下條アトム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
しもじょう あとむ
下條 アトム
本名 下絛アトム
生年月日 1946年11月26日(67歳)
出生地 日本の旗 日本
職業 俳優声優ナレーター
配偶者 あり
著名な家族 下條正巳(父)
田上嘉子(母)
主な作品
徳川家康

下條 アトム(しもじょう アトム、本名:同じ、1946年11月26日 - )は、東京都出身の俳優声優ナレーター)。同じく俳優の下條正巳を父に、元女優の田上嘉子を母に持つ。名前に含まれる「ジョウ」の表記において、細い枝を意味する 下 アトム を用いることが多いが、本名の正式な表記はさなだを意味する 下 アトム であり、こちらを用いられる場合がある[1]

人物[編集]

アトムという名前は本名であり、父・正巳が第二次世界大戦後間もなく生まれた息子を、将来は日本でもアメリカのように名前・苗字の順に呼ぶようになり、ローマ字の順に名簿も作られるだろうと考え、ならばアルファベットのAで始まる名前なら最初に呼ばれるという理由で、さらに「今後の原子力は戦争ではなく発電など平和のために使われるはずである」という願いを込めて、原子を意味する英語atomから名付けた。

手塚治虫の漫画『鉄腕アトム』は下條アトムの命名より後に描かれたものであり、同名となったのは偶然の一致であるというエピソードは有名である。『鉄腕アトム』の連載当時、アトムという名の少年が実在することが話題となり、当時少年だった下條は手塚治虫と対面している。

また、ウランという名前の女の子(しかも彼女の苗字は「賀来(かく)」であり、字を変えれば「核・ウラン」である)が偶然にも下條の小学生時代の同級生におり、当時のテレビ番組に2人で出演したこともある[2]。ともに現在の日本においても珍しい名前であり、これは非常にまれな出来事である。『今夜は最高!』にゲスト出演した時に『鉄腕アトム』のパロディでアトムを演じ、最後に「これ一度やってみたかった」とつぶやいている。

また、世界ウルルン滞在紀のナレーターとして、広く有名になり、彼のモノマネをする人のほとんどは、「○○で出逢った」という番組のオープニングタイトルをもじったモノマネを行う事が多い。ちなみに、元々は初回の2、3回でナレーターを降りるつもりだったが、番組の雰囲気にマッチしていた為に好評だったので、結果的に12年間も務める事となる。また、1回だけ回答席に座り話題となった。

声優としてはエディ・マーフィーの吹き替えを担当することが多い。

2005年の『仮面ライダー響鬼』には、立花勢地郎役で出演。東京都葛飾区柴又にてきびだんごを名物とする甘味処を営み、”おやっさん”の愛称で慕われる役どころ[注釈 1]であったことから、出演のオファーを受けた際は戸惑いを感じていたという[注釈 2][3]。番組終了後、「今の自分がライダースーツを着たらどう見えるか、興味がある」と雑誌のインタビューで言っており、「変身したかったのでは」と言われている。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • ふくろうと子猫ちゃん
  • ラブレター
  • とんでもない女

吹き替え[編集]

洋画・海外ドラマ[編集]

海外アニメ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

インターネットドラマ[編集]

ナレーション[編集]

ラジオドラマ[編集]

バラエティ[編集]

歌手活動[編集]

  • 俺と親父 / さよならルージュ
  • こだぬきポンポ(みんなのうた
  • ふたりは80才(みんなのうた)‐天地総子とのデュエット
  • 今、いちばんのありがとう


脚注[編集]

  1. ^ 父・正巳は、映画男はつらいよ』シリーズにおいて、葛飾柴又の帝釈天にある団子屋を営む”おいちゃん”の愛称で親しまれる男性を演じている。
  2. ^ オファーを受けたのは、父・正巳の没後、わずかな月日しかたっていない時期であったという。

出典[編集]

  1. ^ allcinema
  2. ^ 笑っていいとも!』1997年11月3日放送「テレフォンショッキング」で下條本人が語った。
  3. ^ DVD 仮面ライダー響鬼 第十一巻

外部リンク[編集]