ジョナサン・ヴォーターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョナサン・ヴォーターズ
Jonathan Vaughters
Cycling (road) pictogram.svg
Jonathan Vaughters.JPG
個人情報
本名 Jonathan Vaughters
ジョナサン・ヴォーターズ
生年月日 1973年6月10日(40歳)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
チーム情報
所属 ガーミン・シャープ
分野 ロードレース
役割 ゼネラル・マネージャー
プロ所属チーム
1994–1996
1997
1998–1999
2000–2002
2003
ポースレナ・サンタクララ
コンプテル・コロラド
USポスタル
クレディ・アグリコル
プライム・アライアンス
監督所属チーム
2005–2006
2007–
TIAA - クレフ
スリップストリーム
最終更新日
2012年10月29日

ジョナサン・ヴォーターズ(Jonathan Vaughters、1973年6月10日 - )は、アメリカ合衆国コロラド州ボルダー出身の元自転車競技ロードレース)選手で、現在は同指導者・ゼネラルマネージャー

来歴[編集]

1995年

  • ツアー・オブ・ジラ 総合優勝

1997年

1998年

1999年

2000年、クレディ・アグリコルに移籍。

2001年

2002年

2003年、現役引退。

2005年、TIAA - クレフ(後のガーミン・シャープ)のディレクトゥル・スポルティフ(Directeurs sportifs、現場指導者)に就任。

2007年、スリップストリーム(後のガーミン・シャープ)のゼネラルマネージャーに就任。2012年現在現職。

2009年、AIGCP(プロ自転車選手協会)の代表に就任。2012年現職。

2012年

  • 10月10日、合衆国アンチドーピング機関(USADA)が、ランス・アームストロングのドーピング問題についての調査報告書を公表した際、かつてUSポスタルサービス、ディスカバリーチャンネルでチームぐるみのドーピングが行われていたことを証言した11名の元チームメイトの名前を発表し、その中にヴォーターズの名前も含まれていたことが明らかになった[2][3]
  • 10月23日、AIGCP(プロ自転車選手協会)代表として、ランス・アームストロングの一件でドーピング問題の混乱・動揺をきたしたとして、自転車競技独自の、独立したドーピング機関の設立をUCIに要求する方針を決めた[4]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Vaughters Breaks with Credit Agricole - cyclingnews.com 2002年7月21日付(英語)
  2. ^ Six former Armstrong USPS teammates receive bans from USADA - cyclingnews.com 10月10日付(英語)
  3. ^ ヒンカピーが過去のドーピングを告白 - シクロワイアード2012年10月11日付記事
  4. ^ Independent anti-doping commission needed for cycling, says AIGCP - cyclingnews.com 2012年10月23日付(英語)