張込み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

張込み』(はりこみ)は、松本清張短編小説。初出は『小説新潮1955年12月号。1956年10月に短編集『』収録の1編として、講談社ロマンブックスより刊行された。

1958年松竹で映画化されたほか、数度にわたりテレビドラマ化もされている。有川博による朗読CDが、2003年新潮社より発売された。

あらすじ[編集]

警視庁の柚木刑事は、東京・目黒で発生した強盗殺人事件の主犯・石井を追って、石井の昔の恋人・横川さだ子が嫁ぐ九州S市に向かう。横川家近くの旅館で張り込みを開始した柚木だが、銀行員の後妻となったさだ子はただただ単調な日常生活を繰り返すのみ。本当に石井は現れるのか。柚木にも焦りが募る。

エピソード[編集]

  • 著者の清張はのちに、この作品の発想が、何気なく読んだ昭和30年頃の新聞記事から始まったと回想している。記事の内容は、東京下町のある商店に強盗が入り、主人を殺して逃走、被疑者は九州の某県のある町に家があり、一年前から妻子を残して東京に出稼ぎに来ていたことが判明したため、警視庁から二名の捜査員が出張、九州の被疑者の家に張込みすることになった、というものであった。著者は最初、家で待っている犯人の妻を刑事の眼から見る筋を考えていたが、設定を変更し、犯人と恋仲であった女性が他家に嫁いでいるということにしたと述べている[1]

映画[編集]

張込み
The Chase
監督 野村芳太郎
脚本 橋本忍
製作 小倉武志(企画)
出演者 大木実
宮口精二
音楽 黛敏郎
撮影 井上晴二
編集 浜村義康
配給 松竹
公開 日本の旗 1958年1月15日
上映時間 116分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1958年1月15日に公開。製作は松竹大船、配給は松竹野村芳太郎が松本清張原作映画の監督をつとめたのは、本映画が第1作となる。脚本は橋本忍。クレジットされていないが、助監督は山田洋次[2]。1958年度キネマ旬報ベストテン第8位に選出されている。DVD化されている。アメリカ映画張り込み』(1987年)はこの映画のパロディといえる[要出典]

映画版の特徴[編集]

原作では張り込みを行うのは柚木刑事1人だが、映像的な効果と刑事側の内面の焦りを表現するため、若手の柚木、ベテランの下岡の2人の刑事を登場させた。舞台は原作のS市ではなく、佐賀市に設定されている[3]。また、映画冒頭のアバンタイトルで、佐賀まで向かう鉄道の旅が、当時の日本映画としては異例の長尺12分で撮影されている[4]。なお、原作では柚木と同世代と見られる下岡は冒頭のみ登場し、石井の故郷・山口県に向かい、別行動をとっている。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

エピソード[編集]

