シルバーウィーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シルバーウィーク和製英語:Silver Week, SW)とは、日本休日が多い期間のこと。ゴールデンウィークに対する言葉。

分類[編集]

シルバーウィークの定義は以下のものがある。

定義[編集]

1950年代における映画界発祥の用語[編集]

日本の映画会社、大映の専務によって1950年代前半に作成され同社によって提唱された、4月末から5月初めにおける大型連休の呼称「ゴールデンウィーク」と同様に、同じ松山英夫が作成し同社によって提唱されたものである[1][2]。同社は秋の文化の日を中心とした期間[1][3]を「シルバーウィーク」と名付け宣伝を行った[1]。その後、ゴールデンウィークは1950年代中盤頃には一般的に定着したが、シルバーウィークは定着せずに消えていった[1][2]

9月の大型連休[編集]

2009年2015年
9月
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26

ハッピーマンデー制度により敬老の日が9月第3月曜日となったため、2009年2015年には秋分の日(9月23日)の前々日である9月21日が祝日となり、間の9月22日国民の休日[4]となる。この結果、9月20 - 23日が4連休となり、9月19日(土曜日)を休日として扱うと5連休となる。 要するに9月23日(秋分の日)が水曜日になった場合、シルバーウィークとなる

  • 9月19日(土曜日)、9月20日(日曜日)、9月21日(敬老の日)、9月22日(国民の休日)、9月23日(秋分の日)

現行法では敬老の日が第3月曜日のため恒久的なものではなく、2009年の次は2015年までこの大型連休は出現しない見込みである。

この時期を「シルバーウィーク」と呼称するのは「ゴールデンウィーク」に類似する要素があることから[5]とされ、2000年代中盤でもその動きがあった[2]2008年11月、三菱電機ビルテクノサービスが「2009年カレンダーについての調査」を同社公式ウェブサイトで行い[6]、その中で「2009年9月(の連休)に名前をつけるとすれば?(回答方法:フリーアンサー)」という設問があり、1位となったのが「シルバーウィーク」であった[6]。この結果がテレビやインターネットなどで報道され[7]、国内外ツアーを企画する旅行代理店などがこの言葉を使い始め[8]一気に定着した。

NHKや一部の民放、新聞などは「ゴールデンウィーク」については、言葉が映画業界用語だったことから、業界の宣伝になることや年配者に分かりづらいという理由などで、単なる「(春の)大型連休」という表現で統一しているが、この「シルバーウィーク」についても同様の表現差し替え(「(秋の)大型連休」)が行われている。

2004年5月5日放送分のフジテレビ系列『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』では、「2009年は秋にもゴールデンウィークがある」とのトリビアが紹介されていた。その際、司会の八嶋智人は「5年先のことのため、それまでに祝日法が改正されたり地球の動きが変化し「秋分の日」がずれた場合暦は変わるが、今まで計算が狂ったことは1度もないので、祝日法が改正されなければ、2009年9月にはゴールデンウィークがくる」と説明していた。

毎年、連休というわけでない希少性から「プラチナウィーク」と呼ばれることもある。

現行の祝日法の規定が変わらないと仮定した場合に、2099年までに該当するのは

の各年であると予測される[9]

10月末–11月頭の大型連休[編集]

2007年5月、当時与党の自由民主党公明党との間で秋に大型連休を作る構想があり、体育の日11月1日に、勤労感謝の日11月5日に移すことで、11月3日文化の日と合わせて挟まれる11月2日、4日を「国民の休日」とし、最低でも5連休とする案が検討された[10]。この案では、曜日配列によって最小5連休、最大9連休が実現する可能性があった。

しかし、景気対策がねらいのこの構想に対して、勤労感謝の日が宮中祭祀において最重要とされる新嘗祭に由来するものであること、さらに、直接的なつながりはないものの1873年から続く最も歴史のある祝祭日であり(固定日のものとしては唯一)、すべての年齢層に定着していることから、自由民主党内では保守派を中心に「祝日の本来の意味が失われる」と移動案に反発論が続出した[11]。調査会社の中央調査社が2007年10月に全国の20歳以上の男女1347人から回答を得て、全体の63%がこの構想を「取り入れない方がよい」という結果であった[12]

