波の塔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

波の塔』(なみのとう)は、松本清張の長編小説。『女性自身』に連載され(1959年5月29日号 - 1960年6月15日号、連載中の挿絵は森田元子)、1960年6月に光文社カッパ・ノベルス)から刊行された。後に電子書籍版も発売されている。人妻と青年検事の恋愛とその行方を描く、著者の代表的長編恋愛ロマン。

1960年に松竹で映画化、また8度テレビドラマ化されている。

あらすじ[編集]

司法修習生の小野木喬夫は、観劇中に隣席の女性が気分を悪くしているのに気づき、医務室へ連れて行く。周囲にその女性の同伴者と思われているうちに、小野木は彼女をタクシーで送ることになり、そのまま縁が切れるのを惜しむ気持ちになる。一週間ほど経ち、小野木のもとに、名刺を渡した彼女-結城頼子から電話が来て、夕食の誘いを受ける。検事になった小野木は、その後も自分を誘ってくれた結城頼子を愛するようになるが、彼女は自分の住所もはっきり答えず、秘密めいたところがあった。気持ちを確かめようとする二人の運命は…。

主な登場人物[編集]

原作における設定を記述。

結城頼子
夫と愛の感じられない関係になって久しい中、演舞場で気分の悪くなったところを小野木に助けられ、以後彼と会うようになる。しかし、自分のことも周りのことも、なかなか小野木に話さずにいる。
小野木喬夫
東京地方検察庁の新米検事。古代遺跡の探索が趣味。演舞場で芝居を観覧中に頼子と出会う。地検特捜部で重大事件の捜査に関わっていたが…。
結城庸雄
頼子の夫。あちこちに愛人を持ち外泊を重ねながら、平然とした態度を通している。その仕事の実態は…。
田沢輪香子
女子大を卒業し、一人旅の最中、諏訪湖近くの古代遺跡で小野木に会い、以後小野木のことが気になってゆく。
佐々木和子
輪香子の親友。京橋の呉服屋の娘。人見知りせず、思いつくとすぐに行動する。
田沢隆義
輪香子の父親。R省の局長で、次官になるとも噂されている。
辺見博
F新聞政治部の記者。R省詰めで、輪香子の父も高く評価する。

エピソード[編集]

作品の舞台、青木ヶ原原生林
  • 小説中に東京都調布市の古刹・深大寺が舞台となるシーンがあり、「深大寺そば」も登場するが、本作の一部は実際に深大寺で執筆され、2014年現在、清張ゆかりの品目を販売するそば処も存在している。本作を担当した光文社の編集者(当時)・櫻井秀勲は、本作の取材のため、著者と櫻井と(挿絵の)森田の3人で、初夏に深大寺を訪れたが、ブヨの大群に見舞われ、刺された森田の両足が大根のように膨れたと回想している[1]
  • 本作の連載中、『女性自身』の部数は急上昇し[2]、深大寺は休日に加えて平日の行楽客、それも若いカップルが増加、門前のそば屋は「まるで小野木と頼子になった気分でデートしている」と苦笑していたという[3]
  • 本作の一部は湯村温泉 (山梨県)で執筆された。滞在ホテルは「常磐ホテル」。宿泊した部屋が現存し、2014年現在も、同部屋に宿泊可能となっている。
  • 本作の結末に関して、「頼子の自己満足ではないか」「小野木は社会的な指弾も受け職も投げうったのに、生きながらのムクロではないか」と問われた著者は、「非情に描かなければだめなんだ」と答え、連載は構想通りに終了されたとされている[4]
  • 1974年に、山梨県の青木ヶ原樹海内にて、本作を枕にした女性の白骨死体が発見された[5]。同樹海内での自殺者はその後も相次いだが、1985年には再び本作と関連付けた報道がなされた[6]

映画[編集]

波の塔
監督 中村登
脚本 沢村勉
製作 小松秀雄
出演者 有馬稲子
津川雅彦
南原宏治
音楽 鏑木創
撮影 平瀬静雄
編集 杉原よし
配給 松竹
公開 日本の旗 1960年10月30日
上映時間 99分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1960年10月30日公開。製作は松竹大船、配給は松竹。現在はDVD化されている。

キャスト
スタッフ

テレビドラマ[編集]

1961年版[編集]

フジテレビ系列の「スリラー劇場」にて、1月9日から4月24日まで全16回の連続ドラマとして放送(13:00-13:30)。

キャスト
スタッフ

1964年版[編集]

波の塔
ジャンル テレビドラマ
放送時間 月曜22:00 - 23:00
放送期間 1964年8月24日 - 11月2日(13回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NETテレビ
演出 北代博
原作 松本清張『波の塔』
脚本 植草圭之助
出演者 村松英子
早川保
テンプレートを表示

NETテレビ(後にテレビ朝日)系列の「ポーラ名作劇場」枠(22:00-23:00)にて、8月24日から11月2日まで全13回の連続ドラマとして放送。

キャスト
スタッフ
NET系列 ポーラ名作劇場
前番組 番組名 次番組
女のいくさ
(原作:佐藤得二)
(1964.5.11 - 8.17)
波の塔
(1964.8.24 - 11.2)
悪名高き女
(原作:大原富枝)
(1964.11.9 - 12.28)

1970年版[編集]

