伏見信子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ふしみ のぶこ
伏見 信子
伏見 信子
本名 伏見 延子
ふしみ のぶこ
別名 伏見 延江
生年月日 1915年10月10日(98歳)
出生地 日本の旗 日本東京府東京市浅草区小島町
民族 日本人
職業 女優
ジャンル 映画舞台
活動期間 1926年 - 1947年
配偶者 松平晃
家族 姉:伏見直江

伏見 信子(ふしみ のぶこ、1915年大正4年)10月10日 ‐ )は昭和期の女優。本名伏見 延子。

経歴[編集]

東京市浅草区小島町出身。同志社女学校(現・同志社女子中学校・高等学校)高等女学部卒業。 父が新派の俳優で、早くから姉の直江と共に舞台の子役などで新派の舞台に出演。 1926年(大正15年)、姉と帝国キネマに入社。

1927年昭和2年)、姉伏見直子=伏見直江と阪東妻三郎プロへ移籍し、同年11月、日活大将軍現代劇部に入社。 時代劇部へと移り、「大地に立つ」、「小市民」に主演。

1928年(昭和3年)、同志社女学校高等女学部に入学。4年通学の傍ら「春または丘へ」の主役を務める。 1931年(昭和6年)、「御誂次郎吉格子」で大河内伝次郎と共演。同年日活を退社。
この頃、六大学のスター選手・、明治大学田部武雄と交際していた[1]

1933年(昭和8年)、松竹蒲田に入社。五所平之助監督「十九の春」主演をキッカケに人気女優に。

小津安二郎監督の「出来ごころ」に大日方伝と共演し、人気を不動のものとする。

1934年(昭和9年)、東京宝塚劇場専属に。

1935年(昭和10年)、新興キネマに姉と共に移籍。

大泉で「稽古扇」、「暁の麗人」に主演。 「初恋日記」の主題歌「花言葉の唄」では、歌手松平晃と共演し一世を風靡。後に松平と結婚(後に離婚)。

1937年(昭和12年)、松竹下加茂に入社。坂東好太郎高田浩吉らと共演。

1940年(昭和15年)退社。1941年(昭和16年)から舞台に立ち、その後は楽団を結成して、1947年(昭和22年)まで活躍し引退。後に再婚し、飲食店などを経営した。

1971年(昭和46年)、東京12チャンネルの音楽番組「なつかしの歌声」に出演。元夫である松平晃とのデュエット曲「花言葉の唄」や「初恋日記」などを披露した。

脚注[編集]

  1. ^ 菊池清麿『天才野球人 田部武雄』彩流社、2013年、69頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]