内藤武敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ないとう たけとし
内藤 武敏
本名 内藤 武敏
生年月日 1926年6月16日
没年月日 2012年8月21日(満86歳没)
出生地 日本の旗 福岡県小倉市(現:北九州市小倉北区
死没地 神奈川県横浜市
血液型 AB
ジャンル 俳優ナレーター
活動期間 1950年 - 2008年?
活動内容 舞台、映画、テレビドラマ
事務所 さいど事務所
主な作品
ビルマの竪琴
第五福竜丸
ノストラダムスの大予言
砂の器
日本沈没
水戸黄門
獄門島
太陽にほえろ
ゴジラ
受賞
第12回芸術祭賞奨励賞

内藤 武敏(ないとう たけとし、1926年(大正15年)6月16日 - 2012年(平成24年)8月21日)は、日本俳優ナレーター星座双子座血液型AB型身長は165cm、体重60kg。さいど事務所所属。

来歴・人物[編集]

福岡県小倉市(現:北九州市小倉北区)出身。常磐高等学校卒業後、日本大学芸術学部映画学科を1941年(昭和16年)に中退。映画制作を志し、俳優養成所に入所。演出家希望だったのが、指導者の勧めで演劇コースに。

1950年(昭和25年)、宇野重吉加藤嘉北林谷栄鈴木瑞穂らと共に劇団民藝の創立に参加。以後『炎の人』、『アンネの日記』など多くの舞台に出演したが、1970年(昭和45年)に退団した。

舞台のみならず映画テレビドラマにも数多く出演。正義感に満ちた善人役から冷徹な悪役まで、幅広い役柄をこなす名脇役として知られた。

映画では、1952年に公開された吉村公三郎監督の『暴力』でデビュー。今井正監督『真昼の暗黒』で弁護士、監督デビュー作からの付き合いである熊井啓監督『帝銀事件 死刑囚』の新聞記者など、正義感の強い役など重要な役どころを演じて注目を集めた。このほか、市川崑監督『ビルマの竪琴』や小林正樹監督『人間の條件』などに出演した。また、NHK大河ドラマ『葵 徳川三代』など多数のテレビドラマに出演した。

1992年(平成4年)に公開された映画『ひかりごけ』(原作:武田泰淳)は、原作を読んだ内藤が映画化を切望しており、長年の友人である三國連太郎が主演を快諾し、親交の深い熊井啓が監督して実現させたものである。内藤自身も出演し、製作としてもクレジットされている。なお、同作品はベルリン国際映画祭に正式出品されるなど、高い評価を受けた。

また、晩年でも1995年原田眞人監督の『KAMIKAZE TAXI』で悪徳政治家を演じて注目を集めた。

2012年(平成24年)8月21日午前10時10分、悪性リンパ腫により神奈川県横浜市の病院で死去[1]。86歳没。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

ナレーション[編集]

吹き替え[編集]

テレビ番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 俳優の内藤武敏さん死去「ビルマの竪琴」など出演 朝日新聞 2012年8月29日閲覧
  2. ^ 岡田晋吉『青春ドラマ夢伝説~あるプロデューサーのテレビ青春日誌』日本テレビ放送網株式会社、2003年、p141

外部リンク[編集]