TBS系列の「花王 愛の劇場」枠(13:00-13:30)にて、8月31日から10月30日まで全45回の連続ドラマとして放送。

キャスト
スタッフ
TBS系列 花王 愛の劇場
前番組 番組名 次番組
愛と死と
(1970.6.29 - 8.28)
波の塔
(1970.8.31 - 10.30)
智恵子抄
(1970.11.2 - 12.31)

1973年版[編集]

波の塔
ジャンル テレビドラマ
放送時間 平日22:00 - 22:15
放送期間 1973年4月2日 - 5月11日(30回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
演出 岡崎栄
都成潔
原作 松本清張『波の塔』
脚本 砂田量爾
出演者 加賀まりこ
浜畑賢吉
テンプレートを表示

NHKの「銀河テレビ小説」枠(22:00-22:15)にて、4月2日から5月11日まで全30回の連続ドラマとして放送。劇中音楽にシンセサイザーが使用されている。

キャスト
スタッフ
NHK 銀河テレビ小説
前番組 番組名 次番組
芳兵衛物語
(1973.3.5 - 3.30)
波の塔
(1973.4.2 - 5.11)
すべって転んで
(原作:田辺聖子
(1973.5.14 - 6.6)

1983年版[編集]

松本清張シリーズ
波の塔
ジャンル テレビドラマ
放送時間 毎週土曜20:00 - 21:14
放送期間 1983年10月15日 - 10月29日(3回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
演出 和田勉
原作 松本清張『波の塔』
脚本 ジェームス三木
出演者 佐久間良子
山崎努
鹿賀丈史
テンプレートを表示

松本清張シリーズ・波の塔」。NHKの「土曜ドラマ」枠(20:00-21:14)にて、10月15日から10月29日まで全3話の連続ドラマ化。平均視聴率14.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

キャスト
スタッフ
NHK 土曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
日だまり
(1983.10.8)
松本清張シリーズ
波の塔
(1983.10.15 - 29)
話すことはない
(原作:富岡多恵子
(1983.11.5)

1991年版[編集]

松本清張作家活動40年記念
波の塔
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:03 - 23:07
放送期間 1991年5月24日
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 藤田明二
原作 松本清張『波の塔』
脚本 大野靖子
プロデューサー 中山和記
出演者 池上季実子
神田正輝
テンプレートを表示

松本清張作家活動40年記念・波の塔」。1991年5月24日フジテレビ系列の「金曜ドラマシアター」枠(21:03-23:07)にて放映。視聴率16.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

キャスト
スタッフ
フジテレビ系列 金曜ドラマシアター
前番組 番組名 次番組
海流II
(1991.5.17)
松本清張作家活動40年記念
波の塔
(1991.5.24)
エステに通う女たち
(原作:和田はつ子
(1991.5.31)

2006年版[編集]

松本清張ドラマスペシャル
波の塔
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:00 - 22:54
放送期間 2006年12月27日
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 大岡進
原作 松本清張『波の塔』
脚本 竹山洋
プロデューサー 市川哲夫
中川善晴
出演者 麻生祐未
小泉孝太郎
テンプレートを表示

松本清張ドラマスペシャル 波の塔」。TBS系列で2006年12月27日21:00~22:54(JST)に放送されたスペシャルドラマ。

キャスト
スタッフ

2012年版[編集]

松本清張没後20年特別企画
ドラマスペシャル 波の塔
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:00 - 23:06
放送期間 2012年6月23日
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
監督 佐々部清
原作 松本清張『波の塔』
脚本 竹山洋
プロデューサー 五十嵐文郎ほか
出演者 沢村一樹
羽田美智子
テンプレートを表示

松本清張没後20年特別企画 ドラマスペシャル 波の塔」。2012年6月23日(21:00 - 23:06)、テレビ朝日系列にて放映。踊り子の殺人事件を発端に設定している。視聴率12.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

キャスト
独身。東京検察庁刑事部検事。
結城庸夫の妻。
東京検察庁刑事部副部長。
田沢隆義の娘。
田沢隆義の妻。
芸者。結城庸夫の愛人。
蝶丸の芸者仲間。
元代議士秘書。公共事業ブローカー。
東京検察庁刑事部部長。
東京検察庁刑事部検事。
新聞社政治部記者。
小野木の大学同窓生。建設省官僚。
田沢隆義の部下。建設省外渉部主任。
小野木喬夫の同僚。東京検察庁刑事部検事。
東京検察庁小野木付き検察事務官。
建設大臣。
シゲ子の仕事仲間。赤坂のダンスホールの踊り子。
田沢輪香子の友人。
建設省外渉部係長。
赤坂のダンスホールの踊り子。
沢地建設専務。
家政婦。
下部温泉の仲居。
運転手。
調査会社社員。
元検事正。弁護士。
元高等検察庁検事。弁護士。
元総理大臣の愛人の子供。公共事業ブローカー。
建設省外渉部局長。
権力者・結城鉄之介の息子。公共事業ブローカーリーダー。
スタッフ

脚注・出典[編集]

  1. ^ 櫻井秀勲「『波の塔』の思い出」(『松本清張全集 第18巻』(1972年、文藝春秋)付属の月報に掲載)参照。
  2. ^ 櫻井「『波の塔』の思い出」参照。
  3. ^ 福岡隆『人間松本清張 専属速記者九年間の記録』(1968年、大光社)55-56頁参照。
  4. ^ 福岡『人間松本清張 専属速記者九年間の記録』54-55頁参照。
  5. ^ 毎日新聞』1974年4月25日付。
  6. ^ 『毎日新聞』1985年10月16日付。

外部リンク[編集]