ガーミン・シャープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガーミン・シャープ
Garmin-Sharp
チーム情報
UCIコード GRS
本拠地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
創設年 2003年
種目 ロードレース
格付け UCIプロチーム
自転車 サーヴェロ
首脳陣
代表者 ジョナサン・ヴォーターズ(ゼネラル・マネジャー)
監督 ビンヘン・フェルナンデス
過去のチーム名
2003
2004–2006
2007–2008
2008
2009
2010
2011
2012
2012.6.25–
5280/スバル
TIAA–クレフ
チーム・スリップストリーム・パワード・バイ・チポートレ
ガーミン - チポートレ・プレゼンティド・バイ・H30
ガーミン・スリップストリーム
ガーミン・トランジションズ
ガーミン・サーヴェロ
ガーミン・バラクーダ
ガーミン・シャープ

ガーミン・シャープ(Garmin-Sharp)は、アメリカ合衆国に籍を置く、自転車競技ロードレースチームの名称。18あるUCIプロチームの一つである。

チーム紹介[編集]

青色系、アーガイル柄のジャージが特徴。

総合系のライダー・ヘシェダル、 スプリンターのタイラー・ファーラー、 山岳系のダニエル・マーティン、 TTスペシャリストのデイヴィッド・ミラー、 トラック競技/ロンドン五輪金メダリストのラーセ・ノーマン・ハンセン、 パリ〜ルーベの優勝経験を持つ石畳を得意とするヨハン・ファンスュメレン など様々なタイプの選手を揃えている。

TTに非常に強いイメージを持たれているが、近年山岳系の選手も増え、グランツールなどでも上位に入っている。

若い選手が非常に多いチームで、その中でも、アンドリュー・タランスキーは非常に期待されている選手である。

ドーピングに対して非常に厳しいチームとして有名。

また、過去にドーピングなどで当時の所属チームを解雇された選手を復活の際、積極的に登用している。デイヴィッド・ミラートーマス・デッケルなどがその例。

・以下、公式サイトより[1]

"Our riders have worn the Giro’s maglia rosa, the Tour de France’s yellow and polka-dot jerseys and taken home the leader’s jersey at many stage races including the 2012 Giro d’Italia and USA Pro Cycling Challenge. As one of the sport’s most talented and hard-working teams, Garmin-Sharp is prepared to race hard and race clean!"

・以下、2014年のJ SPORTSチーム紹介より[2]

『今季のガーミンは、ずばり「パンダ」チームである。2013年リエージュ~バストーニュ~リエージュで、優勝へと突き進むマーティンの背後を、パンダの着ぐるみ姿の観客が全力疾走した。ツアー・オブ・北京では、マーティンは大会マスコットのパンダと写真撮影を行った。そして今季、WWF世界自然保護基金)がチームスポンサーにつき、ジャージにパンダのマークがお目見えした。 「パンダ」マーティンが、2014年もチームの中心人物となる。狙いは1週間程度のステージレースから、起伏のあるワンデークラシックまで。カタルーニャ一周総合覇者にしてリエージュ勝者は、今年はツールではなく、母国のベルファーストから走り出すジロ・デ・イタリアに焦点を定める。またブエルタイル・ロンバルディアにも出場する予定だ。 2012年同大会覇者ヘシェダルと、ステージレースで力を伸ばしつつあるタランスキーの2人も、グランツールでリーダー役を務める。特に2012年ブエルタ総合7位、2013年ツール総合10位のタランスキーは、7月のツールを中心にシーズンプログラムをつくりあげる。 それ以外のレースでは2013年ダウンアンダー総合覇者スラフトールや、ナヴァルダスカスヴェーグマンハウズが勝利を追い求める。フランドルクラシックではヴァンシューメレンにも、2011年パリ~ルーベ以来の勝利が期待される。2013年クリテリウム・ドゥ・ドーフィネでマイヨ・ジョーヌを着用したデニス[3]に、3人の新人ファンバーレ、ブラウンハンセンと、頼もしい若きルーラーたちも揃っている。』

概要[編集]