  • 本映画の企画は『』と同時期に始められた。企画の小倉武志は、当時大船調が全盛だった松竹で、女性路線ばかりでなく男性路線もやろうと考えて、社長の城戸四郎を説得、当初反対した城戸が許可したことで、映画化が決定した[5]
  • 映画化が決定したのち、脚本を担当する橋本忍は、当時練馬区関町にあった原作者の自宅を訪問した。この時橋本はまだ「(本映画の脚本を)どうしていいかわからない」状況であったが、警視庁の刑事の実際の捜査は二人で行動するものでは?と話を切り出した橋本に対して、清張は「いっしょに警視庁に行こうじゃないですか」と提案し、二人で警視庁を訪問、この結果、映画に関する警視庁の協力を取り付けることに成功した。橋本はこのことに関して、「自分が切り出していっしょに行って、警視庁の協力まで取って、それで作品を少しでもよくしようという、そういう原作者は少ないですよ」「非常に感動的に残った」と回顧している[6]
  • 野村芳太郎は、この映画を以下のように回想している。「自分はあの時38歳だった。B級映画ばかり撮らされて、ここでとにかくクリーンヒットというか、自分の作家生命を賭けたものを撮りたい。それが『張込み』だったので、一歩も引かずにやった」。野村は、本映画の時はテクニックが全くわからなくて、ただがむしゃらに自分が決めたことをやってみた。だから『砂の器』より『張込み』に対しての思いのほうが強い、と答えている。野村は、原作者の警視庁への口利きを得て、助監督の山田洋次と共に、深川署の殺人担当の刑事に毎日ついて歩き、追跡取材を行った[7]
  • 山田洋次は当時、他の助監督から「監督の才能がないからやめろ」と言われていたが、野村のもとに相談に行ったところ、野村にシナリオを書くよう言われ、本映画の縁で橋本忍に弟子入りし、のちの『ゼロの焦点』では橋本と脚本を共作することになった[8]
  • 佐賀のロケでは、一万人の見物客が出た。多数の群衆の中で撮影の行われた佐賀駅では、人よけのためにロープを結び付けていた駅舎の柱がズルズルと動き出し、警察が中止を求める騒ぎとなった[9]。また、大木実ら主演俳優の宿泊した旅館の周りをファンが取り囲み、警官隊と押し合いになった[10]
  • 温泉の場面は原作では「川北温泉」とされ、佐賀市北部の川上峡温泉がモデルと推定されているが、映画では、宝泉寺温泉で撮影されている。この理由を野村芳太郎は「俗世と温泉とのコントラストをより際立たせたくって、山の奥に行きたかった」として、自分がロケハンしてたどり着いたのが同温泉だったと説明している。同温泉には当時旅館が3軒あるのみであり、最も奥にある旅館が撮影に使われたが、この旅館は現存していない[11]
  • 当時の鉄道風景が丁寧に描かれているのが本映画の特徴の一つであり、宮原線(1984年廃止)での蒸気機関車走行シーンも作中に見られる。ただし、作中では夜行急行「筑紫」を利用して東京から佐賀へ向かう設定となっているが、その際に乗換えとなる鳥栖駅のシーンは映画中存在していない[12]
  • 当初の公開予定は1957年のシルバーウィークであった。しかし野村の意向により撮影が長期化、封切りは延期となった。松竹の製作部長が「何とか妥協して帰ってきてほしい」と説得に来たが[13]、野村は帰らず、城戸は激怒した[14]。原作者は原作よりいいと本映画を非常に褒め、特に冒頭の列車に乗り込む部分を褒めていたという[15]

テレビドラマ[編集]

  • 上記の映画版を踏襲して、若手とベテランの2人の刑事が張り込む筋立てとなった。舞台は九州に限らず、それぞれ全国各地に設定されている。

1959年版[編集]

1959年7月10日、KRテレビ(現:TBS)系列の『サンヨーテレビ劇場』枠(22:00-22:45)にて放映。

キャスト
スタッフ
KRT(現:TBS)系列 サンヨーテレビ劇場
前番組 番組名 次番組
「恋文」「百合の館」
(原作:夏目漱石夢十夜』)
(1959.7.3)
張込み
(1959.7.10)
鱧の皮
(原作:上司小剣
(1959.7.17)

1960年版[編集]

1960年8月29日9月5日、KRテレビ(現:TBS)系列の『ナショナル ゴールデン・アワー』枠(20:30-21:00)、『松本清張シリーズ・黒い断層』の1作として2回にわたり放映。

キャスト
スタッフ
KRT(現:TBS)系列 ナショナルゴールデンアワー
(松本清張シリーズ・黒い断層)
前番組 番組名 次番組
恐喝者
(1960.8.15 - 22)
張込み
(1960.8.29 - 9.5)
坂道の家
(1960.9.12 - 10.3)

1962年版[編集]

1962年8月23日8月24日(22:15-22:45)、NHKの『松本清張シリーズ・黒の組曲』の1作として2回にわたり放映。

キャスト
スタッフ

1963年版[編集]

1963年12月8日、NETテレビ(現:テレビ朝日)系列の『日本映画名作ドラマ』枠(日曜22:00-23:00)にて放映。1958年公開映画のテレビ版リメイク。

キャスト
スタッフ
NETテレビ(現:テレビ朝日)系列 日本映画名作ドラマ
前番組 番組名 次番組
花と竜
(1963.12.1)
張込み
(1963年版)
娘の縁談
(1963.12.15)

1966年版[編集]

