清凉寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
清凉寺
Seiryoji-hondou.jpg
本堂
所在地 京都府京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46
位置 北緯35度1分24.57秒 東経135度40分27.44秒 / 北緯35.0234917度 東経135.6742889度 / 35.0234917; 135.6742889座標: 北緯35度1分24.57秒 東経135度40分27.44秒 / 北緯35.0234917度 東経135.6742889度 / 35.0234917; 135.6742889
山号 五台山(ごだいさん)
宗派 浄土宗
本尊 釈迦如来(国宝)
創建年 寛和3年(987年
開基 奝然
別称 嵯峨釈迦堂
札所等 京都十三仏霊場2番
文化財 木造釈迦如来立像及像内納入品、木造阿弥陀三尊坐像ほか(国宝)
紙本著色融通念仏縁起2巻、木造文殊菩薩騎獅像ほか(重要文化財)
テンプレートを表示

清凉寺(せいりょうじ)は、京都府京都市右京区嵯峨にある浄土宗寺院。山号を五台山(ごだいさん)と称する。嵯峨釈迦堂(さがしゃかどう)の名で知られ、中世以来「融通念仏の道場」としても知られている。宗派は初め華厳宗、後に浄土宗となる。本尊は釈迦如来、開基(創立者)は奝然、開山(初代住職)はその弟子の盛算(じょうさん)である。

歴史[編集]

棲霞寺[編集]

この寺の歴史には、阿弥陀三尊を本尊とする棲霞寺(せいかじ)と、釈迦如来を本尊とする清凉寺という2つの寺院が関係している。この地には、もともと、嵯峨天皇の皇子・左大臣源融822年 - 895年)の別荘・栖霞観(せいかかん)があった。源融の一周忌に当たる寛平8年(896年)、融が生前に造立発願して果たせなかった阿弥陀三尊像を子息が造り、これを安置した阿弥陀堂を棲霞寺と号した。その後天慶8年(945年)に、重明親王妃が新堂を建て、等身大の釈迦像を安置した。一説では、「釈迦堂」の名の起こりはこの時であるという。

清凉寺[編集]

棲霞寺草創から数十年後、当時の中国・に渡り、五台山(一名、清凉山)を巡礼した奝然(938-1016)という東大寺出身の僧がいた。奝然は、宋へ渡航中の985年、台州の開元寺で現地の仏師に命じて1体の釈迦如来像を謹刻させた。その釈迦像は、古代インドの優填王(うてんおう)が釈迦の在世中に栴檀の木で造らせたという由緒を持つ霊像を模刻したもので、「インド - 中国 - 日本」と伝来したことから「三国伝来の釈迦像」と呼ばれている。奝然は、永延元年(987年)日本に帰国後、京都の愛宕山を中国の五台山に見立て、愛宕山麓にこの釈迦像を安置する寺を建立しようとした。奝然は、三国伝来の釈迦像をこの嵯峨の地に安置することで、南都系の旧仏教の都における中心地としようとしたものと思われる。すなわち、都の西北方にそびえる愛宕山麓の地に拠点となる清凉寺を建立することで、相対する都の東北方に位置する比叡山延暦寺と対抗しようとした、という意図が込められていたとされる。しかし、延暦寺の反対にあい、その願いを達しないまま長和5年(1016年)、奝然は没した。かれの遺志を継いだ弟子の盛算(じょうさん)が棲霞寺の境内に建立したのが、五台山清凉寺である。 「せいりょうじ」と言う寺院は大阪、千葉、愛知等複数存在するが、京都嵯峨釈迦堂の場合は清凉寺すなわち「凉」の文字が充てられ「涼」ではない。

大念仏(融通念仏)[編集]

融通念仏との結びつきができたのは、弘安2年(1279年)以降のことである。この年、大念仏中興上人と呼ばれる円覚が、当寺で融通念仏を勤修している。その後、当寺で大念仏が盛んになり、融通念仏の道場となった。嵯峨大念仏が初めて執行されたのは、下って嘉吉3年(1443年)のこととされる。その後、応仁の乱で本寺の伽藍は焼失するが、文明13年(1481年)に再興された。

中世以降[編集]

享禄3年(1530年)に円誉が当寺に入り、初めて十二時の念仏を勤修してより、本寺は浄土宗の寺となる。釈迦堂(本堂)は、慶長7年(1602年)に豊臣秀頼によって寄進・造営されたが、その後、嵯峨の大火が類焼し、本堂以下の伽藍は被災し、また、大地震の被害もあり伽藍の破損は甚大となる。