一般消費者、航空機産業、海洋技術産業向けGPS機器メーカーであるガーミンがメインスポンサー。2012年、アメリカの通信会社・バラクーダ・ネットワークがセカンドスポンサーとなり、ガーミン・バラクーダの名称となった。なお、ロードバイク・トライアスロン用フレームメーカーであるサーヴェロも、チーム名称こそ消えたもののスポンサーを継続。なおサーヴェロは、2009年から2010年まで活動していた、サーヴェロ・テストチームのメインスポンサーでもあった。

2003年に、5280/スバル(5280/Subaru)という名称で創立。

2004年から2006年までは、TIAA・クレフ(TIAA?CREF)。

2007年チーム・スリップストリーム・パワード・バイ・チポートレ(Team Slipstream powered by Chipotle)に改称[4]。その後、2008年7月より、ガーミン - チポートレ・プレゼンティド・バイ・H30(Garmin-Chipotle Presented by H3O)に改称した。

2009年ガーミン・スリップストリーム(Garmin-Slipstream)に改称。同年、UCIプロチーム入りを果たした。

2010年ガーミン・トランジションズ(Garmin-Transitions)に改称[5]

2011年ガーミン・サーヴェロ(ガーミン・セルヴェロ)に改称となった。なお2010年まで、当チームの使用自転車はフェルトであったが、同年よりサーヴェロに変更となった。

2012年、セカンドスポンサーが、アメリカの通信会社・バラクーダ・ネットワークに変わったため、ガーミン・バラクーダと名称変更。なお、サーヴェロはチームサプライヤーとしてスポンサーを継続[6]

  • 6月25日、チームの共同スポンサーにシャープ米法人が加わることを発表[7]、これに伴いチーム名はガーミン・シャープとなった。

2014年、8月21日 イタリアに拠点を置くUCIプロチームのキャノンデール・プロサイクリングとの合併が正式に発表された。

メインスポンサーは、キャノンデール・プロサイクリングのメインスポンサーのキャノンデールでありながら、チームの国籍はアメリカになる。 スリップストリームに合流の形になるとされている。 尚、長年メインスポンサーであったガーミンは2015年シーズンのメインスポンサーからの撤退を発表。 今後もサブスポンサーとして新チームを支えていく。 また、シャープ(ヨーロッパ法人)は業績不振の為、スポンサーからの撤退を発表。 8月25日現在 選手、及びチーム名は未定。 使用バイクはキャノンデールになることが決定している。

主な実績[編集]

2014年

Alex Howes - USA Pro Challenge, stage 7 - 1st Raymond Kreder - Tour de l'Ain, stage 2 - 1st Tom Danielson - Tour of Utah, GC - 1st Tom Danielson - Tour of Utah, stage 4 - 1st Ramunas Navardauskas - Tour de France, stage 19 - 1st Sebastian Langeveld - Netherlands National Championship RR - 1st Andrew Talansky - Criterium Dauphine, GC - 1st Tour of California, Team GC - 1st Raymond Kreder - Garmin Velothon Berlin - 1st Rohan Dennis - Tour of California, stage 3 - 1st Ramunas Navardauskas - Circuit Cycliste Sarthe, GC - 1st Ramunas Navardauskas - Circuit Cycliste Sarthe, stage 4 - 1st Tom Jelte Slagter - Paris-Nice, stage 7- 1st Tom Jelte Slagter - Paris-Nice, stage 4 - 1st Nathan Haas - Herald Sun Tour, stage 1 - 1st Jack Bauer - Herald Sun Tour, prologue - 1st Phil Gaimon - Tour de San Luis, stage 1 - 1st Jack Bauer - Tour de Vineyards - 1st Tom Danielson - USA Pro Challenge, GC - 2nd Tom Danielson - USA Pro Challenge, stage 6 - 2nd Janier Acevedo - USA Pro Challenge, stage 5 - 2nd Dan Martin - Tour de l'Ain, stage 4 - 2nd Rohan Dennis - Commonwealth Games TT - 2nd Dylan Van Baarle - Ster ZLM Toer, prologue - 2nd Ryder Hesjedal - Giro d'Italia, stage 16 - 2nd Rohan Dennis - Tour of California, GC - 2nd Rohan Dennis - Tour of California, stage 2 - 2nd Rohan Dennis - Tour of Romandie, prologue - 2nd Dan Martin - La Flèche Wallonne - 2nd Tyler Farrar - Scheldeprijs - 2nd Rohan Dennis - Circuit de la Sarthe, stage 3 - 2nd Tom Jelte Slagter - GP Indurain - 2nd Rohan Dennis - Critérium International, stage 2 - 2nd Nathan Haas - Critérium International, stage 1 - 2nd Tyler Farrar - Dwars door Vlaanderen - 2nd Phil Gaimon - Tour de San Luis, GC - 2nd Nathan Haas - Tour Down Under, stage 3 - 2nd Jack Bauer - New Zealand National Championships RR - 2nd Tyler Farrar - Ster ZLM Toer, stage 2 - 2nd Tyler Farrar - Ster ZLM Toer, stage 1 - 2nd Dan Martin - Tour de l'Ain, stage 3 - 3rd Ramunas Navardauskas - Tour de France, stage 21 - 3rd Raymond Kreder - Tour of Austria, stage 8 - 3rd Ramunas Navardauskas - Tour de France, stage 1 - 3rd Rohan Dennis - Tour de Suisse, stage 1 - 3rd Tyler Farrar - Giro d'Italia, stage 21 - 3rd Raymond Kreder - Bayern Rundfahrt, stage 5 - 3rd Steele Von Hoff - Bayern Rundfahrt, stage 1 - 3rd Ramunas Navardasukas - Tour of Romandie, stage 1 - 3rd Laase Hansen - Dubai Tour, stage 1 - 3rd Steele Von Hoff - Tour Down Under, stage 1 - 3rd