前述の議論や2009年政権交代などの影響により実現に向けての動きが停滞しているが、今後進展して前述の内容に基づいた「10月末 - 11月の大型連休化」が実施される場合、下記のような日程になる見込みである(土・日を休日とする。表示内容→祝=祝日、振=振替休日、休=国民の休日)。

  • 2012年 - 11/1(木・祝)、11/2(金・休)、11/3(土・祝)、11/4(日)、11/5(月・祝)の5連休
  • 2013年 - 11/1(金・祝)、11/2(土・休)、11/3(日・祝)、11/4(月・振)、11/5(火・祝)の5連休
  • 2014年 - 11/1(土・祝)、11/2(日)、11/3(月・祝)、11/4(火・休)、11/5(水・祝)の5連休
  • 2015年 - 10/31(土)、11/1(日・祝)、11/2(月・振)、11/3(火・祝)、11/4(水・休)、11/5(木・祝)の6連休
  • 2016年 - 11/1(火・祝)、11/2(水・休)、11/3(木・祝)、11/4(金・休)、11/5(土・祝)、11/6(日)の6連休
  • 2017年 - 11/1(水・祝)、11/2(木・休)、11/3(金・祝)、11/4(土・休)、11/5(日・祝)、11/6(月・振)の6連休
  • 2021年 - 10/30(土)、10/31(日)、11/1(月・祝)、11/2(火・休)、11/3(水・祝)、11/4(木・休)、11/5(金・祝)、11/6(土)、11/7(日)の9連休
  • 他にも10月に祝日分を集約し月火水を休日として土日と合わせて5連休とする案も検討されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d ゴールデンウィーク 語源由来辞典
    NHK放送文化研究所「『ゴールデンウイーク』『大型連休』どちらを使う」
  2. ^ a b c 休みが増える、昭和の日…GWここが変った All About 暮らしの歳時記 2007年4月19日
  3. ^ 極一部の文献では、シルバーウィークの期間を『11月下旬の勤労感謝の日の前後』としているものもある(参考:小林信彦『物情騒然。人生は五十一から』文藝春秋、2002年、p91-p92)。
  4. ^ 「国民の休日」は元々ゴールデンウィークにおける飛び石連休の解消・改善を望む当時の世論に応える形で1985年12月27日に祝日法が改正され、即日施行されたものであったが、5月4日限定とせず「祝日と祝日に挟まれた平日を休日にする」という改正であった為、後に5月以外の時期にも影響を及ぼすようになった。
  5. ^ シルバーウイーク コトバンク
    シルバーウィーク(マネー用語辞典)
    ゴールデンウイーク・シルバーウイーク Yahoo!ニュース
    シルバーウィークまとめ(e-まちタウン)
    「シルバーウィーク」認知広まるか 9月に出現した5連休に注目じわり MONEYzine 2009年7月19日
  6. ^ a b 2009年カレンダーについての調査報告書 - 2009年秋の大型連休の名前は? シルバーウイーク!! 三菱電機ビルテクノサービスニュースリリース 2008年11月28日
  7. ^ 時事通信 2008年12月16日「来年9月に大型連休=5日間の『シルバーウイーク』? - 知っている26%」
  8. ^ シルバーウィーク(金融経済用語集)
  9. ^ 秋分の日の日付(秋分日)は国立天文台による天文観測に依存するため、前年2月1日の官報で発表されて初めて正式な日付となる。暦要項参照
  10. ^ 読売新聞 2007年5月15日配信記事「秋のGW『文化の日』前後に…与党検討へ」
  11. ^ 産経新聞 2007年5月19日配信記事「秋のGW与党調整 『体育の日』+『文化の日』妥協案」
    日刊ゲンダイYahoo!ニュースlivedoorニュース) 2007年5月22日「秋のGW構想早くもオジャン」
  12. ^ 時事通信 2007年11月22日配信記事「連休増、女性がより否定的=秋のGW、6割が反対-中央調査社」

関連項目[編集]