五所平之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ごしょ へいのすけ
五所 平之助
五所 平之助
1951年新東宝製作『わかれ雲』スタジオスチル
生年月日 1902年1月24日
没年月日 1981年5月1日(満79歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京市神田区
(現 : 東京都千代田区
民族 日本人
職業 映画監督
ジャンル 映画

五所 平之助(ごしょ へいのすけ、1902年明治35年)1月24日 - 1981年昭和56年)5月1日)は、昭和時代の映画監督。日本最初の国産トーキー映画『マダムと女房』の監督として有名である。本名は五所 平右衛門(ごしょ へいえもん)

来歴・人物[編集]

東京市神田区鍋町(現・千代田区内神田3丁目)に、乾物問屋の息子として生まれる。慶應義塾商工学校卒業。父の友人の息子である島津保次郎の口添えもあり、1923年(大正12年)、松竹蒲田撮影所へ入社する。

島津の助監督を経て、1925年(大正14年)、原作、脚本も手がけた『南島の春』で監督デビューした。引き続き、『彼女』、『恥しい夢』、『村の花嫁』など、ユーモアあふれたそれでいて叙情性豊かな作品を次々と発表する。

こうした作風は、小市民の生活をユーモラスに描いた『マダムと女房』において頂点に達する。また、山本有三原作の『生きとし生けるもの』においては社会派的側面を強く打ち出し、戦時中に撮った『新雪』は興行的にも大ヒットとなった。

戦後になると、椎名麟三の『無邪気な人々』を映画化した『煙突の見える場所』を発表し、「新スタイルの笑い」を提供した。また、ベストセラーとなった原田康子の『挽歌』を久我美子主演で映画化し、大ヒットさせた。また、竹田人形座の協力によって作られた人形映画『明治はるあき』は本格的な人形映画として有名である。この映画で使用された、五所をかたどった人形をはじめ、遺品の一部は東京国立近代美術館フィルムセンターに寄贈されている。

1941年(昭和16年)、紫綬褒章、1947年(昭和22年)勲四等旭日小綬章受章。

俳人としても知られており、「春燈」同人として「五所亭」という俳号で活躍した。句集に『わが旅路』『生きる 五所平之助百句集』が、回想記に『わが青春』、(各永田書房)がある。

代表作[編集]

  • 『南島の春』 (1925)
  • 『彼女』 (1926)
  • 『寂しき乱暴者』 (1927)
  • 『恥しい夢』 (1927)
  • 『からくり娘』 (1927)
  • 『村の花嫁』 (1928)
  • 新女性鑑』 (1929)
  • 親父とその子』 (1929)
  • マダムと女房』 (1931)
  • 天国に結ぶ恋』 (1932)
  • 伊豆の踊子』 (1933)
  • 『十九の春』 (1933)
  • 『生きとし生けるもの』 (1934)
  • 『人生のお荷物』 (1935)
  • 『新道』 (1936)
  • 『木石』 (1940)
  • 新雪』 (1942)
  • 『今ひとたびの』 (1947)
  • 『わかれ雲』 (1951)
  • 『煙突の見える場所』 (1953)
  • 『愛と死の谷間』 (1954)
  • 『鶏はふたたび鳴く』 (1954)
  • たけくらべ』 (1955)
  • 『黄色いからす』 (1957)
  • 挽歌』 (1957)
  • 『蟻の街のマリア』 (1958)
  • 『白い牙』 (1960)
  • 『猟銃』 (1961)
  • 『かあちゃんと11人の子ども』 (1966)
  • 女と味噌汁』 (1968)
  • 『明治はるあき』 (1968)