鬼平犯科帳 (中村吉右衛門)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鬼平犯科帳 > 鬼平犯科帳 (テレビドラマ) > 鬼平犯科帳 (中村吉右衛門)

鬼平犯科帳』(おにへいはんかちょう)は、フジテレビ系列で1989年7月より放映されているテレビ時代劇である。原作は池波正太郎鬼平犯科帳』。主演は二代目中村吉右衛門。製作は松竹松竹京都撮影所)。

概要[編集]

  • 火付盗賊改方長官・長谷川平蔵を主人公とする捕物帳で、あらゆる難事件を鬼の平蔵こと長谷川平蔵を中心に火付盗賊改方の役人と密偵たちが解決していくというものである。
  • かつて、吉右衛門の実父である八世松本幸四郎の当たり役であり、父子二代で演じ継がれることとなった。

放送期間[編集]

  • 第1シリーズから第8シリーズまで毎週水曜20:00 - 20:54に放送。
  • 第9シリーズが毎週火曜19:59~20:54に放送。同シリーズを最後にレギュラー放送は終了。
  • 平成元年から平成13年までの13年間の第9シリーズまで全138話放送。
  • 1995年に「鬼平犯科帳 劇場版」が公開。
  • スペシャルドラマが2005年から、金曜プレステージ枠で定期的に放送されている。

主なスタッフ[編集]

  • 原作:池波正太郎(「オール読物」連載、文藝春秋・刊)
  • 企画:市川久夫(松竹)、鈴木哲夫(フジテレビジョン)
  • 脚本:小川英、金子成人 他
  • 音楽:津島利章
  • 監督:小野田嘉幹 他
  • 撮影:伊佐山 巌 他
  • 現像・VTR編集:IMAGICA
  • 制作:松竹、フジテレビジョン
  • 製作著作:松竹

レギュラー出演者[編集]

火付盗賊改方[編集]

与力
  • 佐嶋忠介:高橋悦史(第1シリーズ〜第6シリーズ、劇場版、以後代役なし)
  • 天野甚造:御木本伸介(第1シリーズ〜第6シリーズ、劇場版、以後代役なし/萬屋版でも同じ役を務めている)
  • 小林金弥:三代目中村歌昇(現・三代目中村又五郎)(第7シリーズ〜)
同心

密偵[編集]

親族・知人[編集]

親族
  • 長谷川久栄(平蔵の妻):多岐川裕美
  • 長谷川辰蔵宣義(平蔵の嫡男):長尾豪二郎(第1シリーズ〜第4シリーズ)→東根作寿英(劇場版)
  • 三沢仙右衛門(従兄):北村和夫(第1シリーズ〜第4シリーズ)→橋爪功(スペシャル版『山吹屋お勝』)
知人ほか

第1シリーズ[編集]

(1989年7月12日 - 1990年2月21日、1990年4月4日、フジテレビ系 水曜20時台時代劇枠)

  • 第10話「一本眉」(原作「墨つぼの孫八」「一本眉」)(1989年8月20日)

※BSフジでの放映時は各話「額縁放送」(16:9画角の中に4:3画角が存在する)であるのと、映像マスターがSD画質である。(電子番組表EPG上では16:9 1125iの表記があるが、実際は4:3 525iである)また「次回予告」は付属しない。フジテレビ本放映当時と同じ提供バック(静止画)と音楽、「鬼平犯科帳 =終=」のエンド静止画もBSフジでは使われている。

第2シリーズ[編集]

(1990年4月4日 - 1991年3月27日、フジテレビ系 水曜20時台時代劇枠)

※BSフジでの放映時は各話「額縁放送」(16:9画角の中に4:3画角が存在する)であるのと、映像マスターがSD画質である。(電子番組表EPG上では16:9 1125iの表記があるが、実際は4:3 525iである)また「次回予告」は付属しない。フジテレビ本放映当時と同じ提供バック(静止画)と音楽、「鬼平犯科帳 =終=」のエンド静止画もBSフジでは使われている。

第3シリーズ[編集]

(1991年11月20日 - 1992年5月13日、フジテレビ系 水曜20時台時代劇枠)

  • 第11話「夜鷹殺し」(1992年3月4日)

第4シリーズ[編集]

