サーヴェロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2005年のツール・ド・フランス第20ステージでサーヴェロ製タイムトライアル用バイクP3Cに乗るチームCSCイヴァン・バッソ

サーヴェロCervélo Cycles )はカナダトロントに本拠を置くロードバイクトライアスロンフレームメーカー。1995年にフィル・ホワイトとジェラード・ヴルメンにより設立され、現在もこの二人が会社を経営している。2012年よりオランダのポンバイシクルズビジネスグループ(Pon Bicycles Business Group)傘下となった。

サーヴェロ製のフレームはトライアスロン界で人気だったが、2002年から2008年にかけては、デンマークのプロロードチームであるCSCに採用されていた。

2009年からはサーヴェロが独自のプロフェッショナルコンチネンタルチームであるサーヴェロ・テストチームを設立し、カルロス・サストレトル・フースホフトなどの著名選手と契約した。サーヴェロ・テストチームは2010年に解散、フースホフトなど一部の所属選手は、2011年より機材提供を開始したUCIプロツアーチーム、ガーミン・サーヴェロへ移籍している。

サーヴェロの炭素繊維製フレームは、流体力学に基づいて設計され、「S」および「P」シリーズにおける翼断面を採用したフレームを特徴とする。 またサンディエゴのAir and Space Technology Centerでは、風洞実験も行っている。

現在は空力重視の「S」と快適さ重視の「RS」、TT用の「P」の三種類が存在するが、代理店のサイトでは「全てがフラッグシップ」を謳っており、トル・フースホフトは「RS」を好んで使用しているという[1]

外部リンク[編集]

参照[編集]