1966年2月22日関西テレビ制作・フジテレビ系列(FNS)の『松本清張シリーズ』枠(21:00-21:30)にて放映。

キャスト
スタッフ
関西テレビ制作・フジテレビ系列 松本清張シリーズ
前番組 番組名 次番組
危険な斜面
(1966.2.15)
張込み
(1966.2.22)
熱い空気
(1966.3.8)

1970年版[編集]

張込み
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:00 - 21:56
放送期間 1970年12月7日 - 1971年1月11日(6回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
監督 小野田嘉幹
高井牧人
原作 松本清張『張込み』
脚本 大津皓一
出演者 加藤剛

特記事項:
ギャラクシー賞第15回期間選奨受賞(八千草薫)作品
テンプレートを表示

1970年12月7日から1971年1月11日まで、日本テレビ系列の『ファミリー劇場』(21:00-21:56)内にて6回にわたり放映。ギャラクシー賞第15回期間選奨受賞(八千草薫)作品。

キャスト
スタッフ
日本テレビ系列 ファミリー劇場
前番組 番組名 次番組
坊っちゃん
(原作:夏目漱石
(1970.10.26 - 11.30)
張込み
(1970.12.7 - 1971.1.11)
泣き虫小僧
(原作:林芙美子
(1971.1.18 - 3.8)

1976年版[編集]

裁きの夏
ジャンル テレビドラマ
放送時間 平日13:30 - 13:55
放送期間 1976年8月30日 - 9月24日(20回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
監督 松尾昭典
原作 松本清張『張込み』
脚本 重森孝子
出演者 林美智子
テンプレートを表示

ドラマタイトル「裁きの夏」。1976年8月30日から9月24日まで、日本テレビ系列の『愛のサスペンス劇場』枠(13:30-13:55)にて20回にわたり放映。

キャスト
スタッフ
日本テレビ系列 愛のサスペンス劇場
前番組 番組名 次番組
帽子いっぱいの涙
(1976.8.2 - 8.27)
裁きの夏
(1976.8.30 - 9.24)
愛が見えますか
(1976.9.27 - 10.29)

1978年版[編集]

松本清張おんなシリーズ
張込み
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:00 - 21:55
放送期間 1978年4月2日
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 柳井満
原作 松本清張『張込み』
脚本 服部佳
プロデューサー 石井ふく子
出演者 吉永小百合
荻島真一
テンプレートを表示

松本清張おんなシリーズ・張込み」。原作通り張り込みは柚木ひとり。犯人の名前が玉井に。吉永小百合主演のメロドラマ風に仕上がっている。1978年4月2日TBS系列の『東芝日曜劇場』枠(21:00-21:55)にて放映。視聴率19.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

キャスト
スタッフ
TBS系列 東芝日曜劇場
前番組 番組名 次番組
娘よ
(1978.3.26)
松本清張おんなシリーズ1
張込み
(1978.4.2)

1991年版[編集]

松本清張作家活動40年記念
張込み
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:02 - 22:52
放送期間 1991年9月27日
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 河村雄太郎
原作 松本清張『張込み』
脚本 岸田理生
プロデューサー 酒井彰
亀山千広
出演者 大竹しのぶ
田原俊彦
テンプレートを表示

松本清張作家活動40年記念・張込み」。1991年9月27日フジテレビ系列の『金曜ドラマシアター』枠(21:02-22:52)にて放映。視聴率18.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。地元・愛媛の所轄署の田舎刑事・上岡が、警視庁エリートの柚木の相棒という設定。

キャスト
スタッフ
フジテレビ系列 金曜ドラマシアター
前番組 番組名 次番組
下町・女の事件簿
(1991.9.20)
松本清張作家活動40年記念
張込み
(1991.9.27)
悪霊島
(原作:横溝正史
(1991.10.4)

1996年版[編集]

1996年4月5日(21:00-22:49)、テレビ東京系列にて放映。「松本清張原案・時代劇スペシャル 文吾捕物絵図 張込み」として、時代劇に設定を移した異色作。

2002年版[編集]

松本清張没後10年記念
ビートたけしドラマスペシャル・張込み
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:00 - 23:21
放送期間 2002年3月2日
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
演出 石橋冠
原作 松本清張『張込み』
脚本 矢島正雄
プロデューサー 五十嵐文郎(テレビ朝日)
太田雅晴(5年D組)
中山秀一(5年D組)
出演者 ビートたけし
緒形直人
鶴田真由
田辺誠一

