誰にも言えない

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

誰にも言えない(だれにもいえない)は

  1. 1993年のテレビドラマ。本項目で詳述。
  2. 2006年7月3日・10日のドラマ「中学生日記」のタイトル。
  3. 2010年11月30日に白泉社から出版されたシギサワカヤによる日本の漫画作品。

誰にも言えない
ジャンル テレビドラマ
放送時間 金曜日22:00 - 22:54(54分)
放送期間 1993年7月9日 - 9月24日(12回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 生野慈朗
横井直行
福澤克雄
脚本 君塚良一
プロデューサー 貴島誠一郎
出演者 賀来千香子
佐野史郎
野際陽子
音声 ステレオ放送
オープニング 松任谷由実真夏の夜の夢
外部リンク TBSチャンネル
テンプレートを表示

誰にも言えない』(だれにもいえない)は、TBS系列金曜ドラマ枠(毎週金曜日22:00 - 22:54、JST)で1993年7月9日から9月24日まで放送された日本のテレビドラマ。主演は賀来千香子

概要[編集]

前年の1992年に大ヒットしたドラマ『ずっとあなたが好きだった』の事実上の続編。前作の脚本家・君塚良一とプロデューサー・貴島誠一郎が再びコンビを組んで送り出したサスペンス調の恋愛ドラマ。

妻がいながらも、かつての恋人に異常な執着心を発揮する麻利夫(佐野史郎)のエキセントリックな言動がさらに強調され、事実上の主役となっている。最終的には、物語は自分自身の理不尽な愛に葛藤する麻利夫の苦悩にまで迫っていくことになる。

高木麻利夫の言動は、現在のストーカーの概念に、ほぼあてはまる[1]。そして劇中で語られる彼の育った環境も、そういった人格が発生しやすい状況である。

後年、君塚は著書で「次回予告を視聴者が見て引きつけられそうなシーンをいくつか作り、それを組み合わせて本編のストーリーを作っていった」と語っている。

『ずっとあなたが好きだった』の正式な続編と解釈することには、時代背景など随所に矛盾が存在するが、前作を意識したシーンが多数登場し、最終的に設定上の意外なつながりが明かされることが物語の鍵となっている。なお、1993年の12月29日と12月30日の16:00~17:54に放送された『誰にも言えない 総集編』には賀来千香子が『ずっとあなたが好きだった』の登場人物、美和として登場するシーンが新撮影部分として追加された。

放映終了後に発行されたノベライズ版では、加奈子・麻利夫らは1950年代後半生まれと設定され、加奈子が秘密を知った経歴もテレビドラマとは異なっている。

この作品が放映された1993年はドラマの当たり年で、民放テレビドラマで最高視聴率30%以上が5本も出たが、このドラマは前作同様好調な視聴率を叩き出し、初回24.9%と好発進した勢いが衰えることなく、最高視聴率は33.7%(関東地区、年間第2位)であった(関西では最高視聴率39.3%で年間最高視聴率)。

主題歌は松任谷由実が「真夏の夜の夢」を提供し、この曲も『ずっとあなたが好きだった』の主題歌「涙のキッス」同様大ヒットし、ミリオンセラーを記録した。

1992年10月から「金曜ドラマ」のスポンサーを務めたサントリーは、この作品に関してはPT扱いで、この作品終了をもってスポンサーから降板。時期を同じくしてTBS系で始まった、当時土曜午後11時半から放送の「極楽自由区」に筆頭スポンサーとしておさまると共に、続いて始まった「チューボーですよ!」のスポンサーとして現在に至っている。

1994年1月28日に「誰にも言えない MEMORIAL 1」「誰にも言えない MEMORIAL 2」としてVHS化されているが、これは1993年末に放送された総集編をソフト化したもので、全12話を最初から最後まで見られる完全版の形態では長らく商品化されなかった。しかし、2012年2月24日メディアファクトリーから全12話を収録したDVD-BOXDVD6枚組)が発売され、同日にレンタルも開始された。なお、レンタルでは1枚単位から借りることが可能。また、TBSオンデマンドなどでの全12話の動画配信はDVD化以前から実現しており、こちらでは1話単位からの購入・視聴が可能。

主題歌が流れるオープニングでは、撮影に使用されたマンション街の敷地を、加奈子(賀来千香子)が何者かからずっと走り逃げ惑う様子を、終始1カメラで追い続けるという当時としては画期的な演出がされていた。また、主題歌の流れる部分が第6話までと第7話以降では、最後のイントロの部分が変わっている。

