ヨープ・ズートメルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル

ヨープ・ズートメルク
Olympic flag.svg
1968 メキシコ ロード団体タイムトライアル
Arc en ciel.png
1985 モンテロ プロ・個人ロードレース

ヨープ・ズートメルクGerardus Joseph ("Joop") Zoetemelk1946年12月3日- )はオランダ生まれの元自転車競技ロードレース選手。

1968年に行われたメキシコオリンピックのロードチームタイムトライアルでオランダに金メダルをもたらし、翌年プロ入り。1970年ツール・ド・フランスでは初出場ながらもエディ・メルクスに続く総合2位に入る。

しかし、メルクス、さらにベルナール・イノーの壁が厚く、ツール・ド・フランスでは総合2位の回数が6回を数えたことから、「万年2位」と言われたこともあった。さらに1974年にはレース中の大怪我に見舞われたことが原因で選手生命を脅かされたり、また、1977年1979年のツールでは、ドーピング検査で陽性反応が出たこともあった(当時は今とは違って、区間記録は取り消されたものの、総合記録は完走時間記録に10分間のペナルティーが課せられるだけだった)。

だが1980年のツールでは、イノーの途中棄権に助けられたとはいえ10回目の出場にして悲願の総合初優勝を果たし、その後も38歳で世界自転車選手権1985年)、40歳でアムステルゴールドレース1987年)を制するなど、1987年に引退するまで、長期間に亘って第一線で活躍を続けた。また、1979年にはブエルタ・ア・エスパーニャでも総合優勝を果たしている他、数多くのステージ、クラシックレースを制覇した。ツール・ド・フランス出場16回ならびに完走16回は大会記録である。

引退後、1996年から2006年のブエルタまで、ラボバンクチームの監督を務めた。

主な戦績[編集]

1968(アマチュア時代)
1969
1970
1971
1972
1973
1974
1975
1976
1977
1978
1979
1980
1981
1982
1985
1987

その他[編集]

外部リンク[編集]