特記事項:
第39回ギャラクシー賞奨励賞受賞作品
2002年文化庁芸術祭参加作品
テンプレートを表示

松本清張没後10年記念・ビートたけしドラマスペシャル・張込み」。2002年3月2日(21:00-23:21)、テレビ朝日系列にて放映。柚木をベテランに、下岡を若手エリートに設定入れ替え。主な舞台は群馬県桐生市に設定。ラストは原作と異なる。第39回ギャラクシー賞奨励賞受賞作品。2002年文化庁芸術祭参加作品。

キャスト
スタッフ

2011年版[編集]

松本清張特別企画
張込み
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:00 - 22:48
放送期間 2011年11月2日
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ東京
監督 星田良子
原作 松本清張『張込み』
脚本 西岡琢也
プロデューサー 小川治ほか
出演者 若村麻由美
小泉孝太郎
エンディング レディ・アンテベラム「ジャスト・ア・キス~幸せの予感」
テンプレートを表示

松本清張特別企画・張込み」。2011年11月2日テレビ東京系列の「水曜ミステリー9」枠(21:00-22:48)にて放映。ドラマの主要な舞台を松本市としている。

キャスト
スタッフ
テレビ東京系列 水曜ミステリー9
前番組 番組名 次番組
松本清張特別企画
張込み
(2011.11.2)

脚注・出典[編集]

  1. ^ 著者による「私の推理小説作法」(『松本清張自選傑作短篇集』(1976年、讀賣新聞社)に収録)参照。
  2. ^ 山田洋次自身が発言。山田洋次・川本三郎「清張映画の現場」(『松本清張研究』第13号(2012年、北九州市立松本清張記念館)収録)参照。川本はのちに、山田がクレジットされていない理由について「まだ新人だったから」と話している。川本三郎・筒井清忠『日本映画 隠れた名作 昭和30年代前後』(2014年、中公選書)参照。川本に拠れば、山田は「高峰がバスに乗っていき、それをタクシーが追いかけるが、突然、空撮になる。お金のかかる空撮が入るのは「この映画は大作だぞ」という野村のメッセージだった」と語っているという。『日本映画 隠れた名作 昭和30年代前後』参照。
  3. ^ 川本三郎『日本映画を歩く-ロケ地を訪ねて』(2006年、中公文庫)p.180にロケ地が紹介されている。清張は戦後生活が苦しかった頃、妻の実家の近くで帚の仲買いを行っていた。藤井康栄『松本清張の残像』(2002年、文春新書)など参照。
  4. ^ 川本三郎『映画は呼んでいる』(2013年、キネマ旬報社)に拠れば、冒頭の部分でかなりカットされているものがあるとされている。なおカットの行われた時期に関しては、「清張映画の現場」も参照。
  5. ^ 白井佳夫・大木実・西村雄一郎「映画『張込み』(野村芳太郎監督)撮影現場からの証言」(『松本清張研究』第2号(1997年、砂書房)収録)参照。
  6. ^ 白井佳夫・橋本忍「橋本忍が語る清張映画の魅力」(『松本清張研究』第5号(1998年、砂書房)収録)参照。
  7. ^ 「映画『張込み』撮影現場からの証言」「橋本忍が語る清張映画の魅力」をそれぞれ参照。
  8. ^ 「映画『張込み』撮影現場からの証言」参照。
  9. ^ 「清張映画の現場」参照。
  10. ^ 「映画『張込み』撮影現場からの証言」参照。
  11. ^ 「映画『張込み』撮影現場からの証言」参照。
  12. ^ 大木実は、ビデオ化の際にカットされたと発言している。「映画『張込み』撮影現場からの証言」参照。のちに山田洋次はこの説を否定し、編集でカットされた可能性を示唆している。「清張映画の現場」参照。
  13. ^ 「清張映画の現場」参照。
  14. ^ 「映画『張込み』撮影現場からの証言」参照。
  15. ^ 「映画『張込み』撮影現場からの証言」参照。

外部リンク[編集]