2013年

Steele Von Hoff - Japan Cup Criterium - 1st Tyler Farrar - Franco Belge, stage 3 - 1st Rohan Dennis - Tour of Alberta, GC - 1st Rohan Dennis - Tour of Alberta, Best Young Rider - 1st Rohan Dennis - Tour of Alberta, stage 3 - 1st Tom Danielson - Tour of Utah, Overall - 1st Lachlan Morton - Tour of Utah, Best Young Rider Lachlan Morton - Tour of Utah, stage 2 - 1st Dan Martin - Tour de France, stage 9 - 1st Rohan Dennis - Critérium du Dauphiné, Best Young Rider Tyler Farrar - Tour of California, stage 4 - 1st Michel Kreder - 4 Days of Dunkirk, stage 4 - 1st Ramunas Navardauskas - Tour de Romandie, stage 2 - 1st Dan Martin - Liège-Bastogne-Liège Dan Martin - Volta Catalunya, GC - 1st Dan Martin - Volta Catalunya, stage 4 - 1st Andrew Talansky - Paris-Nice, Best Young Rider Andrew Talansky - Paris-Nice, stage 3 - 1st Dan Martin - Tour of Beijing, GC - 2nd Tyler Farrar - Vuelta a España, stage 21 - 2nd Rohan Dennis - Tour of Alberta, prologue - 2nd Andrew Talansky - USA Pro Challenge, stage 5 - 2nd Lachlan Morton - USA Pro Challenge, stage 2 - 2nd Tom Danielson - Tour of Utah, stage 5 - 2nd Steele Von Hoff - Tour of Poland, stage 4 - 2nd Steele Von Hoff - Tour of Poland, stage 3 - 2nd Andrew Talansky - Tour de France, Best Young Rider - 2nd Rohan Dennis - Critérium du Dauphiné, stage 4 - 2nd Tyler Farrar - Tour of California, stage 5 - 2nd Andrew Talansky - Paris-Nice, GC- 2nd Andrew Talansky - Paris-Nice, stage 7 - 2nd Tyler Farrar - Ruta del Sol, stage 2 - 2nd Tyler Farrar - Trofeo Migjorn - 2nd Tyler Farrar - Trofeo Palma - 2nd Rohan Dennis - Australian National Championships TT - 2nd Steele Von Hoff - Tour of Britain, stage 4 - 3rd Jack Bauer - Tour of Britain, stage 3 - 3rd Ryder Hesjedal - GP Montreal - 35d Tom Danielson - USA Pro Challenge, stage 5 - 3rd Tom Danielson - Tour of Utah, stage 6 - 3rd Tyler Farrar - Eneco Tour, stage 2 - 3rd Andrew Talansky - Tour de France, stage 14 - 3rd Tyler Farrar - Tour de Suisse, stage 4 - 3rd Andrew Talansky - Critérium du Dauphiné, stage 8 - 3rd Tyler Farrar - Tour of California, stage 8 - 3rd Rohan Dennis - Tour of California, stage 6 - 3rd Tyler Farrar - Tour of California, stage 3 - 3rd Ryder Hesjedal - Giro d'Italia, stage 3 - 3rd Peter Stetina - GP Indurain - 3rd Tyler Farrar - Ruta del Sol, prologue - 3rd Steele Von Hoff - Australian National Championships RR - 3rd