本寺の釈迦像は、前述のとおり、10世紀に中国で制作されたものであるが、中世頃からはこの像は模刻像ではなく、インドから将来された栴檀釈迦像そのものであると信じられるようになった[1]。こうした信仰を受け、元禄13年(1700年)より、本尊の江戸に始まる各地への出開帳が始まる。また、徳川綱吉の母である桂昌院の発願で、伽藍の復興がおこなわれた。 このように、三国伝来の釈迦像は信仰を集め、清凉寺は「嵯峨の釈迦堂」と呼ばれて栄えた。一方、母体であった棲霞寺は次第に衰微したが、今に残る阿弥陀堂や、阿弥陀三尊像(国宝、現在は霊宝館に安置)に、その名残りをとどめる。

伽藍[編集]

「五台山」の額が掛かる仁王門を入ると、正面に三国伝来の釈迦像を安置する本堂(釈迦堂)があり、本堂の東側には、旧棲霞寺本尊の阿弥陀三尊像を安置していた(現在は霊宝館に安置)阿弥陀堂が、通例の阿弥陀堂とは逆に、本尊が西を向く形で配置されている。また、本堂西側には南向きの薬師寺がある。現在の本堂は元禄14年(1701年)、阿弥陀堂は文久3年(1863年)の再建である。

仁王門から本堂への参道の西側には法華経に由来する多宝塔、法隆寺夢殿を模した聖徳太子殿狂言堂などがある。狂言堂は、春の大念仏の季節には賑わいを見せる。参道を挟んだ東側には、堂の正面に傅大士(ふだいし)父子像が安置された一切経蔵輪蔵)がある。

境内には以上の他、宝物を収蔵展示する霊宝館、法然上人求道青年像、豊臣秀頼首塚などがある。

文化財[編集]

釈迦如来立像

国宝[編集]

木造釈迦如来立像および像内納入品
「歴史」の項で述べた、いわゆる「三国伝来の釈迦像」である。北宋時代の雍熈2年(985年)、仏師張延皎および張延襲の作。像高160.0cmで、伝承では赤栴檀というインドの香木で造られたとされるが、実際には魏氏桜桃という中国産のサクラ材で作られている。頭髪を縄目状に表現し、通肩(両肩を覆う)にまとった大衣に衣文線を同心円状に表すなど、当時の中国や日本の仏像とは異なった特色を示し、その様式は古代インドに源流をもつ中央アジア(西域)の仏像と共通性がみられる。当時、宋に滞在していた奝然は雍熈元年(984年)、当時の都であった開封(汴京)で優填王造立という釈迦の霊像を拝して、その模刻を志し、翌雍熈2年(985年)、台州開元寺で本像を作らせた。以上の造像経緯は像内に納入されていた「瑞像造立記」の記述から明らかであり、背板(内刳の蓋板)裏面には張延皎および張延襲という仏師の名が刻まれている。古代インドの優填王が釈迦の在世中に造らせたという釈迦像の中国への伝来については、北伝ルートと南伝ルートの2つの説がある。『釈迦堂縁起』は、当寺の釈迦像は鳩摩羅琰(くまらえん)が中央アジアの亀茲国に将来するが、その後、前秦苻堅によって奪われ、中国にもたらされたとし、北伝説をとっている。[2][3]
この釈迦像の模造は、奈良・西大寺本尊像をはじめ、日本各地に100体近くあることが知られ、「清凉寺式釈迦像」と呼ばれる。また、この像の胎内からは、造像にまつわる文書、奝然の遺品、仏教版画など多くの「納入品」が発見され、これらも像とともに国宝に指定され、この釈迦像は『小さな正倉院』ともいわれている。納入品のうち「五臓六腑」(絹製の内臓の模型)は、現存する世界最古の内臓模型であり医学史の資料としても注目される。その他、奝然の遺品としては、生誕仮名書付(臍の緒書き、最古の平仮名文字といわれる)や手形を捺した文書なども発見された(像内納入品の一覧は後出)。

木造阿弥陀三尊坐像

「歴史」の項で述べた、棲霞寺の本尊である。源融の一周忌に当たる寛平8年(896年)に完成したと思われる。

絹本著色十六羅漢像16幅

中国・北宋時代の羅漢像として唯一の遺品。東京と京都の国立博物館に8幅ずつ寄託されている。

重要文化財[編集]

  • 紙本著色釈迦堂縁起(伝元信筆)6巻 
  • 紙本著色融通念仏縁起 2巻
  • 木造文殊菩薩騎獅像
  • 木造帝釈天(伝普賢菩薩)騎象像
  • 木造地蔵菩薩立像
  • 木造毘沙門天立像
  • 木造毘沙門天坐像 - 2009年度指定。左脚を踏み下げて座す、図像的に珍しい毘沙門天像。平安時代後期。
  • 木造四天王立像
  • 木造十大弟子立像
  • 源空、証空自筆消息(2通)(附 熊谷直実自筆誓願状1巻、迎接曼荼羅2幅、迎接曼荼羅由来1巻)

