捕された後、署内で自殺している。
  • 領の死について、原作ではデシクの弟(クォンの息子(日本版でいう熊田正義)という誤認が広がっているが、本家魔王公式サイト最終回についてのコメント欄にて管理者から回答が出ている為クォンの息子ではない)に刺されているが、ドラマでは山野に刺されたことが致命傷となっている。
  • 原作では最後のスクラップ置き場で直人が死んで、領も山野の傷で死んで行くシーンで終わるがドラマでは弟が刺された場所で領と直人が死んでいる。

脚注[編集]

  1. ^ 2008年夏ドラマ 「魔王」の満足度高い(Yahoo!ニュース - 番付) - 2008年9月25日閲覧
  2. ^ 大野智が主演男優賞/日刊ドラマGP(nikkansports.com) - 2009年4月28日閲覧
  3. ^ 作品賞には「魔王」/日刊ドラマGP(nikkansports.com) - 2009年5月1日閲覧
  4. ^ 「魔王」2冠、嵐・大野がダブル受賞(SANSPO.COM) - 2009年3月22日閲覧

外部リンク[編集]

TBS系列 金曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
Around40
〜注文の多いオンナたち〜

(2008年4月11日 - 6月20日)
魔王
(2008年7月4日 - 9月12日)
流星の絆
(2008年10月17日 – 12月19日)