2012年

Dan Martin - Tour of Beijing, KOM - 1st Christian Vande Velde - USA Pro Challenge, Overall - 1st Tyler Farrar - USA Pro Challenge, Sprint - 1st Tom Danielson - USA Pro Challenge, Most Aggressive - 1st Tom Danielson - USA Pro Challenge, stage 3 - 1st Tyler Farrar - USA Pro Challenge, stage 1 - 1st Andrew Talansky - Tour de l'Ain, overall - 1st Andrew Talansky - Tour de l'Ain, stage 4 - 1st Tour of Utah, stage 2 (TTT) - 1st David Millar - Tour de France, stage 12 - 1st Fabian Wegmann - German National Championships (RR) - 1st Ramunas Navardauskas - Lithuania National Championships (TT) - 1st Ryder Hesjedal - Giro d'Italia, GC - 1st Super team - Giro d'Italia, GC - 1st David Zabriskie - US National Championships (TT) - 1st David Zabriskie - Tour of California, stage 5 (TT) - 1st Team Time Trial - Giro d'Italia, stage 4 - 1st Andrew Talansky - Tour de Romandie, Best Young Rider - 1st Thomas Dekker - Circuit Sarthe, stage 4 - 1st Michel Kreder - Circuit Sarthe, stage 2a - 1st Sep Vanmarcke - Omloop Het Nieuwsblad - 1st David Zabriskie - Tour de Langkawi, stage 1 - 1st Michel Kreder - Tour Méditerranéen, stage 3 - 1st Michel Kreder - Tour Méditerranéen, stage 2 - 1st Team Time Trial - Tour of Qatar, stage 2 - 1st Michel Kreder - Tour Méditerranéen, Best Young Rider - 1st Ramunas Navardauskas - Tour of Qatar, Best Young Rider - 1st Dan Martin - Tour of Beijing, stage 3 - 2nd Sep Vanmarcke - Tour of Britain, stage 5 - 2nd Steele Von Hoff - Tour of Britain, stage 4 - 2nd Christian Vande Velde - USA Pro Challenge, stage 2 - 2nd Christian Vande Velde - Tour de France, stage 15 - 2nd Ryder Hesjedal - Giro d'Italia, stage 19 - 2nd David Zabriskie - Tour of California, GC - 2nd Heinrich Haussler - Tour of California, stage 4 - 2nd Heinrich Haussler - Tour of California, stage 3 - 2nd Heinrich Haussler - Tour of California, stage 2 - 2nd Heinrich Haussler - Tour of California, stage 1 - 2nd Andrew Talansky - Tour de Romandie, GC- 2nd Andrew Talansky - Tour de Romandie, stage 5 - 2nd Alex Rasmussen - GP Denain - 2nd Raymond Kreder - Tour de Langkawi, stage 3 - 2nd Michel Kreder - Tour Méditerranéen, overall - 2nd Tyler Farrar - Tour of Qatar, GC - 2nd Nathan Haas - Tour of Britain, stage 6 - 3rd Ramunas Navardauskas - Tour of Denmark, stage 3 - 3rd Steele Von Hoff - Tour of Denmark, stage 2 - 3rd Heinrich Haussler - GP Ouest France-Plouay - 3rd Tyler Farrar - Tour of Utah, stage 3 - 3rd Andrew Talansky - Tour de l'Ain, stage 3 - 3rd Heinrich Haussler - Eneco Tour, stage 3 - 3rd Ryder Hesjedal - Giro d'Italia, stage 17 - 3rd Tom Danielson - Tour of California, GC - 3rd Alex Rasmussen - Giro d'Italia, stage 1 - 3rd Fabian Wegmann - Vuelta al Pais Vasco, stage 1 - 3rd Heinrich Haussler - Paris-Nice, stage 6 - 3rd Tyler Farrar - Tirreno-Adriatico, stage 2 - 3rd Raymond Kreder - Tour de Langkawi, stage 9 - 3rd Tyler Farrar - Tour of Oman, stage 6 - 3rd Tyler Farrar - Tour of Oman, stage 1 - 3rd Heinrich Haussler - Cancer Council Classic - 3rd Team Time Trial - Tirreno-Adriatico - 3rd

