イェスタ・ペーテルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イェスタ・ペーテルソン
Gösta Pettersson
Cycling (road) pictogram.svg
Bundesarchiv Bild 183-81938-0001, Friedensfahrt, Gösta Pettersson.jpg
個人情報
本名 Gösta Pettersson
イェスタ・ペーテルソン
生年月日 1940年11月23日(74歳)
国籍 スウェーデンの旗 スウェーデン
チーム情報
分野 ロードレース
役割 選手
主要レース勝利
ジロ・デ・イタリア 1971
ツール・ド・ロマンディ 1970
 
獲得メダル
スウェーデンの旗 スウェーデン
オリンピック
1968 メキシコ 団体ロード
1964 東京 団体ロード
1968 メキシコ 個人ロード
世界選手権自転車競技大会
1967 ヘーレン アマ・団体ロード
1968 イーモラ アマ・団体ロード
1969 ゾルダー アマ・団体ロード
1964 サランシュ アマ・個人ロード
最終更新日
2009年11月24日

イェスタ・ペーテルソン(Gösta Pettersson、1940年11月23日- )は、スウェーデン・アリングソース(ヴェストラ・イェータランド県)出身の自転車競技選手。イェスタ・フォーグルム(Gösta Fåglum)とも呼ばれ、また、他の3人の兄弟(ステューレエリックトーマス)も自転車競技選手であり、フォーグルム4兄弟とも呼ばれた。イェスタ自身は長男である。

経歴[編集]

アマチュア時代[編集]

1963年、イェスタ、ステューレ、エリックの3人で挑んだロードレースのチームタイムトライアルのスウェーデン国内選手権優勝。なお後に、このトリオで、同大会同種目7連覇を達成することになる。

翌、1964年東京オリンピックのロードチームタイムトライアルに出場することになった。しかし同大会は4人編成のため、3兄弟に加え、スヴェン・ハムリンも加わることになったが、銅メダル獲得。また同年の世界選手権自転車競技大会・個人ロードレースでは3位に入っている。

1967年、末弟のトーマスも加わり、フォーグルム4兄弟で挑んだ、世界選手権自転車競技大会・100kmロードチームタイムトライアルで見事優勝。1968年の世界選手権同種目も制した。

同年のメキシコオリンピックにおいても4兄弟で挑み、金メダルの期待がかけられたが、ヨープ・ズートメルクレネ・パイネンらを擁するオランダに敗れ銀メダルとなった。また、メキシコオリンピックでは個人ロードレースにも出場し、銅メダルを獲得。

1969年の世界選手権チームタイムトライアルにおいて3連覇を達成。だが、4兄弟で挑んだ戦いはこの年が最後となった。

この年、イェスタはスウェーデン国内選手権ロードレースの三冠(個人ロード、個人タイムトライアル、チームタイムトライアル)も達成したが、これを契機にアマチュア選手としてピリオドを打つことを決意。

1970年、フェッレッティチームと契約を結び、30歳でプロ転向となった。

プロ時代[編集]

プロ初年度の1970年のツール・ド・ロマンディで総合優勝を果たした他、同年のツール・ド・フランスでも総合3位と健闘。

1971年ジロ・デ・イタリアでは、第18ステージ終了後にマリア・ローザを獲得するや、そのまま最後まで守りきって総合優勝を果たした。なお、2010年現在、グランツールにおいてスウェーデン国籍選手が総合優勝を果たしたケースは、この1回限りである。この他の同年の主な実績として、パリ~ニース総合2位、ミラノ~サンレモ3位などがある。

また、1974年のツール・ド・スイスでは総合2位となったが、同年を最後に現役を退いた。

外部リンク[編集]