また、オープニングの編成も、第6話までは開始直後にドラマのBGMが流れながらドラマタイトルが表示されCMが一度流れた後、主題歌の流れるオープニングが流れ、本編に入っていたが、第7話からは、開始冒頭からドラマ本編に突入した後にオープニング映像が流れた後に、提供スポンサークレジットが流れるという構成に変わっていた。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

北沢(松永) 加奈子
演 - 賀来千香子
短大卒業後、勤務していたデパートで知り合った麻利夫と交際、妊娠するが捨てられ、中絶をする羽目になる(高校生の頃にも中絶手術を受けている)この一件がきっかけで子供が出来にくい体になってしまう。のちに伸吾と結婚。不妊治療に通っていたが、隣に越して来た麻利夫から付きまとい行為を受け悩む。
高木(山田) 麻利夫
演 - 佐野史郎
加奈子の元恋人で弁護士。交際していた加奈子から妊娠を告げられるも、地位と財産目当てで美雪を騙し結婚。のちのち加奈子の居場所を突き止め、隣へ引っ越し、エキセントリックな言動で周囲を恐怖に陥れる。のちに父への憎悪、失踪した母への思いが明らかになる。ノベライズ版では、1957年3月28日生まれ。母の名は芳江と設定されている。

山田家[編集]

山田 美雪
演 - 山咲千里
山田書房の跡取り娘で、結婚後もスチュワーデスの仕事を続けていた。一見、ワガママで甘えん坊にも見えるが、麻利夫に対して健気な想いを抱く。後に麻利夫と加奈子の過去を知ると、「嘘をついた」事で麻利夫に強烈なおしおきを据える。のちに麻利夫との離婚を強要した母に反発。やり直しと母からの自立を決意する。男児を出産後は穏やかな性格となり、再会した加奈子に笑顔を見せた。
山田 愛子
演 - 野際陽子
山田書房の社長で美雪の母。美雪に対して甘い面がある。後に麻利夫を社長に昇格させるが…。占いを信じている。

松永家[編集]

松永 伸吾
演 - 羽場裕一
加奈子の夫。さっぱりした気性・体育会系的な面と同時に、思慮の浅さ・学歴などへのコンプレックスが見受けられ、山田麻利夫の罠にはまり、山田書房へ転職した事もある。趣味は釣りなど。異常なキャラクター群の中では平凡ではあるが、前科(不可抗力ではあるが)やゲイ疑惑といった隠された過去を持っていた。

栗林家[編集]

栗林 俊治
演 - そのまんま東(現・東国原英夫
加奈子達の住むマンションの自治会長。少々、お節介な面が見られる。略奪婚だったというセリフがあることから、和美とは再婚の様子。
栗林 和美
演 - 中村綾
栗林の妻で加奈子の友人。話好きで気さくな性格。涙もろい一面がある。娘の名は理恵。

その他[編集]

森岡 真一(産婦人科医)
演 - 長谷川初範
加奈子が不妊治療に通う産婦人科の医師。

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

話数 放映日 サブタイトル 演出 視聴率
第1話 1993年7月09日 私を凌辱した男 生野慈朗 24.9%
第2話 1993年7月16日 隣に棲む悪魔 19.9%
第3話 1993年7月23日 罠に堕ちていく夫 横井直行 17.0%
第4話 1993年7月30日 不幸を呼ぶ蛇 23.1%
第5話 1993年8月06日 恥ずかしい写真 生野慈朗 19.1%
第6話 1993年8月13日 八月の濡れた抱擁 20.7%
第7話 1993年8月20日 深夜のお仕置き 横井直行 21.8%
第8話 1993年8月27日 お義母さんが好き 福澤克雄 24.7%
第9話 1993年9月03日 夫をレイプした男 生野慈朗 26.1%
第10話 1993年9月10日 地獄に堕ちる蛇 横井直行 26.6%
第11話 1993年9月17日 加奈子の逆襲 生野慈朗 27.6%
最終話 1993年9月24日 REINCARNATION 33.7%
平均視聴率 23.8%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

脚注[編集]

  1. ^ 放映当時はストーカーという用語は普及しておらず、劇中でも一切使用されていなかった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

TBS系列 金曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
わたしってブスだったの?
(1993.4.16 - 1993.7.2)
誰にも言えない
(1993.7.9 - 1993.9.24)
徹底的に愛は…
(1993.10.15 - 1993.12.24)