2011年

2010年

2009年

2008年

  • ジロ・デ・イタリア
    • 区間優勝 第1ステージ・チームタイムトライアル
    • 総合首位 クリスティアン・ヴァンデヴェルデ(第1)
  • ツール・ド・フランス
    • 総合4位 クリスティアン・ヴァンデヴェルデ
    • チーム総合首位 第3、4、5、6の各ステージ終了時点
  • ツアー・オブ・カリフォルニア チーム総合優勝
  • ツアー・オブ・ミズーリ
    • 総合優勝 クリスティアン・ヴァンデヴェルデ
  • ルート・デュ・スュド
    • 総合優勝 ダニエル・マーティン
  • デルタ・ツアー・ゼーラント
    • 総合優勝 クリストファー・サットン
  • ツアー・オブ・バハマ
    • 総合優勝 タイラー・ファーラー
  • アイルランドの旗 アイルランド選手権
    • 個人ロードレース優勝 ダニエル・マーティン
  • ニュージーランドの旗 ニュージーランド選手権
    • 個人ロードレース優勝 ジュリアン・ディーン
  • アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国選手権
    • ITT優勝 デヴィッド・ザブリスキー

2007年

  • ツアー・オブ・ミズーリ チーム総合優勝

2014年陣容[編集]

[8]

2014年08月25日更新

選手名 国籍 生年月日 備考
ハビエル・アセベド英語版 コロンビアの旗 コロンビア 1985年12月6日
ジャック・バウアー ニュージーランドの旗 ニュージーランド 1989年4月7日
アンドレ・カルドソ英語版 ポルトガルの旗 ポルトガル 1984年9月3日
トム・ダニエルソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1978年3月13日 2014/2013ツアー・オブ・ユタ総合優勝
トーマス・デッケル オランダの旗 オランダ 1984年9月6日
Caleb Fairly(英語版) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1987年2月19日
タイラー・ファーラー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1984年6月2日

ツール・ド・フランス 区間通算1勝

ジロ・デ・イタリア 区間通算2勝

ブエルタ・ア・エスパーニャ 区間通算3勝

コルド・フェルナンデス スペインの旗 スペイン 1980年8月11日
フィル・ガイモン英語版 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネイサン・ブラウン英語版 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1991年7月7日
ネイサン・ハース オーストラリアの旗 オーストラリア 1989年3月12日
ラーセ・ノーマン・ハンセン デンマークの旗 デンマーク
ライダー・ヘシェダル カナダの旗 カナダ 1980年12月9日 2012ジロ・デ・イタリア

総合優勝

アレックス・ハウズ英語版 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1988年1月1日 2014USA・プロ・サイクリング・チャレンジ

第7ステージ優勝

ベン・キング英語版 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
トム=イェルト・スラフテル オランダの旗 オランダ 2014ツール・ド・フランス

第12ステージ敢闘賞

2013ツアー・ダウンアンダー

総合優勝

レイモン・クレーダー英語版 オランダの旗 オランダ 1989年11月26日
セバスティアン・ランゲヴェルト オランダの旗 オランダ 2014年 オランダチャンピオン
Gavin Mannion(仏語版) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ダニエル・マーティン アイルランドの旗 アイルランド 1986年8月20日 2013年ツール・ド・フランス

