ライダー・ヘシェダル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ライダー・ヘシェダル
Ryder Hesjedal
Cycling (road) pictogram.svg
Ryder Hesjedal celebrating 2012 giro.jpg
個人情報
本名 Ryder Hesjedal
ライダー・ヘシェダル
愛称 ライダー
生年月日 1980年12月9日(34歳)
国籍 カナダの旗 カナダ
身長 190cm
体重 72kg
チーム情報
所属 ガーミン・バラクーダ
分野 ロードレース&マウンテンバイク
役割 選手
特徴 オールラウンダー
プロ所属チーム
2004
2005
2006
2007
2008–
USポスタル
ディスカバリーチャンネル
フォナック
ヘルスネット
ガーミン・スリップストリーム
主要レース勝利
Jersey pink.svg ジロ・デ・イタリア 2012
ブエルタ・ア・エスパーニャ区間2勝
カナダの旗 カナダ選手権・ITT 2007
最終更新日
2012年5月28日

ライダー・ヘシェダル(Ryder Hesjedal、1980年12月9日 - )は、カナダビクトリア出身の自転車競技選手。

本人は自身を「ヘスジェダル」と発音している為、こちらが正しいと思われるが、日本では「へシェダル」「ヘシュダル」「へシェダール」と呼ばれることが多いが、これは間違いだと思われる。[要出典]

経歴[編集]

曽祖父母ノルウェーからの移民という、ノルウェー系カナダ人[1]

マウンテンバイクレースからレースキャリアをスタートさせた。

2001年

  • 世界選手権U23・クロスカントリー2位。

2003年

2004年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

ジロ・デ・イタリア総合優勝[編集]

  • ジロ・デ・イタリア
    • Jersey pink.svg 総合優勝
    • 総合首位(第7〜第9、第14、最終)
    • ポイント賞部門 第3位
      • 第4ステージのチームタイムトライアルで区間優勝に貢献し、総合4位に浮上。第7ステージでは区間5位に入り、同ステージ終了後、マリア・ローザに袖を通した。第10ステージで区間優勝のホアキン・ロドリゲスに総合首位の座を明け渡したが、以後ロドリゲスとマリア・ローザ争いを演じた。大会初めての山岳区間となった第14ステージで、ロドリゲスに26秒の差をつけ総合首位を奪回したものの、翌第15ステージでは逆にロドリゲスについていけず、わずか1日で総合首位の座を開け渡した。その後、第19ステージ終了後に17秒差まで縮めたが、翌20ステージでは終盤になってロドリゲスに引き離され、この時点での総合タイム差は31秒だった。しかし、最終第21ステージの個人タイムトライアルでは、34分15秒で走破し、区間6位の好成績でフィニッシュ。対するロドリゲスは35分02秒の区間26位に終わったため、総合16秒の差をつけ、カナダ国籍者として初めてグランツールで総合優勝を果たした。
  • ジロ・ディ・ロンバルディア 6位
  • UCIワールドツアー 総合13位

2013年

2014年

2014年は不運な事が続き目立った戦績がなく、既に今大会でも総合争いから脱落していたへシェダルは逃げ集団に入り、デマルキと2人の勝負になりステージ優勝はほぼ確実視されていたが、ゴール直前のカーブで落車し、デマルキは徐行し、しばらく待っていたがヘシェダルのサーヴェロ・Rcaはテレビ局のバイクにひかれてしまう。復帰不能になった為デマルキは独走した。そしてその時のRcaの動きの怪しさからヘシェダルのモーター・ドーピング(バイクにモーターを取り付ける事)疑惑が浮上する。 そしてチームカーから代車を待ち、それでも2位に入る強さを見せた。

      • 第14ステージ優勝

グランツールでは意外にも2度目のステージ優勝。 モーター・ドーピング疑惑が盛んに報じられていたヘシェダルはこの日も逃げ集団に入った。 積極的に牽いていて体力は相当消耗していると思われた。 比較的、大人数の逃げ集団は最大勾配が28%にもなるゴール前の山岳地帯に入ると分裂。 その後ヘシェダルがアタックし、あまり逃げ集団を牽かなかったオリヴァー・ツァウグが反応しアタックをして独走し、10秒差まで広がったが安定した走りで追いつき独走し見事に優勝。 Twitterにも「へシェダル」がトレンド入りした。 そして、見事にモーター・ドーピング疑惑を払拭した。

脚注[編集]

  1. ^ Her kommer Ryder Hesjedal sin familie fra(ノルウェー語)
  2. ^ ジロ勝者のヘシェダールが過去のドーピングを認めた - サイクルスポーツ.jp 2013年10月31日付

外部リンク[編集]