徳山璉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
とくやま たまき
徳山 璉
徳山 璉
生年月日 1903年7月27日
没年月日 1942年1月28日(満38歳没)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県高座郡藤沢町(現在の同県藤沢市
職業 声楽家バリトン)、流行歌手、映画俳優
ジャンル レコードトーキー
活動期間 1930年 - 1942年
著名な家族 徳山陽 子息
主な作品
侍ニッポン

徳山 璉(とくやま たまき、1903年7月27日 - 1942年1月28日)は、戦前から戦中に活躍した日本の声楽家バリトン)・流行歌手である。似た名前のソプラノ歌手三浦環(みうらたまき)は女性だが、徳山璉は男性である。

人物・来歴[編集]

日の丸行進曲』(1938年)
国民進軍歌』(1940年)

1903年(明治36年)7月27日神奈川県高座郡藤沢町(現在の同県藤沢市)の開業医の家に生まれた。

開校したばかりの逗子開成中学校(現在の逗子開成高等学校)を経て、1928年(昭和3年)、東京音楽学校声楽科(現在の東京芸術大学音楽学部声楽科)を卒業。武蔵野音楽学校(現在の武蔵野音楽大学)の教師になったが、流行歌手として日本で初めて大スターになった佐藤千夜子のピアノ伴奏をした縁で、1930年(昭和5年)、ビクターから『叩け太鼓』で流行歌手としてデビュー。翌年には『侍ニッポン』が大ヒットとなった。その後も『ルンペン節』や、四家文子と共演の『天国に結ぶ戀』など数多くのヒット曲に恵まれた。『隣組』、『歩くうた』など、国民歌謡からヒットした曲もある。

一方、声楽家としても活躍し、ジョルジュ・ビゼーのオペラ『カルメン』のエスカミーリョが当たり役であった。ベートーヴェンの『交響曲第9番』の演奏にも、バリトン・ソロとして何回か出演している。昭和10年代前半には古川ロッパ一座に入り、『ガラマサどん』、『東海道中膝栗毛』などの舞台に出演したり、「シネオペレッタ」と呼ばれた音楽映画にも出演するなど幅広く活躍した。

レコードとして残っているのはほとんどが流行歌だが、明るく軽やかなバリトンで、小節などの「邦楽的」な発声法は全く使われていない。音楽学校出身の歌手としては珍しく、コミック・ソングも得意とし『マルマル節』『歌ふ弥次喜多』(古川ロッパと共演)など多数の傑作を遺している。

ルンペン(ホームレス)・療養所・盲学校などへの慰問活動にも熱心で、東京の盲学校で全盲の生徒に自慢の太鼓腹を触らせ、「お相撲になっていたら今頃は双葉山を負かしていたかもね」などと笑わせたという話も残っている。

1935年結婚し、藤沢町鵠沼に新居を構えた。私生活面では、外見の豪放磊落さとは反対の小心な性格で、勝ち気な妻に頭が上らず、かなりいじめられたが、友人たちにはさも楽しそうにそのことを話していたという。人気絶頂のころの1942年(昭和17年)1月28日敗血症のため死去。満38歳没。友人の古川ロッパは舞台出演中に徳山の訃報を聞いて衝撃を受け、弔問であたりはばからず号泣した。墓所は常光寺(藤沢市)

息子には、ジャズ・ピアニストの徳山陽がいる。

おもなディスコグラフィ[編集]

フィルモグラフィ[編集]

すべて出演作である[1]

主なオペラ出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

参照[編集]

  1. ^ 徳山璉、日本映画データベース、2010年2月6日閲覧。
  2. ^ 増井敬二・昭和音楽大学オペラ研究所『日本オペラ史 ~1952』(水曜社、2003)p209
  3. ^ 増井p236
  4. ^ 増井p227

参考文献[編集]

外部リンク[編集]