第9ステージ優勝

2013カタルーニャ一周 総合優勝

2013リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ 優勝

デヴィッド・ミラー イギリスの旗 イギリス 1977年1月4日 2014年シーズンで引退を発表

ツール・ド・フランス 区間通算4勝

ジロ・デ・イタリア 区間通算1勝

ブエルタ・ア・エスパーニャ 区間通算5勝

Lachlan Morton(英語版) オーストラリアの旗 オーストラリア
ラムナス・ナヴァルダウスカス リトアニアの旗 リトアニア 1988年1月30日 2014ツール・ド・フランス

第12ステージ優勝

ニック・ニュイエンス ベルギーの旗 ベルギー 1980年5月5日
アンドリュー・タランスキー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1988年11月23日 2014クリテリウム・デュ・ドフィネ

総合優勝

Dylan van Baarle(英語版) オランダの旗 オランダ
ヨハン・ファンスュメレン ベルギーの旗 ベルギー 1981年2月4日 2011パリ〜ルーベ

優勝

スティール・ヴォン・ホフ英語版 オーストラリアの旗 オーストラリア 1987年12月31日
ファビアン・ヴェークマン ドイツの旗 ドイツ 1980年6月20日


※太字は、チームにおける中心選手、グランツール総合優勝、またはグランツール個人ステージ優勝経験者のいずれかを指す。

2014年チームから移籍・脱退・引退した選手[編集]

  • 移籍
    • Alex Rasmussen アレックス・ラスムッセン 84/ 6/ 9 デンマーク → Riwal Cycling Team
    • Jakob Rathe ジェイコブ・レイズ 91/ 3/13 USA → Jelly Belly p/b Kenda
    • Peter Stetina ピーター・ステティーナ 87/ 8/ 8 USA → BMC Racing Team
    • Martyn Maaskant マルテイン・マースカント 83/ 7/27 オランダ → UnitedHealthcare Pro Cycling Team
    • Michel Kreder ミケール・クレーダー 87/ 8/15 オランダ → Wanty-Groupe Gobert
    • Rohan Dennis ロハン・デニス 90/ 5/28 オーストラリア → BMC Racing Team

2014年スポンサー[編集]

Non-Profit Partner of Slipstream Sports and Team Garmin Sharp

世界自然保護基金

Sponsors

ガーミン

シャープ

サーヴェロ

HOLOWESKO

POC

CASTELLI

マヴィック

THE FEED

ROTOR

3T

NewBalance

Barracuda

CAMEL BAK

fi’zi:k

Skratch Labs

Prestige Imports

Park Tool

Morgan Blue

Arundel Bicycle Company

Sklarco L.L.C.

The Island House

DZ Laboratories

Retül

WWFについて[編集]

<引用:http://www.cyclingtime.com/modules/ctnews/view.php?p=20254>

昨年度のリエージュ・バストーニュ・リエージュで話題になったダニエル・マーティンを追いかけるパンダ、結局ツアー・オブ・北京まで続いたガーミン・シャープとパンダの関係が、思わぬスポンサーをガーミン・シャープにもたらすこととなった。

パンダマークでお馴染みWWF(世界自然保護基金)が、ガーミン・シャープのスポンサーとなることが決まり、新ジャージには控えめながら、パンダマークがはいることとなった。

以下、ガーミン・シャープ、ジェネラル・マネージャーのジョナサン・ヴォータースのコメント。

「WWFとパートナーシップを結んだことで、その理念である人間と自然との調和という目標に向けて自転車というエコ・フレンドリーな乗り物が大きく貢献できると考えているよ。選手たちにとっても自転車ファンにとっても、健全な肉体は健全な地球があってこそ、これからの世代のためにもそんな地球を作っていかねばならない。そんな活動の一端を担えるのは光栄なことだよ。」

