西條八十

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西條八十

西條 八十(さいじょう やそ、男性、1892年明治25年)1月15日 - 1970年昭和45年)8月12日)は、日本詩人作詞家仏文学者

親戚に外交官の石井菊次郎久保田貫一郎がいる。長男の西條八束陸水学者。長女の三井ふたばこ(西條嫩子)も詩人。孫の西條八兄はエレキギター製作者。

漢字表記は旧字体の西條が正しいが、現在では新字体の西条も多く見られる。

生涯[編集]

東京府東京市牛込区牛込払方町(現在の東京都新宿区払方町)出身。実家は大久保周辺に土地を持つ大地主。1898年(明治31年)、桜井尋常小学校に入学。松井喜一校長に影響を受ける。旧制早稲田中学(現早稲田中学校・高等学校)在学中に吉江喬松と出会い生涯の師と仰ぐ。吉江に箱根の修学旅行で文学で身を立てたいと打ち明け、激励を受ける。中学時代に英国人女性から英語を学んだ。正則英語学校(現在の正則学園高等学校)にも通い、早稲田大学文学部英文科卒業。早稲田大学在学中に日夏耿之介らと同人誌『聖盃』(のち『仮面』と改題)を刊行。三木露風の『未来』にも同人として参加し、1919年大正8年)に自費出版した第一詩集『砂金』で象徴詩人としての地位を確立した。後にフランスへ留学しソルボンヌ大学でポール・ヴァレリーらと交遊、帰国後早大仏文学科教授戦後は日本音楽著作権協会会長を務めた。1962年日本芸術院会員。

象徴詩の詩人としてだけではなく、歌謡曲作詞家としても活躍し、佐藤千夜子が歌ったモダン東京の戯画ともいうべき「東京行進曲」、戦後の民主化の息吹を伝え藤山一郎の躍動感溢れる歌声でヒットした「青い山脈」、中国の異国情緒豊かな美しいメロディー「蘇州夜曲」、古賀政男の故郷風景ともいえる「誰か故郷を想わざる」「ゲイシャ・ワルツ」、村田英雄の男の演歌、船村メロディーの傑作「王将」など無数のヒットを放った。

また、児童文芸誌『赤い鳥』などに多くの童謡を発表し、北原白秋と並んで大正期を代表する童謡詩人と称された。薄幸の童謡詩人・金子みすゞを最初に見出した人でもある。

エピソード[編集]

  • 名前筆名ではなく、本名である。両親は、苦しいことがないようにと、「苦」に通じる「」を抜いた「」と「」を用いて命名した。
  • 天麩羅屋経営で糊口をしのいでいた時期がある。
  • 森村誠一の小説『人間の証明』の中で、『ぼくの帽子』(『コドモノクニ』)が引用された。1977年に映画化の際、引用されたセリフはキャッチコピーとして使われ、有名となった。なおテレビドラマは、4度製作放映された(2009年8月現在)。
  • 1967年に作詞した「夕笛」は舟木一夫によって歌われ、最後のヒット曲となったが、三木露風の「ふるさとの」に酷似していたことから一時盗作騒ぎになった。八十は「露風本人の了解を得ていた」と弁明し、露風の遺族も特段異議を申し立てなかったため、真相不明のまま終息している。
  • 担当編集者の回想に、宮田毬栄『追憶の作家たち』(文春新書、2004年)があり、第2章に晩年の八十が描かれている。著者は友人の詩人大木惇夫の次女である。
  • 西條が『砂金』に収録した『トミノの地獄』という詩があり、この詩を声に出して朗読すると「呪いに罹って死ぬ」と噂されている。いわゆる都市伝説が存在する。内容は「トミノ」という少年が地獄するという内容で、これは西條が亡くなった父もしくは妹に奉げる為に書いたとされるが詳しいことは不明。 

主な著作[編集]

  • 『西條八十全集』 (全17巻 国書刊行会刊 1991年-2007年)
  • 『西條八十著作目録・年譜』 (中央公論事業出版 1972年)
同刊行委員会、西條八束編 

研究書・著作[編集]

詩集(象徴詩・純粋詩)[編集]

  • 『砂金』(1919年、自費出版)(復刻:日本図書センター、2004年)
  • 『見知らぬ愛人』(1922年)
  • 『美しき喪失』(1929年)
  • 『一握の玻璃』(1947年)

詩集(その他)[編集]

  • 『空の羊』
  • 『少女純情詩集』 (国書刊行会で復刻、1984年)
  • 『水色の夢』
  • 『西條八十詩集』 (角川春樹事務所:ハルキ文庫で再刊、2004年)ISBN 4758430942

訳詩集[編集]

  • 『白孔雀』(1920年)(岩波文庫で再刊、2013年10月)
  • 『世界童謡集』(1924年)水谷まさる共訳 (冨山房百科文庫で再刊、1991年)

童謡[編集]

  • 『西條八十 名作童謡西条八十…100選』
上田信道編 (春陽堂書店、2005年)

歌謡曲(流行歌)[編集]

小説[編集]

1924年(大正13年)3月「少女倶楽部」読みきり『はかなき誓』から、1960年(昭和35年)11月「なかよし」連載『笛をふく影』まで、少女雑誌に多くの少女小説を連載し、多く刊行され大人気を博した。

 ※外部リンク「西條八十児童小説リスト」参照

校歌・社歌[編集]

「西條八十全集 第10巻」(歌謡・民謡3/社歌・校歌)収録作品に
未収録作品には、
  • 明治大学校歌』(「児玉花外」作詞とされているが、西條の作である)
 ※外部リンク「西條八十 団体歌リスト」参照

軍歌[編集]

伝記[編集]

  • 上村直己 『西条八十とその周辺 論考と資料』(近代文芸社 2003年)
  • 吉川潮『流行歌 西條八十物語』(新潮社、2004年) ISBN 4-10-411804-4  
  • 斎藤憐『ジャズで踊ってリキュルで更けて 昭和不良伝 西條八十 』(岩波書店、2004年) ISBN 4-00-023404-8
  • 斎藤憐 『カナリア 西条八十物語』(而立書房、2000年)
  • 筒井清忠『西條八十』(中公叢書、2005年) ISBN 412-0036235、中公文庫、2008年、 ISBN 412-2050855
  • 筒井清忠『西條八十と昭和の時代』(ウェッジ、2005年) ISBN 4-900594-84-9
  • 西条嫩子『父西条八十』(中央公論社 のち中公文庫、1978年)
  • 西条嫩子『父西条八十は私の白鳥だった』  (集英社文庫 1990年)
  • 西條八束『父・西條八十の横顔』(西條八峯編、風媒社、2011年)

外部リンク[編集]