赤い氷河期

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

赤い氷河期』(あかいひょうがき)は、松本清張の長編小説。『週刊新潮』に『赤い氷河 - ゴモラに死を』のタイトルで連載され(1988年1月7日号 - 1989年3月9日号)、加筆訂正の上、1989年6月新潮社から刊行された。後に電子書籍版も発売されている。

概要[編集]

近未来のヨーロッパを舞台に、エイズ・ウィルス(HIV)を利用した新型兵器の策謀を描く予見的長編。

ソビエト連邦での改革が失敗し独裁政治が復活、ヨーロッパ諸国はこれに対抗して連邦を結成しつつある、という世界設定になっている。

あらすじ[編集]

小説冒頭に登場する、シュタルンベルク湖上のルートヴィヒ2世に因む十字架
チューリッヒ市内
アンスバッハ市街
ジルト島

ドイツ・ミュンヘンの南に位置するシュタルンベルク湖で、首のない人間の死体が発見された。事件をめぐり、ネオナチによる生贄殺人、ヒトラーの金塊をめぐる仲間割れ、などの説が広まる。だが、犯人はなぜ首を切断したのか?

スイス・チューリッヒを拠点にエイズを研究する山上爾策は、ひょんな縁で謎の男・福光福太郎と出会った。事件に疑問を持った福光は、バイエルン州からバーデン=ヴュルテンベルク州を探索し、山上には不思議な示唆を与える。徐々に山上の前に、エイズ・ウィルスをめぐる策動の存在が浮上してきた。

主な登場人物[編集]

山上爾策
IHC(国際健康管理委員会)調査局調査部調査課長。東京大学医学部卒。エイズ対策を研究している。
福光福太郎
「アイデア販売業」を自称する神出鬼没の男。「ヒント・コンサルタント」として「田代明路」の名前も使う。日本人離れした面長・長身。
川島亮子
チューリッヒ市内の日本料理店「日本橋」のマダム。スイス人の夫・クレメンス・ベンドルは、別に骨董品店を持っていたが、行方不明となる。
ユリア・オリヴァー
チューリッヒ市内にある食料品店のマダム。夫のハンスはエイズに感染し、一年前から入院している。
エルンスト・ハンゲマン
IHC調査局長。ハンブルク出身。ハイデルベルク大学元教授。52歳。
クララ・ウォルフ
チューリッヒ市内で細密画専門の古美術店を営む50歳過ぎの婦人。その後店をたたんで姿を消していたが…。

エピソード[編集]

  • 本作執筆の動機に関して著者は、以前売春婦がエイズで亡くなり新聞が大騒ぎしたことがあったが、日本でも患者が増えて問題になっているにもかかわらず、その後新聞がほとんど報じなくなっていること、また、世界保健機関の発表するエイズ患者数の報告が当てにならない統計に拠っていることに気付き、疑問を持ったと答えている。小説の舞台に関しては、本当は日本にしたかったが、この小説を書いたころは、いろいろと差し支えが生じると思った、と説明している。本作では、ウィルスのハイブリッドに関して、治療と逆の目的での使用が想定されているが、当時は治療を目的とするハイブリッド抗体の研究が、実験的に行われている段階であった[1]

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 著者と塩川優一(当時エイズ対策専門家会議座長)、寺松尚(当時厚生省保健医療局長)との対談「鼎談・人類共通の敵エイズを考える」(『時の動き』1991年12月号掲載、エッセイ集『名札のない荷物』(1992年、新潮社)に収録)を参照。
  2. ^ 著者による「ヨーロッパ『草の径』取材日記」(『松本清張研究』第3号(2002年、北九州市立松本清張記念館)に収録)中、六月二十日の部分に加えて、著者のエッセイ「『兵隊王』の丘から」(『新潮45』1991年1月号掲載、『名札のない荷物』に収録)を参照。