WWFインターナショナル代表マリア・バウロスより。

「WWFがガーミン・シャープをスポンサーするのは自然な流れだったよ。自転車ファンは環境意識と自然志向が強い人が多いからね。自転車はアウトドアスポーツであり、きれいな空気ときれいな水、それらがあってこそのものだ。自転車ファンの多くは雄大な自然に抱かれ大自然を満喫することが大好きだ。だからこそそれをきちんと認識し、そして意識していくことが、これからの世代へ向けて今我々が出来る事なんだよ。」

歴代陣容[編集]

2012年7月14日更新 [9]


2012年陣容

選手名 国籍 生年月日 前年所属チーム
ジャック・バウアー ニュージーランドの旗 ニュージーランド 1989年4月7日 エンデュラ・レーシング
トム・ダニエルソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1978年3月13日
トーマス・デッケル オランダの旗 オランダ 1984年9月6日 チポートレ・ディヴェロップメントチーム
タイラー・ファーラー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1984年6月2日
コルド・フェルナンデス スペインの旗 スペイン 1980年8月11日 エウスカルテル・エウスカディ
ムリロ・フィスシャー ブラジルの旗 ブラジル 1979年6月16日
ネイサン・ハース オーストラリアの旗 オーストラリア 1989年3月12日 ジェネシス・ウェルス・アドヴァイザーズ
ハインリヒ・ハウスラー ドイツの旗 ドイツ 1984年2月25日
ライダー・ヘシェダル カナダの旗 カナダ 1980年12月9日
アレックス・ハウズ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1988年1月1日 チポートレ・ディヴェロップメントチーム
ロバート・ハンター 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国 1977年4月22日 チーム・レディオシャック
アンドレアス・クリール ドイツの旗 ドイツ 1976年1月15日
ミシェル・クレーダー オランダの旗 オランダ 1987年8月15日
レイモン・クレーダー オランダの旗 オランダ 1989年11月26日 チポートレ・ディヴェロップメントチーム
クリストフ・ル・メヴェル フランスの旗 フランス 1980年9月11日
マルテイン・マースカント オランダの旗 オランダ 1983年7月27日
ダニエル・マーティン アイルランドの旗 アイルランド 1986年8月20日
デヴィッド・ミラー イギリスの旗 イギリス 1977年1月4日
ラムナス・ナヴァルダウスカス リトアニアの旗 リトアニア 1988年1月30日
トーマス・ピーターソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1986年12月24日
ヤコブ・ラセ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1991年3月13日 チポートレ・ディヴェロップメントチーム
セバスティアン・ロスレル ベルギーの旗 ベルギー 1981年7月15日 チーム・レディシャック
ピーター・スティーティナ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1987年8月8日
アンドリュー・タランスキー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1988年11月23日
クリスティアン・ヴァンデヴェルデ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1976年5月22日
セプ・ファンマルク ベルギーの旗 ベルギー 1988年7月28日
ヨハン・ファンスュメレン ベルギーの旗 ベルギー 1981年2月4日
ファビアン・ヴェークマン ドイツの旗 ドイツ 1980年6月20日 レオパルド・トレック
デヴィッド・ザブリスキー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1979年1月12日


2012年動向[10]


脚注[編集]

  1. ^ [1](2014/08/25閲覧)
  2. ^ チーム紹介 ガーミン・シャープ - J SPORTS(2014/08/25閲覧)
  3. ^ 2014年8月BMC・レーシングに移籍
  4. ^ スリップストリームとは、スリップストリーム・スポーツ LLC(Slipstream Sports, LLC)のこと。
  5. ^ トランジションズとは、アメリカに本籍を置くプラスティックフォトミックレンズ製造会社、トランジションズ・オプティカル(Transitions Optical)のこと。
  6. ^ ガーミン・サーヴェロが新スポンサー獲得で「ガーミン・バラクーダ」に名称変更 - シクロワイアード2012年1月12日付
  7. ^ Slipstream Sports and Garmin Welcome Sharp As New Co-Title Sponsor(英語)
  8. ^ http://www.slipstreamsports.com/garmin-slipstream-pro-team/
  9. ^ Team Garmin - Cervélo 2012 - Cycling Archives(英語)
  10. ^ The Cyclingnews guide to rider transfers 2011-2012 cyclingnews.com 2011年11月18日付記事(英語)

外部リンク[編集]