五所平之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ごしょ へいのすけ
五所 平之助
五所 平之助
『わかれ雲』(1951年)スタジオスチル
本名 五所 平右衛門
別名 桃園狂太
五所亭(俳号)
生年月日 1902年1月24日
没年月日 1981年5月1日(満79歳没)
出生地 日本の旗 日本東京市神田区
(現:東京都千代田区
民族 日本人
職業 映画監督脚本家俳人
ジャンル 映画
主な作品
マダムと女房
煙突の見える場所

五所 平之助(ごしょ へいのすけ、1902年1月24日 - 1981年5月1日)は、日本映画監督脚本家俳人。日本最初の国産トーキー映画『マダムと女房』の監督として有名である。本名は五所 平右衛門(ごしょ へいえもん)。俳号は五所亭。

来歴・人物[編集]

東京市神田区鍋町(現・千代田区内神田3丁目)に、乾物問屋を営む父・平助の妾腹の子として生まれる。生みの母は新富町で芸者をしていた。5歳の時に長男が亡くなり、母のもとを離れて後継ぎにされた。1921年歩兵第1連隊に志願入隊し、見習士官で予備となる。1923年慶應義塾商工学校卒業後、城戸四郎との出会いがきっかけで、父の友人の息子である島津保次郎の口添えもあって、松竹蒲田撮影所へ入社する。

島津の助監督を経て、1925年、原作、脚本も手がけた『南島の春』で監督デビューした。このころ、少尉として軍に再入隊するも予備役となる。松竹に戻ってからは引き続き、『彼女』『恥しい夢』『村の花嫁』など、小市民の生活をユーモアに描いた叙情性豊かな作品を次々と発表。こうした作風は、日本初のオールトーキー映画となった『マダムと女房』において頂点に達した。また、山本有三原作の『生きとし生けるもの』においては社会派的側面を強く打ち出している。ほか川端康成の代表作の映画化第1作である『伊豆の踊子』や『人生のお荷物』などを発表。また、『村の花嫁』以降田中絹代をたびたび主演に起用しており、20本の監督作品で田中が主演している。

1936年肺結核に侵されて数ヶ月間休養するが、『新道』で復帰。『木石』発表後、城戸四郎と揉めて松竹を退社。1942年大映に移籍。同年に撮った『新雪』は興行的にも大ヒットした。

1945年3月下旬、応召命令が下される。それまでも演習に何度か応召されていたが、赤紙が出たのはこれが初めてであった。歩兵第49連隊に向かうが、その翌日体格検査で病弱のため1年間延期とされ即日帰郷、そのまま終戦を迎えた[1]

戦後、再び松竹へ復帰するが『伊豆の娘たち』の1作限りで東宝に入社。恋愛ものの『今ひとたびの』などを発表するが、折から東宝争議が発生。五所は組合側につき、今井正伊藤武郎亀井文夫らと砧撮影所に立てこもった。しかし、1950年に争議が終結し五所は東宝を去ることになった。

1951年、平尾郁次らとともに独立プロ・スタジオ8を結成し、新東宝と提携した。1953年、スタジオ8製作で椎名麟三の『無邪気な人々』を映画化した『煙突の見える場所』を発表。ベルリン国際映画祭国際平和賞を受賞した。これを機に椎名とのコンビで日活で『愛と死の谷間』、新東宝で『鶏はふたたび鳴く』を撮っている。ほかにも『大阪の宿』や、大ヒットした『挽歌』などを発表。一貫して市井の人々を描き、庶民派監督として知られた。

1957年歌舞伎座製作による『黄色いからす』がゴールデングローブ賞外国語映画賞を受賞。1960年代はフレンドプロの製作による『恐山の女』や東芝日曜劇場で放送されている池内淳子主演の『女と味噌汁』シリーズを映画化した『女と味噌汁』などを発表した。

1964年からは1963年に逝去した小津安二郎に代って日本映画監督協会理事長を16年間にわたって務めた。

1968年には竹田人形座の協力によって作られた本格的な人形映画『明治はるあき』を監督している。この映画で使用された、五所をかたどった人形をはじめ、遺品の一部は東京国立近代美術館フィルムセンターに寄贈されている。

1966年紫綬褒章を、1972年勲四等旭日小綬章を受章。

俳人としても知られており、「春燈」同人として五所亭という俳号で活躍した。俳人協会の監事も務め、句集に『わが旅路』『生きる 五所平之助百句集』(各永田書房)がある。

1981年5月1日、死去。享年79。松尾芭蕉の『奥の細道』の映画化が晩年の夢であったという。回想記に『わが青春』(永田書房)がある。

エピソード[編集]

助監督時代にコマ鼠のようにまめに動きまわるため、「チョコ平」と渾名されていた。また1924年に新年のご挨拶回りに同行した際、当時のスター女優である東栄子の彼氏であった撮影技師の小田浜太郎から秘かに東の護衛を頼まれていたという。

東宝争議が起きていたとき、東宝に所属していた五所は松竹大船撮影所の撮影所長である月森仙之助に「東宝が今、ああいうことになっているから、何かあったら一本」と言っていたと大庭秀雄が語っている。

監督作品[編集]

  • 南島の春(1925年)
  • 彼女(1926年)
  • 寂しき乱暴者(1927年)
  • 恥しい夢(1927年)
  • からくり娘(1927年)
  • 村の花嫁(1928年)
  • 新女性鑑(1929年)
  • 親父とその子(1929年)
  • マダムと女房(1931年)
  • 天国に結ぶ恋(1932年)
  • 伊豆の踊子(1933年)
  • 十九の春(1933年)
  • 生きとし生けるもの(1934年)
  • 人生のお荷物(1935年)
  • 新道(1936年)
  • 木石(1940年)
  • 新雪(1942年)
  • 今ひとたびの(1947年)
  • わかれ雲(1951年)
  • 煙突の見える場所(1953年)
  • 愛と死の谷間(1954年)
  • 鶏はふたたび鳴く(1954年)
  • たけくらべ(1955年)
  • 黄色いからす(1957年)
  • 挽歌(1957年)
  • 蟻の街のマリア(1958年)
  • 白い牙(1960年)
  • 猟銃(1961年)
  • 恐山の女(1965年)
  • かあちゃんと11人の子ども(1966年)
  • 女と味噌汁(1968年)
  • 明治はるあき(1968年)

脚注[編集]

  1. ^ ノーベル書房編集部編『陸軍郷土歩兵聯隊写真集 わが聯隊』 ノーベル書房、1979年。p80