(1992年12月2日 - 1993年5月12日、フジテレビ系 水曜20時台時代劇枠)

  • 第14話「ふたり五郎蔵」(スペシャル)(1993年3月31日)

第5シリーズ[編集]

(1994年3月9日 - 1994年7月13日、フジテレビ系 水曜20時台時代劇枠)

第6シリーズ[編集]

(1995年7月19日 - 1995年11月1日、フジテレビ系 水曜20時台時代劇枠)

  • 第9話「迷路」(スペシャル)(1995年9月20日)

劇場版[編集]

(1995年11月15日公開)

第7シリーズ[編集]

(1996年8月21日 - 1996年9月4日、1997年4月16日 - 1997年7月16日、フジテレビ系 水曜20時台時代劇枠)

第8シリーズ[編集]

(1998年4月15日 - 1998年6月10日、フジテレビ系 水曜20時台時代劇枠)

第9シリーズ[編集]

(2001年4月17日 - 2001年5月22日、フジテレビ系 火曜20時台時代劇枠)

  • 第1話「大川の隠居」(スペシャル)(原作:「大川の隠居」「掻掘のおけい」「流星」)(2001年4月17日)

スペシャル[編集]

(2005年 - 、フジテレビ系 金曜プレステージ枠)

ナレーション[編集]

  • 中西龍(第1〜第8シリーズ、終盤はオープニングと予告のみ)
  • 仁内建之(第7・第8シリーズ)
  • 能村太郎(第8シリーズ〜現在)

テーマ音楽・オープニングとエンディング[編集]

オープニング[編集]

  • オープニングでは、以下の共通ナレーションがある。

「何時の世にも、悪は絶えない。その頃、徳川幕府は火付盗賊改方と云う特別警察を設けていた。凶悪な賊の群れを容赦なく取り締まる為であった。独自の機動性を与えられた、この火付盗賊改方の長官こそが、長谷川平蔵、人呼んで「鬼の平蔵」である。」
以上のナレーションがあり、映像は馬に乗った平蔵が市中を走り抜けるシーンや賊の群れや盗賊などを捕縛するシーンが続き、第二期からはオープニングの後半部に鬼平(長谷川平蔵)達が船で川を進むシーンなどが追加された。オープニングの音楽は、勇ましいトランペットやトロンボーンなどの金管楽器を主体としつつも、電子ドラムなどの打楽器音も加えられたダイナミック感のある時代劇に即した音楽が奏でられている。

エンディング[編集]

  • 吉右衛門主演の鬼平犯科帳において印象深いものの1つに、「日本の四季折々に彩られた」中で営まれる『人々の生活の風景』をちりばめたエンディングがある。ジプシー・キングス『インスピレイション』をテーマ音楽に用い、春(桜)、夏(花火)、秋(紅葉)、冬(雪)といった日本の四季に代表されるシーンに加え、菖蒲や紫陽花等といった季節相応の花を主体とした風景、梅雨時期に見られるにわか雨模様や夏の風鈴売りや冬のそば屋台等に見られる人々の生きる営みを映像化するなど、町人文化の彩りを活き活きと表現している。このコンセプトは後に「剣客商売」のオープニングなどにも形を変えながら引き継がれた。
ロケ地
  • 桜・五重の塔/仁和寺
  • 桜・屋形船/大覚寺(大沢池)
  • 桜・運河/近江八幡
  • 寺社・縁日/清凉寺
  • 菖蒲/梅宮大社
  • 紫陽花・雨の橋/園部川魔気橋
  • 風鈴売りと茶屋/今宮神社
  • 紅葉/東福寺(通天橋)

映像ソフト[編集]

第1~第9シリーズ、スペシャル版などのDVDが松竹ホームビデオから発売されている。また、デアゴスティーニ・ジャパンからDVDつきマガジン「隔週刊 鬼平犯科帳 DVDコレクション」が、新潟県において先行販売を2010年5月24日に開始、全国販売が2010年9月14日に開始された。

外部リンク[編集]

フジテレビ系 火曜20時台
前番組 番組名 次番組
火曜ワイドスペシャル(第3期)
※19:00-20:54
鬼平犯科帳(第9シリーズ)
(ここから火曜時代劇
剣客商売(第3シリーズ)