エフゲニー・ベルズィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エフゲニー・ベルズィン
Evgeni Berzin
Cycling (road) pictogram.svg
Evgueni BERZIN.jpg
個人情報
本名 Евгений Берзин
エフゲニー・ベルズィン
生年月日 1970年6月6日(44歳)
国籍 ロシアの旗 ロシア
チーム情報
所属 引退
分野 ロードレース&トラックレース
役割 選手
プロ所属チーム
1993
1994–1995
1996
1997
1998
1999



2000
メカイル・バッラン
ゲヴィス・バッラン
ゲヴィス・プレイバス
バティック・デルモンテ
ラ・フランセーズ・デ・ジュー
アミーカ・チップス=コスタ・デ・アルメリア
モービルヴェッタ・デザイン=ロッシン
モービルヴェッタ・デザイン=フォルマッジ・トレティーニ
主要レース勝利

ジロ・デ・イタリア

Jersey pink.svg 総合 1994
区間5勝

リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ 1994
世界選手権

Arc en ciel.svgアマ・個人追抜 1990
Arc en ciel.svgアマ・団体追抜 1990
最終更新日
2010年1月7日

エフゲニー・ベルズィンロシア語: Евгений Берзин, ラテン文字転写: Evgeni Berzin1970年6月3日 - )は、ロシアヴィボルグ出身の元自転車競技選手。ジロ・デ・イタリアを1994年、ロシア国籍選手として初めて制覇した。

自転車競技雑誌等では、エフゲニー・ベルツィンと表記している例もみられる。

経歴[編集]

アマチュア時代は、1988年のジュニア世界自転車選手権の団体追い抜き優勝。1989年1990年の団体追い抜き及び1990年の個人追い抜きと、トラックレース世界自転車選手権で3度マイヨ・アルカンシエルを手中にした。

1993年、メカイル・バッランと契約を結んで、プロロードレース選手に転向。

1994年リエージュ〜バストーニュ〜リエージュを制覇。ジロ・デ・イタリアでは、マルコ・パンターニ(2位)、ミゲル・インドゥライン(3位)らを抑え、第4ステージよりマリア・ローザを手中にし、そのまま最後まで守り通して総合優勝(第4、8、18ステージも制覇)を果たした。また、国内選手権・個人タイムトライアルを優勝。

1995年ジロ・デ・イタリアでは、第21ステージを制し総合2位。エウスカル・ビシクレタ総合優勝。

1996年ツール・ド・フランス第8ステージ制覇。2日間マイヨ・ジョーヌ堅持。ジロ・デ・イタリア第19ステージを制覇し、総合10位。

2000年ジロ・デ・イタリア開幕直前のドーピング検査において、ヘマトクリット値が50%を超えたことから参加を拒まれた[1]。これが影響して、同年限りで現役を引退した。

脚注[編集]

  1. ^ Berzin out of the Giro - サイクリングニュース2000年5月14日付記事

外部リンク[編集]