指定文化財の細目[編集]

本尊釈迦如来像の正式の国宝指定名称(官報告示時の名称)は次のとおり。

木造釈迦如来立像 張延皎并張延襲作 奝然将来 (本堂安置)1躯

背板裏に「大宋国台州張延皎并弟延襲雕」反花座表に「唐国台州開元寺」「僧保寧」の刻銘がある 蓮弁葺軸底に建保六年大仏師法眼快慶修造の墨書銘がある

像内納入品一切

  • 一、紙本墨書奝然入宋求法巡礼行並瑞像造立記 僧鑑端書 1通 雍熈二年八月十八日奥書/紙本墨書入瑞像五臓具記捨物注文 奝然自署 1通 雍熈二年八月十八日奥書、造像博士張延皎等列名 1通/附:包紙(奝然封)1紙
  • 一、紙本墨書細字金光明最勝王経 奝然自署1巻 延暦二十三年三月五日書写奥書 附:竹製八双残闕
  • 一、紙本墨書細字法華経1巻 附:表紙題簽、銅製軸首一双
  • 一、版本金剛般若波羅蜜経 雍熈二年六月刊記 1帙 
  • 一、紙本版画霊山変相図 1枚
  • 一、紙本版画弥勒菩薩像 高文進画 甲申歳十月十五日刊記 1枚
  • 一、紙本版画文殊菩薩騎獅像 1枚
  • 一、紙本版画普賢菩薩騎象像 1枚
  • 一、紙本墨書義蔵奝然結縁手印状 義蔵奝然自署 天禄三年閏二月三日奥書 1通 
  • 一、紙本墨書奝然繋念人交名記 粘葉装 1帖
  • 一、紙本墨書捨銭結縁交名記 雍熈二年八月十八日匠人張延皎等奥書 1通 
  • 一、紙本墨書捨銭結縁交名記 断簡 1枚 
  • 一、紙本墨書奝然生誕書付(承平八年正月二十四日云々)1枚
  • 一、絹製五臓六腑 背皮、雍熈二年八月初五日製五蔵一副云々墨書 1副
  • 一、線刻水月観音鏡像 絹紐付 紐墨書「台州女弟子朱□娘捨帯子一条」1面 
  • 一、菩提念珠 1釧分97顆
  • 一、娑羅樹葉片 1枚
  • 一、水晶珠 1顆
  • 一、瑪瑙製耳璫 1箇
  • 一、方解石 1箇
  • 一、中国銅銭 開元通宝、乾元重宝、宋元通宝、周元通宝、唐国通宝、天漢元宝、漢元通宝等132枚
  • 一、銅製鈴子 1箇
  • 一、銀製釧子 1枚
  • 一、玻璃器 2口分
  • 一、雲母製幢 1旒
  • 一、平絹片等 平絹、秋羅、縐紗、紗、羅、纐纈、綾、錦等一括

行事[編集]

  • 嵯峨大念仏(大念仏狂言)
  • 涅槃会とお松明式(3月15日)

所在地・アクセス[編集]

  • (所在地)京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46
  • (交通)京都市営バス・京都バス嵯峨釈迦堂前バス停下車徒歩2分

著名人の墓[編集]

歴代住職(ごく近年)[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 塚本俊孝「嵯峨釈迦仏の江戸出開帳について」『釈迦信仰と清凉寺』(特別展図録)p.14
  2. ^ 井上正「奝然と優填王思慕像の東伝」『釈迦信仰と清凉寺』(特別展図録)pp.10 -11
  3. ^ 『週刊朝日百科 日本の国宝』16号、pp.6 - 165 - 169

参考文献[編集]

  • 井上靖、塚本善隆監修、瀬戸内寂聴、鵜飼光順著『古寺巡礼京都21 清凉寺』(淡交社、1978年)
  • 竹村俊則『昭和京都名所図会 洛西』(駸々堂、1983年)
  • 小泉順邦著『嵯峨大念仏狂言』(「かもがわ選書」8)(かもがわ出版、1991年) ISBN 4-87699-023-9
  • 『週刊朝日百科 日本の国宝』16号(清凉寺ほか)(朝日新聞社、1997年)
  • 『日本歴史地名大系 京都市の地名』、平凡社
  • 『角川日本地名大辞典 京都府』、角川書店
  • 『国史大辞典』、吉川弘文館
  • 『釈迦信仰と清凉寺』(特別展図録)、京都国立博物館、1982

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ギャラリー[編集]